海外の反応「鬼滅の刃 無限列車」感想と評価「ダークナイトを越す傑作」

海外での感想評価をまとめています。無限列車編はバットマンダークナイトの評価を遥かに上回る99%満足を獲得する理由を理解するために海外レビューをまとめています。

「バットマンダークナイト」よりも高評価!『鬼滅の刃無限列車』が海外で辛口レビューサイトRottenTomatoesで脅威の99%満足を獲得!何がそんなに海外のファンの心を掴んだのか?リアルな反応と評価を読み進めて学んでいきましょう^^

日本のアニメ、
映画、ドラマの
海外評価もぜひ↓

海外の評価と反応まとめ

なかなか配信されないなーと思ったらいきなりテレビ放送する見事な采配。

そろそろ配信されないかなーCM入れずにみたいなーと思っていたらとんでもない特典付きのブルーレイが販売されてましたね。

スポンサー リンク




海外の反応「鬼滅の刃 劇場版無限列車」感想と評価

個人的には劇場版とアニメの差があまりない点、最後の最後のアクションシーン以外はアニメスペシャル程度の作画、と何より子供向けアニメならではのメタ演出(煉獄さんどこ向いているんですか!)とか紙芝居のような動きのないキャラの演出に残念だなと感じました。

劇場版=潤沢な予算で作られるイメージが先行していたのもあるかもしれませんがこの程度で300億か…と言う印象です。

しかし、世界全体で500億突破したとんでもアニメですがやはり一般受けは最高に良く驚くほどの高評価が連発しております。

一応、肯定的な内容と否定的な内容を両方バランスよく探してみたのですが逆に否定的な意見を見つける方が大変なほどでした↓

10点:鬼滅の刃一期のアニメーションが好きな人は、この映画を絶対に気に入るでしょう。

この鬼滅の刃無限列車編は魅力的で泣けるストーリーと音楽を持つ真の傑作です。

炭治郎の前に立ちはだかる最強の鬼たちに注目『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』 | cinemacafe.net

10点:10点ではなく、100点にしたいです。
ストーリー、キャラクター、ビジュアル、アクション、ムーブ、プロの声優さん、サウンド、リサのメインソングなどが完全にミックスされた最高レベルの作品です。

(ちなみに、「無限列車編」の意味は「無限の列車編」です。
映画に出てくる電車の名前は「無限(Infinite)」です)

映画は、映画館で見るのが好きです。

この鬼滅の刃無限列車編が早くアメリカ、ヨーロッパ、中国で公開され、人々を最寄りの映画館に引き戻し、映画業界を救ってくれることを願っています。

私はこの映画を第1土曜日の第1回目の上映(午前8時)に近くの映画館で見ました。

400席が100%埋まっていて、観客はマスクを着用しなければならず、飲酒は許可されていましたが、食事はできませんでした(日本では通常、COVID19がなくても、叫んだり、唱えたりすることはできません)。

映画が始まる直前、劇場にいるすべての観客の「完全な集中の呼吸」を感じました。

完全な沈黙とスクリーンへの100%の集中で、いかにこの映画の公開を待ち望んでいたかがわかりました。

映画自体も本当に素晴らしく、「息を呑む」ほどです。

これは、人気のあるマンガ/コミックシリーズの究極のアニメであり、この傑作を作ったUfotableに大きな拍手を送りたいと思います。

アニメシリーズ(全26話)だけを見て、本作の全貌を知らない人には、ぜひとも煉獄さんの鳥肌ものの「炎の呼吸」の数々を見てほしい。

煉獄さんのシーンは、すべての人に柱の力と強さを理解させるほどの超絶技巧で素晴らしいものです

アニメを見て、漫画を読んでいる方はもちろんですが、漫画の一コマ一コマがどのように動くのか(本当に動くんです!!)映画を見た後にそのシーンと一コマを見比べて楽しんでください(私のように)。

