映画『ザ・バットマン』海外の反応、感想評価「面白いがノーランを超えることはない」

「名探偵バットマンを楽しめるかどうかで賛否」IMDbで8.6!RottenTomatoesで90%と脅威の高評価!猿の惑星監督の新世代『ザ・バットマン(原題:THE BATMAN)』が海外で絶賛の嵐を受ける反応、感想評価を紹介!しかし根強いノーラン版のファンからは「ダークナイト以下」「面白いがそれ以上ではない」などの酷評も受けているので合わせて解説。あなたはどう感じた?

ザ・バットマン物語結末までネタバレを知りたい人はこちら

スポンサー リンク




「面白い」肯定的な海外の反応と評価

6/10
良いバットマン映画

見出しは二通りに受け取れる。誇大広告や期待を一切排除すれば、良い映画だと言うことは肯定的だ。しかし、驚くべき新しいバットマンの反復を期待しているのであれば、良いということは、驚くべきどころか、素晴らしくもなかったということだ。
このレビューはネガティブに受け取られるだろうが、私は楽しめた。私はトーンが大好きです。ノーラン三部作よりもさらに、超ダークで現実に根ざしている。そして、キャラクターに忠実な感じがします。ゾーイ・クラヴィッツとジェフリー・ライトは素晴らしいキャスティングだ。
ほとんどよくできた映画で、フランチャイズに加えるには良い作品だと思います。そして、バットスーツは美しく最高。

しかし、同時に、この映画については、私を驚かせるものは何もありませんでした。登場人物、特に悪役に感情移入できなかった。人間関係も未発達で有機的でない。私は、物語に感情移入することができませんでした。ほとんど表面的なレベルしか感じない。バットマンの大ファンであれば、本当に楽しめると思います。しかし、映画としては、すべてのシリンダーで発射されないと思います。ノーラン3部作が未だにトップに君臨している。

9/10
バットマンは地獄の映画である

マット・リーヴス版バットマンはとんでもない映画だ。これまで作られた中で最も暗い実写のバットマン映画であり、最も長いものでもある。バットマンは、エキサイティングなだけでなく、映画的でもある一流のアクションシーンで満たされ、撮影はまさに信じられないほどだった。マイケル・ジアッキノ バットマンのテーマ曲はちょうど私のお気に入りの映画のテーマ曲の1つになった。コリン・ファレルの変身ぶりはペンギン役と同じくらい素晴らしく、ポール・ダノの演技はヒース・レジャーのジョーカーのような雰囲気を醸し出しているが、ヒース・レジャーのジョーカーになろうとはしていないところが素晴らしい。そして、キャットウーマンの戦闘シーンは間違いなくゾーイの勝利で、私はここでも彼女がとても気に入りました。そして最後に、バットマン役のロバート・パティンソンが登場しました。バットマン役の彼について私が言えることは、彼が本当に素晴らしいバットマンであるため、恐ろしいトワイライト映画で演じた男ではなく、本当に良い映画であるバットマンを演じる男として皆が彼を知り始めることを願っています。この映画の唯一の問題は、私にとっては非常に遅い、あるいは遅すぎる特定のシーンがかなりあることです。退屈ではありませんが、もう少し速くすることができるように感じます。でも、結局のところ、バットマンはとんでもなく素晴らしい映画であることに変わりはありません。 !!.

7/10
バットマンの物語をゆっくりと、陰鬱に、そして興味深く描いた作品バットマンは、重苦しい&陰鬱な雰囲気を醸し出し、ゆっくりと進んでいくので、思わず眠ってしまいそうになるくらいです。

しかし、そうすると、おそらく悪夢を見ることになるでしょう。この映画は、ブルース・ウェイン役のロバート・パティソンが完全に納得しているわけではないが、バットマンになれると思わせてくれた。ポール・ダノはリドラー役で不穏なほど頭が悪く、コリン・ファレルはペンギン役でまったく見分けがつかないほどだ。このバットマンの新しいテイクは好きだが、好きにはなれなかった。

