映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』海外の反応評価、感想「蛇足、既視感、以上」

「前作よりも優れた続編は存在しないのか」「最高のファミリー映画!」賛否両論な『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』の海外の辛辣な反応、感想評価を紹介しています。前作から引き続きトム・マクグラス監督ですが、Netflixのアニメシリーズを視聴していないと意味がわからない部分があるなど映画派には少し不評。それでも二人の物語を見れて嬉しいというシンプルな良い評価もあります。

そんなことよりさっさと映画『ボス・ベイビー ファミリーミッション』の物語結末まで一気にネタバレを知りたい人はこちら↓

【映画】海外の反応関連記事

あの映画は海外ではどんな評価がされているのか気になりませんか?

面白いと思ったのは自分だけなのか、海外のリアルなレビューを集めた好奇心が止まらなくなる記事の数々を楽しんでください^^

もっと海外の
レビューを読もう

スポンサー リンク




映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』作品情報

映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』あらすじ、動画

ボスベイビーが兄のティムと一緒に赤ちゃんvs子犬戦争を集結させてから25年。

大人になってしまったボス・ベイビーは才能はそのままエリートビジネスマンとして大成功、一方の兄ティムは妻と2人の娘を持つ専業主夫として幸せな毎日を暮らしていた。

しかし大人になってから兄弟で会うことはほとんどなくすっかり疎遠に。

そんなある日。

ベイビー社に「ティムの長女が通う学校の校長が世界征服を企んでいる」というタレコミが入る。

しかし、世界を救うために派遣されたのはボスベイビー…ではあるのだが、「私、ボス・レディ」なんとベイビー社から派遣されたのは兄ティムの次女ティナだった。

大人のボスベイビーとティム兄弟は薬で赤ちゃんの姿に戻って再びチームを組み学校への潜入捜査に向かうー。

世界と家族を救え、ボスベイビー。

スポンサーリンク

映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』キャストスタッフ

監督
トム・マクグラスTom McGrath … (Directed by)

Writing Credits
マーラ・フレズィー … (原作者)
Tom McGrath … (story by)と
マイケル・マッカラーズ … (原作)
マイケル・マッカラーズ … (脚本)

キャスト(クレジット順)完成、確認中
アレック・ボールドウィン … ボス・ベイビー(テッド)(声の出演)
ジェームズ・マースデン James Marsden … ティム (Tim) (声)
Amy Sedaris エイミー・セダリス … ティナ (声)
Ariana Greenblatt アリアナ・グリーンブラット … タビサ (声)
Jeff Goldblum ジェフ・ゴールドブラム(Jeff Goldblum) … アームストロング博士(声)
Eva Longoria エヴァ・ロンゴリア … キャロル(声)
ジェームズ・マクグラス James McGrath … ウィズィー(声)
Jimmy Kimmel ジミー・キンメル … おじいちゃん(テッド・シニア)(声)
Lisa Kudrow リサ・クドロウ … おばあちゃん(ジャニス)(声)
Raphael Alejandro ラファエル・アレハンドロ … ネイサン/リード・ベイビー・ニンジャ(声)
セレニティ・レイン・ブラウン Serenity Reign Brown … メーガン(声)(セレニティ・ブラウン役)

トム・マクグラス監督は

『マダガスカル』(05)、『マダガスカル2』(08)、『メガマインド』(10)、『マダガスカル3』(12)、『ペンギンズ from マダガスカル ザ・ムービー』(14)、『ボス・ベイビー』(17)など有名なアニメーション作品を作り上げている。

『ボス・ベイビー』でアカデミー賞®、ゴールデングローブ賞、アニー賞他多くの賞にノミネート。

スポンサーリンク

映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』 5.9点 海外の反応評価、感想

THE BOSS BABY 2 Official Trailer (2021)

10/10
これでいい。


『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』の評価が低いようだが、やはりNetflixでのシリーズを見ていないからだろう。それは仕方がない。私の場合、映画もアニメシリーズも全て見たからこそ最高得点を入れている。(もちろん前作は10点、この時点で読むのを諦めるのは好きにしてくれ)

