映画『ベルファスト』海外の反応評価、感想「オスカー候補」「偏った宗教映画」

『アカデミー賞最有力!!世界が絶賛!』ケネス・ブラナー監督最新作にして”最高傑作”映画『ベルファスト(BELFAST)』海外の感想、評価、反応をまとめて紹介。その反面「カトリックとプロテスタントの対立を一方だけを悪に仕立てた脚本に不満の声も」なぜここまで高評価なのか?低評価をつける人はなぜなのか?幅広い意見を読んでお楽しみください。

映画「ベルファスト」の物語最後までネタバレをさっさと知りたい方はこちら↓

【映画】海外の反応関連記事

あの映画は海外ではどんな評価がされているのか気になりませんか?

面白いと思ったのは自分だけなのか、海外のリアルなレビューを集めた好奇心が止まらなくなる記事の数々を楽しんでください^^

もっと海外の
レビューを読もう

スポンサー リンク




映画『ベルファスト』7.5点 作品情報

映画『ベルファスト』の作品情報を紹介しています。

映画『ベルファスト』あらすじ、予告動画

ベルファストで生まれ育ったバディ(ジュード・ヒル)は家族と友達に囲まれ、映画や音楽を楽しみ、充実 した毎日を過ごす 9 歳の少年。
笑顔にあふれ、たくさんの愛に包まれる日常は彼にとって完璧な世界だっ た。しかし、1969 年 8 月 15 日、バディの穏やかな世界は突然の暴動により悪夢へと変わってしまう。
プ ロテスタントの武装集団が、街のカトリック住民への攻撃を始めたのだ。住民すべてが顔なじみで、まるで 一つの家族のようだったベルファストは、この日を境に分断されていく。暴力と隣り合わせの日々のなか、 バディと家族たちは故郷を離れるか否かの決断に迫られる――。

スポンサーリンク

映画『ベルファスト』スタッフ

監督
ケネス・ブラナー … (Directed by)Writing Credits
ケネス・ブラナー … (written by)

スポンサーリンク

映画『ベルファスト』キャスト

Cast (in credits order)
ジュード・ヒル Jude Hill … バディ
ルイス・マカスキー Lewis McAskie … ウィル
ケイトリオナ・バルフェ Caitriona Balfe … マー (Caitríona Balfeとして)
ジェイミー・ドーナン Jamie Dornan … Pa
Judi Dench ジュディ・デンチ … おばあちゃん
シアラン・ハインズ Ciarán Hinds … ポップ
ジョシー・ウォーカー Josie Walker … ヴァイオレットおばさん
フレイヤ・イェーツ Freya Yates … いとこのフランシス
ネッサ・エリクソン Nessa Eriksson … いとこのヴァネッサ
チャーリー・バーナード Charlie Barnard … いとこのCharlie
フランキー・ヘイスティングス フランキー・ヘイスティングス … メアリーおばさん
メイリード・タイアーズ Máiréad Tyers … アイリーンおばさん
Caolan McCarthy カオラン・マッカーシー … おじさんSammie

スポンサーリンク

監督ケネス・ベルナーのプロフィールと過去作

本作の監督、ケネス・ベルナーは俳優としても有名で、テネット、ダンケルク、ハリーポッターシリーズ、など大作からインディー作品まで幅広く活躍をしている。

そして監督してはマーベル作品のマイティ・ソー、エージェントライアン、日本でも話題になった実写版「シンデレラ」、オリエント急行殺人事件で名探偵ポアロとして出演も監督も行っている。

2022年にはポアロシリーズ最新作「ナイル殺人事件」の公開が控えている。

スポンサーリンク

映画『ベルファスト』7.5点 海外の反応評価、感想

映画『ベルファスト』7.5点 海外の反応評価、感想、レビューをまとめています。

スポンサーリンク

「面白い」海外の反応評価、感想

BELFAST – Official Trailer – Only In Theaters November 12

10/10
巧みな演出で冒頭から引き込まれる。

白黒映画と聞いていたのに物語の始まりは現代のベルファストを美しく映し出し、音楽との調和も素晴らしい。これがベルファストか。

そう思っていたら徐々に、徐々に1970年に、映像もカラーから白黒に、路地で遊ぶ子供達、街ののどかな風景に切り替わっていく過程に心臓を揺さぶられる。穏やか…と思ったのも束の間で突如紛争地帯となり感情を左右に激しく揺れ動かされ心が鷲掴みにされる。「これが映画ベルファストか」映画館に来たことをこの時点で幸運だと思うだろう。