7/10
新しいダークナイト

私はクリストファー・ノーランの「ダークナイト」3部作(10年前に完結)の大ファンであり、ロバート・パティンソンが主役を演じる新バージョンには少し懐疑的だったことを告白しよう(映画「ジャスティス・リーグ」の合間の描写は全く無視することにしている)。まず、一般的な説明と設定から始めよう。この映画は、暗くて陰鬱で、ギトギトした不気味な雰囲気を持っている。ゴッサムは腐敗と犯罪の巣窟であり、向こう側があるとしても、私たちはそれを垣間見ることはできない。億万長者のブルース・ウェイン(ロバート・パティンソン)は、バットマンとしてまだ2年目である。
ウェイン氏には相当な裏話があり、彼は信頼できる執事のアルフレッド・ペニーワース(アンディ・サーキス)と共に比較的ひっそりと暮らしており、バットマンは街をきれいにするために夜な夜な徘徊しています。もちろん、彼は良い警官、警察ジェームズ-ゴードン(ジェフリー-ライト)と緊密な同盟を構築していても、犯罪や汚職に追いつくことはできません。特に注目を集めた殺人事件の手がかりとして残された謎を解くには、バットマンのポアロ的探偵術が必要だった。
すぐにそれは連続殺人犯が働いていることは明らかであり、彼は意図的に彼のゲームにバットマンを描画している。パティンソンが最も注目されるのは間違いないだろう。汗で汚れた黒いアイメイクを施し、グランジ調を維持した彼は、素晴らしいバットマンであると感じた。
クリスチャン・ベイルの重々しいうなり声とは異なり、彼のささやくような声は、内向的な性格で、戦いよりも探偵業を好むというキャラクターをうまく表現しています。2年目という設定に忠実に、「素晴らしいおもちゃ」はかなり不足しており、バットモービルはロケット船ではなく、スープアップされたクーペになっています。これらと対照的なのが、かなり先進的と思われる(見た目もカッコいい)バットスーツだ。私にとってうまくいかなかったのは、パティンソンのブルース・ウェインです。引きこもりの億万長者という点は評価できるが、ほとんどニルヴァーナのライブに行く人のようで、不気味な金持ちとバットスーツを着たほぼ同じ不気味な男という点を、どうして誰も結びつけられないのか不思議でたまらない。些細な不満ではあるが、気になる点ではある。

10/10
うわああああああ

パティンソンのキャスティングを見たとき、正直言って眉をひそめた。この映画には驚かされました。エキサイティングで、テンポが速く、驚くほど骨太で、純粋に素晴らしいストーリーでした。スーパーヒーロー映画のファンでなくても、この映画を気に入ることでしょう。アンディ・サーキスは純粋に素晴らしかった。有名な俳優がたくさん登場し、全体的に素晴らしい演技でした。素晴らしい音楽、素晴らしい特殊効果、私はすでに再上映を予約しています。

10/10
私が欲しかったものすべて

それ以上この作品が発表されたときから、私はずっと「ザ・バットマン」を見たくてたまらなかったのですが、初めてこの作品が私のお気に入りのサイコスリラーである「セブン」からインスピレーションを受けているという話を聞いたときから、なおさらそう思っていました。

私がずっと夢見ていた、生々しく硬質なバットマン映画がついに実現するのか?確かにそうだ。
どこから始めればいいのか?この映画で最も印象的だったのは、バットマンがバットマンとして登場する時間がいかに長いかということだ。この映画にはブルース・ウェインがほとんど登場しませんが、私はそれでまったく構わないと思っています。この映画はバットマンの物語であり、私たちは最初から最後まで彼とともにいます。まだどう感じるかわからないが、彼からのナレーションもある。とても良いナレーションでしたが、私がナレーションを必要とするキャラクターかどうかはわかりません。
本作のリドラーは驚異的です。ダークナイト」のジョーカーに次いで、私の好きなバットマン映画の悪役です。彼は明らかにゾディアック殺人犯に触発されたもので、なんというインスピレーションに満ちた選択だろう。また、この映画でのなぞなぞの使い方は天才的としか言いようがない。非常に巧妙な謎解きとパズルで、バットマンに本格的な探偵業をさせるのですが、私はこれまでの映画でバットマンにもっとやってほしかったことです。

