映画『マークスマン』海外の反応評価、感想「移民美化。リーアム今回も駄作を作る」

「3人の悪人殺すのに2時間掛けるアホ映画」「不法移民美化は駄目だろ」リーアム・ニーソン今回”も”見事なB級作品を作り「第二のニコラスケイジ」呼ばわり。評価5点の映画「マークスマン」の海外の反応評価、感想をまとめて紹介。リーアムニーソン安売りしすぎじゃね?

【映画】海外の反応関連記事

あの映画は海外ではどんな評価がされているのか気になりませんか?

面白いと思ったのは自分だけなのか、海外のリアルなレビューを集めた好奇心が止まらなくなる記事の数々を楽しんでください^^

もっと海外の
レビューを読もう

スポンサー リンク




映画『マークスマン』作品情報

映画『マークスマン』作品情報です。

映画『マークスマン』あらすじ、予告動画

かつて海兵隊員だったジム・ハンソン。

妻に先立たれ、子供もいない。

メキシコの国境付近で世捨て人のようにただ日々を過ごすのみ。

家族は愛犬のみ。

ある日国境を越えようとするメキシコ人の親子と遭遇、目の前で母親がギャングによって殺されてしまうが死に間際に「息子をシカゴの親戚の元に届けてほしい」11歳の息子ミゲルをジムに託して死んでしまう。

なぜか執拗にミゲルを追撃するギャングに対して、かつて海兵隊で培った人を殺す技術を駆使して撃退していくが・・・この地獄はいつまで続くのか。

予告動画はこちら。

マッツミケルセンに見えるのは気のせいか。
スポンサーリンク

映画『マークスマン』スタッフ

監督
ロバート・ローレンツ … (Directed by)Writing Credits
クリス・チャールズ … (written by) &
ダニー・クラヴィッツ … (written by) and
ロバート・ローレンツ … (written by)

監督のロバートロレンツは本作「マークスマン」が2本目の監督作品。それまではミスティック・リバー、ミリオンダラー・ベイビー、硫黄島からの手紙、グラン・トリノ、アメリカン・スナイパーなどクリント・イーストウッド作品の「制作者、製作総指揮」の常連スタッフだった。

本作「マークスマン」の評価は5.6点と低いのは経験不足か、センスがないのか。

リーアムニーソンの96時間とか以降大体がB級作品な印象をさらに深めた感じがする。

スポンサーリンク

映画『マークスマン』キャスト

Cast (in credits order)
リーアム・ニーソン Liam Neeson … ジム
ジェイコブ・ペレス Jacob Perez … ミゲル
ハリー・マルドナド Harry Maldonado … ティーンエイジャー
テレサ・ルイス Teresa Ruiz … ローザ
アルフレード・キロス Alfredo Quiroz … カルロス
ショーン・A・ロザレス Sean A. Rosales … ヘルナンド (ショーン・ロザレス役)
ホセ・バスケス Jose Vasquez … イシドロ
Juan Pablo Raba フアン・パブロ・ラバ … マウリシオ
アントニオ・レイバ Antonio Leyba … リゴ
クラーク・サンチェス Clark Sanchez … 移住者
アレックス・ナイト Alex Knight … 銀行員
ディラン・ケニン Dylan Kenin … ランドール

スポンサーリンク

映画『マークスマン』海外の反応評価、感想「さすがリーアム今回も駄作、B級、C級作品だ」

スポンサーリンク

映画「マークスマン」は面白い!海外の肯定的な反応評価、感想

https://www.youtube.com

6/10
映画館で見るべき。
映画「マークスマン」は映画館で見るべき。
それはなぜかって?
映画館の雰囲気、あの薄暗い中の巨大スクリーンで映画を観れば大体の作品は「普通以上」に面白くなるからだよ。
この作品は確かに面白くはない。

いつも通りのリーアムだしね。(過去に訓練してる凄いタフガイ役)

いつも通りのリーアム作品さ。

他に言うことないだろ?

7/10
素人の制作だな…。

…そしてそれは必ずしも悪いことではない。
しかし、残念なのは、3人のアマチュア作家が本作で初めて脚本を担当したことだ。(クリス・チャールズ、ダニー・クラヴィッツ、ロバート・ローレンツ(監督も担当))ベテランの作家に相談し、その作家にリーアム・ニーソンが主役であることを伝えるようにしてほしかった。

彼らが初めて脚本を担当したにしては、それほど悪くはなかったが、108分という上映時間が有効に使われていない。現在のストーリーとテンポのためには、80分程度に短縮するか、あるいは(私はこの方が良かったと思うが)その分をもっとアクションやサスペンスで埋める必要があったのではないだろうか。ニーソンが起用されたことも考慮に入れず、我々は彼のアクションを切望しています。だからこそ、そのアクションが得られなかったのは大きな失望だった。この映画のタイトルでさえ、108分のうち5分しか使われておらず、それはとても悲しいことであり、もったいないことです。幾つかのプロットや技術的な問題があり、省略すべき内容もありました。例えば、銀行の問題、特にあの焚き火の燃料がどうなっているのか(ネタバレしないように)、私の意見では馬鹿げていると思いました。