それだけで十分だろう。

8/10
アイルランド宗教対立の歴史を知っておく必要がある

はっきり言えば歴史の勉強をサボった人にとっては普通の退屈な映像作品だろう。1970年きたアイルランドのベルファストで何が起きたのか?を監督の自伝的映像で見ることができる、宗教対立、当時の流行った曲、モノクロで描ききった傑作である。

主人公ジュード・ヒルの熱演、祖母役のジュディ・デンチと祖父役のキアラン・ハインズの演技は間違いなくアカデミー賞候補だろう心に残る演技とはこういうものであると見せつけてくれた。

10/10
嵐の日、雨の日、嵐の前の静けさのような感覚に似ている

ベルファストは、嵐のような雨の日に相当し、嵐の前の静けさのような完璧な感覚を生み出します。ケネス・ブラナーが脚本と監督を務めたこの家族の物語は、味わい深く、ほろ苦い名作です。

この映画を見ていて、4つのことがとても印象に残りました。

1つ目は、モノクロにカラーを加えた手法がとても優れていることです。懐かしさを感じさせるとともに、数少ないカラーの場面がそのシーンを際立たせています。第二に、サウンドが素晴らしい。どのシーンでも、雨の音、火事の音、テレビの音など、シーンを盛り上げる効果音があります。雨の音、火事の音、テレビの音などです。

効果音の質は驚くべきもので、この映画を見る際に新たな魅力を与えてくれます。第三に、演技が特に素晴らしい。特に若い才能を持つジュード・ヒリーはかなりのスターで、ショーを独占しています。また、母親の強さと感情を見事に表現したケイトリオナ・バルフの才能も大好きです。最後に、すべてのシーンが非常に親密です。カメラは常に行動や家族に近づいていて、観客は主人公たちを身近に感じることができます。

ケネス・ブラナー監督は、自身の子供時代の実話を基にした本作で、家族と労働者階級の苦悩を親密に描き、観客の心を揺さぶっています。冒涜的な表現、宗教に関する言及、攻撃性、軽微な暴力がありますので、ご注意ください。

BELFAST – Official Trailer – Only In Theaters November 12

9/10
自分がどこから来たのかを忘れない

現役最高の映画監督の心温まる思い出の作品です。

この映画を大勢の観客と一緒に見ることはとても楽しいことで、ヴァン・モリソンの作曲した曲が劇場中に流れているのを聞くと、単純明快な幸福感でいっぱいになります。モノクロの写真は、60年代のベルファストの雰囲気を見事に再現していて、とても見入ってしまいます。ジェイミー・ドーナンとカトリオナ・バルフの演技は、この映画を見る価値のあるものにしています。この映画が公開されたら、家族みんなで集まって、たくさん笑って、泣いて、さらに笑うことになるでしょう。

私はただ素晴らしい時間を過ごしましたが、
それが映画に求められていることなのです。

BELFAST – Official Trailer – Only In Theaters November 12

7/10
心のこもった作品だが、もっと欲しくなってしまった

“聞こえなければ、聞いていないということだ。”

ケネス・ブラノーの映画『ベルファスト』は、彼の幼少期の自伝的な物語である。故郷ベルファストで激動の1960年代後半を経験した少年と労働者階級の家族の物語が描かれている。言っておきますが、私はこれまでブラノーの演出に心を奪われたことはありません。彼は素晴らしい俳優ですが、映画製作に関しては、これまで見たものはすべて「まあまあ」か「がっかり」のどちらかでした。

それは、彼がこのような個人的な作品を作ったことがないからかもしれません。皆が言うほど素晴らしい作品だとは思わないが、私は「ベルファスト」を楽しんだ。

家族を中心とした物語、そして自分にとって大切な場所で育つ子供の気持ちをうまく表現しています。物語はほとんど自伝的なもので、ブラノーのように世界を見ることができます。喪失感や暴動といった重いテーマに触れてはいるものの、楽しくて素敵な物語です。
脚本もよく書けていると思います。

正直なところ、この映画はコメディーと言っても過言ではありません。ユーモアと明るさにあふれています。しかし、少しメロドラマ的な展開になることもあり、特に最後がそうです。私にとってのエンディングは、少し唐突でした。

みんなが泣くような感動的なシーンがあると聞いていたのですが、その瞬間が過ぎてしまい、終わりになってしまいました。ブラノーのオリジナルのエンディングでは、ドキュメンタリーのようなものがあって、彼がベルファストに戻るというものでしたが、あのような形で終わってよかったと思います。幸運なことに、私たちには編集者がいて、いろいろなものを切り取ってくれます。