また、漫画よりも登場人物の心情がリアルに伝わってきます。

映画の最後には、COVID19対策だけでなく、涙や鼻水を隠してくれるマスクに感謝、感謝です。(私もそうでした。感動して感動して…) 

最後の曲の時、劇場はたくさんのすすり泣きに包まれました。

—- ネタバレ —- ここでは、ネタバレを最小限にするようにしています。

ラストバトルの前に、観客全員が再び一段階深い「完全な集中」に入ったように感じましたが、ほとんどの人がすでに漫画シリーズを読んでいるのではないかと思いました。

ラストバトルはとても素晴らしく、私の拙い英語の語彙では表現できないほどの素晴らしいバトルを見たことがありませんでした。

悪魔退治のアニメシリーズの第19話の戦闘を超えたとしか言いようがありません。

Ufotableは映像、音、声優、背景などで100%以上、漫画を実現・実体化しています。

また、日本のプロの声優・俳優の力を称賛したいと思います。
彼らはキャラクターの気持ちを完全に表現していて、その声の演技に魅了されてしまいます。
日本にこのような素晴らしい声優さんがいることを誇りに思います。
世界中のすべての人に、この映画を日本オリジナルの声と母国語の字幕で見て、彼らの素晴らしい演技を聞いて、聞いて、感じてもらうことをお勧めします。Ufotable/Aniplexは、最後の戦いについて秘密にしておくのがとても上手でした。
ラストバトルのキーパーソンの声優名も隠していました。

劇場でその声を聞いたとき、私は心の中で「うわ、この人だ!」と叫んでしまいました。そうだ!と劇場にいた人の中にも、私と同じような人がいたのではないでしょうか。

その声は100%のフィット感で、説得力があり、私はまるで説得されたようになりました…。

とにかく、(涙を流しながら)楽しんでください。

10点:Ufotableは鬼滅の刃シリーズの大ヒットで絶好調です。
単純に血にまみれた素晴らしい作品というわけでなく、多くの人がこの鬼滅の刃無限列車編を見るようにという心のこもった作品でもあります。

10点:鬼滅の刃1期を見た人は がっかりすることはないでしょう。漫画しか読まない人もがっかりしないでしょう。
ビジュアル10、フィーリング10、サウンドトラック10、ユーモア10、ストーリーライン10。
だから、他のレビューを読んで鬼滅の無限列車編を観るべきかどうかを決める必要はありません。 さっさと観に行ってください。

10点:映画は電車の中で上映されるので、退屈しないか心配でした。
映画を見終わった後、最初からこのことを心配するべきではなかったと気付きました。
鬼滅の刃のすべてのシーンはとてもよく計画されていて、アクションシーンが長くなりすぎると、別のシーンに変えてくれるので、アクションに飽きてしまうことはありません(アクションと会話の構成がバランスが取れているという意味です)。

そして、3Dと2Dの両方のエフェクト。

煉獄のキャラクターを知るのに2時間しかなかったにもかかわらず、この感覚、感情は私に衝撃を与えました。
映画館で川のように泣いた😬。
本当にお勧めです! 

しかし、この映画を見る前にシーズン1を見る必要があることを心に留めておいてください。

10点:こんなに悲惨な結末になるとは思いませんでした。
映画が終わった後、私はただそこに座って、”何が起こったんだろう?”と不思議に思っていました。
この映画のビジュアル、アート、マスターピースは、本当に驚くべきもので、ただただ素晴らしいものでした。
鬼滅の刃無限列車編の素晴らしさは言葉では言い表せません。
この時点で、私のお金をすべて受け取ってください。
ネタバレしないようにしていますが、今でもあのような終わり方をしたことを心が受け入れられません。
すべてのアニメ好きにお勧めします。