本作はローレンツの2度目の監督作品であるが、それにしても彼の作品は印象的だった。シーンは流れるように進み、カメラワークも的確で、キャストには彼からの素晴らしい指示があったようだ。また、カメラワークやスコアもまずまずのものでした。ニーソンが出演しているので、お勧めの作品ではありますが、私はもう2度と見ることはないでしょうし、おそらくこの先も忘れてしまうと思います。

https://www.youtube.com

7/10
最近の人々は満足させるのが難しい

この映画は確かにオスカーを受賞するような作品ではありませんが、少なくともスリル満点の映画でした。予想通りの展開ですが、俳優たちは良い演技を見せてくれました。特に子供が可愛かったです。いくつかの陳腐な場面(特に悪者が子供にリアムを撃たせる最後のシーン)がありましたが、全体的には良い映画でした。

6/10
標準的なリーアム・ニーソンの映画

ロバート・ロレンツォ監督の作品はこれで2作目。彼は誰?その通りだ。彼は、主にクリント・イーストウッド作品の助監督やプロデューサーとして知られており、『ミスティック・リバー』や『ミリオンダラー・ベイビー』などの素晴らしい作品を手がけている。
彼の初のソロ作品は『Trouble with the Curve』で、驚くべきことに主役はクリント・イーストウッド本人なんだ。私はその映画がとても好きでした。本作との違いは脚本で、今回は彼が自分で書いたものですが、これが全然ダメなんです。予測可能なことが多く、一方通行で、むらがある。
もし、あなたが100分間、自分を楽しませてくれる映画や、仕事から離れられる映画を探していて、私のようにニーソン氏のファンであれば、この映画は間違いなくあなたにお勧めできます。

6/10
いい映画

この映画はまあまあでした。ちょっと長くて、もっと短くてもよかったかもしれません。リーアム・ニーソンはどのアクション映画でも同じようなキャラクターを演じているような気がします。この映画にはその瞬間がありますが、アクションというよりはドラマです。主人公の悪役はとても良い役を演じています。観ることのできる映画ですが、驚くべきものではありません。

スポンサーリンク

映画『マークスマン』はつまらない!海外の否定的な反応評価、感想

https://www.youtube.com

2/10
「96時間”8”」にタイトルを変更しろ。
「マークスマン」では、リーアム・ニーソンが枝分かれして、誰かを守るために凶悪なギャングに挑む悪党を演じている。

セリフもそのまま盗用してしまうとは…・この映画を「96時間8」と呼んでもいいかもしれない。オリジナリティのなさはあまりにもシニカルで、有名な「彼はあなたを見つけて殺すでしょう」というセリフをそのまま…電話中に引用しているのだ!!!。

この映画は、ニーソンをはじめとする関係者全員が恥ずかしくなるような、ありきたりのステレオタイプのキャラクターとありきたりのプロットで構成された、すぐに忘れられてしまう映画だ。

1/10
私は何をみたんだ。

動画予告ではリーアム・ニーソンがまるで96時間のように敵を倒し倒し、倒して今度は家族ではなく移民の子供を守るだなんて、どれだけエキサイティングな作品に仕上がるのだろうかと心待ちにしていた私に似たファン全員を裏切る作品だった。

まず、上映時間120分でお得意の(予告でも言ってたが)射撃で倒した敵の数は片手で数える程度。それ以外は元々クリント・イーストウッド作品の製作総指揮とかやっていたせいだろうか、車に乗って互いの文化の違いを罵り合って理解し合う典型的なカビの生えたロードトリップを見せられるのだ。せめて運び屋のような緊張感のあるテンポならまだ良かったが、特別私たちに感情の起伏を与えることは一切ない退屈な時間を共有させられただけだった。

分かるかな、この映画超、超つまらないんだ。

1/10
2時間掛けて・・・。

射撃の名手であるリアムは、射撃がとても下手です。3人の悪人を殺すのに2時間もかかり、一番悪い奴は自殺してしまいました。ストーリーは、リアムとメキシコ人の少年がカルテルから逃げるというものですが、馬鹿馬鹿しくて、映画としては最悪の組み合わせです。

https://www.youtube.com

2/10
この作品タイトルは「撃たない狙撃手」にしろ。

映画を見終わった直後は、まあまあかなと思いました。

後で気づいたのですが、ポップコーンがめちゃくちゃ美味しかっただけであって 映画は本当に悪かった。リーアム・ニーソンの映画が好きな人は、この映画は嫌いでしょうね。もしあなたがシューターであり、保守的であり、強制的な政治的視点よりもエンターテイメントを重視するのであれば、おそらくこの映画は嫌いになるでしょう。アクション映画が好きな人には向いていません。典型的なLN映画ではありません。