彼が様式的に見せようとしても、スタイリッシュなのはモノクロの撮影だけで、映画や舞台はすべてカラーで見せられている。

彼のやったことすべてがうまくいったとは思わないが(映画の最初の数分はそれほど素晴らしいものではなかった)、最終的にはしっかりとした映画を作ったと言えるだろう。ベルファスト』は心に響く作品で、素晴らしい演技と優れた脚本を持っていますが、最終的にはもっと多くのことを求めてしまいました。この映画は、観客や批評家に受け入れられると思いますし、中には今年のベストと言う人もいます。アカデミー賞を受賞するに違いありませんので、よろしければチェックしてみてください。

BELFAST – Official Trailer – Only In Theaters November 12

6/10
圧倒的だがアカデミー賞の有力作品と聞くと、期待して見に行くと、その期待に応えられないことがあるのが悩みだ。

ケネス・ブラナーが脚本・監督を務めた新作『BELFAST(ベルファスト)』は、そのような作品です。

私たちは、9歳のバディ(ジュード・ヒル)の目を通してこの世界を見ています。そのため、彼が何が起こっているかを理解し始めたときに、物語の断片が少しずつ見えてきます。それがこの映画の問題点のひとつです。私たちは子供のレベルで断片的に情報を受け取っているのです。彼の両親や祖父母は、常に子供を世界の出来事から遠ざけようとしている(つまり観客を遠ざけようとしている)ため、その前提がうまくいかないのだ。

ブラナー監督の脚本は、書き足らずの軽いものだが、それを素晴らしい俳優たちに託すことで、作品をより良いものへと昇華させている。

ベテラン俳優のデイム・ジュディ・デンチとキアラン・ハインズは、この映画で、かつて自分たちが知っていた世界が変わりつつあることを見抜いている賢明な祖父母を演じ、見事なコミックリリーフとなっている。この2人の老練な役者は、それ以外の部分ではかなり低調なこの映画に輝きを与えている。

「つまらない」海外の反応評価、感想

BELFAST – Official Trailer – Only In Theaters November 12

3/10
ケニーのホームムービーの方が見たかった

ブラナー、あるいはロンドンっ子が好んで呼ぶ、子役のジュード・ヒル才能ある俳優だと思います。侮れない存在だ。しかし、映画『ベルファスト』は少し独りよがりだった。
芸術家が自分自身についての映画を作るときはいつでも、私は目を丸くして、彼らを膝の上に寝かせて、虚栄心と不安は相容れないものだと教えてやりたい。

ひどい映画ではありませんでしたが、ほとんどの部分がひどく退屈でした。ゴージャス・ブラニーを悪く言うつもりはないが、彼の家族のホームビデオを10時間も見て、お茶を飲みながらお互いに侮辱しあっていた方がマシだった。

BELFAST – Official Trailer – Only In Theaters November 12

2/10
空虚で光沢のある、植民地主義の絵葉書

ニール・ジョーダンの『ブッチャー・ボーイ』を見たという証拠を見せてからでないと、この植民地主義の中で過ごした子供時代の空虚で光沢のある肖像画を見ることはできないようにしてほしい。

もちろん、植民地主義がこの映画の暴力の原因となっている問題であることは、意識していなければわからないだろう。
ヒゲをたくわえた二次元の悪人たち、意図的に誤解を招くような非政治的な表現、本質的なものがないこの映画は、ミュージックビデオのきれいな集合体であり、非常に強力なキャストにもかかわらず、感情を得ることができませんでした。
ブラナーの脚本と監督は大失敗しており、どんなに美しいカメラワークを駆使しても、映画『ベルファスト』を良い映画にすることはできない。ノーマン・ロックウェルには、ロックウェルの芸術が持つ破壊的な意味合いが全くないのだ。挑戦的なテーマを、挑戦的でない観客動員用の映画にしたことで、アカデミー賞で話題になるのは間違いないが、それだけに残念な作品だ。

BELFAST – Official Trailer – Only In Theaters November 12

5/10
ブラナーによる北アイルランドへの頌歌は、無難でありながら深く一般的なものである

ケネス・ブラナーは、長年にわたって様々な映画で脚本と主演の両方を務めてきた強力な才能の持ち主であるため、少なくとも、トラブルのあったベルファストで育った子供を半自伝的に描いた作品には期待が持てるだろう。しかし残念ながら、このモノクロの映画は、プロット、キャラクター開発、感情的な深みに欠けている。自伝的な要素とモノクロの撮影方法は、アルフォンソ・キュアロン監督の『ローマ』に似ているが、同作の人間関係や社会的不公平感の探求は、本作よりもはるかに深い。

