映画『最後の決闘裁判』海外の反応評価、感想「2時間半待って決闘3分か」



「史実に全く沿ってない」「同じシーンを3回も観たくない」「リドリーの最高傑作だ」海外でも賛否両論な「最後の決闘裁判(THE LAST DUEL)」の海外の口コミ、レビュー、反応評価を紹介していきます。日本人の感性と海外の感性、あなたの感性とどんな違いがあるのかを楽しんでみてください。

ネタバレを含んでいるので注意が必要です。

スポンサー リンク




映画『最後の決闘裁判』作品情報

あらすじ
ある男からの乱暴を告発する妻マルグリット。遂に”真実”の行方は、無実を主張する被告ル・グリと夫カルージュによる「決闘裁判」へ。 裁かれるべきは誰なのかー。究極の審判がいま始まる。

監督:リドリー・スコット
脚本:ニコール・ホロフセナー、マット・デイモン、ベン・アフレック
原作:エリック・ジェイガ―(「決闘裁判 世界を変えた法廷スキャンダル」)
出演:ジョディ・カマー、マット・デイモン、アダム・ドライバー、ベン・アフレック

スポンサーリンク

映画『最後の決闘裁判』海外の反応評価、感想

6/10. 

好きなものはたくさんあるが、物語上の問題も多数ある

まず、リドリー・スコットの監督としての才能は否定できない。

そしてそれは、「最後の決闘裁判」でもほとんどの部分でよく発揮されている。

第二に、マット・デイモンの演技力には驚かされた。私はデイモンの才能を高く評価しています。確かにトップレベルの俳優ではありませんが、非常に優れた俳優であり、この映画の中で非常によく演じています。

しかし、アダム・ドライバーは、彼のキャリアの中でも圧倒的な幅広さを持っていますが、この役をうまく演じているとは思えませんでした。

ジョディ・コマーは、いくつかの役を見た後では、繰り返しになってしまうようで、「決闘」での彼女の役作りには感心しませんでした。

しかし、私の印象では、いくつかのドラマチックなアクションシーンを除けば、物語は不適切に現代の風俗を押し付けようとしている。これはうまくいきません。中世末期、啓蒙主義以前の時代が舞台であることを考えると、時代錯誤もはなはだしい。

「キングダムオブヘブン」の物語の問題と同様に、歴史家たちは、作品の舞台となった時代には誰も持っていなかった寛容さについて、現代的で全く人工的な見方を双方の主人公にさせるという物語の要素を批判した。『Dual』や『Kingdom』では、第4の壁のような観客への教訓的な講義が行われているように感じられる。


—————

9/10

スコットが調子を取り戻す

ヴェネチア映画祭の上映会で本作を見た。

『最後の決闘裁判』で描かれていることが、実際に起こった出来事と全く同じであるとは言い切れないし、中世を描いていると思われるほど本物であるとは言い切れないとしても、ひとつ確かなことは、この作品がリドリー・スコットの優れた作品に属し、84歳の映画監督がいまだに記憶に残る作品を提供できることを証明しているということだ。

ドラマ化にあたっては、黒澤明監督の名作『羅生門』にも似た3幕構成を採用している。3つの章では、2人の決闘者とマルグリットという3人の主人公のうちの1人の視点から、それぞれの出来事が語られる。

この映画は明らかに歴史的な信憑性を求めており、それを達成することに成功しているようだ。決闘の記録をほぼ一言一句漏らさず忠実に再現しているのも、そのことを裏付けているようで、スコット監督のデビュー作『デュエリスト』を彷彿とさせます。

この映画のスタンスの真髄は、歴史を学ぶことで現代の世界をより深く知ることができる、過去は現在を映す鏡である、という考えである。

『最後の決闘』は、結局、過去を見せることで現在を扱う映画であり、それが絶妙な面白さで表現されているのだ。


—————

10/10

マスターピース

演技は素晴らしく、脚本はどこかでみたことある内容の繰り返しではあるが、それでも興味深く見ることができる。

問題は、スコットがこの作品を緻密なストーリーに発展させるための材料をあまり持っていなかったのではないかということだが、それでも彼は見るべき映画を提供している。スコットの作品が好きな人、歴史が好きな人には、細部へのこだわりが信じられないほど高いレベルにあるので、強くお勧めします。


