映画『リコリス・ピザ』物語結末ラストまでネタバレ!「この作品でアカデミー賞をもらうべき傑作」

インヒアレント・ヴァイスの監督最新作『リコリス・ピザ』がアカデミー賞ノミネート!一体どんな映画なのか?物語を結末ラストまでネタバレ!高校生が10歳年上の女性に恋する甘酸っぱい恋愛映画も似た経験がある人にはど真ん中を射抜かれ、豪華な俳優が頭のおかしい映画関係者として登場して試練を与える脚本に痺れます。シガレッツ&コーヒー、ブギーナイツ、マグノリア、のポール・トーマス・アンダーソン監督作品にハズレがないことを証明!

スポンサー リンク




リコリス・ピザのキャスト

アラナ・ハイム、クーパー・ホフマン、ショーン・ペン、トム・ウェイツ、ブラッドリー・クーパー、ベニー・サフディ、マーヤ・ルドルフ、スカイラー・ギソンド、メアリー・エリザベス・エリス、デストリー・アリン・スピルバーグ、ジョセフ・クロス、ネイト・マン、ベン・スティラー、ジョン・C・ライリー、クリスティーン・エバーソール

豪華な出演者です。

スポンサーリンク

リコリス・ピザの意味

本作の原題“Licorice Pizza”は、1969年から1980年代後半にかけてカリフォルニア州南部で店舗を展開していたレコードチェーン店の名前から取られたもの。現在も複数店舗営業しているのを確認できる。

アメリカカリフォルニア州のリコリス・ピザはショッピングモールの中にあるようです。ちなみい海外のショッピングセンターなどの口コミを見ると勝手に日本語に変換してくれるので面白いです。日本も海外もどこも同じような賞賛とクレームに溢れかえっています。

スポンサーリンク

映画『リコリス・ピザ』物語結末ラストまでネタバレ!

1973年、サンフェルナンド・バレー。

数人の少年が撮影の準備をしていると、他の数人がバスルームでチェリーボム(爆竹)を爆発させる。その中の一人、ゲイリー・バレンタイン(クーパー・ホフマン)は、撮影助手として参加していたアラナ・ケイン(アラナ・ハイム)をひと目見て彼女に恋をする。勇気を出して声を掛けるが彼女は25歳、ゲイリーは15歳であるためアラナは興味を失っていた。しかしゲイリーは食い下がり自分が俳優で将来有望あることを告げ、最終的にはデートではなく、一緒に過ごすことに同意させることができた。

ゲイリーがよく行くレストランでアラナと再開する。二人は仕事の話をし、ゲイリーは母親と一緒に広告会社で働いていることを話す。家まで送ると提案し二人は家まで歩く道中に会話を弾ませ。アラナは両親と二人の妹(実際アラナ役の本当の妹が演じている)と4人暮らし、ゲイリーは弟のグレッグ(マイロ・ハーシュラグ)と暮らしていることが分かる。

ニューヨークへ(アジア差別の問題シーン)

ゲイリーは母親のマンマ・アニタ(メアリー・エリザベス・エリス)と働いており、レストラン経営者のジェリー・フリック(ジョン・マイケル・ヒギンズ)と妻のミナコ(ユミ・ミズイ)が新しく開こうとしている日本料理店をめぐって会う。(このシーンで英語の巻き舌が苦手な日本人特有の英語のアクセントでミナコを馬鹿にする話し方をジェリーが行うシーンがアジア人差別として問題視されてる

その後、アニタは多忙を極めオーディションやバラエティ番組に出演するニューヨークへの付き添いはできないとゲイリーに告げる。

スポンサーリンク

アラナの新恋人とウォーターベッド会社

予告編

アラナとゲイリーはニューヨークに向かい、映画 『一つ屋根の下 』に出演するため、有名な女優ルシール・ドリトル(クリスティン・エバーソール)や、その他大勢の大家族役のキャスト達と合流し撮影を行う。撮影中、ゲイリーはルシールの頭を枕で殴り、インタビューを受ける際には「ビーバーを3匹やる」というジョークを飛ばす。その後、ルシールは怒ってゲイリーを殴る。その後、ゲイリーはエージェントのゲイル(マヤ・ルドルフ)と会い、CMの撮影をする。その間、アラナは俳優のランス(スカイラー・ギソント)と出会い良い感じに発展してしまう。

カリフォルニアに戻ったアラナは、ランスと関係を持つようになる。しかし、彼女が家族と一緒に夕食を取るために彼を連れて来たとき、彼はユダヤ教の信仰で育ったにもかかわらず、彼は無神論者であり祈りの言葉を拒否したことで険悪なムードとなり。すぐに彼と別れる。

ゲイリーはウォーターベッドの会社を設立し、アラナや友人達と博覧会で営業販売をしていると突然警官が現れゲイリーを殺人の疑いで逮捕する。身に覚えのない逮捕だったが、先に捕まった容疑者がゲイリーを知らないと言ったため釈放される。彼は警察署を出てアラナと抱き合う。

スポンサーリンク

アラナの胸を見たい

ゲイリーはアラナのエージェントであるメアリー・グラディ(ハリエット・サンソム・ハリス)に会う。ヌード映画に出ないかと聞かれたアラナは、最初は「イエス」と答えるが、ゲイリーに「ノー」と言うように促される。ゲイリーは、自分が見ていないのに先に観客がアラナのヌードを見ることに抵抗があるためという幼稚な考えだった。帰り道2人は口論になる。その後、彼女はドレスを脱いで自分の胸を見せるが、ゲイリーが我慢できずに胸を触ろうとしたため、平手打ちをしてしまう。