キャットウーマンについては、これまでで一番好きなキャラクターです。今までの映画では、キャットウーマンのキャラクターがあまり好きではありませんでした。キャットウーマンが登場すると、すべてがスローダウンし、バットマンの退屈な面が浮き彫りになってしまい、楽しめなかったからです。しかし、この映画では、彼女は完璧に使われています。彼女は恋敵であり、悪役であり、アンチヒーローでもあるのです。これは、バットマン映画でよくある、無意味な恋敵を使わずにすむので、とても重要なことです。

ペンギンは、おそらく私にとって期待はずれだったでしょう。予告編を見た限りでは、そうではないかと思ったのですが。この映画をペンギンのためのセットアップとして使い、2作目では進化してもっと多くのことをさせるつもりだったのでしょうか。しかし、この映画では、彼の存在がかなり退屈に感じられました。バットマン役のロバート・パティンソンには圧倒されました。見た目もよく、声も完璧でした。彼は非常に強烈で、とても威嚇的でした。彼がこの役を演じる能力が高いことは分かっていても、彼がその能力を備えていることを確認するために、最終的な作品を見る必要があったのだと思う。しかし、彼はそれを見事にやってのけ、さらにその上を行ってくれました。

この映画は、かなり独特な雰囲気を持っています。ティム・バートンのバットマンの世界にも、クリストファー・ノーランの世界にも、場違いな感じがするシーンやシークエンスがこの映画にはある。しかし、それぞれの作品のちょっとした側面が、明らかに「ザ・バットマン」の一部にインスピレーションを与えているのだ。基本的には、それぞれの作品の良いところを取り入れ、それを自分たちのスタイルにねじ込んでいる。その意味で、非常によくできている。この映画のバットモービルは最高です。他に言いようがありません。あの音と振動は、私のシネマチェアに骨身にしみるほど伝わってきました。この映画のペンギンとのチェイスシークエンスは、私が今まで見た中で最高のものの一つです。この映画は3時間弱と長いのですが、それを感じさせません。映画の中盤で少しの間、すべてがスローになる時間がある。しかし、それがこの映画の唯一の平坦な部分である。あとは猛烈なスピードで進んでいく。

9/10
刑事バットマンの頂点に立つ

名探偵バットマン、絶好調! 素晴らしいストーリー展開。DCに期待するのと同じくらいダークな世界観。この映画の陰鬱で硬質で暗いトーンは、まさに私が望んでいたものだ。映画が終わったと思ったら、まだ続きがある。美しい撮影技術。素晴らしい音楽。

スポンサーリンク

「つまらない」否定的な海外の反応と評価

3/10
現実的に考えて、10点満点の映画なんてないでしょう。
この映画はよく撮れているが、それは映画があまりにも暗いため、物が見えているときだけである。ヒース・レジャーのジョーカーは出てこない。ウェインの役柄は茶番で、あまりにも性格が悪く、まるでペッティングソンがトワイライトエドガーを11倍にしてしまったような感じです。ゴスロリと引きこもりが一緒になったようなものだ。また、バットモービルは冗談のようなものです。キャットウーマンはまた別の問題で、お粗末な演出で、明らかにキャラクターを理解していない。私はスクリーン上のキャットウーマンの大ファンではありませんが、彼らはすべて、あらゆる点(ルックス、演技、存在感)でゾーイより優れていました。
私は人種を入れ替えたキャラクターも好きではありませんが、ゾーイに対する嫌悪感は、彼女ではなく、企業のアイデンティティ政治を満足させるために人種を入れ替えるというアイデアに基づくものです。ハル・ベリーがキャットウーマンの映画でうまくやったことだが、全体的に出来が悪かった。最後に、この映画は、映像スタイルとテーマの両方において、ノーラン、バートン、スナイダーの合体のように感じられます。リーブスの映画という感じはしない。というのも、ストーリーと同じくらい重要なのが映像の表現であり、家に閉じこもるモジモジしたゴス系の子供をバットマンにするのは面白くないからだ。
バットマンだから見るという人もいるだろうが、これがWBからスナイダー/アフレックのテイストを払拭するためのお粗末な試みであることに気づいてほしい。

