『るろうに剣心 最終章 The Beginning』海外の反応と評価「アクション少なくシリーズ最駄作」

「アクションが少なく退屈だが必要な前日譚」日本と海外ではこんなにも評価が違う『るろうに剣心 最終章 The Beginning』海外の反応と評価、クチコミ、レビューを幅広く集めて紹介しています。

実は前作最終章The finalは平均7.3点だったのに対してThe Beginningは7.5と少しだけ高いんです。アクション少ないのになーと個人的には退屈と感じただけにやはり海外ファンの反応はさまざまで面白いです。

前作るろうに剣心最終章 the finalの海外の反応はこちら

日本の作品はは
海外ではどう思われてるの?
価値観の違いが面白い!

海外の評価と反応まとめ

スポンサー リンク




『るろうに剣心 最終章 The Beginning』海外の反応と評価

日本では人気を誇るるろうに剣心の原作漫画と映画ですが、海外ではどのような反応があるのか?気になりますね。

『るろうに剣心 最終章 The Beginning』海外の反応と評価を紹介していきます。

「面白い!」肯定的な海外の反応評価

10点: 過去の出来事が回りまわって

るろうに剣心 最終章 The Beginning。実写映画化されたアニメの中でも、最も偉大な作品の一つと言えるだろう。

戦争、愛、友情、そして裏切りの悲劇的な物語である。
緋村剣心として知られる一匹狼は、剣士としての驚異的な腕前から百人斬りや抜刀斎と呼ばれていた。
物語の一端は、他の人間とは異なるスキルを持った一人の男に大きく依存している。
江戸時代初期、徳川家康の右腕として活躍し、1616年に将軍が亡くなるまでの間つかえた服部半蔵のように。

将軍と庶民の間には、厳しい軍事政権に不満を持つ元武士たちがいた。
自分の土地や肩書き、そして生活の糧を取り戻そうと、多くの反乱が起こった。
しかし、すべての戦争には、ほんの数秒で決着をつける特別な人物が現れる。抜刀斎である。

彼の人生は、新撰組の一員である一人の男の命を奪ったことから始まった。
しかし、その日、最後の一太刀で、自分の人生が大きく変わることを、彼は知らなかった。
この物語は、あらゆる面で興味をそそってくれる。
鋭利な刀を振り回し、刀が彼の魂の一部であるかのように扱う剣心は、複数の敵に四方八方から立ち向かう。

スピードとコントロールに満ちた、息を呑むような剣によるバトルが繰り広げられ、しばしば地獄のような血みどろの戦いが繰り広げられる。
それぞれのキャラクターが自分の役割をしっかりと果たし、暗闇と狂気が入り混じった時代の素晴らしい物語を提供している。
江戸時代は、アメリカが火薬の力を利用して、彼らの問題に首を突っ込む前、歴史における最も重要な転換点と考えられていた。

1867年以降、江戸時代は失われた。突如として工業化時代を迎えた日本では、人々の生活に様々な変化をおこり、その後超大国へと発展していったのである。
歴史、ロケーション、衣装、音楽、効果などが見事に再現され、かつては破滅の淵にあった過去を垣間見ることができる。
剣心を演じた佐藤健は、静かで優しい声の持ち主でありながら、相手を打ち、倒し、始末してしまう完璧な演技を見せてくれた。

彼は役柄に完璧にフィットしていた。任務を遂行する男は、戦が終わると二度と人を殺さないようにしなければならない。
この戦いの傑作作品を見るときは、ポップコーンを十分に用意しておいて。
期待を裏切られることはないと思う。
でもシリーズの他の作品をよく理解するには、まずこの映画を見たほうがいい。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

8点: クラシック

私はるろうに剣心シリーズのほかのどの作品もも見たことがありませんが、るろうに剣心最終章The Beginningを見て、古典的なアクション映画だと思いました。
ストーリーも良かった。
剣を使った素晴らしい戦闘シーンや、プロットにひねりもあって良かった。
ぜひ見てみてください。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

8点: 野獣による美

私は格闘技が好きですが、血糊や流血よりも芸術性や繊細さを重視しています。
しかし、私がこの作品で気に入ったのは、力強くも優しいラブストーリーと、主役の二人がその愛を切なく描いていることでした。
この作者についてろいろ調べてみたのですが、すごいですね、すっかり夢中になってしまいました。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

7点: 剣によるすごい戦い

日本の映画作りは素晴らしい。るろうに剣心最終章The Beginningは暴力的でアクション満載。
優しい女性と思慮深いが命がけで生きている男性がたくさん出てきて、いつも見ている映画とは何か違うけど、楽しい。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