10点:まず始めに、私は一時期鬼滅の刃が過大評価されているのではないかと考えていましたが、それは間違っていました。
鬼滅の刃無限列車編は宣伝に見合うものであり、ufotableがどのように表現したかを見てショックを受けました。
煉獄はこの映画の中で最も好きなキャラクターです。
彼は独創的で魅力的でした。
彼が弱いと思っている人は、どうして!?
上弦の月は最低でも3人の柱に相当し、今回の戦いで彼が柱の中の柱であることが証明されました。
どうか、彼を悪く評価しないでください。
彼は200人と3人の新人を救い、さらに上弦の参の鬼に大きな脅威を与えました。
下弦の壱の鬼については 何百もの触手を5台のカートで切断しながら、ダメージを最小限に抑えるのは想像に難くありません。

それはさておき、映画は多くの映像で見事でしたし、煉獄と猗窩座の戦いは今年のベストファイトでした。

テンポが良く、見ていて鳥肌が立つような戦いでした。一番良かったのは、勝者も敗者もいなかったことと、最後の100万ドルの笑顔…. 私は泣きそうになりました。

煉獄は正直は赤ちゃんのように見えましたが、彼は堂々とした死に方をしました。


私はこの人が大好きだった

10点:映画館で見る価値のあるこの鬼滅の刃無限列車編は、鬼滅ファンにはたまらないものです。いくつかのシーンでは泣けます。

10点:コメディー、ダーク、エモーショナルな瞬間に満ちた驚くべきスリルライドで、あなたは続きを求めます。
鬼滅のアニメが好きなら、この鬼滅の刃無限列車編もきっと気に入るはずだ。

10点:映画館で見る価値がある!
鬼滅の刃無限列車編 アニメーションとストーリーの展開が素晴らしい!

9点:鬼滅ファンにはたまらない作品です。
鬼滅の刃無限列車編は最初はゆっくりですが、休憩後には見事にペースアップします。

10点:鬼滅の刃無限列車編で丹次郎が泣いた、善逸が泣いた、伊之助が泣いた、カラスが泣いた、私が泣いた、みんなが泣いた。
グラフィック10/10、音楽10/10、煉獄11/10

9点:この鬼滅の刃無限列車編のスペクタクルで気に入った点をすべて書き出すにはインクも紙も足りないし、私の言葉ではこのレベルの品質を完全に表すことはできないだろう。
そこで、この傑作が10点満点にならなかった点を述べたいと思います。
この映画には露骨な説明が多く、登場人物がそのような情報を明かすことに意味がある場合もありますが、魘夢は理由もなく10分以上も列車の上に立って自分の計画などを語っていました。

音楽は相変わらず最高ですが、伝統的な和楽器を使った1stシーズンの音楽ほどの迫力はなかったように思います。

もうこれを読むのはやめて、見に行きましょう!!!

8点:アニメを見て、この映画が大好きになりました。
卓越したアニメーションと好感の持てるキャラクター(炭治郎、善逸、伊之助)。
(日本語で見て、英語字幕をつけました。)
鬼滅の刃無限列車編は本当に面白くて感情移入できるシーンや、素晴らしい戦闘シーンがあります。

10点:鬼滅の刃無限列車編は、少なくとも今までのアニメ映画の中では最高の作品です。

10点:見終わった後の感想は言葉がでません。
全体的なストーリー、アニメーション、戦闘シーンが素晴らしいです。
煉獄さんの赤い炎はとても素晴らしく、今まで他のアニメでこのようなアニメーションを見たことがありません。
素晴らしいですね。

このような素晴らしい作品を提供してくれた原作者の吾峠呼世晴に感謝したいと思います。
鬼滅の刃は私の2作目のアニメで、普通の人としてはとても好きな作品でした。
何度か涙を流したことがありますが、映画も同じような雰囲気を醸し出しています。鬼滅の刃無限列車編の結末はすでに知っていましたが、それでも心がとろけました。

