映画『MEN 同じ顔の男たち』海外の感想評価、考察まとめ「傑作だが、最低のラスト」




「カルトか傑作か」海外で賛否両論の映画『MEN 同じ顔の男たち』海外の感想評価、考察をまとめて紹介していきます。

スポンサーリンク




映画『MEN 同じ顔の男たち』作品情報

『MEN 同じ顔の男たち』本予告<12月9日(金)公開>

上映日:2022年5月20日(米国)
制作国:イギリス/アメリカ
公式サイト
A24公式サイト(日本)
言語:英語
原題:MEN
ロケ地
イギリス、イングランド、チェルトナム、ウィジングトン
制作会社:DNA Films

あらすじ

ハーパーは夫の自殺を目の当たりにしたショックを癒すため、美しいイギリスの田舎町に静養に訪れる。豪華で美しい屋敷に滞在し優しい管理人がいるため落ち着ける空間を手に入れたはずだったが、何かがおかしい。
この村の住民は全員が同じ顔…同じ男?そして全裸の男がハーパーを追いかけてきてから何かが狂い始める。同じ顔の男たちがハーパーを狙って襲いかかってくるのだ。

スポンサーリンク

スタッフキャスト

監督
アレックス・ガーランド
脚本
アレックス・ガーランド

キャスト
ジェシー・バックリー … ハーパー
ローリー・キニア… ジェフリー
ローリー・キニア…???
ローリー・キニア…???
ローリー・キニア…???

パーパ・エシードゥ …ジェームズ
ゲイル・ランキン… ライリー
サラ・トゥーミー …警察官 Frieda
ザック・ロセラ=オクスリー …サミュエル
水野園也…警察官 (声)

スポンサーリンク

映画『MEN 同じ顔の男たち』海外の感想評価、考察まとめ

『MEN 同じ顔の男たち』本予告<12月9日(金)公開>

ここから先は、大手レビューサイトの評価や考察を翻訳してまとめています。それぞれ個人の考察になるので深い懐で楽しんでください。
もちろんネタバレバリバリ含まれているので閲覧には注意が必要です。
個人的には今回まとめたこの感想評価、考察を読んだとしてもあのラストは衝撃的で難解で誰も理解できていないようです。なので視聴前に閲覧しても問題はないと思います・・・。

スポンサーリンク

IMDb:6.4/10「賛否両論」

『MEN 同じ顔の男たち』本予告<12月9日(金)公開>

1/10
自分を守ろう。この映画は見るな。

この映画は、私のように時間を無駄にしないように説得するために書いているだけです。この映画は、質問に対する答えがない、混乱した映画で、男の人が別の男の人を産むところを見たい人だけ見る価値があります。よく考えたら、その部分だけ調べて、この映画は全部飛ばせばいいんだ。

6/10
多すぎず少なすぎず

『MEN 同じ顔の男たち』のクライマックスには、グロテスクとしか言いようのないあるシークエンスがあり、言うなれば、それは本当に愛の結晶だった(行間を読めよ、友よ)。このシーンが銀幕の幅いっぱいに極端なクローズアップで映し出されるのは、特に期待するものでもなければ、劇場で観たいものでもなかった。しかし、変な意味で、私はこの映画の用心深さに感心した。
「なんてこった!」この映画は、「私が見て欲しいものを見て、それを好きになれ!」と言っているように思えた。だから、アレックス・ガーランド監督があと3回描くまで、最初のシークエンスは気にならなかった。

『MEN 同じ顔の男たち』は同時に、やりすぎで、かつ、やりきれない作品でもある。ガーランドは、やるときはやるのだ。ビジュアルやサウンドデザインなど、あらゆるものを観客に投げつけながら、一方でこの映画は、純粋に原始的なレベルで満足させてくれるのである。鮮明で明るい色彩がこの映画に浸透し、けたたましい、押し付けがましい音楽と相まって、あなたの目と耳は喜んでこの映画に浸ることでしょう。実際、この映画が始まった瞬間から、私はこの映画の素晴らしさに畏敬の念を抱きました。しかし一方で、どんな映像や音もプロットの貧弱さを補うことはできないし、「メン」はプロットが貧弱である。

さて、話を元に戻します。プロットは本質的に貧弱なものではなく、実際、かなり面白い。美しいジェシー・バックリーがハーパー役を演じ、個人的な悲劇を経験した後、イギリスの田舎にある別荘に引きこもっている彼女の姿を描く。しかし、ハーパーにとって事態は悪い方へ悪い方へと進み、やがて、男たちが驚くほど似ている町に出くわす。この映画は、物語を進めるために感情的なドラマチックな緊張感を多用しているので、特に興味をそそる前提条件である。目の前で組み合わされるパズルに没頭し、ハーパーの物語とそこから生まれる人間ドラマに夢中になることだろう。そして、このホラーとドラマの巧みな組み合わせで、『MEN 同じ顔の男たち』はあなたに満足のいく結末を約束するようです。そして、『MEN 同じ顔の男たち』がそれを実現できていないと言ったら、あなたは驚くだろうか?

