映画『ウエスト・サイド・ストーリー』海外の反応評価、感想「リメイクの意味は?」

1950年のニューヨークで若者同士の対立を描くスピルバーグ監督最新作映画『ウエスト・サイド・ストーリー』海外の反応評価、感想を紹介していきます。既にオスカー候補と言われている本作ですが、古い時代を映し出しているためLGBTに過敏に反応する人たちからは批判も集まっています。この作品はなぜ面白い、つまらないと言われているのかが良くわかる深い批評を紹介していきます

スポンサー リンク




映画『ウエスト・サイド・ストーリー』作品情報

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』の作品情報を紹介しています。

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』あらすじ、予告動画

1957年のミュージカル「ウエスト・サイド物語」を映画化したもので、禁断の愛と、異なる民族的背景を持つ2つの青春ストリートギャング、ジェッツとシャークの対立が描かれています。

スポンサーリンク

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』スタッフキャスト

監督
スティーブン・スピルバーグ … (監督)脚本クレジット
トニー・クシュナー … (脚本)
アーサー・ローレンツ … (原作:舞台劇、著)

キャスト(クレジット順)
アンセル・エルゴート Ansel Elgort … トニー
レイチェル・ゼグラー レイチェル・ゼグラー … マリア
アリアナ・デボース Ariana DeBose … アニタ
デヴィッド・アルヴァレス David Alvarez … ベルナルド
リタ・モレノ Rita Moreno … ヴァレンティーナ
ブライアン・ダーシー・ジェームズ Brian d’Arcy James … クルーピー巡査
コーリー・ストール コーリー・ストール… シュランク警部補
マイク・ファイスト Mike Faist … リフ
ジョシュ・アンドレス・リベラ Josh Andrés Rivera … チノ
アイリス・メナス Iris Menas … 誰でもいい
ダビッド・アビレス・モラレス David Aviles Morales … アニバル
セバスチャン・セラ セバスチャン・セラ(Sebastian Serra) … ブラウリオ

スポンサーリンク

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』監督の過去作

スティーブン・スピルバーグ監督といえば、ジョーズ、未知との遭遇、インディ・ジョーンズ、ジュラシックパーク、プライベートライアン、A・I、レディ・プレイヤー1など全世界の大人から子供の心を鷲掴みにした名監督。最近映画監督人生45年の間に興行収入が1兆円を超えたと話題に。現在75歳だが精力的に制作を続けている。

スポンサーリンク

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』8.0点 海外の反応評価、感想「」

スポンサーリンク

「面白い」海外の反応評価、感想

8/10
愛と尊敬を込めてリメイク


私は「オールドスクール」な性格なので、古典的な映画がリメイクされることを考えるとぞっとするのです。なぜ、すでに愛されているものに手を加えるのか?しかし、このようなことが起こる(そしてこれからも起こる)ことは分かっているので、少なくとも、映画『ウエスト・サイド・ストーリー』を心から愛し、伝説的な映画監督の一人であるスティーブン・スピルバーグがこの作品を手がけたことに安堵のため息をつくことにしよう。

脚本家のトニー・クシュナー(『ミュンヘン』『リンカーン』)と再びタッグを組み、1957年の舞台作品とその音楽、1961年の映画(ロバート・ワイズ監督)への愛と賞賛が、この美しいプレゼンテーションの中で光っているのである。

スピルバーグ監督にとって35本目の映画でありながら、初のミュージカル作品である。舞台作品と60年前の映画からいくつかの変更点があるが、いくつかの曲のタイミング、よりリアルな喧嘩、追加のロケシーンなど、すべてがこの美しいバージョンにスムーズに溶け込んでいる。

この作品は素晴らしい。

10/10
スピルバーグは『ウエスト・サイド・ストーリー』を映画化した。

ルネサンス期のヴェローナから1950年代のニューヨークのヘルズ・キッチンに移された「ロミオとジュリエット」であり、プエルトリコのシャークとアイルランドのジェッツが縄張り争いを繰り広げているが、リンカーンセンターがその代わりとして消滅する予定である。

アンセル・エゴートはロミオに相当するトニー、レイチェル・ツェグラーは海賊王の娘エセル、つまりジュリエットの代役を務めるマリア、といった具合である。私たちセンチメンタリストのために、オリジナル映画版でネッド・グラスが演じた「ドク」は、リタ・モレノ(1961年版の役でアカデミー助演女優賞を受賞)に交代している。リタ・モレノは1961年の映画版でアカデミー助演女優賞を受賞している。

