映画『Christmas with the Chosen: The Messengers 』海外の反応評価、感想

ドラマ版は絶賛も大不評の映画版『Christmas with the Chosen: The Messengers』海外の反応評価、感想。イエス誕生の物語を期待したらまさかの前半1時間がミュージックビデオの強制視聴に普段着の監督の解説など「え?」とファンを驚かせ不評も、クリスチャンからは絶賛されている賛否両論な作品についてをまとめています。

世界中で大絶賛!大手レビューサイトで脅威の9.9点のドラマ版「The Chosen」とは?魅力から面白さまで幅広く紹介している記事はこちらです↓

スポンサー リンク




映画『Christmas with the Chosen: The Messengers』作品情報

映画『Christmas with the Chosen: The Messengers』作品情報

映画あらすじ、予告動画

アーティストが “The Chosen “のセットから新しいクリスマスソングやクラシックソングを披露。

スポンサーリンク

映画キャスト&スタッフ

監督
ダラス・ジェンキンス
ジェイコブ・シュワルツ
プロデュース
ポール・L・ロング … ポスト・プロデューサー撮影監督
Petros Antoniadis
Akis Konstantakopoulos costume design by
Leila Heise メイクアップ部門
アレクサンドラ・ベイレス … キーメイクアップアーティスト
キャシー・ミルズ・リンチ … ヘア部門長
Molly Moonanne Sanders … キーヘアースタイリストプロダクションマネージメント
ジェス・バーギン … プロダクション・マネージャーセカンド・ユニット・ディレクターまたはアシスタント・ディレクター
ジョーダン・ロビ … セカンド・セカンド・アシスタント・ディレクター 音響部
クリス・フレイズィー … ブームオペレーター
ブラッド・ハーパー … サウンドミキサー
ノア・ハント … サウンドエディターキャスティング部
ベン・カミン…エキストラキャスティング
メアリー・ルイーズ・ジェミル … ループグループ/ボイスキャスティング
バーニー・ヴァン・デ・ヨット … ループグループ/ボイスキャスティング 衣装・着付け部
Catherine Dillon ……アシスタントコスチュームデザイナー
エリー・ハリソン ……コスチュームデザイナー
サディ・ネイグル ……アシスタント・コスチューム・デザイナー
ハンナ・シプリー ……衣装担当
マディー・ウォード ……衣装係 編集部
チャイ・ホール ……編集助手
ポール・L・ロング … ポストプロデューサー
ジョン・クイン … スーパーバイジング・エディター スクリプト&コンティニュイティ部
ブルック・バード … スクリプト・スーパーバイザー追加クルー
ジェレミー・ガウナ … ロケーション

キャスト
サラ・アンSara Anne … ヤング・メアリー
アリカン・バルラス アリカン・バルラス … Tychicus
マーベリック・シティ・クワイア マーベリック・シティ・クワイア … セルフ
フォー・キング&カントリー フォー・キング&カントリー … Self
ララ・シルバ ララ・シルバ … エデン
Phil Wickham フィル・ウィッカム … セルフ

スポンサーリンク

ダラス・ジェンキンス監督について

今作の監督、ダラス・ジェンキンスについて

ダラス・ジェンキンスは、25歳のときに独立系長編映画「ホームタウン・レジェンド」を製作し、ワーナー・ブラザーズによる配給を実現しました。短編映画「Cliché」で監督デビューを果たし、スティーブン・ボールドウィン主演の短編映画「Midnight Clear」は、ハートランド映画祭でクリスタル・ハート・アワードを受賞しました。2006年4月に放送されたホールマーク・チャンネルの特集番組「Though None Go With Me」の共同エグゼクティブ・プロデューサーを務めています。2007年には、この短編をベースにした「Midnight Clear」を監督・制作し、全米の映画祭で賞を受賞し、現在もライオンズゲートから発売されています。次の長編作品「What If…」は、ケビン・ソルボ、クリスティ・スワンソン、デビー・ライアン、ジョン・ラッツェンバーガーが出演し、2010年に劇場公開され、現在も入手可能です。