4/10
リーアム・ニーソンは新しいニコラス・ケイジだ

難しいですが。-私のフェイバリットアクターの一人が役を兼任している。今の彼の作品の質は、パンにカビが生えるのを見ているようです。

今の段階では、それは明らかであり、また悲しいことです。-それがわからないのなら、それはそれでいいことだと思います。

2/10
お金を無駄にしないように

この映画は明らかにトランプ大統領の国境政策を政治的に利用したもので、観客に不法移民への同情心を抱かせようとする稚拙な試みである。

この作品には実質的な内容がなく、ストーリーも全く進展しません。登場人物は皆、感情移入できるものがなく、ほとんど全てのセリフが淡々としていて、陳腐です。この言い訳がましい映画にお金と時間を無駄にしないでください。

確かに的中率100%だが
110分の間で3人しか殺さない。

5/10
アクション映画というよりは、ロードトリップ風のドラマという印象。

私のリーアム・ニーソンへの愛はとどまるところを知らない。彼がどれだけ凡庸な映画に出演しても、もしかしたら私の期待を裏切って良い映画を見せてくれるかもしれないと期待して、必ず次の作品を見るのである。残念ながら、ここ数年、ニーソン氏は凡庸な映画に次々と出演している。「96時間3』は、主にその非論理的な編集スタイルのせいで、言葉では言い表せないほどひどい出来だった。「Cold Pursuit」はダークコメディの路線を試みたが、私の意見では的外れだった。「Honest Thief」は、陳腐な演技と目立ったアクション不足で、痛々しいほど平凡な作品でした。そして今回の「マークスマン」は、リーアム・ニーソンの凡庸な映画ジャンルに新たに加わった作品だ。

映画「マークスマン」は、アクション・スリラーというよりはドラマであり、それは本質的に悪いことではない。しかし、この映画は全体的にサスペンスや緊張感が驚くほど欠如しており、避けられない最後の対決までシーンごとに淡々と進み、映画の信用のためにはエキサイティングである。しかし、それを見る前に、長くて遅いロードトリップスタイルのアドベンチャーに座らなければならず、何のスリルもありません。

確かに、映画の途中で断続的に「アクション」シーンが1つ2つ出てくるが、それらのシーンには価値のあるアクションがほとんどない。10秒ほどの稚拙な殴り合いと、主人公が逃げなければならない穏やかな逃走劇があるだけである。

アクションが始まると、それはエキサイティングなもので、特に最後の戦闘は素晴らしいものです。リアムはいくつかの悪い動きをし、ライフルを使いこなしています。

しかし、この時点では、映画はあまりにも小さく、遅すぎて、私は映画が終わるのを楽しみにしていたほど、やる気を失っていた。誤解のないように言っておくが、私は今でもリーアム・ニーソンが大好きだし、彼の映画を見るのはやめない。しかし、「マークスマン」の最後では、もうこれ以上気にしなくてもいいのではないかと思ってしまうほどだった。

5/10
ニコラスケイジの映画にも興味があれば楽しいかもしれないが…。

リーアム・ニーソンがアメリカ南部の国境近くに住んでいて、アメリカ国旗を肩に担いでいて(映画の中で5分)、なおかつ悪名高い口調と訛りで話している男だということが信じられない…。
もし彼が起用されていなかったら、まったく面白くない映画になっていたと思います。
そう、これはリーアム・ニーソンの映画であり、ニコラス・ケイジの映画と同じように、私たちはリーアムが何かをするのを見るために観ているのです。しかし、これは『Taken』などではありません。そして、アクション/スリラーというわけではなく、映画の40%は微妙な社会的コメントなんだ。私は楽しんで見ましたが、さて、あの映画は必要だったのでしょうか?たぶん、そうじゃないと思う。

スポンサーリンク

まとめ:映画『マークスマン』海外の反応評価、感想「移民美化。リーアム今回も駄作を作る」

リーアム・ニーソンが第二のニコラスケイジ扱いしているのは面白い表現ですね。

確かにニコラスケイジ作品は”とりあえず観る”習慣ついてる人多いのでは?私もついつい観ては、「おおぉう…」ってなります。

まだまだ日本未公開から最新作まで様々な映画先取りした海外ファンのレビューをまとめた記事があるので楽しんでいってください↓

【映画】海外の反応関連記事

あの映画は海外ではどんな評価がされているのか気になりませんか?

面白いと思ったのは自分だけなのか、海外のリアルなレビューを集めた好奇心が止まらなくなる記事の数々を楽しんでください^^

もっと海外の
レビューを読もう

ネタバレ関連記事はこちら
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!