『MEN 同じ顔の男たち』本予告<12月9日(金)公開>

印象的なビジュアル、陶酔的なサウンドトラック、ジェシー・バックリーのオスカー級の演技に目を奪われ、展開に欠ける映画であることがわかる。この映画は、主人公の設定に時間をかけすぎている。そうすることで、この映画は主にスリラー的な要素を含んだキャラクター物になってしまい、実際、映画の後半になるまでホラー的な要素は出てこない。この映画が、ドラマとホラーを決定的な形で結びつける満足のいくストーリーを持っていれば、これは悪いことではないのだが、そうはなっていない。
その代わり、『MEN 同じ顔の男たち』は悲哀の研究、そして家宅侵入のスリラーという、2つの別々の映画のように感じられる。そして正直に言うと、この映画の純粋にドラマチックな部分が一番好きだったのは、ホラー要素が物語の後付けのように感じられたからだ。

もちろん、この種の前提であれば、サスペンスや流血は望めるだろうが、同時に、なぜこのようなことが起こっているのか、驚くほど説明不足である。実は、その逆だ。しかし、その説明は、私がこれまで見た中で最も手抜きな結末の1つであった。原爆のような繊細さを持ちながら、最終的に明らかになるのは、極端に創造性に欠けるものである。こう言ってはどうだろう。私は、この映画が私の考えていたような路線で進むのではないかと疑っていたが、その疑いが晴れたとき、私は唸らずにはいられなかった。

「この映画は、ユニークな前提を持つが故に、その重さに耐え切れず、崩れ落ちてしまった。満足のいく物語の展開がないため、ドラマとしてもホラーとしても完全には成功しない。しかし、演技がうまく、見た目も美しく、聴き心地も良いので、この映画を真っ向から否定することはできないし、いつか必ず家でもう一度見ることになるだろう。私のお勧めは?ストーリーへの期待は抑えて、映像や音だけを見てください。そうすることで、好きになるには十分だが、好きになるには不十分であることがわかるかもしれない。

『MEN 同じ顔の男たち』本予告<12月9日(金)公開>

6/10
『MEN 同じ顔の男たち』2022年)を見る前に知っておきたい2つのこと

1:もしあなたが『Mother! (2017)のファンなら、本作を楽しめるかもしれない。もしあなたが『マザー!』(2017年)のファンだと思ったなら、この映画を楽しめるかもしれません。はとんでもなく、大げさで、過剰に比喩的だった私は間違いなくこの作品をパスするでしょう。本作はガーランドの過去作とは違う。参考までに、私がチケットを購入したとき、劇場の従業員は、この映画がオーバー・ザ・トップであることを警告するように言われていると言っていたので、多くの人々が払い戻しを求めて出て行ったと思います。

2:この映画を見るなら、プライムタイムに満員の劇場に見に行かないこと。平日のマチネーで見ましょう。この映画は、観客から不愉快なコメントや笑い、様々な言葉のリアクションを引き出して、悲惨な劇場体験になるに違いないのです。
だから、この「レビュー」はむしろ警告なのです。幸運を祈る。

『MEN 同じ顔の男たち』本予告<12月9日(金)公開>

3/10
この映画は、最後の30分で台無しにされてしまった。

この映画は、『MEN 同じ顔の男たち』のレビューを読んでとても楽しみにしていたのですが、とてもがっかりした気持ちで劇場を後にしました。
この映画はとても期待できる形で始まりますが、これ以上の筋書きの詳細は省くが、サスペンスが続いていることだけは確かだ。
そして、最後の20~30分で突然、実際に何が起こっているのかの論理も説明もないまま、一転してしまう。全く別の映画になってしまい、不気味な繊細さが全くなくなってしまう。ハーパーというキャラクターがこの後の展開を妄想しているのか、現実離れしているのか、それともこれらのエピソードが実際に起こっているのか、よくわからないのである。もし「メン」の残りが、主人公がようやく悲しみと罪悪感を克服したことの現れだとしたら、それは非常にお粗末な想像だった。しかし、『MEN 同じ顔の男たち』は突然、血まみれのCGシーンに頼った日常的なホラー映画になってしまい、そのどれもが特に独創的とはいえない。15分か20分もすると、主人公に何が起こっているのか気にならなくなったばかりか、この映画に対する敬意を完全に失っていることに気がついた。