最新作の『The Resurrection of Gavin Stone』は、ブレット・ダルトン、アンジェラ・ジョンソン、ニール・フリン、D.B.スウィーニー、WWE殿堂入りしたショーン・マイケルズが出演し、2017年1月にブラムハウス・エンターテインメント、WWEスタジオ、ウォルデン・メディアと共同で製作、劇場配給され、ユニバーサルから入手可能です。

現在、クラウドファンディングによるメディアプロジェクトとしては史上最高額の1位(1,000万ドル)を記録し、キリストの生涯を描いた初のマルチシーズン番組『The Chosen』を監督・製作しています。

Anonymousより翻訳

スポンサーリンク

映画『Christmas with the Chosen: The Messengers』7.5点 海外の反応評価、感想「予告詐欺だ」

ドラマ版が絶大な人気を誇っていただけに映画でキリストの生誕を描くなんてどれだけ最高のプレゼントだ!と喜び勇んで劇場版に向かったら映画が始まるのではなく、予告には一切描かれていない「音楽」が延々と流れるという展開に口が開いて塞がらない人が続出したようです。。

もちろん苦難の前半を終えたらやっとこさ45分程度のドラマ版と同じ高品質な映像作品が流れたおかげでかろうじて評価は一定数あるようですが…裏切られたと思った人も多いようです。

そもそもThe Chosenドラマシリーズは配給会社は付いておらず制作費用は全て信者やファンからの寄付で作られているだけに、今回の劇場版にした意味はあったのか?今まで通りドラマ版と同じく配信で良かったのでは?という「突然お金儲けに走った?」という印象を持った人もいるようですね。

スポンサーリンク

「面白い」肯定的な海外の反応評価、感想

https://www.youtube

10/10
クリスマスの本当の姿

シーズン1の途中から「The Chosen」のファンになりました。今年はシーズン2が終わりましたが、クリエイター兼ディレクターのダラス・ジェンキンスは、私たちのようなチョウセンのファンに、イエスの誕生という美しく感動的なストーリーで、本当に素晴らしい年末を迎えさせてくれました。

映画『Christmas with the Chosen: The Messengers』は常に、全く異なる視点から語られるイエスの人生を描いてきました。他のストーリーテラーがやったことのないイエスの一面が描かれていて、これを見ると永遠に変わってしまうでしょう。

このプロジェクト全体は巧妙に秘密にされており、彼らは今年のクリスマスエピソードを、本来あるべき大画面に映し出しました。素晴らしい音楽、インタビュー、特別なモノローグ、そしてイエスの誕生についての特別なエピソードが組み合わされている。番組全体がとてもよくできていました。イエスの誕生はとてもシンプルなものですが、ダラス・ジェンキンスはこの瞬間をとても美しく、敬意を持って描いていて、私は涙を流しました。この激動の時代に、私たちは皆を助けるための神の使者でなければならないことを思い知らされます。一部の劇場でしか上映されていませんが、見て体験する価値のある作品です。

7/10
歴史上の最も重要な瞬間についての対話が、平板になってしまった。

様々な点で素晴らしいが、ジョセフとマリアの対話が極端に弱く、動かない。歴史上の最も重要な瞬間が平坦になってしまった。何を考えているのだろう。これだけ才能のある作家なのに、この瞬間は、感動的な「羊飼い」の高さと感動のレベルよりも何十年も下に書かれている。

それ以外の部分はとても素晴らしく、信じられないほど素晴らしく、素晴らしいものでした。

10/10
驚異的である

これは信じられないようなショーでした。沢山の美しい音楽と、ルカの書がどのように書かれたかについての素晴らしい物語。とても心温まるものでした。劇場では誰もが拍手や歓声をあげていました。また見に行きたいと思います。

10/10
すごい

午後7時からの上映を見終わったところですが、本当に素晴らしいものでした。私は12歳の末っ子と一緒に行きましたが、彼もとても気に入っていました。音楽のパフォーマンスはとても素晴らしかったです。何よりも、イエスの謙虚な始まりを見て感動しました。また家族で観に行くのが楽しみです。

