ドラマ『仮面ライダーBLACK SUN』第7話ネタバレ!シャドームーンがダークサイドに!?

「ここからが本番だったとは」劇的展開!ドラマ『仮面ライダーBLACK SUN』第7話物語エンディングまでネタバレ!終盤に来て超展開!全ての視聴者を裏切る見事な脚本から目が離せない!

『仮面ライダーBLACK SUN』
シーズン1全話ネタバレ一覧

スポンサー リンク




ドラマ『仮面ライダーBLACK SUN』第7話ネタバレ!

俊介と葵はメンテナンス通路を這って進み隠れながら逃げていた。

創生王は光太郎が前に現れると死にかけていたはずが動き出す。

50年前、

創生王を殺すために祠を開けて対峙したブラックサンだったが、だったが、創生王の力は強く近づくこともできずにいた過去を思い出す光太郎は、50年たった今再び強い想いを胸にブラックサンに変身し創生王に挑む。創生王の操るサイコキネシスを交わすと創生王の首を食いちぎると左腕を引きちぎるが波動をモロに受けたブラックサンは気絶してしまう。

シャドームーンとビシャムは自在に空を飛ぶビシャムが優勢だったが、突如シャドームーンは創生おうと同じサイコキネシスを繰り出しビシャムを倒すのだった。

再び起き上がったブラックサンはなんとか起き上がると創生王によじのぼると創生王の胸を剥がすと心臓を引き抜こうとする。

50年以上前、

お腹にキングストーンを埋め込まれた少年時代の信彦と光太郎は施設の山奥に祀られていた創生王に会いに社の扉を開け、中にいた創生王の青い水を塗って怪我を癒すが、創生王は二人を能力で動きを止めると二人の頭を愛おしそうに撫でられた過去である。

様々な想いを胸にブラックサンは創生王の心臓を引きちぎるが、創生王の最後の足掻きのひと薙ぎを受けブラックサンは右足を失う。瀕死の重傷を負った光太郎をコウモリが発見後匿う。

俊介と葵は無事に外に脱出するが、俊介は逃げるためとはいえ人間を殺してしまったこと、目の前で怪人仲間が怪人を殺し、人間が人間を殺す現場を目撃してしまい心が疲弊していた。俊介が一人で帰宅する途中怪人差別主義者と出会い因縁をつけられ一方的にリンチを受けてしまう。

遅れて創生王の前に現れた信彦だったが、待ち構えていた堂波とSAT部隊に捕まってしまう。しかしそこで信彦が知らない怪人は人体実験で生み出された過去、そしてゆかりは当時の堂波総理大臣のスパイだったことを知る。怒り狂った信彦はシャドームーンに変身してSATの束縛から逃れるが、怪人のためにと戦っていたはずが、怪人は人間が生み出した人工物だったことを知りアイデンティティを失い彷徨い歩いていると、俊介の自宅の上で殴り殺されて吊るされていた俊介の遺体を発見して気絶する両親の姿を見た信彦の目には別の何かが宿ったように見える。

クジラの車で本拠地に戻った葵の前には改造手術をしたノミ怪人、ニック、そして重傷を負ったブラックサンがいた。

怪人差別主義者のデモ隊の中にシャドームーンが割り込みリーダーの井垣の頭を掴むと命乞いを聞かず民衆の前で頭をスイカのように割り潰してしまうところで第七話は終了する。

スポンサーリンク

まとめと感想「ここからが本番」

人間が圧倒的のように見えた第六話だったが、第七話では人間の醜さを前に俊介はヘイトの的となり殴り殺されしまったことを皮切りに真実を知って迷っていた信彦に人間=悪の方程式が生み出されてしまいついに人間を殺し始めたところで物語は終了する。って最高か。

ずいぶん長い前説だったなーと思うぐらい、いきなり急展開を見せて面白くなってきた。それにしてもゆかりが堂波のおじいちゃんのスパイだったんだよーって超展開は嘘か本当かわからないのが気になるが伏線なのか適当に畳んだだけなのか、あれが本当にハニトラだとしたらマジで怪人たちの人生を狂わせる選択しちゃったよって精神病むわな。

これで見事に怪人を守るため人間と戦うシャドームーンvs人間を守るブラックサンの綺麗な対立が生まれたので残り3話が楽しみである。

『仮面ライダーBLACK SUN』
シーズン1全話ネタバレ一覧

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!