映画『ザ・ロストシティ』海外の反応評価、感想まとめ「60歳近い婆さんが大画面でキャーキャーうるさいだけ」

「視聴する価値がない」「サンドラ婆さん大画面がキツい」60歳近いサンドラ・ブロックがヒロインの映画はキツかった!海外でも炎上中の映画『ザ・ロストシティ』を視聴した海外の反応評価と感想をまとめています。これから視聴する気があるのなら少し落ち着いて彼らの話を読んだ方が良さそうです。思った以上に面白くなさそうです。

スポンサー リンク




映画『ザ・ロストシティ』キャスト・スタッフ

監督
アーロン・ニー … (監督)
アダム・ニー … (監督)
脚本
オーレン・ウジール … (脚本)
ダナ・フォックス … (脚本)
アダム・ニー … (脚本)
アーロン・ニー … (脚本)
セス・ゴードン … (ストーリー)

キャスト(クレジット順)
サンドラ・ブロック Sandra Bullock … ロレッタ / アンジェラ
チャニング・テイタム Channing Tatum … アラン/ダッシュ
ダニエル・ラドクリフ Daniel Radcliffe … アビゲイル・フェアファックス
ダバイン・ジョイ・ランドルフ Da’Vine Joy Randolph … ベス・ハッテン
ブラッド・ピット Brad Pitt … ジャック・トレーナー
オスカー・ヌニェス Oscar Nuñez … オスカー
パティ・ハリソン Patti Harrison … アリソン
ボーウェン・ヤン Bowen Yang … レイ・ザ・モデレーター
スラング Slang … ファンタジーの悪役
ジョーン・プリングル Joan Pringle … ナナ
エクトル・アニバル Héctor Aníbal … ラフィ
トーマス・フォーブス=ジョンソン Thomas Forbes-Johnson … ジュリアン
スリ・ルイス Sli Lewis … シェード
オルガ・ブカレッリ Olga Bucarelli … 村の中で歌う女

スポンサーリンク

アダム、アーロン・ニー監督について

あまりアーロン・ニー監督、アダム・ニー監督は兄弟で「ニー兄弟」と呼ばれている。

弟のアダムは単独あるいは他の脚本家と共同で俳優や脚本を務め、兄のアーロンはドキュメンタリー・プロジェクトやコマーシャルを監督するなど、兄弟は別々に活動もするが、短編や長編映画、A Fine Frenzyや Terreneなどバンドのミュージックビデオで協力して制作することもある。その創作活動により映画制作チームとして認められるようになり彼らの長編映画『ザ・ラスト・ロマンティック』は、第29回Starz Denver Film FestivalでEmerging Filmmakers Awardを受賞。「その物語と視覚的美学において野心的でありながら、この映画は、非常に面白く、非常に賢い、初めての映画製作者による稀な作品である」「印象的で魅力的な中心人物と、エキセントリックで陽気な脇役によって支えられている」と称賛。

スポンサーリンク

映画『ザ・ロストシティ』海外の反応評価と感想

ゼロ・グラビティのサンドラ・ブロック、キングスマンやヘイトフル・エイト、そしてDOGの監督など幅広く活躍をするチャニング・テイタム、さらにブラッド・ピットやダニエル・ラドクリフの登場で一気に面白そうな作品に思われましたが、結局予想通りなありきたりなロマンスアドベンチャー映画に収まってしまったようです。

下の動画のサンドラブロックの劣化した容姿が見ていて辛いと思ったのは私だけではなかったようです。

「面白い」高評価の海外の反応と感想

映画『ザ・ロストシティ』予告編

8/10
思ったより面白い。

この映画の試写を見たとき、「また安っぽいアクションコメディだろうけど、まあタダだし」と思っていました。しかし、この映画はとても面白かったです。アクションもいい。2時間という長さにもかかわらず、テンポがいい。見る価値ありです。

7/10
シンプルで、楽しくて、陽気で・・・。

私はこの映画を予想以上に楽しみました。アクション、アドベンチャー、コメディ、ロマンスというカテゴリーに完璧に当てはまります。
ストーリーはとても楽しかったです。しかし、「プロローグ」が過ぎ、映画のメインパートが始まると、ずっと良くなっていきました。
サンドラ・ブロックとチャニング・テイタムの相性は驚くほど良く、映画が進むにつれてさらに良くなっていきました。敵役のダニエル・ラドクリフも良かった。みんなを殺してやりたい」というような悪人ではなく、生意気な金持ちの少年という感じです。
この映画の大きな特徴は、ロマンスが女性向けで、アクションが男性向けだったことだと思います。コメディはどちらにも転ぶ可能性があり、シーンも実際の笑いも、ある部分をより面白く感じる人もいるかもしれない。
また、音楽もよかったです。ある種のサウンドトラックをシーンに組み込むことで、(サウンドトラックのあるべき姿である)シーンの良さが際立っていました。
全体的に、この映画は夜の映画に最適だと思います。面白いし、ロマンチックだし、アクションやアドベンチャーのストーリーもいいし、ロマコメにありがちな安っぽさもない。