最高点の理由は「テッドの改心」にある。ずっと引っかかっていたことがある。ボスベイビーことテッドは「お金と仕事」に執着していた。それが愛くるしい姿とのギャップを楽しめる点でもあったのだが、それでもシリーズを通してティムや家族、仲間との絆をいかに深めようともどうしても埋まらない溝を感じていた。別にいい、彼のキャラなのだから、だが彼は大人になったら本当に幸せになるのだろうか?きっと多くのファンが考えたことだろう。

そうだ、そのファンの質問を答えるのが『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』なのだ。

物語は突然前作から25年後という突飛もない始まり方をする。

テッド、ティムは大人に、そのほかの仲間・・・登場しない人物が多いのは気にしないでおこう。やはり天才テッドは大人になっても才気を発揮して見事に成功を収めたエリートビジネスマンに成長、兄のティムは、専業主夫になり穏やかで素晴らしい家庭を築き上げていた。

しかし彼ら二人は疎遠になっている。

表向きは忙しい・・なのだが、要するに「互いに嫉妬している」ということだ。なんということだ、あんなに仕事の虫だったテッドが、仕事を家事に、育児に忙しく忙しなく動くティムに対して嫉妬をしているのだ。ティムは仕事しかしないで家族を蔑ろにしていること、大量のプレゼントでティムの子供たちを甘やかしまくり自慢しまくる点に納得がいっていない。

そんな二人だったが、最後は子供たちの策略にまんまとはまり二人は胸の内を晒すことで打ち解けることに成功。

彼らは大人になってやっと、気付くことができたのだ。

そんな簡単に物事を変えることはできないが、それでも二人がいつも通り仲良く大円団を迎える。(今後のこの魅力的なアレクサンダー博士が出てきてしまったので再びテレビシリーズが始まりそうだが)ファンのためにしっかりと落とし所を見据えてくれた最高の物語じゃないか。

5/10
成人式問題

「ボス・ベイビー ファミリー・ミッション」でティムは2人の女の子の父親になった。

「ボス・ベイビー ファミリー・ミッション」でティムとテッドを大人にしてしまったのは失敗だ。また、この世界を時間的に前倒しにしてしまいます。登場人物の年齢を上げる必要はなかったのではないでしょうか?

前作、の内包する魅力的なオリジナルはその魅力で私を驚かせました。その魅力のほとんどは、赤ちゃんの世界が大人の理解を完全に超えていることに関係しています。それは楽しいコンセプトであり、それを変える必要はありません。

確かに、この父娘の感情的なドラマを付ける必要はありません。フランチャイズの運営者は、中年の危機を感じているのかもしれない。フランチャイズは元々のコンセプトで良かったのです。この映画では、むしろストーリーが泥沼化している。もっとシンプルであるべきだと思います。

THE BOSS BABY 2 Official Trailer (2021)

 8/10
タイムワープをもう一度

「ボス・ベイビー ファミリー・ミッション」の最初の20分はキャラクターの紹介とプロットの設定のためにゆっくりとした時間が流れます。ボス・ベイビーは大人になり、兄弟は離れ離れになっています。ティムは自分の子供がベイビー社のエージェントになっていることを知りませんが平和に暮らしていました。地元の優秀な子供たちのための学校で何かが起こっている。ティナ(新しいボス・ベイビー)は、テッドとティムを若い頃の自分に戻し、学校に潜入させます。

この映画には、家族に対する強いメッセージが込められています。私は、クラシック・ロックの曲を含むサウンドトラックが好きでした。劇中で「ボス・ベイビーの頭が大きい」という発言がありましたが、これはアレック・ボールドウィンを揶揄しているのだと思います。また、「Rock ‘em Sock ‘em Robots」の引用など、子供には理解できない古いポップカルチャーの要素もありました。また、プロダクトプレイスメントもありました。私は、最初に何か不明瞭なことが起こり、それが後になって出てくるのが好きです。ジェフ・ゴールドマンが生きていたとは驚きです。

彼らはお互いに「吸え」とよく言っている。私が子供の頃には受け入れられなかったことです。

 6/10
ボス・ベイビーが2人いても1人にはかなわない

一度言ったら何度でも言うが、続編で前作に匹敵するものは非常に少なく、大半はそれに及ばない。「ボス・ベイビー ファミリー・ミッション」はまあまあだったが、わざわざ見に行くほどのものではない。笑える部分はいくつかあったが、新しいボスベイビーのティナには、テッドのような活力や個性がなかった。それどころか、テッドには1作目の時のようなピチピチ感がなかった。

