映画『ラム/LAMB』海外の感想評価まとめ「唯一無二の傑作ホラー」

ネタバレ注意!

映画『ラム/LAMB』物語エンディングまでネタバレを読む←

スポンサー リンク




ネタバレ注意:映画『ラム/LAMB』海外の感想評価まとめ

映画『ラム/LAMB』海外のレビューをまとめて紹介していきます。

IMDb 6.3/10「唯一無二の傑作」

8/10
唯一無二

説明できないことがある。そして、たとえ説明されたとしても、完全な説明は得られないのです。一つの疑問に対する答えが得られるだけで、他にもたくさんの疑問が広がっていくのです。ひとつ言えるのは、主人公の二人が疑問を持たないように、皆さんも疑問を持たないほうがいいということです。そう、この映画が演じている世界の中でさえも。

台詞は少ないですが、サウンドデザインとカメラワークがそれを補い、映画のテンポを遅くしています。この映画を見るには、その種の映画が好きでなければならない。私はこの映画が何をするのか全く想像がつかなかったので、ある種の衝撃を受けたと言えます。しかし、始まりと終わりを考えれば、納得がいくものです。

7/10
幸せ

オープニングのシークエンスはシュールで少し不気味で、このシークエンスで初監督のヴァルディマール・ヨハンソンは2つのことを成し遂げました。
まず、アイスランドの田舎の荒々しい美しさを目の当たりにし、次に、羊小屋に入る前に野生の馬を怖がらせる、重い息をする目に見えない生き物(または存在)を追うことで、奇妙な物語へのお膳立てをしている。ヨハンソンは、アイスランドの著名な小説家、詩人、脚本家、作詞家、作曲家であるスジョンと共同で脚本を執筆した。
ノオミ・ラパス(『ドラゴン・タトゥーの女』、2009年)がマリア役を演じ、彼女と夫のイングヴァル(ヒルマー・スネール・グドナソン)が人里離れた羊牧場でほとんど無言で働く姿を見つめます。家事や仕事をこなす彼らの間には、喜びもなければ、つながりもほとんどないように見える。
季節は巡り、羊が出産する時が来る(タイトルから想像がつくかもしれない)。この時点で、この作品について知らなければ知らないほど、より大きな影響を与える可能性があるため、私は書くことについて単に注意しなければなりません。個人的には、事前に何も知らず、予告編も見ていない。そのため、今まで観た映画の中で最も奇妙な映画の1つとして簡単に評価できる。

9/10
今年最高の映画の1つ

本作の監督と共同脚本はヴァルディマール・ヨハンソンで、彼の長編デビュー作である。そして、そのデビュー作がこれです。映画の最初の瞬間から、緊張感が漂っています。マリアとイングヴァルの羊の群れがクローズアップされ、愛らしくもミステリアスな表情を見せています。そして、チャプター1(全3章)の終盤、40分ほどで「ビッグ・リヴェール」がやってくる。私は唖然としたとだけ言っておこう。でも、まだ1時間もあるんですよ!?どちらかというと、漂う緊張感がどんどん濃くなってくる。
マリアとイングヴァルの他には、登場人物が一人しかいない。イングヴァルの弟のペトゥルが、予告なしに農場にやってくるのだ。時折、台詞がまばらになる時間がある。この作品で唯一名前が知られているのは、2009年の「ドラゴンタトゥーの女」の原作者であるノオミ・ラパスだ。彼女はマリアという役を見事に演じている。(荒涼とした風景を見事にとらえ、まるで映画の登場人物であるかのように感じられます。
「ラム」は今年のカンヌ国際映画祭でプレミア上映され、すぐに批評家の称賛を受けました。この映画は今週末、米国の一部の映画館で公開され、私は待ちきれずに観に行きました。私が行ったシンシナティでの金曜日の夕方の上映は、まあまあの入りだった(私を含めてちょうど10人)。もし、あなたが一流の海外ドラマを見たい気分なら、私が2021年に見た映画の中で最高の作品の一つだと思うので、劇場でも(今のうちに)VODでも、いずれDVD/Blu-rayでも、これをチェックして、あなた自身の結論を出すことを気軽にお勧めします。

IMDb

9/10
ユニークで斬新だった

この映画で、映画館での字幕映画は4本目となり、とても貴重な体験でした。ラムはとても独創的で、子供のようにラムの世話をするという内容で、驚くような驚きもあり、面白かったです! スウェーデン語の映画としては、とてもよくできていて、とてもよかったです。