この映画では、様々な筋書き(バディの学校のプロジェクト、トラブルで起きる暴力、緊張、バディの両親の思想、思考の違い、バディの祖父の健康状態の悪化)が描かれているが、その多くは興味深く、印象的な方法で解決されてはいない。

この映画では、当時の宗派間の暴力や、それが大きな社会的ダメージを与えた方法についての解説や深い分析は驚くほど少ない。実際、この映画で描かれている暴動や略奪は、真に迫っているというよりも様式化されているように見える。ジュード・ヒルは、バディの年齢をうまく演じており、子供のような無邪気さと明確な優しさを表現している。しかし、本作ではキャラクターの成長がほとんど見られず、どのキャラクターも特に印象に残らない。魅力的でインパクトのあるストーリーを作ること、時代に対する明確なコメントや分析をすること、キャラクターを成長させることなど、最小限の試みしかしていないため、映画『ベルファスト』の脚本は最終的には本当に失望させられた。

しかし、この映画にはモノクロの撮影技術があり、ベルファストの港の美しいショットがいくつかある。ヴァン・モリソンの音楽は、シーンによっては映画を引き立ててくれるが、シーンの文脈にそぐわない場合もある。良かれと思ってやったことなのに、結局は期待はずれに終わってしまった。

BELFAST – Official Trailer – Only In Theaters November 12

4/10
浅はかでナイーブ、そして過剰な感傷…。

アイルランドの俳優がアイルランドの役を演じ、方言やアクセントがその地域を代表するものであることは素晴らしいことですが、感傷的なナンセンスさでオスカーにノミネートされるために現実を洗い流すのであれば、これは素晴らしい方法です。

1/10
劇場監督がまた一つ映画をダメにした。

この人は映画監督ではなく、演劇監督のふりをした俳優が進化して映画監督のふりをしているだけで、何十年も映画をダメにし続けています。

彼のやることなすこと全てが他の映画の模倣であり、脚本や演出ではできないシリアスな雰囲気を出すための白黒の使用などです。

演出をやめれば、この映画はとんでもなく退屈な祭りになる。

1/10
鈍い

この映画で唯一良かったのは子役のジュード・ヒルです。ブラック&ホワイトの演出はかっこよかったけど、全く機能していませんでした。映画のペースは全て一本調子。2回も寝てしまいました。

予告編を見たときには多くの可能性を秘めた映画でしたが、実際の映画を見るとその可能性は全く感じられませんでした。

この少年は将来的に大きなキャリアを積むことになると思います。彼は間違いなく演技ができますが、映画『ベルファスト』に適した役ではなかったと思います。

2/10
歩き出しました

この映画は、私がこれまでに劇場から出て行った2つの映画のうちの1つです。最初の15分は楽しめたのですが、そこからは下り坂でした。とても支離滅裂です。

この映画は、ベルファストでの宗教的な戦いの非常に地味な歴史に基づいています。しかし、この映画は笑いを取ろうと懸命に努力していますが、私の意見では成功しませんでした。アイルランドのアクセントは非常に理解しにくいものでした。

BELFAST – Official Trailer – Only In Theaters November 12
スポンサーリンク

まとめ:映画『ベルファスト』7.5点 海外の反応評価、感想

いかがでしたか?俳優の演技力、美しい風景、リアルな日常と、過去に起きてしまった植民地紛争をリアルに描き切ったベルファストですが、人によっては説明不足、退屈と思われる意見もありましたが皆さんはどう感じましたか?

実は映画を見ると、カトリックとプロテスタントの対立を一方目線で描かれていたり、特定の宗派だけを偏って美化しているようにも感じる描写が多いのも事実だったりします。それでも素晴らしい映画と呼べるのか、多くの意見が挙がる意味を楽しむために、こちらで映画「ベルファスト」のネタバレ記事を作成したので楽しんでみてください↓

【映画】海外の反応関連記事

あの映画は海外ではどんな評価がされているのか気になりませんか?

面白いと思ったのは自分だけなのか、海外のリアルなレビューを集めた好奇心が止まらなくなる記事の数々を楽しんでください^^

もっと海外の
レビューを読もう

ネタバレ関連記事はこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!