10点:これまで観た中で最高の映画

こんなにかっこいい映画、ほかに見たことある?
このスタイル、るろうに剣心最終章The Beginningには素晴らしいストーリーがあり、それを見事に表現しています。
見ていて少し辛い部分もありますが、それを差し引いても最高の体験でした!
私はこの映画のすべてが好きです。
るろうに剣心シリーズ全体を好きになりそう。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

9点: るろうに剣心-The Beginningは、スタイリッシュで素晴らしいサムライ映画です。

大友啓史監督が、『るろうに剣心』シリーズの最終作となる第5作るろうに剣心 最終章The Beginningを発表した。
舞台は1864年、当時の緋村剣心は「抜刀斎」と呼ばれ、1年間で100人以上を殺害した凄腕の暗殺者だった。
しかし、彼が雪代巴という若い女性を助けたことで、すべてが変わった。
前作から、何が起こったのか、彼女がどのように死ぬのか、そしてそれを目撃した兄の雪代縁がどのように彼女の復讐を誓ったのかを知ることができる。
これは『るろうに剣心』ファンが待ち望んでいたオリジンストーリーであり、緋村剣心が抜刀斎として犯した罪と、彼がどのようにして正義の味方になったのかを描いている。
大友啓史監督は、この前日譚を見事に表現した。脚本も演出も素晴らしい。

緋村剣心、斎藤一、雪代巴、雪代縁以外の登場人物は、あまり出てこない。
でも、登場するキャラクターは、歴史上の人物が多い。
桂小五郎、沖田総司、高杉晋作などが特に目立っていた。面白くて好感が持てる、よく書かれたキャラクターたちだ。
闇乃武は『るろうに剣心最終章he Beginningの主な敵役で、「西の御庭番衆」と呼ばれる暗殺軍団で、剣心を殺そうと企んでいる。
佐藤健さんの演技は、私が最初にレビューしたときから変わらず、絶賛されるべきもの。
私は2012年からこの役を演じる佐藤健さんが大好きだ。
佐藤さんはこの役を初めて引き受けたときから、すべてのスタントを自分で行っているそうで、振付師と一緒に何週間もかけて剣のバトルを完成させ、撮影現場に向かう前、スタジオで衣装を着ている時も、着ていない時も何度も戦いの動きを確認しているそうだ。
それは才能であり、演技への執着だと思う。
抜刀斎時代の剣心を見ていると、殺すことを躊躇していないのでとても新鮮で、平和主義者の剣心を4作も見た後では、躊躇いのない戦いやアクションシーンがとても新鮮に感じられた。

ロケ地やセットは前作(The Final)と同様に、驚くほど美しい。
しかし、この映画で最も驚かされるのは、撮影技術であり、撮影方法やショットの見せ方である。
ほんとに息を呑むよう。
また、これまでのレビューでは触れなかったが、ワンテイクで撮影されたシーンや、人間模様、戦闘シーンなども素晴らしい。
音楽も映画の内容にマッチしていて、佐藤直紀さんが作った音楽は、ドラマチックなシーンに完璧にマッチしていた。

るろうに剣心 最終章The Beginning-は、何か大きなことをしようとするのではなく、1作目以前の出来事を斬新な方法で再現しており、監督は1秒1秒を大切にすることに成功していて、まったく退屈しなかった。
もっとアクションシーンがあるのかと思っていたが、実際は予想よりも少なかったが、それで良かったと思う。
暗殺者として成功していた剣心が、なぜ変わったのを監督が丁寧に描いていて、戦いのシーンを増やすと、剣心の心の動きが見えなくなってしまうので、このようにドラマチックなストーリーにした方が結果として良かったと思う。
この作品はシリーズ最高の作品ではありませんが、それでも見る価値はある。
これで終わりでなければいいが、たとえそうだとすると、「The Final」と「The Beginning」がうまく結びついていると思う。
るろうに剣心に満足のいく始まりと終わりを与えてくれた。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

8点: 最後の作品としてはイマイチだが、前日譚としては評価できる

るろうに剣心 最終章The Beginningは、『るろうに剣心』シリーズの5作目にして最終作である。
幕末の時代に剣心が暗殺者・人斬り抜刀斎として活躍した過去に焦点を当てた前日譚である。
前提として、「剣心は守護者である前に、抜刀斎と呼ばれる恐ろしい暗殺者だった。
しかし、優しい雪代巴と出会ったことで、彼の物語は変わり始める」というものです。
では、この作品は素晴らしい最後の作品なのか、それとも見る価値のない物語なのか。

まず、「るろうに剣心」シリーズの良さは相変わらず健在である。
俳優陣は今回の新キャストを含めて全員が驚異的であり、セットデザインは相変わらず本格的で、衣装も素晴らしい。
前作から復帰した佐藤直紀の音楽も相変わらず素晴らしく、石坂卓郎の撮影も相変わらず豪華。
ストーリーも多少の予想はつくものの、実に魅力的である。
過去の作品のレビューを何度も繰り返すつもりはありませんが、それらはすべてここにあり、これまでと同様に素晴らしいものです。

