『鋼の錬金術師 完結編』海外の反応評価まとめ「悪夢のようなコスプレ作品」

2022年8月全米公開された「鋼の錬金術師 完結編」が海外で酷評の嵐!反応評価をまとめて紹介。日本でも賛否あった本作は海外でも認められず。世界観を破壊するオール日本人キャスト、安っぽいコスプレとCG、無理のある脚本など辛辣な意見が多数です。世界ファンはこの作品を見てどう感じたのか?を見ていきましょう。

実写映画「鋼の錬金術師」はクソ映画だと思っています。
最近海外で上映されるとやはり低評価ばかりだったので「この作品を称賛している日本人に読ませたい」と思って翻訳してまとめています、この作品を好きな人はこの先を読まないほうが良いと思います。

スポンサー リンク




映画『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー』海外の反応評価まとめ

海外の反応評価をまとめて紹介していきます。

IMDb 5.2/10「悪い意味で日本的」

3/10
最初より良いジョーク

でも、まだジョークです。原作の良さを全く生かしきれていない。期待値は低かったのですが、実写化してもこれは酷い部類に入りますね…。

3/10
典型的な日本的演技

タイトルが全てを物語っていますが、もう少し詳しく言うと、日本のアニメは、2Dの絵に感情の深みがないので、時々馬鹿馬鹿しい台詞があっても、馬鹿馬鹿しい演技と対になっていないので、悪くは感じないから、何となく良いのです。一方、日本の実写番組では、大げさな台詞の上にばかばかしい演技が乗っていることが多く、これは悪い組み合わせとしか言いようがない。
演技は、堅いものから、日本の実写映画にありがちな大げさな演技や下手な演技をした過剰なアニメーションまで、さまざまだ。でも、この映画では、演技が硬かったり、アニメ調で大げさだったり、日本の実写映画にありがちな下手くそな演技だったりと、様々です。

6/10
特殊効果に手を抜いた

この映画のためにどれだけの予算があったのかわからないが、私は3作とも見たが、特殊効果には辟易させられるだろう。
このような理由から、私は実写映画よりもアニメシリーズや映画のファンなのだと思います。
ライブ映画も悪くないし、ストーリーもいいし、いろいろなことが起こるけど、特殊効果の悪さを克服するのが難しいこともある。
もし、この映画をリメイクするのであれば、特撮やCGIにもっと予算を割いて、実際に信じられるようなものにしてほしい。
モンスターが登場する特撮は、アサイラムの映画のようなひどい出来栄えで、とても悲しいです。

1/10
なぜこの作品を作ったのか理解できない。

アニメと漫画のファンです。この作品は本当に素晴らしい。しかし日本は時折人気があるからと日本人が一切登場していない作品を全員日本人でキャスティングして世界観を破壊するを繰り返している。思い出して欲しい、銀魂は日本人や異星人が出演しているジョーク漫画だ。思い出して欲しい、鋼の錬金術師の設定で主人公は金髪だったはずだがこれのどこに日本人の要素があったのか?ということだ。

4/10
演出を考えると楽しむのは難しい

この映画はコスプレレベルの予算であらゆる面が安っぽく見え、ストーリーの持つ価値を評価することは不可能だ。しかし、過剰な演技と引き延ばされたプロットの間に、この作品のレベルにもかかわらず、楽しむべきものがあるかどうかは分からない。
この映画はNetflixが制作したものではないことは、彼らのひどい映画化作品であるデスノートでさえ素晴らしく見えたからだ。この映画は、後処理の悪いグリーンスクリーン、発泡スチロールのような小道具、後付けされたような時代遅れのCGが目立ちます。

https://wwws.warnerbros

6/10
酷かったです。アニメを実写にリメイクしても意味がない。

試行錯誤したのでしょう。しかし、アニメを見たり漫画を読んだりした私には、どうしてこんなにも精彩を欠いた、死んだような映画を作ることができるのか理解できない。
漫画の魅力は、自分の想像力で何でも表現できることです。一方、実写映画では、日本語を話す俳優を用意しなければならず、主役を演じるために小さな金髪の人間に資金を提供するのは難しい。俳優とCGIを組み合わせ、アニメと同レベルの特殊効果を描くための十分な資金があればいい。
つまり、この映画は失敗する運命にあったのだが、どうにかしてお金を工面して実現させたのである。実写が好きな人、アニメが嫌いな人、その両方がいるのだろう。

10/10
これを英語にしなかったのは偉い!