10/10
美しく描かれた聖誕祭。イエスの誕生をリアルに伝えることで、クリスマスの物語に新たな視点を与えている。


映画『Christmas with the Chosen: The Messengers』ミュージカルの演出、素晴らしい歌と賛美、そしてこのイエス誕生の美しいストーリーに引き込まれました。ハリウッドのような華やかさはありませんが、私たちが希望と愛を切実に必要としている時に、彼らは力強くもシンプルなメッセージを響かせました。人々に知ってもらわなければなりません。DallasとChosenチームの皆さん、今回も素晴らしい体験をさせていただきありがとうございました。

10/10
アウトオブザパーク!

これは私が今年見る新しいクリスマス映画の中で最高のものでした あなたは確実にそれを叩き出しました。こんなに質の高い番組をありがとうございます。音楽は最高でした! たくさんのグループがあり、聞いたことのあるものもあれば、私にとっても新しいものもありました。

10/10
おばあちゃんの聖誕祭ではない

映画『Christmas with the Chosen: The Messengers』聖書的にも歴史的にも正確であることに全力を尽くした素晴らしい作品だと思います。暖炉の上に置かれたおばあちゃんのキリスト降誕セットのような整然としたクレッシュではありません。暖炉の上に置かれた祖母のキリスト降誕セットのような整然としたクレッシュではなく、おそらくそれを直接体験した人が感じたであろう生の感情を追求しています。ヨセフとマリアの視点からの物語と、イエスの死後、教会の初期の時代にマリアの視点からの物語を融合させたことは、よくできていると思います。とてもお勧めです。

スポンサーリンク

「つまらない」否定的な 海外の反応評価、感想

https://www.youtube

3/10
音楽が多すぎる。ダラスはなぜ?

誤解しないでいただきたいのですが、私は「The Chosen」を愛していますし、この時代のこの世界への神の贈り物だと思っています。「The Chosen」シリーズは、計り知れないほど油を注がれています。映画『Christmas with the Chosen: The Messengers』の特別なクリスマス版の問題点は、ダラスがすべてを間違ってしまったことだ。

この劇場用映画の最初の1時間以上は、クリスチャン・ミュージック・チャンネルを見ているかのように、アーティストが歌を歌っているだけだ。なぜダラスはこれが劇場に適していると考えたのだろうか?2時間のうち、文字通り25%しかストーリーがありません。もしダラスがこの映画に多くの音楽を入れたかったのであれば、せめてストーリーごとに分けなかったのでしょうか?

私にとってはがっかりでした。私が映画館に行くように言う最大の理由は、「the chosen」の活動を支援するためです。時間を節約しても寄付をしたい方は、わざわざ劇場に行かなくても、オンラインでThe Chosenに寄付してください。


3/10
The Chosenは大好きですが、映画『Christmas with the Chosen: The Messengers』には失望しました。
the chosenの何がそんなに素晴らしいのか、「聖書を演じる」ということを見に行きました。

映画『Christmas with the Chosen: The Messengers』、1時間以上のミュージック・ビデオの後に、映画『Christmas with the Chosen: The Messengers 』は最高のものを見せてくれました。私はマリアとヨセフが生き生きとしているのを見るのが好きでした。しかし、最初の1時間以上は退屈で苦痛でした。しかし、映画館に行って好きな番組を見るのに、7~8本のミュージックビデオを見るのはつらいですね。

https://www.youtube



3/10
注意力の足りない子供には向かない。

もしあなたのお子さんが、ミュージックビデオやモノローグを座って見るのが苦手だとしたら、最初の76分は飛ばした方がいいかもしれません。

ミュージックビデオは、キレるほど壮大で、上映時間の半分以上を占めていました。

モノローグは、大人が見ても魅力的でした。この映画は、滞在者が出産するという人間的な要素を伝えるのに非常に優れていた。キャスティングが歴史的に正しくないと言う人には、元々の低予算の短編映画の俳優を使った方が良かったと言います。聖書ではそのようにはならなかった」と言う人には、これは「聖書」ではなく「the chosen」と呼ばれているのだと言いたい。出産の様子があまりリアルに描かれていないことに文句を言うつもりはありません。本物を2回見ただけで十分すぎるほどでした。