3度目のリメイクにして初のミュージカル作品となる本作で、スピルバーグが選んだのは難題だった。最初のバージョンでは、ブロードウェイの大ヒット作を映画化するという難題を解決した。スピルバーグと常連のチーム–脚本のトニー・クシュナー、撮影のヤヌス・カミンスキー、編集のマイケル・カーン–は、それを映画化し、舞台ミュージカルと映画ミュージカルがまったく別物であることを忘れてしまった観客に、映画ミュージカルを再び紹介する映画を作ったのである。前半、スピルバーグはカメラを蟹の台車のように動かし、登場人物の頭の中にいることを示すために光を調節し、カット割りのペースを変えて、たとえば、オープニングでジェッツが踊るダンスはコック・オ・ザ・ウォーク・ストラットであること、トニーとマリアが一緒にいるときは他の誰も見えないこと、「クルーピー警官」が面白い歌ではなく、怖い歌だということを見せてくれる。その後は音楽空間なので、「アメリカ」ではダンサーが無休でストリートに侵入してくる。

嬉しかったですね。あと、この映画で気がついたことがあると思うんです。スピルバーグはこれまで、「かつて世界はこう機能していた」という映画を撮ってきた。スピルバーグは、『ブリッジ・オブ・スパイ』や『ザ・ポスト』、そして『リンカーン』など、「こういう世界があったんだ、これを知っておくといいことがある」という映画を作り続けてきたのです。スピルバーグは、あと1週間で75歳になる。その年齢になると少し思索的になり、ジグソーパズルの端の内側のピースを組み立てることを厭わなくなる。2021年、金持ちの白人が貧しいプエルトリコ人やアイルランド人を追い出し、ヘルズ・キッチンを縮小して、自分たちが歩いてオペラに行けるようにしようとしていると小言を言うユダヤ人の集団によって書かれたオリジナルのショーの風刺は、これまでと同様に、いやそれ以上に鋭くなっています。

10/10
原作より良い

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』をリメイクすると発表されたとき、私は半信半疑でした。オリジナルは私の大好きなミュージカルの1つです。スティーブン・スピルバーグの手腕は素晴らしい。演出は素晴らしく、スピルバーグは演出部門でオスカーを受賞するに値すると思う。原作よりもリアルで骨太の作品に仕上がっているのが素晴らしい。キャスティングも素晴らしく、あらゆる面で完璧でした。ミュージカルナンバーも素晴らしい。この映画のすべてが素晴らしい。

10/10
驚異のミュージカル

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』は、古風でありながら現代的でもある、素晴らしいミュージカルです。感情的で美しく、活気に満ちたこの作品は、そのストーリーが今日でも極めて重要である。

レイチェル・ゼグラーとアンセル・エルゴートは、美しい歌声と印象的な相性で、どちらも素晴らしい。しかし、アリアナ・デボース、デヴィッド・アルバレス、マイク・ファイストの演技が際立っている。リタ・モレノは小さな役ながら素晴らしい演技を見せてくれました。

スティーブン・スピルバーグの演出は素晴らしく、最初から最後まで美しく撮影され、たくさんの動きと長いテイクで、この映画は独自の足で立つことができます。ミュージカルナンバーは完璧な振り付けで、音楽も歌も力強い。

8/10
名作!

スティーブン・スピルバーグの子供の頃の夢が叶った。

現代的なタッチで、良いショット、エレガントな振り付け、耳に残る曲、テアトル撮影と良い演技…。愛対異端者、社会的圧力の問題。

21世紀の今、私たちはまだこの問題に直面している。

スティーブン・スピルバーグ、万歳! 私たちに良い映画を与えてくれたあなたに、神の祝福がありますように。

10/10
オリジナルをリスペクトして超える名作

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』は完全な傑作で、魔法にかけられたようです。撮影、映像、セットだけでもアカデミー賞を総なめにする価値がある。

スピルバーグのカメラの動かし方、光の使い方、今こんなことやってる人いないよ、こんな大作映画。この映画は1960年に作られたような気がしますが、現代の新しい技術とテクニックを駆使しています。このような大作は、今では誰もやっていない。

映画の大部分はスペイン語で、字幕はありませんが、スペイン語を話さない人でも何が起こっているのか理解できるように、十分な文脈を与えています。この映画では、LGBTQの表現も含め、手抜きのない表現が素晴らしく、新鮮でした。