他のレビュアーが書いているように、「映画の意味は観る人に任せる」と監督が言い訳するような映画には、もう本当にうんざりしているんです。それは、映画のストーリーに真のプロット構造やロジックを作り出す責任を回避するための、非常に怠惰で自己中心的な方法になっているのです。この場合、アレックス・ガーランドは『MEN 同じ顔の男たち』をどのように締めくくればいいのかわからず、これまで何度も見てきたホラー映画のCGを使って何らかの印象を与えることに頼ったようにしか見えません。私にとっては、とても良い作品になったかもしれないのに、完全に台無しになってしまった。

9/10
アトモスフェリックで、意味深く、エモーショナル

この作品は、雰囲気があり、意味深く、感情的である。主人公(バックリー)は、有害な関係のトラウマを処理しているが、彼女はその有害性の絶え間ない反響に悩まされている。バックリィは、人との交流のたびに、自分を取り巻く非人間的な状況を思い知らされる。『MEN 同じ顔の男たち』は、緊張感とドラマを自然に作り上げている。有能なキャラクター、重要なサブテキスト、そして一貫した見返りがある。特筆すべきは、最終幕が非常に象徴的でテーマ性を帯びていることで、一部の視聴者を苛立たせるだろう。それでも、女性差別の訓練された継承を検証することは、評価に値する。さらに、全キャストが素晴らしい演技を披露している。具体的には、バックリーが怒り、呆れ、強さ、諦めを縦横無尽に表現している。このように、『MEN 同じ顔の男たち』は感情に訴えるものがある。
技術的にも、『MEN 同じ顔の男たち』は美しい。そのトーンは不穏でありながら、親密である。ビジュアルは、照明、色のコントラスト、閉じられた構図、焦点、反射、忍び寄る動きなどを用いている。編集は整然としたペース配分、相乗的なタイムライン、マッチカット、シュールなモンタージュを使用しています。エフェクトは強烈で内臓を刺激する。最後に、スコアとサウンドが原動力となる。フォークソング、不吉な聖歌隊、脆弱なピアノがムードを盛り上げる。一方、アンビエントな自然、抽象的な静寂、Jカット、反響するモチーフは、遺産、断絶、反復のテーマを強調している。全体として、『MEN 同じ顔の男たち』は印象的な映画制作、深い感情、重みのあるメッセージが一体となっている。この作品の出来は万人受けするものではないが、その意欲は否定できない。

脚本。8/10 演出: 9/10 撮影: 9/10 演技: 9/10 編集: 9/10 音響: 10/10 スコア/サウンドトラック: 9/10 プロダクション・デザイン: 8/10 キャスティング: 8/10 エフェクト: 8/10総合得点:8.7/10

『MEN 同じ顔の男たち』本予告<12月9日(金)公開>

1/10
この映画が作られたことさえ信じられません。誰がこれを作るように言ったのでしょうか?この映画を作るように指示したのは誰?この映画を見て、自分の時間を無駄にしたことが信じられない。今年は本当にひどい映画の年だと思うし、この映画は最悪だ。この映画を観た後は、腹が立つだけなので、お金を無駄にしないでください。

3/10
これは何だったのか?
この映画は完全に混乱です。前半は座っているだけで気が滅入るほど退屈で、本当に何も起こらない。後半は、よくわからない比喩的なイメージばかりで、とても奇妙です。また、男はみんな気持ち悪いというステレオタイプも蔓延しています。
私はフェミニスト映画や、性差別や完全に動揺している一部の男性の傾向についての会話に意味のあるアイデアをもたらす芸術には大賛成です。この映画はその点で失敗しているし、テンポの悪さや分かりにくいエンディングなど技術的な面でも失敗している。

1/10
今年最悪の映画のタイトルは…
男たちよ!!! 今年に入ってから最悪の映画です。非常に悪い。時々混乱するし、視覚的に暗くて遅いし、ラスト近くのサスペンスの瞬間も少しある。そしてエンディングはヤバイ!!! お金を貯めてドクターストレンジ2みたいなもっといいホラー映画を見に行こう(笑)

スポンサーリンク

Rottentomatoes:39%

rottentomatoes.com

最後のシーンが嫌だった。

良い演技 良い撮影 非常に分かりにくい話です。

これは本当に時間とお金の無駄でした。

出だしは好調だったのに で、何が起こったのかわからない

『MEN 同じ顔の男たち』本予告<12月9日(金)公開>

ちょっとメッセージングがごちゃごちゃしてる。実質よりもシンボル。では、なぜ私がこの作品を推薦するのか?欠点はあるものの、ガーランドは魅力的な監督であり、この中には彼の手から逃れ続けている…特別なものになりえたはずの映画があるからだ。そして、悔しいが、私はその野心を罰することができないのだ。