3/10
新約聖書の物語を最大限に引き伸ばした作品

音楽が良い。映画のような演出と宣伝されています。しかし、ほとんどが音楽です。音楽は良いです。

しかし、クリスマスの物語に賢者もシェパードも含まれていたとは信じられない!監督のダラスは、映画製作に関わることを長引かせるために、物語を引き伸ばしている。私にとってこの映画は、彼の個人的な動機が、人々を惹きつけるような方法で物語を語ることよりも優先されていることを示しています。また、彼の他の作品と同様に、彼はショーが始まる前に20分ほど話をします。でも、この映画のナレーションはいいですよ。

2/10
映画『Christmas with the Chosen: The Messengers 』は、すべてを求めて、すべてを失ってしまった

私は「The Chosen」シリーズのシーズン1と2の大ファンであり、寄付者でもあるのですが、なぜ2時間のタイムシェアの説明会から抜け出したような気分になるのでしょうか?

おそらく私たちは、この「クリスマス」特集が何を意味するのかを完全に誤解していたのでしょう。それは、イエスの誕生を同時代の人々を通して語るという、新鮮な試みだった…そう思っていたのだ。始まって15分後、妻が私に向かって「これは何?」と聞いてきた。ドキュメンタリー?音楽ビデオ?歴史の授業?テレビの伝道番組?ダラス・ジェンキンスの自己PR?テスティモニー? 長編映画? バンドインタビュー?そのすべてであり、同時にそのどれでもない。ここで意図した視聴者は誰なのか?クリスチャン?ノンクリスチャン?その中間の人?一辺倒のアプローチでは失敗する。世俗的な大画面の世界に劇場公開されたものが、複雑な宗教的宣伝文句になってしまう。

最初の85分は、口パクのクリスマス・ミュージック・ビデオ、個人的な証言、パフォーマーのインタビュー、ユダヤ人の1,000年の歴史に関するモノローグなどがごちゃまぜになっている。私たちは、11種類の感謝祭の残り物をすべてミキサーにかけ、何度も何度も繰り返して食べているような気分になった。IT IS NOT』は、120分の長編映画で、キリスト教の中心人物の誕生を、プロット、キャラクター設定、プロダクション・バリュー、歴史的な新しさをもって描いています。俳優たちが、なぜキリスト教が自分に関係があるのかを語っています。観客が背景や信仰に関係なく、登場人物を通して共感できるストーリーを語ってみてはいかがでしょうか。

1/10
これはイエスの話なのか?

彼らは「the chosen」を称揚し、ダラスは自身を称揚し、芸術家を称揚し、人類を称揚し、マグダラのマリアとイエスの母を称揚する。クリスマスはイエスのためにあるものだと思っていたのに…。イエスが持ち出されたのは、イエスの犠牲から得られる私たちの利益について話しているときだけだったのです。

3/10
the chosenに寄付するか、パスを取るか

私は今夜これを見に行くために興奮していました。

the chosenのシーズン1と、シーズン2の4話を見ました。プレミアム・ドルを払って見に行ったのですが、がっかりしました。スイングアンドミスです。まず、映画は午後6時15分に始まりましたが、チョーセンの広告と配給会社の広告で時間を取られ、映画『Christmas with the Chosen: The Messengers 』は午後7時になっても始まりませんでした。映画」とハイフンでくくったのは、その時点では、チョーセンのセットの前で、クリスチャン・ボーカル・アーティストが自作のクリスマス音楽に合わせて口パクをしているのがほとんどで、音楽の合間に話をしているのもあったからだ。これは永遠に続くような拷問のような時間でしたが、実際には65分ほどでした。

45分間の自己宣伝と65分間の音楽を見て、私はちょっと疲れてしまいました。そして、私たちが実際に見ようとしていたものが登場しました。それは良かった。予想通り、 ドラマ版のChosenと似たようなレベルのフィルモグラフィーと演技・演出でした。このジャンル、予算、スキルセットにしてはかなり良い。