ストーリーやシークエンスに、大学時代に見ていたアニメを思い出しました。鋼の錬金術師は一番泣いたアニメだと記憶しています。その影響で背中に錬金術の輪の刺青を入れたこともあります(中くらい)。登場人物たちの心の痛みと、人間としての側面を認めてくれるところが、当時はとても好きでした。正直なところ、映画の描写はすべて良かった。感情移入をしようとすると少し強引になるが、その理由は理解できるし、もちろんアニメはもっと大げさだ。もちろん、アニメはもっと大げさですが。いいえ。ほとんどの人は字が読めますから、見ようと思えば見れます。英語で話すと、会話やユーモアが制限されるだけです。字幕を読めばいいんです。

3/10
台詞は強引だし、演技は下手だし、戦闘シーンは最悪です。アニメを観ていたので、期待値を下げなかった自分が悪いのでしょう。でも、これはFMAの映画ではないと思います。

6/10
いい感じ

この映画は、アニメやコミックとの親和性ではなく、また全体のストーリーのプロットとの親和性でもなく、あくまでも映画という基準で評価していることを最初に言っておきます。
この映画自体は、息をのむようなアクションに溢れ、ジョークや軽妙な場面も満載で、すべての熱狂をうまく和らげてくれる、まっとうな映画だ。しかし、事実は、この映画が、その本当にあまりにも過剰な時間のために、やはり非常に退屈だということに変わりない。映画は長すぎる、本当に長すぎて、信じられないほど退屈する。半分より少し後には、映画がいつまで続くのかと思い始める。

9/10
前作よりずっといい

エドワードとウィンリィの演技は相変わらず下手だが、他のキャラは特にスカーが良かった。
1作目同様、背景役者や背景の雰囲気に欠ける。
それでもストーリーや戦闘は楽しいので、3作目、最終作が楽しみです。

1/10
恐るべし

この映画はどのシーンが来るか事前に予想できる、そんな安っぽい、時間の無駄な映画です。選手たちがどうのこうのということではなく、あの脚本の悪さの中で、彼らはベストを尽くしていると思います。このような素晴らしい映画の脚本になる可能性はありますが、そうではありません。この映画は絶対にお勧めしません。最後まで立って見ているのがやっとです。不要なフィクションで、まるで第3世界の安っぽいアニメを映画に変換して見ているようだ。私はそのように思います。

スポンサーリンク

RottenTomatoes 56%「冗談のようだ」

この映画の制作チームは、原作に忠実な映画を作ろうと最善を尽くしているが、イベントの順序やキャラクターの紹介がアレンジされているため、原作(および以前に映画化された作品)内のシーンの文脈にそぐわず、散漫な印象を与えている。このシリーズを初めて見る人にとっては、基本的な紹介や娯楽、暇つぶしとして、本質的に何も問題はないと思います。熱心なファンには、原作を見るための選択肢として、あまりお勧めできない。

すべてのシーンで一度に詰め込んでいるので、混乱が起こっています。

現実でアニメ?アニメでは猿に幸せそうな顔をさせたり、バカな髪型をしたりすることができるが、現実ではただのバカにしか見えない…。

今まで見た中で最も恐ろしい映画の1つです。

安っぽいグラフィック、安っぽい衣装、あの見事な原作を見事に破壊したこの映画製作者に幸あれ

スポンサーリンク

まとめ「個人的にはホッとした」

良かった。

私は鋼の錬金術師の原作ファンで実写作品の出来はクソだと思ったが日本では称賛する声が大多数でビビっていた。しかし海外でも圧倒的低評価というわけではないが平均点以下のレビューが多くて良かった。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!