Netflix:ムタフカズ(MUTAFUKAZ)原作漫画と作者の魅力を紹介。

Netflixに突如現れたフランスと日本の共同アニメ映画「ムタフカズ(MUTAFUKAZ)で度肝を抜かれた人も多いはず!今回はこのフランスの原作漫画と作者の魅力を紹介していきます。

実は数年前にYouTubeでこの作品の予告編で期待していたがバタついていたためあっさりと忘れて数年後、Netflixで奇跡の再会をして運命の視聴することができたので、その勢いで記事作成をしています。

それではNetflix:ムタフカズ(MUTAFUKAZ)原作漫画と作者の魅力を紹介。を紹介していきます。

スポンサー リンク




Netflixアニメ映画:ムタフカズ(MUTAFUKAZ)とは?

アニメ映画「鉄コン筋クリート」の監督と

【STORY】ここはDMC(ダーク・ミート・シティ)、犯罪者と貧乏人の吹き溜まり。この街に生まれ育ったアンジェリーノ・通称“リノ”(声:草彅剛)は、ガイコツ頭の親友ヴィンス(声:柄本時生)とボロアパートの一室に同居中。バカで臆病な友達のウィリー(声:満島真之介)も加え、3人で毎日つるんでダラダラ過ごしているが、将来の見通しはない。そんなとき、リノの残念な人生を一変させる出来事が立て続けに起こる。まず、天使のような美少女ルナにひと目惚れ。直後に遭った交通事故のせいで奇怪な幻覚を見るようになり、さらに黒服の男たちや武装警官に命を狙われ、街じゅうを逃げ回る羽目に。ついに絶体絶命の危機に陥ったとき、スーパーパワーに目覚めたリノは、あっという間に追手どもを血祭りに上げる! 一体、何が起きてるっていうんだ!?

≪声の出演≫
草彅 剛 ・ 柄本時生 ・ 満島真之介
上坂すみれ・成河・柴田 秀勝・藤井 隼/桜庭 和志・中井 祐樹・所 英男・中村 大介
木原 実・福井 謙二・吉田 尚記・男色ディーノ・Creepy Nuts
監督・絵コンテ:西見祥示郎(『鉄コン筋クリート』『バットマン ゴッサムナイト』) 
監督・編集:ギヨーム“RUN”ルナール(バンド・デシネ「MUTAFUKAZ」原作者) 
作画監督:滝口禎一  美術監督:木村真二(『鉄コン筋クリート』『STEAM BOY』) 
プロデューサー:田中栄子、アンソニー・ルー  アニメーション制作:STUDIO4℃  製作:ANKAMA 
Presented by:パルコ、Beyond C.  配給:パルコ  宣伝:モボ・モガ

2018年/日本・フランス/94分/カラー/©ANKAMA ANIMATIONS – 2017

公式HP mutafukaz.jpより引用

世間の映画の感想評価はこちら↓

ムタフカズ(MUTAFUKAZ)の意味

MUTAFUKAZ=ヒスパニック系ギャングのスラング(という設定の造語)で「マザーファッカーズ」を意味するようだ。

スポンサーリンク

Netflix:ムタフカズ(MUTAFUKAZ)原作漫画の魅力

この映画では珍しく原作漫画作者が共同監督を務めている。原作者の「ギョーム・“RUN”・ルナール」版のMUTAUKAZはこんな感じ。

スタジオ4℃の「鉄コン筋クリート」と同じように原作の色合いや雰囲気を壊さないように見事にアニメ映画化していることが分かります。

作者は謎に包まれていますが、フランス後のサイトを覗くと色々と書かれていたので紹介します。

ギョーム・“RUN”・ルナール(以下ギョーム)はこのMUTAFUKAZの漫画家、イラストレーター・ディレクター(映画版監督)を務めている。

ギョームはフランス北部出身・1997年から今作原作漫画「MUTAFUKAZ」の連載を始める前にMutafukazを題材にした様々なフラッシュアニメーションを制作しており、自身のウェブサイト上で「Mutafukaz:OperationBlackhead」というタイトルの短編映画を制作発表。2003年フランスユタで開催されたサンダンス映画祭で上映しています。

Mutafukaz:OperationBlackheadより

Mutafukaz:OperationBlackheadの動画はこちら、驚いた事に映画版のリノのアパートを襲撃されるシーンを丸々作り上げています。世界観の作り込みはここからできていたって事ですね。うーん見事なり。

その後順調にコミック化に向けて順調にこの代表作ムタフカズでヒットしていたわけでは無く何度もコミック版の持ち込み企画をしても断られまくっていたが、それから3年後の2006年にやっと初版が発行されます。紆余曲折あり2015年にムタフカズの連載を中止、スピンオフ版である「PutaMadre」の制作に夢中だとか。

気になったので紹介します↓

スポンサーリンク

ムタフカズ(MUTAFUKAZ)のスピンオフ「PutaMadre」とは?

原作者のギョームは現在ムタフカズのスピンオフとして「ジェフ」と呼ばれるキャラクターの外伝を発行しています。画像は全て公式サイトから引用。

映画版にも登場した「ルチャ・ウティマの守護者」も登場しているあたりムタフカズの世界観のようですが、一体誰が主人公なのかはいまいち不明です。

スポンサーリンク

ムタフカズの興行収入は

ムタフカズフランス版ウィキペディアではムタフカズの世界興行収入は1,461,724USD

日本円で1億5千万円(150,915,694円)

意外と少ない感じ。

スポンサーリンク
error: Content is protected !!