1950年代のニューヨークの再現は素晴らしく、大きなスクリーンで見るべき作品です。

というか、ぜひ映画館に見に行ってください。

あるショットに言葉を失いましたが、それは観ればわかります。

10/10
ワオ…

スティーブン・スピルバーグに間違いはない。

映像のスペクタクル、音楽(俳優たちは実際に歌っている!)、素晴らしいダンスナンバー、絶妙な撮影技術など、WSS2021のすべてが完璧に研ぎ澄まされている。

また、1961年の作品にあったネガティブなステレオタイプを修正し、適切なラテン系の表現、適切な人種的不平等の議論、スペイン語の台詞など、適切にアップデートされている。

私は映画『ウエスト・サイド・ストーリー』を街で一番大きなIMAXスクリーンで見て、絶対に楽しかったし、何度も何度も見ることになると思う。アカデミーは、89歳のリタ・モレノに、あの忘れがたい「Somewhere」の演技で、2度目のWSSオスカーを与えてくれないだろうか。彼女が生き、演じ、歌い続けますように

スポンサーリンク

「つまらない」海外の反応評価、感想

1/10
なんだこのリブートゴミは!

いつものようにハリウッドの偽善者たちは、アメリカの古典をリブートして、燃える犬のフンの袋に変えてしまった。

オリジナルの面白さ、創造性、才能ある俳優がいなくなり、才能のない、醜い、停滞した、一面的な俳優たちに取って代わられたのだ。リブート版は、ストーリーを語る代わりに、現代にふさわしいものにしようとし、泣き言を言っている。

スピルバーグは、手つかずの原作を再現しようとするのではなく、普通の映画を作ることに専念すべきです。次は「サウンド・オブ・ミュージック」や「風と共に去りぬ」のリブートか?

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』はセンスのある人には勧められないが、ロボトミー手術を受けた患者には勧められる。

5/10
過大評価と主役2人の化学反応なし

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』のマイク・ファイストが素晴らしくて目が離せなかった!オスカーにノミネートされることを期待しています。次に良かったのはアリアナ・デボース、その次がモレノ。レイチェルは初めての映画にしては良かったのですが、私にはちょっとセレーナ・ゴメスすぎ、ディズニーすぎ、もっと現実的な人が良かった。

アンセルとレイチェルは相性が悪かったです。もっと現実的な人が良かった。彼の演技は、正直言ってぞっとしました。訛りが出たり出なかったり、他のジェット機の騒音のように喚き散らす奴らのように演劇の訓練を受けていないのが見え見えで、体も他の人よりも目立つほどに動かない。トニーを演じるのにもっと強い俳優を見つけることができたはずですが、ティーンエイジャーのファン層を持つ人物にこの映画を担わせたかったのでしょう。

演出は、撮影やダンスと同様によかったと思います。しかし、結論から言うと、私はこの映画が無料で配信されるまで待つことにします。

このような、批評家やエリートは、スピルバーグがロバとヤギのラブストーリーを作っても、絶賛してしまうほど、スピルバーグに肩入れしているのでしょう。彼のショットは良かったが、私はずっと携帯電話を見ていて退屈してしまった。また、ノンバイナリーのキャラクターが登場するシーンは、無理矢理感がありました。また、なぜそのキャラクターが存在できないのか、映画の中でキャラクターは性自認のことで攻撃され、矮小化されなければならず、私はそのキャラクターが受ける虐待が非常に腹立たしいと感じました。このキャラクターはギャングの中にいるだけではダメだったのでしょうか。なぜ、このキャラクターは中傷されるアウトサイダーとして存在しなければならなかったのでしょうか。いつになったらLGBTは人間として認められ、スクリーンでいじめられなくなるのでしょうか?