私たちが見に来たストーリーの35分後、さらに歌が始まった。この時点で見たいと思っていた口パクをすべて見たので、この時点で退出しました。

https://www.youtube

5/10
ほとんどが音楽

選ばれし者」シリーズが大好きで、映画『Christmas with the Chosen: The Messengers 』を映画館で見て応援したいと思っていました。物語に加えて音楽があることは知っていましたが、物語が鑑賞の25%程度にしかならないとは思いませんでした。CCMはあまり好きではないし、ズームアップされた顔の演技も好きになれなかった。(しかし、ボナー家の人々は素晴らしく、子供たちの合唱曲も素晴らしかった。) しかし、この映画のほとんどは「選ばれし者」ではないことを認識してほしい。

1/10
騙しのマーケティング!?

選ばれし者のクリスマス・スペシャル」は、劇場での特別なエピソードとしてマーケティングされていました! 実際には、クリスマスソングをハリウッドのミュージックビデオ風に演奏した1時間25分と、「選ばれし者たち」シリーズにゆるやかにつながる30分の短いエピソードで、正直、エピソードが急ぎ足に感じられ、全体的に低調な出来でした。

星1つの理由は、欺瞞的なマーケティングにあります。私が話した誰もが、クリスマス・ストーリーを中心とした「選ばれし者たち」のもっと長いエピソードを期待していました。しかし、それに近いものはありませんでした。

4/10
期待はずれ….

私はこの作品を好きになりたかった。
私は「The Chosen」シリーズが大好きで、イエス・キリストの生涯やその教え、使徒たちを描いた作品としては、個人的にはこれまで見た中で最も優れたものだと思っています。
この映画は、シリーズと同じように、イエス・キリストの誕生を美しく描いた力強い旅に連れて行ってくれるものだと思っていました。私の娘はまだシリーズを見ていないので、娘を連れて映画館に行き、イエスの誕生と生涯を描いた感動的な作品を初めて見てもらおうと思っていました。
しかし、映画が始まって85分が経過した頃、私が見ていたのは音楽のプレゼンテーションとバンドメンバーのインタビュー、そしてモノローグだった。私は心から混乱しました。確かに歌は美しいし、多くの証言は感動的ですが、私はそれらに共感できず、メッセージが失われてしまいました。


私は、イエス・キリストの力強い描写を見るために来たのではなく、クリスチャン・シンガーが歌い、信仰についてのメッセージを伝えるために来たのだと、誤解されているように感じました。私たちは難しい時代に生きています。暴君、冤罪、分裂、犯罪、不道徳、腐敗、嘘、無神論がこの世界を支配している歴史上の厳しい瞬間に耐えているのです。
The Chosen』のようなシリーズは、私たちの精神生活をチェックするために必要です。この作品では、私たちを福音に近づけ、キリストに人生を委ねることに成功する機会が本当に失われてしまったことに心を痛めています。

スポンサーリンク

まとめ:映画『Christmas with the Chosen: The Messengers 』海外の反応評価、感想「予告詐欺だ」

ドラマ版が世界で絶賛されシーズン2エピソード16までで再生回数が2億回を突破したドラマ版「The Chosen」の劇場版ということで世界中のファンが待ち望んでいただ2時間もの長編クリスマス=イエスの生誕について描かれる作品だと思っていたら、前半の1時間はなんとミュージックビデオが延々と流れる謎の内容に困惑した人が多かったようです。

世界中で大絶賛!大手レビューサイトで脅威の9.9点のドラマ版「The Chosen」とは?魅力から面白さまで幅広く紹介している記事はこちらです↓

ネタバレ関連記事はこちら

まだ日本公開前の海外で先行公開された最新映画ネタバレを楽しみたいならこちらをクリック

時間がバターのように溶ける
日本未公開最新映画の
超ネタバレまとめ↓

あの映画は海外ではどんな評価をされているのか?気になる海外のリアルな映画の感想まとめはこちらをクリック

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!