—————

 9/10

リドリー・スコットがこのジャンルのマスターなのには理由がある

『グッド・ウィル・ハンティング』の後、ベン・アフレックとマット・デイモンがなぜ一緒に脚本を書かなかったのか、ショックを受けました。

しかし、今回の作品「最後の決闘裁判」はハリウッドのストーリーテリングのような雰囲気はありませんでした。今回は、より実験的で異なった、新しいストーリーテリングの波を目指しています。(この種のビジュアル・ストーリーテリングに最も適した監督はリドリー・スコットですが、私を信じてください。

正直なところ、『グラディエーター』が最優秀作品になったのは、リドリー監督の努力によるものではなく、ラッセルの素晴らしい演技によるものだと思います。しかし、この映画は、リドリーの素晴らしい映像スタイルによって輝いています。

この映画の演技について言えば、主役のジョディは、この映画の後、賞の話題になるでしょう。彼女は自分のキャラクターを様々な視点から演じており、それは簡単なことではありませんが、ジョディは見事に演じています。マット・デイモンは、ベン・アフレックが主役の座から降りた後、アダム・ダイバーが主役になりました。

ベン・アフレックは、『グッド・ウィル・ハンティング』と同様、スクリーンに登場するたびにショーを独占しています。彼の脇役は見ていてとても楽しいです。

ハリウッドはこのような映画を作っていませんが、このような作家性のある映画をもっと作るべきだと思います。


—————

6/10

優れた演技が蛇行した脚本を昇華させているが、少し長引き、構造を完全には正当化できていない。

しかし、特に最後の決闘など、うまくいったシーンはとても印象的でした。ジョディ・コマーはニュアンスのある演技で際立っており、多くの賞で注目されるべきだと思います。全体的には申し分のない映画ですが、今までに見たことのないような作品です。


—————

 6/10

楽しかったし、これはこれで悪くないのですが、この映画を見ている間、ずっと変な感じがしていました。うまく説明できないのですが、誰も喋らないし、フランスであることをほのめかさないフランスでの展開、誰もが見たことのあるような長ったらしいストーリー、そしていくつかの悪い演技が、私の脳を「うーん」とさせたのでしょう。

ジョディ(素晴らしい!)と、実際の「決闘」が映画をグレードアップさせています。

ほとんどのシーン、演出、音楽、衣装、映画全体のデザインは素晴らしいのですが、この映画には「それ」がありません。何が「それ」なのかはよくわからないが、私はほとんどの場面で「ああ、それはそれでいいし、好きだけど、どうでもいいかな」と思って試聴をしていました。

全体的には、脚本、演技、撮影ともに優れた映画です。ただ、特別なものではなく、これまでにもっとうまくいったものを見てきた。エネルギーというか、重厚さというか、何かが欠けていて、少し長引くし、いくつかの演技もしっくりこない。ということで、6/10の評価となりました。

通常であればお勧めできる評価ですが、今回は…。いや、これを見に行くことはお勧めできません。数分と最後を除いて、この作品は娯楽でもなく、楽しくもなく、何の価値もありません。駄作であっても、普通は何かを提供してくれるものですが、この作品はそうではありません。


—————

 7/10

リドリーはまだそれを持っている

アテネ国際映画祭でこの映画を見ました。

良いストーリー、素晴らしい演技、そして映画がクライマックスに向かうにつれて、私はますます夢中になっていきました。

「最後の決闘裁判」の2つの問題点は(1つは些細なことですが)、フランスが舞台の映画なのに、フランス語のアクセントが全くないことです。私にとっては重要なことですが、もしフランス語の名前やタイトルの場所がなければ、ここがどこなのかすぐに忘れてしまいます。2つ目は、映画についてあまり議論することがないということです。ドライバーとコマーの演技が良かった」とか、「ラストが素晴らしかった」とは言えるのですが、最後まで「顔に出る」(と言われる)映画だったので、よくできた映画への静かな敬意以外には、ほとんど印象に残っていません。