この映画は続編であり、私たちは第1作目の楽しさに基づいて続編を見るだけです。そして、続編が1作目で確立された名に恥じないものであることをひたすら願うのだが、そうなることはまずないのが現実。

THE BOSS BABY 2 Official Trailer (2021)

 6/10
弱いけど楽しい

「ボス・ベイビー ファミリー・ミッション」は1作目に比べて弱かったです。でも、声優さんの吹き替えはとても良かったです。物語としては貧弱でした。論理的なミスは数えていない、アニメなんだからさあ。ちょっと期待はずれでしたが、それでも好きな作品です。見ていて楽しかったです。これは私の新しいお気に入りのシリーズです。

5/10
面白い、面白い。

「ボス・ベイビー ファミリー・ミッション」は「 ボス・ベイビー」の続編で、数年後にテンプルトン兄弟が大人になり、新しいボスベイビーが重要な任務のために彼らの助けを必要としているという内容です。

前作を見ていたので、その背景はよく知っていましたので、期待していました。前作に引き続き、トム・マクグラスが担当した演出はとても素晴らしく、多くの素晴らしい俳優や女優の声を使った素晴らしい仕事を続けていました。また、ボス・ベイビー(テッド)役のアレック・ボールドウィンの声は非常に良く、ティム役のジェームズ・マースデンの声も役にぴったりでした。結論として、『ボス・ベイビー』は娯楽映画であると言わざるを得ません。そのため、まず「ボス・ベイビー」を見てから、この映画を見ることをお勧めします。

 7/10
この映画は、失礼なユーモア、言語、アクションのために「PG」に指定されており、上映時間は1時間47分です。

DVDで購入するかどうかはわかりませんが、レンタルであれば問題ないと思います。

THE BOSS BABY 2 Official Trailer (2021)

 1/10
退屈な会話と使い古されたシーンが多く、第1章に比べると見劣りする。またしても期待はずれ。

「ボス・ベイビー ファミリー・ミッション」は、ナレーターが自分が大人になったことを語るところから始まり、テンプルトン家のシーンが紹介されます。結局、この映画は2人の兄弟(テッドとティム)が、赤ちゃんの悪者「アームストロング博士」が、いわゆる「QTスナップ」というアプリを使って親を操るのを阻止するために、自分たちを赤ちゃんに戻さなければならないという話なのです。

映画全体が、退屈な会話と煩わしい使い古されたシーンで溢れています。例えば、ナレーションの使いすぎ、ドライブの使いすぎ、食事の使いすぎ、バカ騒ぎの使いすぎ、トリップの使いすぎ、口論の使いすぎ、名前を呼ぶシーンの使いすぎ、歌の使いすぎ、背景に流れる曲の使いすぎ、写真を撮るシーンの使いすぎ、想像するシーンの使いすぎなど。

前作の総集編と思われても仕方ないほどに使い回しに溢れています。

笑えない映画です。かろうじて笑えるのは、ティムとテッド、そして子馬のプレシャスが3D映画館に突っ込むシーン。以上です。残念な続編でした。

 4/10
オリジナリティと創造性に欠ける。

4年も待ったのに、「ボス・ベイビー ファミリー・ミッション」はこのような結果になってしまったのですか?と思っていましたが、そうではなかったのが幸いでした。

モーションブラーや被写界深度は視聴者にとっては新鮮で感動を与えてくるため本当に素晴らしく、アニメ映画でこのような手法が使われているのを見たことがありません。でも、ティナのデザインは本当に嫌いで、彼女の顔は本当によく見えません。

いくつかの音楽や歌の選択は好きだし、いくつかのアクションシーンはとても良い。

別の視点から人を見ることについての深みがあり、娘が「彼」と話さなくてもTimが娘のことをよく知るようになるのは本当に面白かったです。

次に悪い点です。キャロルは本当に未発達なキャラクターで、あまり出番がありません。また、なぜシリーズのキャラクターが戻ってこないのか。ダニーは映画のプロモーションにも登場していたが、映画の中では見られなかった。