A24の映画で失敗するのは難しい。この映画の終わりには、最初に持っていた疑問よりも多くの疑問が残ることを期待している。俳優陣の演技も素晴らしい。アクションではなくアイデアの映画なので、物語的に多くのことが起こるとは思わないでください。私はこの映画を十分に楽しみましたし、しばらくはこの映画の様々なテーマを紐解いていくつもりです。唯一の批判は映画のテンポで、私が望むよりほんの少し遅いです。また、同じストーリーやアイデアは、もっと短い映画で表現できたと思う。しかし、全体的に見れば、それは小さな不満であり、この映画は、私の好きなA24やAlex Garlandの映画ではないにせよ、チェックする価値は間違いなくあるのです。

ここには簡単な答えはない。これは、強い直感的な反応を引き起こすように設計された映画である。観客は間違いなく意見を持つだろう。良い意見も悪い意見も。ある者は、多くの賞賛を見出すだろう。ある者は嫌悪感を抱くだろう、特に男性には。まあ、すべての男性というわけではないが。

『MEN 同じ顔の男たち』は、その寓話を文字通りに、そして正面から身にまとっており、その錠剤を飲み込むための筋書きは全くない。

『MEN 同じ顔の男たち』本予告<12月9日(金)公開>

すべてを並べるやり方は、その完全な共鳴を奪ってしまう。このため、『MEN 同じ顔の男たち』は彼の監督作品としては最も欠陥のあるものとなっているが、それ以下のガーランド作品であっても、やはり見ごたえのあるものとなっている。

ガーランドは、『MEN 同じ顔の男たち』でひどいことをするにはあまりに優れた映画作家だが、同時に、最終的な結果はもっと良くなるべきだったという気がしてならない。

『MEN 同じ顔の男たち』は、アレックス・ガーランドのホラーとA24への復帰作であり、ジェシー・バックリーとローリー・キニアを軸に、男の悪意を研究する社会派スリラーを提供するものである。

主人公のように、物語は不可能な道を進み、そこから戻ることはほとんどなく、観客はこの贅沢で大胆な前提に翻弄されることになる。

『MEN 同じ顔の男たち』本予告<12月9日(金)公開>

ガーランド、もっと豊かな映画を作れただろうに。

男の毒気を孕んだ不敬な作品…。

『MEN 同じ顔の男たち』はシュールなフォークホラー映画であり、立派な混乱と表現するのが一番だ。

これは、2019年の映画『ミッドサマー』のように、グロテスクなものの根底に神話がある、思慮深いホラーである。

『MEN 同じ顔の男たち』は、奇妙でオフキルターなホラー体験であり、メラメラと輝いているようなものだ。テーマ性のある陰謀を集めれば集めるほど、その自虐的なトーンの中に欠点が見つかる。この場合、グラスは半分空っぽである。

『MEN 同じ顔の男たち』は男性?どちらかというと「お」だ。アレックス・ガーランドの最新作は、残念ながらそのパーツの合計よりも劣っている。

『MEN 同じ顔の男たち』は物議を醸すことを承知で、火勢を和らげようとするのではなく、ガソリンをかけている。
毒性的な男らしさがモンスターを生み出すことはすでに知っているが、その決まり文句が産み出すこともある。
“顔面をハンマーで殴るような繊細さでテーマを伝えている”

『MEN 同じ顔の男たち』本予告<12月9日(金)公開>

視覚的な素晴らしさと、洒落たバーレスクの色調のおかげで、『MEN 同じ顔の男たち』は自分を取り戻している。

Men』は、女性が家父長制の手によって受ける抑圧について語ろうとする映画だが、女性を抑圧する男性にもっと魅了されている。
ガーランドの過去の作品のような高みには到達していないが、『メン』は依然として示唆に富む旅であり、その野心は非難されるべきものではない–たとえこれが万人向けではないにせよ。

この映画は素晴らしく、本当に恐ろしいです。この映画は素晴らしく、本当に恐ろしいです。音楽は心にしみるし、メッセージは映画を観た後、誰かと語り合いたい。

フォークホラーのカテゴリーに入る作品である。最終的には、女性が有害な関係から受ける影響とトラウマ、そしてそれがどのように心に残るかを表面的に表現している。

『MEN 同じ顔の男たち』本予告<12月9日(金)公開>

この映画は、私が今まで見た中で最悪の映画の1つです :|)

この映画で、私は大好きですが、私と私のボーイフレンドはトラウマになりました。

スポンサーリンク

まとめと感想

いかがでしたか?

海外のレビューでも口を揃えて「序盤最高、中盤失速、ラストヤバい」と言っているのと私も同じ感想です。本当に序盤は美しく恐ろしく音楽も景色も最高でこの先の展開をワクワクしていくと意味のわからない展開の連続で?????が続きそしてエンディングのまったりとしたオチ。うーんでした。

次はどのネタバレを読む?

関連



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!