最後に2つのことを。1つ目は、中世の剣と盾の映画を大画面で見ることができたことです。刀の音や馬の蹄の音が懐かしいです。最後に、この映画の理由である「最後の決闘」の部分は、素晴らしく、残酷で、見ていて満足感があります。


—————

 9/10

“偽りの証言をした場合の罰は、生きたまま焼かれることである。” ル・グリの司祭(ジョン・カヴァナー

確かに、壮大で楽しい『最後の決闘裁判』は、自分の意思に反して男性に暴力を振るったことに挑戦する女性という、現代でも続くレイプの重みを背負っている。

しかし、この歴史的に正確な中世の出来事は、600年前のノルマンディー地方で、「狂った」王、シャルル6世が治めていた時代に起こったものである。また、その法廷闘争は、高潔な女性が、自分や他のすべての女性を気の利いた専制で支配する男たちの圧力にいかに耐えられるかという点で、ほとんど興味深いものである。

14世紀のマルグリット・ド・カルーージュ(ジョディ・コマー)の状況は、現代の多くのケースと同じように「彼が言った」「彼女が言った」という言葉が不信感をもって迎えられるので、彼女にとっては最悪の状況です。

滅多に笑わないお堅い夫のジャン卿(マット・デイモン)は、結局、被告人である従者のジャック・ル・グリ(アダム・ドライバー)との決闘に応じることになります。これが最後の決闘になるかもしれませんが、女性が自分の主張のために死にかけたのはこれが最後ではありません。

『ブレードランナー』や『グラディエーター』など、アクションに詳しいリドリー・スコット監督は、このほとんどメロドラマともいえる作品を見事に演出している。

レイプについての3つの視点を羅生門風に探りながらも、馬と槍を使ったストックの決闘シーンは私が見た中でも最も印象的なものだ。この複雑なドラマのおかげで、私たちは矛盾する要素の真偽を疑い、明確ではあるが結局は達成できない解決策を待ち望むことができる。

女性にとっての正義とは何かという問いは、現代でも変わらず存在しています。

なぜなら、結局は男性が判断し、女性は公平に扱ってほしいと無力に嘆くだけだからです。彼女の主張の真偽が決闘の結果にかかっているというのは不条理だが、王がそれを望んでいるからこそ許されることであり、あたかも偶然が真実そのものよりも真実を決定するかのようだ。

スコットは、女性が夫との行為の最後に喜びを感じなければ子供は生まれないとか、レイプしても子供は生まれないとか、男性をハンサムと表現すると女性は不倫することになるとか、誤った仮定に基づいてはいても、真実の探求を鋭く問うことを許しているので、行動が影を潜めることはない。

半分も重要ではないが、より興味深いのは、気まぐれに土地を手放したり、価値よりも低い負債で土地を奪ったりする縄張り争いである。

『最後の決闘裁判』は、物や人の豪華さを含めた映画の楽しみ方をほとんどすべて観客に提供している。映画館で見るのが一番のスタイルであります。


—————

 3/10

『グラディエーター』を世に送り出した監督が贈る、ゴミのような作品。

グラディエーターは2000年に上映されて凄かった、それは20年前の話だ。その20年前の映画を持ち出すのは、見る気にさせるのに十分な説得力がありましたが、確かにがっかりしました。「最後の決闘裁判」は基本的には同じ話が3つの異なる方法で語られていて、2時間半もあるのだから、決闘のシーンが素晴らしくなければならない。

しかし、そうではありませんでした。

この監督は「グラディエーター」を手がけた人ですが、「グラディエーター」のことを思い出してください。この監督は「グラディエーター」を撮ったことを覚えていますが、あの映画で成功したことをすべて忘れてしまったかのように、この映画はまさに素人丸出しです。

全体的に見て、この映画はまったくもってひどいものです。ベン・アフレックの演技の下手さや、照明の悪さ、夜だったと思われる暗さなど。

リドリー監督はこの映画に予算をかけていたようで、リテイクを最小限に抑え、エキストラをあまり使わないようにするために、すべての戦闘シーンはクローズアップでなんと3分、すぐに終わってしまいます。そして、映画は唐突に終わってしまう。