8/10
バカバカしい部分もあるが、とても楽しい

この映画で一番面白かったのは、映画の短い予告編を6回流すというもので、こんなことは初めてでした。また、映画開始前には、赤いドレスがキャラクターであることを説明する特集が組まれていましたが、くだらないものでした。他の人はどうか知りませんが、私はこの映画が大好きです。

映画『ザ・ロストシティ』予告編

8/10
この映画は本当に楽しかったです。

思っていたよりもずっと楽しめた。というのも、この映画はロマコメにありがちな悲壮感やバカバカしさがなかったからだ。アクション満載で、ユーモアもあり、演技もしっかりしている。ブラッド・ピットとダニエル・ラドクリフの演技は最高だった。ブラッド・ピットとダニエル・ラドクリフは、コメディタッチの演技を見事にこなし、ラドクリフは音域が広く、悪役を見事に演じきっています。いつかボンドの悪役をやってほしいくらいです。彼はこの映画をとても楽しんでいるように見えました。ポストクレジットはありませんが、ストーリーを盛り上げる素晴らしいミッドクレジットシーンがあります。

9/10
アクションとアドベンチャーに満ちた、注目のコメディー

ロスト・シティ」は、アクションと冒険に満ちた注目のコメディ映画でありながら、重要なメッセージも含んでいる。
ロスト・シティ』のサウンドと映像は本当に際立っていて、音声がとてもクリアなことに驚かされます。戦闘シーンはすべてリアルに感じられ、しかも威圧的ではありません。さらに、画質も最高です。すべてがリアルに感じられ、まるで本当にそこにいるかのようです。演技にも非常に感心しました。どの俳優もずっと私の心を掴んで離さない。例えば、サンドラ・ブロックとチャニング・テイタムの相性はとても良く、2人のキャラクターがとても信じられるものになっています。最後に、ストーリーがとても面白い。ひねりが効いていて楽しいし、全体的に意外性のあるストーリーです。いろいろな要素があり、さらにコメディタッチでもある。私は個人的に大笑いするのが大好きで、気分が明るくなりますから、この映画も間違いなくそうなっています。
ロスト・シティ』のメッセージは、欲張りで邪悪なことをしても、決して得をしないということです。最終的には愛が勝つのです。この映画には、戦闘や銃の使用など、暴力的なシーンがあります。

スポンサーリンク

「つまらない」低評価な海外の反応と感想

5/10
うーん

私のせいかもしれませんが、私の考えるロマコメは、ヒロインが誘拐されて2時間も脅かされるようなものではありません。面白くもなんともない。
そうなんです、映画なんです。ダニエル・ラドクリフが悪者役でなかなかいい味出してます。とにかく、サンドラが誘拐され、チャニングは彼女を救出するために出発する。いろいろなことが起こる。そのどれもが少しも笑えない。少なくとも視聴中の100近い観客の誰1人も笑わなかった。次はあなたの番です。

1/10
悪い

ブラッドやダニエルのような才能と、もちろん、あなたのお金、時間の無駄です。この映画の中心は、チャニング・テイタムで、それはあまりにひどいものでした。オープニングの60分は悪夢のようで、寝てしまいたいくらい。全体的には、ばかばかしいコメディと過剰な性的描写、ちょっとしたアクション、そしてブラッド・ピットもちょっとだけという組み合わせでした。この映画には意味も芸術的価値もない。

映画『ザ・ロストシティ』予告編

2/10
サンドラ・ブロックは降板すべきだった。

ゼロ。グラビティは好きだ。バード・ボックスはある一定の評価はあった。何もかもが不明な状況で生き延びるために川に飛び込むシーンは恐ろしく緊張感があった。まぁ素晴らしいかと言えば60点ぐらいだがNetflixのオリジナル映画として好調な滑り出しだったに違いない。少なくとも私はこの映画のためにネットフリックスに加入して後悔はしてない程度。

サンドラ・ブロックは女優としては素敵だがもうババア(すまないが事実だ)が主演でイケメン俳優とイチャラブコメディアドベンチャーをやる意義はどこから見出したのだろうか?私が出てチャニングが出て、ブラピとラドクリフを出せば話題性が・・・ってバカなのだろうか?ドレスの胸元からは無理なダイエットの結果なのか肋骨が浮き出た婆さんがキャアキャアうるさく叫ぶシーンは誰が喜ぶと思ったのだろうか?