1作目や4シーズンでいろいろなことがあったにもかかわらず、なぜか兄弟の仲が悪くなってしまったのがとても残念です。セオドアが何も覚えていないのは、シリーズ後の正しい連続性を生み出すために好ましいことですが、一方で、シリーズのキャラクターが一人も登場しません。

家族の価値観をもう一度ここで学び直しているが、家族と愛以外の価値観を教えられなかったのかと思うと、とても安っぽく感じる。家族や愛以外の価値観を教えられなかったのかと思うと、とても安っぽく感じます。

映画のほとんどはありきたりの筋書きで、悪役もあまり面白くなく、「ボス・ベイビー」シリーズの悪役の中で最も面白くない悪役です。

また、ティムは大人になりきれていないようです。彼の父親は気楽なタイプで、最小限のクリンチで魅力的であり、ティムはその若いバージョンのように見えました。しかし、ティムが成長したのは父親に似ているのではなく、本当は本当におっちょこちょいで素っ気ない強迫観念を持った父親に成長したのだと信じることになる。

また、本作には、1作目のような繊細さや隠れた気の利いた参考資料がありません。前作やシリーズでは深みがあったのに、本作ではすべてが単純明快です。

エンディングもとてもシンプルです。キャラクターの再会と新世代へのパスにしようとしましたが、最も無意味な方法で行われました。特に「ドラゴンボールGT 英雄の遺言」は、キャラクターとファンへの純粋な心温まるラブレターになっていました。

「ボス・ベイビー ファミリー・ミッション」は、悪くはないのですが、可能性を考えると非常に物足りない作品です。敢えて言えば、金儲けのための作品と言ってもいいだろう。

 7/10
楽しくてシンプルな、かわいい続編

「ボス・ベイビー ファミリー・ミッション」を気に入っています。

「ボス・ベイビー ファミリー・ミッション」は、目の前に広がるシンプルな物語を楽しむことができたことで、驚きの結果となった。直線的なプロットは、楽しさの要素をうまく取り入れ、物語に多くの道徳的教訓を重ねている。

THE BOSS BABY 2 Official Trailer (2021)

 10/10
エキサイティングで、ユーモアがあり、見ていて楽しい作品です。

The Boss is Back Baby!「ボス・ベイビー ファミリー・ミッション」では、トム・マクグラスが制作・監督したオリジナル映画『ボス・ベイビー』のテンプルトン家が戻ってきます。この映画では、『ボス・ベイビー』シリーズでお馴染みのエネルギー、陽気なアニメーション、戦闘シーン、秘密のミッションが再現されています。

この映画のメッセージは、最も重要なこと、つまり愛と家族に集中することが大切だということです。
長年にわたり、テッドはいつも家族よりも仕事やお金を優先してきましたが、物事に優先順位をつけなければ常に孤独であることに気づきます。親御さんは、赤ちゃんが見せる悪い癖や、汚い言葉に似た言葉に注意してください。

ザ・ボス・ベイビー この夏、家族の絆を深めるのに最適な映画です。私はこの映画を5つ星のうち5つ評価し、11歳から18歳、そして大人の方にもお勧めします。

 8/10
前作に匹敵する出来だと思います。

ザ・ボス・ベイビー ファミリー・ビジネスは、テンプルトン兄弟、テッド(アレック・ボールドウィン)とティム(ジェームズ・マースデン)の冒険を続けています。テッドとティムは、長年に渡って、お互いに離れていってしまいました。新しいボス・ベイビーが、新たなミッションのために彼らを再会させようとしています。

『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』は素晴らしい映画です。
トム・マクグラス監督は、エンターテイメント性とハートフルさを同時に備えた映画を提供してくれました。新しい家族の絆は、このシリーズに歓迎すべきものです。アニメーションは驚異的です。
3Dは目を見張るほどで、すべてのシーンで完璧に活用されています。ドタバタしたユーモアは、しばらくすると少しくだらなくなってきますが、子供たちはそのすべての時間を楽しむことができます。この映画のハイライトは声優です。ボス・ベイビー(テッド)役のアレック・ボールドウィンが素晴らしい。
ティム役のジェームズ・マースデンも素晴らしい。ティナ役のエイミー・セダリスは素晴らしい。タビサ役のアリアナ・グリーンブラットは畏敬の念を抱かせる。
グリーンブラットはすべての演技を完璧にこなし、今後の活躍が期待されます。ジェフ・ゴールドブラムは、アームストロング博士役で忘れられない存在となっています。エヴァ・ロンゴリア、ジミー・キンメル、リサ・クドローは、それぞれキャロル、おじいさん(テッド・シニア)、おばあさん(ジャニス)を見事に演じています。脇役も印象深い。