10点:鬼滅の刃無限列車編がどれほど素晴らしかったか、いくら強調しても足りません。あまりの感動に、映画の90%をぼんやりとした目で見ていました。
それぞれの瞬間がどれほどうまく表現されているか、好きなシーンや瞬間を選ぶこともできません。

10点:正直に言うと、前半で私はやられました。
知っているストーリーを期待して入ったのですが、その通りのストーリーが展開され、その後、今まで見たアニメ映画の中で最も素晴らしいエンディングに突入しました。
鬼滅の刃無限列車編は非常に成熟した作品です。感情的に感動させられる。
見た目にも豪華で、正直なところ11/10の評価に十分値する作品です。

7点:鬼滅の刃無限列車編は、誰もが楽しみにしていた映画で、可能な限りの宣伝が行われました。そして、実際に公開されてみると、評判は上々で、興行成績も上々でした。そして、それ以来、この映画はアニメコミュニティの間でかなり大きな話題になっています。私はようやくこの映画を見ることができましたが、私はこの映画に少し圧倒されました。

この映画に対する私の反応は、シリーズに対する私の感想と非常によく似ていて、誰にでも同じことが言えると思います。

このシリーズは、私の意見では、1つの例外的に驚異的なエピソードを持つ、まぁまぁ楽しめるB層のアニメです。

しかし、これはあくまでも私の見解であり、私が少数派であることは承知しています。なぜなら、このシリーズが集めた愛の量は、信じられないほど膨大で変わらないものだからです。

つまり、「無限列車編」が対象としているのは、まさにそのような層のファンなのです(当然のことですが)。
つまり、私のようにシリーズにほとんど夢中になれなかった人にとっては、この映画にもほとんど夢中になれないでしょう。
しかし、このシリーズのおかしさやスタイルを愛していた人にとっては、この映画はあらゆる意味で素晴らしいものです。
鬼滅の刃無限列車編は決して悪い映画ではないと思います。
それなりに楽しめたし、ちょっとした瞬間もあった。
プロットは非常に単純だが、よく考えてみるとほとんど意味がない。
進行はのんびりとした都合のいいもので、映画の最後の方になるまで、賭け事には現実味がありませんでした。

ユーモアはかなりベタで、キャラクターはシリーズ同様に大げさでしたが…。
アニメーションは非常に良く、全体的に一貫していました。
特にアクションシーンはシリーズ同様に振り付けられていました。
色彩、映像、音楽…すべてが素晴らしく、この映画の視覚的な魅力を高めています

結論として、この映画はこのメディアに何の意味も持たせていませんが、そのスタイルと慣習に忠実であり、それこそが人々が鬼滅の刃の世界で最も愛しているものなのです。シリーズを愛しているなら、この映画も気に入るはず…。ぜひご覧ください。

10点:鬼滅の刃無限列車編はかわいすぎて、キャラクターに感情移入できるし、アニメーションは相変わらずの逸品だし、サウンドトラックは他に類を見ない出来栄え。このレビューを見ている暇があったら映画を見に行こう。

スポンサーリンク

まとめ:鬼滅の刃無限列車編海外の反応と評価

驚くほどに肯定的な意見ばかりです。

私がアニメをたくさん見ていないのが原因か、海外の人の器が広いのか、たまたま肯定的な意見ばかりが集まるフォーラムを覗いたのかは不明と思いたかったのですが、例の辛口と言うよりはリアルな意見が多いtottentomatoesですら一般ウケ99%と言う驚異的な評価を叩き出しています↓

この凄さ、個人的に大好きな「バットマン ダークナイト」よりも高いんですよ・・・。相当凄いですよね。

やはり海外の方のシンプルで奥深い感想の数々は勉強になります。これからも海外評価を集めて勉強していきたいと思います!

以前翻訳した海外の反応はこちらをどうぞ↓

日本のアニメ、
映画、ドラマの
海外評価もぜひ↓

海外の評価と反応まとめ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!