3/10
史上初の長編TikTok

劇場で映画『ザ・ロストシティ』予告編を見たとき、私は酔っぱらっていて筋書きを見逃してしまったのではないかと思ったが安心した。映画『ザ・ロストシティ』まともな脚本はないのだ。
映画『ザ・ロストシティ』は、万華鏡のように、物事が起こっては消え、起こっては消えを繰り返している。そして、容赦無く終わる。

映画『ザ・ロストシティ』は容赦なく、小さじ1杯すらキャラクターの背景が存在しない。映画の中で彼らの背景の断片が提示されるが、キャラクターに一切の共感も得ることができず儚く終わる。
サンドラ・ブロックとチャニング・テイタムのスクリーン上での化学反応は、この映画で唯一のユーモラスな側面であっただろう。ダニエル・ラドクリフのキャスティングの理由はよくわからないが、彼はそこにいる。ブラッド・ピットもいる。
結局、長編TikTokチャレンジに出くわしたような気分で映画館を後にしたのであった。それでいいんだ。と思う。

映画『ザ・ロストシティ』予告編

2/10
予告編が一番面白かった

「ロスト・シティ」は、実際の映画よりも予告編の方が断然面白かったという残念な映画の一つです。
サンドラとテイタムの間には全く化学反応がありません。2人のセリフや演技は単独で行い、特殊効果係に合成してもらった方が良かったかもしれません。ブロックは還暦近い身でありながら、自信なさげで自意識過剰な女子高生のような振る舞いは見ていて吐き気がしました。テイタムの役柄は、愛のために勇気を出す役立たずのモデルで、ひどいものだった。そして、ロレッタの出版社のベス(ダバイン・ジョイ・ランドルフ)は、何の足しにもならなかった。
彼女は明らかにコミック・リリーフ(ブロックとテイタムの悪いコメディから私たちを解放するようなもの)であるはずなのに、面白いセリフを一つも言うことができなかった。面白い表情もなかった。ロレッタを見つけるために手段を選ばない心配性の母鳥を演じ、それは賞賛に値するが、面白くはなかった。
この「ロマンシング・ザ・ストーン」/「ナイルの宝石」/「ステラ・ガット・ハー・グルーヴ・バック」の映画は、あくびが出るほど退屈で、実際に何度か映画館を出て、ウィル・スミスがアカデミー賞でクリス・ロックを叩いたことについてのビデオやコメント(ちなみにパンクの動き)を見ていました。私が席を立つたびに、劇場の入場者数は4分の1ずつ減っていきました。映画を讃える賞レースで、このような事態になるとは……。

5/10
機能する作品としない作品

ロスト・シティには、うまくいく部分とそうでない部分があります。実際の冒険にふりまわされることは、笑いや心の支えになるが、この脚本の多くは一般的なものである。想像を絶するマクガフィン、平凡な悪役、予測可能なロマンスなどは、個々には許せるが、一緒になると前提の魅力が損なわれる。さらに、台詞、ユーモア、プロット・デバイスもお粗末である。キャストは素材を引き立てているが(特にピットとラドクリフ)、いくつかのシーンは唸らされる。テイタムのカリスマ性が光り、ピットのカメオ出演が味を出しているが、それだけでは「ロスト・シティ」を平凡から引き離すには不十分だ。痛快とまではいかないが、『ロスト・シティ』はヒット作よりも失敗作の方が多い。
一方、『ロスト・シティ』の映画作りは平均的だ。撮影(コメディとアクションを断続的に演出)、音響(戦闘とジャングルの設定を生かした)、プロダクションデザイン(主に本物だが、しばしばコンピューター処理)、効果(CGIの中に本物の爆発を採用)などが、わずかにプラスに働いている。逆に、編集は時折たるみ(必要のないジョークが長引く)、音楽は気が散るほどトレンディー(物語に貢献するというより、楽しさを押し付ける)。
最後に、『ロスト・シティ』はまとまりを欠いている。ユーモアと感情が調和することなく、交互に展開する(これは観客の心を切り離す)。結局のところ、『ロスト・シティ』は穏やかな魅力を備えているが、機能的には一貫性がない。

1/10
本当に時間と才能の無駄遣い

この俳優たちが、どうしてこんな面白くないコメディを作ることを選んだのか、私にはよく理解できない。ユーモアがあまりにも基本的で単純なので、役者がこれでうまくいくと思ったとは思えない。このような映画を見ると、ハリウッドの主流派が意図的に国民のレベルを下げようとしているように感じられる。
これは、儲けるためだったのか?友人であるプロデューサーや作家を助けるためか?しかし、この映画のスターたちが、この映画を観て、自分たちや自分たちの作品に良い印象を持つとは思えないのです。この映画は、最初から完全に失敗している。この映画を通して思ったのは、”なぜ?”ということです。

まとめ:映画『ザ・ロストシティ』海外の反応評価、感想

いかがでしたか?

予告編では色々と盛り上がっていましたが、やはり還暦近いおばさんがいくら美人でもイケメンとロマンス溢れる大冒険してもきっついなーってなる人がいたようです。それにしてもなぜサンドラブロックはこの通常であれば若い美女が収まるべきヒロイン枠に居座ったのでしょうか?謎です。。。

ネタバレ関連記事はこちら

まだ日本公開前の海外で先行公開された最新映画ネタバレを楽しみたいならこちらをクリック

時間がバターのように溶ける
日本未公開最新映画の
超ネタバレまとめ↓

あの映画は海外ではどんな評価をされているのか?気になる海外のリアルな映画の感想まとめはこちらをクリック

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!