冒頭、決闘する騎士たちが準備をしているところから始まり、2.4時間に及ぶ会話、そして6分間の決闘。終わり。私のオスカーをください。


—————

 10/10

感動

リドリーは再び自分のノリを見つけた。「最後の決闘裁判」はかなり素晴らしいストーリーテリングの作品だ…。演技も全て素晴らしいです。また、アフレックの金髪とおかしな外見に騙されてはいけません….. 彼は衝撃的にこの映画で最高の演技をしています。


—————

 9/10

黒に近い色

「最後の決闘裁判」は、私が刑務所で見た中で最も暗い映画の一つです。マット・デイモンはこのキャラクターを完全に体現していますし、他の人たちもそうです。この映画はとてもよくできていて、構成もしっかりしています。少し長いですが、エンディングは必要なものを与えてくれます。


—————

1/10

「最後の決闘裁判」はばかばかしい

「毒のある男らしさ」を糾弾し、「強くて力のある」女性を登場させる映画がまた一つ、今回はずっと中世に戻ってきました。私の祖母は、強くて力のある人でした。彼女は良妻賢母で、祖父のそばにいて、家族のために良い生活を送るためにあらゆることをしていました。私は今日まで、彼女の努力から恩恵を受けています。今日、「強くて力のある」女性は何をしているのでしょうか?彼女たちは妻ではありません。母親でもありません。本当の強さを持っていないのです。でも、苦しくて怒りっぽくて、男が嫌いで、世界は自分のためにあると信じているのです。また、女性は男性ができることは何でもできるはずだから、男性は必要ないと考えています。なぜなら、性別(彼らが言うところの「ジェンダー」)は単なる「社会的構成要素」だからです。ですから、彼らの考える強さとは、男性のように振る舞い、男性を貶めようとすることであり、男性を必要としているとは決して感じません。なぜなら、男性を必要とすることは、ある種の弱さを認めることだからです。もちろん、女性が男性のようになることはありませんが、私たちは、女性が男性のようになるべきであるだけでなく、なることができるという馬鹿げた考えを女性に与える劇場に住んでいます。そのため、男性の2倍の大きさの男性を打ち負かす、女性のヒロインが後を絶ちません。このような狂気の沙汰は止めなければなりません。人生は劇場ではありませんし、妄想は危険なものです。男性が女性を必要としているように、女性も男性を必要としていることを理解し、男性と一緒に働く必要があります。


—————

 9/10

信頼性のない語り手によるストーリーテリングの名作

警告 ネタバレあり

「最後の決闘裁判」は、同じ出来事を別の視点から見た物語です。そして、それぞれの視点で、大きな違いや微妙な違いに気づくことになる。

これは、人が自分の話をするときに、いかに信用できないかを示す好例です。人は意図的にも無意識にも、重要な部分を変えたり省略したりするものです。人によって記憶の仕方が違う。


—————

 5/10

現代のハリウッドマシンに屈するリドリー

「最後の決闘裁判」に込められたメッセージや動機は、選ばれた俳優を見れば明らかでした。しかし、アダム・ドライバーのような伝統的な役柄を演じる俳優を起用したことで、プロットはさらに明白になってしまった。通常、リドリー・スコット監督が大物俳優を起用するのは、それがどんなに小さな役であっても、通常の映画の枠を超えて貢献してくれる場合に限られますが、ここでは、マスコミの注目を集めるためのSEOキーワードのように大物俳優を詰め込む「Netflix効果」が見られます。ネットフリックスの俳優(ジョディ・コマー)を大作に使い続けるという、業界全体で採用されている負の効果が臆面もなく続いている上に、女性の苦境の面白さに加えて、アフレックとデイモンが贖罪のためにこの映画の結末で大義名分を唱えるという、ホリーバードらしさが存分に発揮されています。