4/10
ドラマとの齟齬を感じたエンターテイメントミュージカル。

しかし、スペイン語や歌の部分がかなりあるので、字幕があったほうがよかったと思います。ストーリーは、政治的なコメントやドラマが多く、少しスローで退屈な感じでした。これは、設定の主要な部分ですが、ミュージカルの要素とは場違いな感じがしました。ユーモアもあり、エンディングも感動的でしたが、私の好きなタイプの映画ではありませんでした。

4/10
メチャクチャ。オリジナルにこだわる

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』2021年版は大げさで作りすぎ どのパフォーマンスもオリジナルのように私を驚かせることはなかった。木訥な演技と強引なセリフ。レイチェル・ゼグラーはミスキャスト デヴィッド・アルヴァレスは、「アメリカン・ラスト」に出演していた時と同じように、ここでもひどい。とても不愉快だ。また、このバージョンでは、本当の意味での心が欠けています。

何かが欠けていて、時間の無駄だったように思います。スティーブンには申し訳ないが、これは失敗作だ

1/10
映画の恥さらし

スピルバーグは新しいアイデアを出すことができない。最近は黒人の文化を流用するのはダメだから、ラテンの物語を盗もうか?2つ前の時代から?と引きずられるように見てしまったが、とにかくひどい。オリジナルは名作だが、これは全く必要ない。

2/10
このリメイクは無意味だ。

音楽、美学、ストーリー、影響力において、何も新しいものをもたらしていない。音楽、美学、ストーリー、影響力のどれをとっても新しいものはなく、テーマは当時の偏見を「目覚めた」形で修正することもなく、オリジナルでは露骨にできなかったけど現代ならできるような方法で問題を提起するために強調することもない、時代にそぐわないものになっている。

現代の文脈で観ると、今日とは異なるアプローチを取るであろう疑問のある問題を提示しているように、映画『ウエスト・サイド・ストーリー』は、わざわざアップデートすることもなく、単にオリジナルのカラオケバージョンを再演しているように見える。

キャストは、「グリース」のように、反抗的な若者のふりをした大の大人が大勢出演している。誰が大人で、誰が若者なのか、見分けがつかないほど、人口構成に合っていないようだ。特に主役の “トニー “ことアンセル・エルゴートは、音響の専門家が録音した音楽が控えめなこともあり、演技も歌もミュージカル並みで、またカラオケでもない。役者たちは、ピッチの点ではクレッシェンド表現に到達できているように見えるが(アンセルは、歌に必要ないわずかなビブラートをかけて、取れないピッチの間を揺れ動くという、昔ながらのごまかしをしているが)、サウンドは乏しく、ミュージカルに期待する感情を伝えるようなクライマックスの要素もない。

その結果、ミュージカルとしては圧倒的な出来栄えで、役を得た人たちよりも、音楽のプロである歌手やダンサーに役を与えるべきだったと思わされる。この点については、主演の2人の女性に対する批判は取り下げます。2人とも素晴らしく、この映画の唯一の救いでしたので、それぞれ星を1つずつ(映画全体と彼らの貢献度に比例して、彼らが唯一のスタートであるということではなく、彼らがその中で最高のものだったということ)、このレビューの星2つの私の価値を合計して、この評価をさせていただきます。マリア(レイチェル・ツェグラー)の声は神々しかった。

アンセルの演技全体が滅茶苦茶だったので、非難を続けなければならないのが残念です。彼の演技全体を要約して見たいなら、彼が終始パロディにしていたように見えるTrorlolololという男のミームを検索することをお勧めします。ただ、感情がない、だから、キリストのために男のための木の動き! そのミュージカル!!! という感じです。

1億ポンドもかけて、この大失敗。スピルバーグのような有名人やセットに全予算を費やすことができたはずだ。セットは最高だったが、映画は……。これがスピルバーグに期待できるものなら、彼はもうタオルを投げ入れてもいい頃だ。リフ(マイク・ファイスト)は可能性を秘めているが、これは彼のための役ではなかった。どうにかして、彼は非常に木訥なキャラクターを少し面白くしたが、それは映画の長すぎる後半になるまでだった。金曜の夜、たった12組のカップルで構成された大講堂で。失敗だ、失敗だ、今年最大の失敗だ、間違いない!」。私の言葉を覚えておいてください。

4/10
自分には合わない

非常にクヨクヨして大げさ。それを狙ったのかもしれないが、歌い出すたびに恥ずかしくなってしまった。スピルバーグの映画は好きなものもあるが、これは彼の最高傑作ではなかった。

1/10
捏造レビューにうんざり

オリジナルの映画『ウエスト・サイド・ストーリー』へのひどい脚色と侮辱だった。主役同士の息が合ってない。全く化学反応がない。この映画は子供の頃大好きで、当時は見事に仕上がっていると思っていた。これはひどいし、それに比べると見劣りする。なんという失望だろう。

スポンサーリンク

まとめ:映画『ウエスト・サイド・ストーリー』8.0点 海外の反応評価、感想「オスカー候補もリメイクの意味は?」と賛否

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!