アラナとゲイリーは一緒にウォーターベッドを売るイベントに参加し、そこでゲイリーは学生時代のクラスメイトだった女の子と会話をしていると、それを見たアラナは嫉妬して適当な別の男にキスし下着姿で歩いて家に帰ってしまう。

その後、アラナは俳優のジャック・ホールデン(ショーン・ペン)と一緒に役作りのためのオーディションに行く。彼は彼女を気に入り、グレース・ケリーに例え賞賛する。ジャックはアラナをバー「The Tail o’ the Cock」に連れて行くが、そこにはゲイリーとその仲間も登場する。ジャックは旧友のレックス・ブラウ監督(トム・ウェイツ)と偶然再会する。ジャックがケリーと共演した映画『トコサンの橋』のバイク・スタントを再現するため、バイクの後ろにアラナを座らせるがジャックがバイクを発進させた途端、アラナは後ろ向きに倒れてしまう。みんなはジャックに夢中になっていたがゲイリーだけがアラナのもとに駆けつけて心配してくれた。

彼はアラナと一緒にウォーターベッド店まで戻り疲れて眠ってしまう。横にいたゲイリーは彼女の体を触ろうと考えるが、少し考え止めることにする。

ポール・トーマス・アンダーソン監督作×ブラッドリー・クーパー主演!映画『リコリス・ピザ』海外版予告編
スポンサーリンク

ウォーターベッド会社倒産

石油の禁輸政策でガス危機が起きているというニュースが流れるが、アラナは、ウォーターベッドはビニール製で、ビニールは石油から作られているので、その余波を受けてると言う。2人に加えて、グレッグ、カーク、マークは、後で頭のおかしいプロデューサーのジョン・ピータース(ブラッドリー・クーパー)の家にウォーターベッドを届ける。

彼はベッドの組み立て中に何かを台無しにした場合、ゲイリーの家族全員を殺すと脅す。が、ゲイリーとアラナは、誤ってホースを抜いてしまいカーペットが濡れてしまう。ジョンやその仲間、ゲイリー、アラナはジョンに殺されそうになるが逃亡する。

予告編

ガス危機でウォーターベッド・ビジネスが失敗し、ゲイリーとアラナは他の仕事を始める。ゲーリーはピンボール台を並べたゲームセンターに投資し、アラナは市長候補のジョエル・ワックス議員(ベニー・サフディ)のためにボランティア活動をすることにする。すれ違いからゲイリーとアラナは口論になり、別れることになる。

スポンサーリンク

男は大体アホ

選挙事務所で電話を取っていたアラナは、事務所を覗き見している不気味な男(Jon Beavers)に気づく。何をしているのか彼に問いただすが、彼はなぜそこにいるのか曖昧な返事をする。

その後、アラナはワックス議員と飲みに誘われ店に向かう。しかし、そこにもまた不気味な男が近くに座ってこっちを見ていた。彼女はワックスのパートナー、マシュー(ジョセフ・クロス)に相談すると、ワックスがゲイであることなどワックスの選挙運動を妨害するために調査するスパイの可能性があることを知らされる。ワックスはゲイがバレないようにアラナにマシューと恋人のふりをしながら帰宅するように頼む。帰宅したマシューは泣き崩れながらアラナに彼氏がいるのかと聞くと彼女は「イエスでもありノーでもある」と答える。

映画『リコリス・ピザ』結末ラストネタバレ「2人は」

ゲイリーはピンボールアーケードの開店式で、クソうるさい騒がしい子供や大人を相手にしていた。アラナの友人と偶然会い、彼女がどこにいるのか尋ね選挙事務所に駆けつける。

彼女を探すが、そこにはいない。同様に、アラナはゲイリーと初めて出かけたレストランに行くが、そこにゲイリーの姿はなかった。

二人は結局、映画館の前で文字通り出くわすまで歩き続け。ゲイリーはアラナをゲームセンターに連れ帰り「妻のアラナ・ヴァレンタインです」と紹介する。

彼女は彼を「馬鹿」と呼ぶが、彼はその後、彼女にキスをする。

二人は再び一緒に走り出し、アラナはゲイリーに「愛している」と言う。

まとめ:30秒で分かる映画『リコリス・ピザ』

15歳のゲイリーは25歳のアラナに恋をする。結構金持ってるゲイリーはウォーターベッドビジネスを始めるが石油危機で失敗。2人は頭のおかしいショーン・ペンな俳優、トム・ウェイツな監督、ブラッドリー・クーパなプロデューサーと出会い友情と絆を深めていく。

ゲイリーはピンボールゲームセンターを始め、ゲイリーは選挙事務所で働くがその知事も若干頭がおかしい人で、やっぱりあいつしかいないと互いに再認識した2人、街中をあてもなく彷徨い探し続け映画館の前で無事に出会い元サヤに戻る。まだ結婚してないのにゲイリーの「妻です」と言われて照れながらも喜ぶアラナでハッピーエンド。

ネタバレ関連記事はこちら

まだ日本公開前の海外で先行公開された最新映画ネタバレを楽しみたいならこちらをクリック

時間がバターのように溶ける
日本未公開最新映画の
超ネタバレまとめ↓

あの映画は海外ではどんな評価をされているのか?気になる海外のリアルな映画の感想まとめはこちらをクリック

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!