惜しい。地獄に堕ちるまでダウンブレートしてください。


—————

 8/10

良い映画、素晴らしいシナリオ、素晴らしい演技

まず、私はフランス人で、「最後の決闘裁判」をフランス語の吹き替えで見ましたが、それはそれで良かったと思います(ただし、サウンドトラックや音響効果が少し混ざっているように感じることがあります)。

この映画では、ハードで暴力的な決闘が描かれていますが、予告編では女性が主人公であることしかわかりません。しかし、2時間38分という長さは、明らかにそのことだけではありません。ネタバレにならないように、実際には3時間近い非常に優れたシナリオである。物事を見せて、他の人には隠したり言わなかったりする。私の意見では、道徳的な問題よりも、社会的な問題を解決することができます。

演技はとても良く、マット・デイモンは獰猛で暴力的な騎士を見事に演じていました。ベン・アフレックは、その奇妙な外見にもかかわらず、見事な領主になっています。アダム・ドライバーは良い悪役ですが、彼の出自は文脈の中では少し奇妙に思えます。唯一の難点は、彼女があまりにも完璧すぎて、中年後期のような過酷な環境に適した服装をしていることだ。

映画全体としては、いくつかの時代錯誤はあるものの、歴史的には正確であると思われるので、問題なく見ることができます。決闘は、最近の中年映画(あるいはGoT)に見られる「血、内臓、尻を含めた全てを見せる」という雰囲気を持った、素晴らしい戦いの作品です。最後は私の好みではありません。

最後に、サウンドトラックはとても良いので、もっと聴きたかったです。


—————

 5/10

信頼できない語り手による複数の視点からの物語の陰謀と対立に欠けている。

「最後の決闘裁判」には確かに好きなところがあります。映画を見ている間中、有能な監督の手の中にいるような気がします(驚きです)。アダム・ドライバーを筆頭に、すべての演技が最高です。そして最後の決闘はとても素晴らしいものです。

しかし、観客に部分的に3回見るという時間的投資をさせる映画にしては、その投資が報われるだけの十分な陰謀や葛藤を作り出すことができない。Le Grisの証言を見た時点で、微妙な違いはあるものの、事の成り行きについてはさほど疑問はない。その時点から、誰を信じて誰を信じてはいけないのかという葛藤や、誰かが不当に罰せられるのではないかという恐怖を感じることなく、ただ一方の当事者を応援するしかなくなってしまう。

このように複雑さや疑問がないため、この映画は単純な犯罪と正義の物語になってしまい、男性優位の時代にジョディ・コマー演じる主人公の勇気だけが物語的に評価されています。


—————

4/10

デイモン・ドライバー・アフレック – 大きなうっぷんを晴らす

マット・デイモン、ベン・アフレック、アダム・ドライバーには親指を立てて、悪いアクセントと過剰な演技をしている。

また、言語の時代錯誤や無茶苦茶なヘアスタイルも気になりました。

「最後の決闘裁判」には本当にがっかりです。


—————

 8/10

よくできている、骨太で何かを学ばせてくれる

「最後の決闘裁判」の序盤の上映を見てきましたが、人間の本質について嫌なことを学ばせてくれる映画の一つでした。中世は女性に優しくない時代でした。

というか、当時も今も多くの女性にとって人生は優しくありません。当時、私たちは財産として考えられていましたが、このことに気付いていない人もいます。

この物語は、男性2人と女性1人の3人の声で構成されており、誰が語るかによって真実がどのように歪められるのかを示しています。戦闘シーンは残酷で、戦争の嫌な部分をリアルに表現しており、俳優陣の演技も素晴らしく、風景や衣装のディテールも素晴らしいものでした。


—————

 9/10

羅生門とグラディエーターの出会い

警告 ネタバレ

もちろん、この豪華で傑作な「最後の決闘裁判」の唯一の未知数は、古典になるのか、それとも単なるメジャーで重要な映画のままなのかということだ。

しかし、この映画は決闘ではなく、決闘裁判を描いている。描かれている事件は、100年以内かもしれないが、最後の事件にはなりそうにない。(決闘は19世紀に入っても続いていた)。) この映画のような一騎打ちは、もっと昔の剣闘士にしかできなかっただろう。中年になった高級貴族たちには到底無理な話だ。