4/10
この映画はバアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアド
まず、何も起こらないし、ホラーと言うのはこのジャンルに対してフェアではなく、もっと気取ったドラマとして再生される。予告編を見る限りでは、実際よりもずっと良い作品に見える。
この映画で一番嫌なのは、何も説明されていない、あるいは何も明らかにされていないことだ。1時間半の時間を惜しんで、代わりにコメディを観に行こう。40分以上何も起こらないし、最後には何も説明されないし、完全に期待はずれの映画だった。コンセプトは素晴らしいのに、その可能性をすべて無駄にしてしまった感じです。1時間半のBロール、30分の説明不足のプロットが好きならこの映画は向いている。赤ちゃんが欲しいだけの母羊を、女が撃ち殺した。エイダの父親が交尾にやってきて、自分の仲間が撃たれたことを知ると、報復として彼女の仲間を撃った。それだけです。

2/10
ペンキが乾くのを見る
この映画で、私は1時間46分も無駄にしました。彼女と彼女の夫は羊を育てる農場に住んでいて、子羊の出産シーンが少し多めに出てきます。3分の1ほど進むと、本当に奇妙な展開になります。ストーリーは伏せますが、不条理です。PBSの羊のドキュメンタリーの方が、夜のエンターテイメントとしては良い選択だろう。この惨状は避けましょう。

IMDb

5/10
この作品は、「1時間40分以上、変な絵を見続ける」ようなものです。
この映画の主張には基本的に同意できるし、その主張もある程度はタイムリーかもしれない。しかし、この映画は中盤に差し掛かると、非常に退屈に感じられるようになる。ストーリーが面白いわけでもなく、主題となる考え方やアイデアの瞑想として、意図したほどには伝わってきません。私には、この作品は、どこにもない土地で過ごす時間が長すぎた。アイスランド語を理解していれば、もっと理解できたかもしれないが、その点については全く自信がない。また、この映画はホラー映画ではありません。昔の民話のような多少暗い感じはありますが、ほとんどがかなりあからさまで、全く怖くありません。

最初のうちはそれなりに楽しんでいたのですが、結局はあまり面白いものを与えてくれません。しかし、中盤以降、この映画の持つ全体的な無目的で陳腐な感じからすると、ここにあるものはあまりに重要でないように思われる。この映画は、中盤以降、全体的に無目的で陳腐な印象を与える。これは、もしかしたら素晴らしいショートフィルムになったかもしれない。ただ、長編にするほどの心意気や根性、実質的な中身はないと思う。悪くはないのですが、この手の昔話がよほど好きでない限り、読み飛ばした方がいいと思います。私は、考えさせられる作品やスローな展開が好きなのですが、正直なところ、この作品には考えるべきことはそれほど多くありません。おそらく見る人の心に火をつけようとするのだろうが、火をつけるには燃料が足りないし、燃えるものもあまりない。5.5/10.

8/10
ネタバレは絶対に避けよう

ラムを見終わって映画館から出てきたときはかなり頭にきていたのに、考え込んでしまうほどでした。見ている間、説明不足に戸惑ったり、時間を無駄にしたことに不満を感じたりしていたのです。緩急はつけられるが、長回しが多く、物語が全く進まない時間が長かったように思う。多くの瞬間がランダムに挿入され、他の出来事との関連性がないように感じられた。必要以上に時間をかけているシーンもあるかもしれませんが、この映画のすべての部分で本当に何かが起こっているのです。多くのことが語られず、大きなギャップを埋めるための微妙なヒントがあるだけなので、最初は混乱した。

かなり要求の多い映画ですが、それが不注意だったとは思えません。細部に至るまで意図的であり、ストーリーを盛り上げています。自分一人で全て理解したとは言えないので、終わった後に誰かとディスカッションすることをお勧めします。また、私は、この物語に全く合致しない、非常に特殊な期待を持って臨んでいたので、それが初見に影響しましたが、絶対にもう一度見返す価値があると感じています。

スポンサーリンク

RottenTomatoes「美しい」

ストーリーは斬新だったけど……なんだ?作り込みが多く、報酬がほとんどない。

不満足な結末に向けて構築された美しい映画

とてもとても退屈な映画

この映画は、最後の数分まで興味をそそられました。90分以上の積み重ねで、全く見返りがない。この映画には多くの疑問が残されており、未完成の感がある。

IMDb

この映画は、とても面白いです。後でわかったことがある。数日間考えさせられる映画の1つです。

違う。甘い。悲しい。アメージング!