『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』は、『ザ・ボス・ベイビー(2017)』ファンにとっては必見の作品です。家族で行って、絶対に楽しんでください。

 4/10
ああ、眠い

「ボス・ベイビー ファミリー・ミッション」は私の好みからすると、あまりにも型にはまった作品。オリジナリティが感じられず、少しでもオリジナリティのあるものはすべて前作のコピーになってしまっていた。しかし、壊れていないものを直す必要はないと思います。しかし、全体的に見て、非常に精彩を欠いた作品であることは間違いありません。

THE BOSS BABY 2 Official Trailer (2021)

 5/10
糖分補給の後に頭痛がする

ボス・ベイビー ファミリー・ミッション」はドリームワークス・アニメーションによる『ボス・ベイビー』の続編で、テンプルトン兄弟は大人になってお互いに離れていきましたが、最先端のアプローチを持つ新しいボス・ベイビーが彼らを再び結びつけようとしており、新しいファミリービジネスを鼓舞しています。この続編の監督はトム・マクグラスです。

1作目の『ボス・ベイビー』は新鮮で楽しい作品でした。実際にNetflixで4シーズンのシリーズになりました。このフランチャイズの第2弾は、シュガーラッシュのような感じで、エネルギーの爆発で頭が痛くなるような作品です。とはいえ、子供たちは大好きなんですけどね。

気に入った点:「ボス・ベイビー」の尊大で自信過剰なキャラクターは、人気テレビ番組「30 Rock」でのアレック・ボールドウィンの役柄と基本的に同じです。どちらも陽気でとても面白いです。

この続編では、トビー・マグワイアに代わってジェームズ・マースデンが大人のティムの声を担当しています。彼は素晴らしい仕事をしていますし、彼の歌声を再び聞くことができたのも良かったです。彼はとても才能があります。親御さんは、”時間はどこに行ってしまったの?”と問いかける彼のキャラクター、物語の中の父親であるティモシーに、きっと共感できるはずです。

アリアナ・グリーンブラットは、最近、最も頑張っている子役の一人です。彼女は最近、大量の映画を送り出しています! 彼女はどの作品でも可愛らしいです。

ジェフ・ゴールドブラムを尊敬しない人はいないでしょう。彼と彼のキャラクターは最高です。特に、アームストロング博士が実際に砂糖の入った袋を口に入れるシーンでは、大笑いしてしまいました。

甘いミュージカルナンバーもあります。

笑える視覚的なユーモアがたくさんあります。

不気味な女の子のキャラクターが出てきますが、これが超…不気味で面白いんです。

子供たちへの教訓がはっきりと伝わってきます。

気に入らなかった点 ボス・ベイビー』が公開されてから4年が経過しているので、映画の冒頭では登場人物たちが現在どこにいるのかを簡単に知ることができます。問題は、Netflixのシリーズを見ていないと、ストーリーの詳細の多くがわからなくなってしまうため、完全には把握できないことです。

この女性のエンパワーメントの時代に、映画の中で頭脳を持つキャラクターはすべて女性です。私は女性をエンパワーすることには賛成ですが、男性が無能な馬鹿者として描かれているのはとても気になります。女の子の一人が「男の人、そうでしょう?4人の息子を持つ母親として、女の子の気分を良くするために男性を軽蔑することには抵抗があります。

説明が多すぎる。

ほとんどのシーンが非常に混沌としています。

兄弟間の対立はもう古い。

パンデミックの影響で多くの映画が公開されていますが、この映画は11月か12月に公開されるべきでした。

ティナは1作目の最後では金髪でしたが、今は茶髪になっています。なぜ変更したのか?