ブライオニー・ハンナを認識できたことは非常に喜ばしいことだが、(いつものように)マートン・チョーカスを認識できなかった。また、『アネット』(2021年)の後、アダム・ドライバーが目立っていたので、期待はずれだったと言わざるを得ない。しかし、彼がうまくキャスティングされていることは認めざるを得ない。多分、一人の人間を演じるには堅物が必要なのだろう。


—————

8/10

冬の物語を3つのニュアンスで表現した作品

リドリー・スコット監督の新作『最後の決闘裁判』では、14世紀後半のフランスを舞台にしています。そして、あるシーンを除けば、永遠の冬のように見えるのです

良い点は?

デイモンとアフレックのコラボレーションは、25年前にオスカーを受賞した『グッド・ウィル・ハンティング』以来のことで、興味深い脚本だ。

3つの異なる視点から3つの異なるバージョンの「真実」を提示している。(そのうちの1つ、マルグリットのバージョンは、章のタイトルを巧妙に遅延フェードさせることで、「実際の」真実であることを示唆しています)。) 多くの同じシーンが、それぞれのバリエーションで繰り返されます。あるときは明らかな事実の違いがあり、あるときはトーンや表現のわずかなニュアンスがあり、またあるときは映像に変化はありませんが、話されている台詞を聞くことができます。とても巧妙ですね。

「キリング・イブ」のジョディ・コマーの演技は見事です。彼女はニュアンスのある表現の達人であり、この作品でアカデミー賞にノミネートされてもおかしくないと思います。夏に大ヒットした「フリーガイ」での楽しくて素晴らしい役柄と相まって、コマーは確実に映画女優として偉大な道を歩んでいます。

デイモン、ドライバー、アフレックもそれぞれの役を楽しんで演じています。しかし、私が特に気に入ったのは、王様を演じたアレックス・ローサーで、若い大人の体に興奮した子供のような力を持っています。

戦闘シーンと最後の決闘は、リドリー・スコット監督の有名な「グラディエーター」の戦闘と闘技場のシーンを彷彿とさせるような、直感的な自然さで表現されています。

優れたプロダクションデザインと特殊効果が発揮されています。またアカデミー賞にノミネートされるかもしれませんね。この映画は、フランスのドルドーニュ地方と、2020年のCovidによる封鎖の後、アイルランドでも撮影されました。

欠点

2時間半というのは、またしても長い映画である(2021年10月は長編映画月間に指定されているのだろうか)。

現実の異なるバージョン間のニュアンスは魅力的だが、同じシーン(場合によっては)を3回目まで繰り返すことにはある程度の退屈さがある。議論の余地はあるが、膀胱を刺激するような上映時間を短縮するために、これらの再演のいくつかを省略することができたと思う。

「最後の決闘裁判」のまとめの感想。

これはリドリー・スコット監督が再び最高の形で戻ってきた作品です。手に汗握る作品でした。映画の冒頭では、デイモンとドライバーの「ボス級」の決闘が始まることが予告されています。

しかし、この最後のドラマチックなシーンが、この映画の感情的な要となっています。なぜなら、このシーンで初めて、戦いの背景や影響が理解できるからです。明らかに、14世紀のフランスは、性の平等が保たれていない時代でした。女性は単なる家畜であり、フェアプレーや自己決定権だけでなく、寝室での前戯や、ほとんどの場合、オーガズムも否定されていました。この物語は実際の出来事に基づいているため、カルーシュのマルグリットの勇気と決意は並外れたものでした。ジョディ・コマーが演じた彼女の素晴らしい演技は、彼女が長年にわたって英国で最もエキサイティングな女優として活躍している理由を改めて証明していると言えるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ:興行収入的には大コケ他作品の10分の1以下

作品は素晴らしいんだけど、、人には勧めることができない、、と言われている通り興行収入は1週目としてはかなり低め。

それでも4位なので出だしは好調と思いたいところですが、ハロウィンシリーズ2作目のハロウィンKILLSの足元にも及ばず。

名作か、駄作かどっちに転ぶのでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!