違う。よくできている。

期待せずに入り、映画が望むところに連れて行ってもらうだけで、これは行く価値のある旅です。

これは時間の無駄でした。この映画で、私は何か違うことを期待したのかもしれないし、メッセージを理解できなかっただけなのかもしれませんが、全編を通して退屈でした。

素晴らしい映画です。魅力と奇妙さに満ちている。美しく撮影され、素晴らしいパフォーマンス。素晴らしいアイスランド・インディーズ

IMDb

声を出して笑った…そして後で悪夢を見た。

監督のヴァルディマール・ヨハンソン(Valdimar Johannsson)は、明らかに荒唐無稽な題材を、説得力のある、枯れた真剣さで扱い、非の打ち所のない演技をするスター俳優にあらゆる場面でサポートされている。

ヴァルディマール・ヨハンソン監督の映画の多くは、そうでなければならないと感じながらも、そうではない古代の民話のような時代を超えた感触がある。

ノオミ・ラパスの献身的で印象的な演技を中心に、『ラム』は興味深いアイデア、映画制作の技術、ユニークな声のトーンで、その長さと失敗を克服している。

映画自体は完璧でなくとも、ラパスの爽やかな仕事ぶり。

この映画は、ほとんど形式主義的で、観客に絶えず寓話のようなストーリーに取り組むように要求するかもしれないが、今年見る他のどの映画とも違うことは確かであろう。

ヨハンソンに大胆さがないわけではなく、すべてがどこに向かっていたのかを最終的に伝えるショットには、確かに驚かされた。しかし、正直に言うと、私は爆笑してしまったのだ。

ラムは、美しいものと恐ろしいものの間で揺れ動くことによって、悲しみを捉えている。

IMDb

何はともあれ、冒険好きな映画ファンが訪れる価値のある作品だ…。

ラム』は相変わらず荒唐無稽だが、現代の寓話のようなもので、現代の観客のための雰囲気のあるフォークホラーの一片であることによって、この作品は成り立っている。その核となるのは、親であることと喪失の重荷についての純粋に感動的な物語である。

うまくいっているのだろうか?しかし、ヨハンソン監督は、観客がほとんど息絶えるまで、頸動脈を掴んで離さないことを止めさせなかった。

これまで経験したことのない、甘美で感動的な目覚めの悪夢だ。

ラムは、画面上で起きていることにどれだけの誠意や受容を見いだすべきかを明確にするのに苦労しており、その結果、物語と感情の両方が混濁してしまっている。

「ラム』は、登場人物をゲーム盤の駒に、俳優を操り人形に貶めているにもかかわらず、賞賛されるような態度で臨んでいる。

IMDb

神話の一片として、あるいは暗く歪んだ現代の寓話として見たとき、『ラム』は最も成功を収めている。

圧倒的な長編ではなく、素晴らしい短編になり得たと思えるほど、内容が少ないのがもどかしい…。

民話のような演奏とホラー映画のようなドキドキ感。

この幻想的かつ瞑想的な田園ドラマが展開される牧歌的な舞台を不吉な山々が見下ろしている。これは、自然に親しむことで得られる生と死の奇妙な現実についての現代民話である。

この物語のベタな面を軽く見るのは簡単だが、それでいいのだ–これは毛むくじゃらの子羊の物語を巧みに語っている。

スポンサーリンク

まとめと感想

確かにこの映画は退屈で奇妙です。

セリフを極力抑え説明しようとする努力をあえて放棄したこの作品は淡々とどうやら子供を失ったらしい悲壮感漂う夫婦に驚愕のプレゼントがという流れに至るまで不安を煽るような映像を見せ続けるだけなので最初の30分を我慢した視聴者には残りの60分同じような展開が続くというものです。

結局のところ怪物が母羊に羊少年を産ませたけどマリアがウルセェ母羊を銃殺したから報復でお前の旦那も銃で殺すな?という因果応報なオチで人間側の身勝手な都合で物事がうまくいくと思うなよ?という何とも言えないラストもモヤモヤが。不思議な脚本と映像で惑わせてくるがこの映画は普通に退屈で奇妙としか言いようがないのです。

今伝えたのが映画「ラム/LAMB」の全てですが詳細まで気になる人はこちらのネタバレをどうぞ。

映画「ラム」の物語ネタバレを読む⇦

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!