ユーモアの多くが着地しない。

また、サウンドトラックが台詞と矛盾していることもあります。

エイミー・セダリスは好きですが、若いボス・ベイビーの声は好きではありませんでした。赤ちゃんのはずなのに、もっと老けて見えます。クリスティン・バランスキーやジュリア・ルイス=ドレイファスの方が、この役にはぴったりだったかもしれません。

映画全体が熱狂的で、たくさんのことを詰め込もうとしているように感じられます。

親御さんへのアドバイス 男の赤ちゃんの裸の後頭部が出てくる。

子供には理解できないような文化的、音楽的、映画的な引用がたくさん出てきます。

6/10
かわいいけど、1作目の方が好きだった。

「ボス・ベイビー ファミリー・ミッション」はアニメーションと声優が素晴らしく、ストーリーは少し混乱していますが、心と家族の価値観を教えてくれるので、子供たちは楽しめると思います。赤ちゃん役のアレクは面白いですね。私は赤ちゃん役のアレックが好きです。彼は陽気ですし、赤ちゃんたちが任務で使う様々な装置も好きです。

 6/10
家族で楽しめる

「ボス・ベイビー ファミリー・ミッション」は子供向けの楽しい映画。1作目と比べると明らかに劣る。意味のない理不尽なことが多いが、見る価値はある。

THE BOSS BABY 2 Official Trailer (2021)

 8/10
最初よりはマシ

「ボス・ベイビー ファミリー・ミッション」は1作目のボスベイビーよりもずっと良かったですが、1作目のような感情的なパワーはありませんでした。ジェフ・ゴールドブラムが出演していて、とても良かったです。全体的には素晴らしい映画です。今年のアニメ映画の中では、今のところ最高の作品だと思います。

 8/10
いい家族映画

「ボス・ベイビー ファミリー・ミッション」は完璧な家族映画の夜になるでしょう この映画には素晴らしいメッセージが込められています…. 家族は人生の中で最も大切なものです!!! このアニメが大好きです!顔の表情がとても面白く、クリエイティブです。

 4/10
初代ボス・ベイビーは単独でも良かったのに

『ボス・ベイビー』には何も期待してはいけません。

平坦なストーリー、おかしなキャラクター、退屈なアニメーションアクション以外は、「ボス・ベイビー ファミリー・ミッション」には何も期待できない。このドタバタ劇の続編は、オリジナルのファミリー・コメディには遠く及ばないが、このアニメの物語の中には、心のこもった家族のテーマがある。

前作では、子供が新しい弟と出会い、赤ちゃんのような、しかしユーモラスな冒険を経験するという楽しいストーリーが紹介されていた。

続編では、彼らは成長していますが、子供の頃の自分に戻ります。子供たちは、ドタバタのアクションやその他のポチポチしたユーモアから、たくさんの笑いを得ることができます。しかし、プロットは単純で平板なので、大人にはあまり好まれないだろう。

これは基本的に、不要な続編である。『ボス・ベイビー』は単独の映画として完璧に成立していただろう。アニメーション技術や声優の演技は、他のファミリーアニメと同様に素晴らしいものだが、ストーリーの平板さや奇妙な描写がそれを台無しにしている。これは、本当にひどい、見ていられない、普通のものになる可能性が高かったが、本当に見ていられない冒険ものになってしまった。つまらないし、面白くないし、長すぎるし、残念な作品です。

 3/10
十分ではないが、子供には好評だった。

「ボス・ベイビー ファミリー・ミッション」はほとんど集中できませんでした。1作目のような面白さはなく、矛盾したセリフやサウンドトラック…これでは真剣に注意を奪われてしまいます。笑える場面が少なく、この映画は自分の正当性を主張できないと思います。子供に見せて、家事をしてください。

スポンサーリンク

まとめ:映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』海外の反応評価、感想

いきなり25年後というティムとテッドの大人時代を見たくなかった人、仲違いしている二人に違和感、既視感の多い使い古された演出など脚本に不満がある人が多い印象です。サウンドトラック、アニメーション、声優の演技には不満は一切見えず。物語さえ良ければもっと高得点だったのかな?と思います。

【映画】海外の反応関連記事

あの映画は海外ではどんな評価がされているのか気になりませんか?

面白いと思ったのは自分だけなのか、海外のリアルなレビューを集めた好奇心が止まらなくなる記事の数々を楽しんでください^^

もっと海外の
レビューを読もう

ネタバレ関連記事はこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!