今回の作品がこれまでと違うのは、前日譚として、より暴力的な緋村剣心を描いていることです。
緋村剣心がより冷徹に動き、人々が多くの血と残虐さをもって殺される様子が、アクションシーンに織り込まれています。
ワイヤーワークや超人的な能力はほとんどなく、これまでの作品のような大げさな戦い方とは異なり、非常に骨太でリアルな印象を受けます。
本作では、有村架純さん演じる雪代巴が新たに加わりました。
彼女と剣心の関係がこの映画の中心となっています。
前日譚ということで、悲劇的なストーリーになることはわかっていますが、監督の大友啓史さんもそれを承知で、巴の怪しげな性格を隠そうとしません。
彼はそれを利用して、幸せな結末にならないと分かっていても、剣心と巴の両方を応援するように仕向けて、私たちを翻弄します。
壊れてしまった二人だが、その関係が深まっていく様子は、愛おしくもあり、哀愁を帯びています。

しかし、「The Beginning」にはアクションシーンがそれほどないので、おそらくみんながっかりしたのではないでしょうか。
アクションシーンの数は少なく、ラストのアクションシーンもインパクトという点ではやや物足りません。
テンポも非常に遅く、映画全体の多くのポイントが、ただの退屈な時間の流れとメロドラマになっています。
私はアクションやメロドラマがなくてもほとんど問題ありませんでしたが、これらにがっかりする人がいるのも確かに理解できます。
私の最大の問題点は、この作品がシリーズの最終作であるということです。
良い映画ではあるが、「るろうに剣心」の映画体験を終わらせるには、満足のいくものではありません。
というのも、本作は4作目の「るろうに剣心:The Final」をより意味のあるものにしているから。

全体的に見て、るろうに剣心 最終章The Beginning-は素晴らしい映画であり、シリーズの中でもユニークな作品です。
登場人物のドラマや関係性に焦点を当てながらも、より地に足のついた骨太な作品に仕上がっています。
楽しめる作品ではありますが、最後の作品としてはイマイチでした。
本作は「4作目」として、『るろうに剣心 伝説の最期編』の後、『るろうに剣心 THE FINAL』の前に観ることをお勧めします。
その方が、より満足度の高い作品になると思います。

スポンサーリンク

「つまらない」否定的な海外の反応評価

1点: ここ数年で観た中でいちばんひどい駄作

るろうに剣心最終章The Beginningは、くだらないことにくだらないことを重ねたひどい映画。
酷い演技と素人の戦闘シーン。
高評価は全て、ある種の狂信者が盲目的に評価しているものだと思います。
ストーリー、CG、演出などをもとに、普通の映画として評価すると、すべてが不足しているということで、評価は1/10を獲得。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

5点: 最後の作品は最悪

るろうに剣心最終章The Beginningは、本来ならば最初の3部作で終わるべきだった「るろうに剣心」の最後にしていちばん出来の悪い作品。
この作品は、主人公が有名な暗殺者としての経歴を語る前日譚であるが、上映時間がとにかく長すぎる。
映画のほとんどは、ゆっくりとしたロマンスや雑談を盛り込んで、ただのんびりと過ぎていく。
映像や熱狂的なアクションシーンは相変わらず素晴らしく、主人公がついに血を流す姿には何か新鮮なものを感じる。
しかし、ストーリーの軽さは、肥大化して軋んだ物語構造を維持するのに十分ではなく、特に最後の1時間は延々と続いているように見える…



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2点: いろいろ問題がある

誰かがあなたの耳を噛み切ったからといって、それが原因で悪魔になる?
マイク・タイソンに近づかない理由がまた一つ増えたね。

食べることについては黙ってて。
どうしてそんなにうるさいんだろ?
サムライはもっと威厳があると思っていたのに。

念のため言っておくが、彼は非情だ。

あと2時間は長すぎる。
るろうに剣心最終章The Beginningには付き合ってられないよ。

スポンサーリンク

まとめ:前日譚を最後に持って来たのがもったいない「るろうに剣心最終章The Beginning」

シリーズに深みを出すために必要な前日譚なのですが、やはり最終章the finalでの圧倒的なワイヤーアクションがほぼなく、全体的に美しいのですが静かである意味退屈な内容だという人が多いですね。人の暖かさを知る前の冷徹な剣心の魅力については賛否あります。

皆さんはどう感じましたか?

前作「The final]の海外反応評価はこちらから

日本の作品はは
海外ではどう思われてるの?
価値観の違いが面白い!

海外の評価と反応まとめ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!