1/10
テレビシリーズの方がマシだ。

なんだこれ、未熟なバットマンがゴードン警部と一緒に探偵ごっこをするような話で終わってしまう。お粗末な脚本はバットマン以外に感情移入できるキャラがおらず適当に現れて適当に死んでいく、半端な悪意と半端な力でグダグダな子供の喧嘩のような結末。暗い暗い雰囲気は最高なのだが、これは続編でジョーカーが出ることが確定しているので続編に期待するしかない。バットマンビギンズも一作目は微妙だったが2作目に大きく成功したことだしな。でもこの作品をもう一度見るとは思えないが、2が出る直前に復習はしておこうぐらいのものだ。

1/10
長すぎる、つまらない、鬱陶しい、焦点が定まっていない
バットマン伝説のお粗末なやり直し。バットマン(ロバート・パティンソン)は、リドラー(ポール・ダノ)がゴッサムの政治に関わる男たちを殺し始めたので、調査することにする。コミッショナー・ゴードン(ジェフリー・ライト)は彼を助けようとする。さらにオズ(ペンギン)(コリン・ファレル)、セレナ・カイル(キャットウーマン)(ゾーイ・クラヴィッツ)とも関わりを持つことになる。
なんということだろう。長すぎる(ほぼ3時間)
暗く、焦点が定まっていない、ノンストップの説明。また、動きが非常に遅く、退屈で憂鬱にさせる。文字通り、2回も居眠りをしてしまった。また、あまりにも退屈だったので、外に出ようかと思った。また、この映画にはユーモアが全くなく、憂鬱な映画体験になっている。特殊効果や戦闘シーンは印象的だが、この映画を救うには十分ではない。
ほとんどの場合、演技は良いものです。パティンソン、ファレル、ライトは良いし、クラビッツは素晴らしいです。また、リドラー役のダノは実に恐ろしかった。しかし、この映画はあまりにも長く、筋書きが重すぎる。本当に悪い映画だ。

1/10
このバットマンはキックアスより弱くさえ見えた。

このバットマンは、キックアスより弱く見えるし、宣伝ばかりで、暴力が多すぎるし、バットマン悪のスタイルが全く見えない。トレバーと呼んでも、誰もリドラーとは気づかないだろう。バットマンは二番煎じで、ヒロインはセリーナ・カイルだけ。だから、私はそれが “バットマン “と呼ばれるのか分からない、それは “キャットウーマン 2 “にするべきだ。

スポンサーリンク

まとめ:映画『ザ・バットマン』海外の反応、感想評価みんなはどう感じた?

やはりダークナイトを意識してしまうのは仕方がないだろう。私でも面白いと感じたしファイトクラブ以来何度も見てしまった映画はあれぐらいだ。そんな最高傑作を意識しないで「ザ・バットマン」を視聴するのは難しい。で、結局比べると暴力的で30歳と若く、バットマン歴2年目の彼は暴力で解決するよりも探偵業を行なってリドラーのハイセンスな謎かけに翻弄されながらも徐々に解決していく内容は視聴していて面白かった。暴力シーンが楽しめたのは最初だけでもっととんでもなくぶん殴ってもっと陰々滅々としたバットマンにして欲しかったが最終的には成長してしまい、今後あんなに暴力的なバットマンになることはなさそうで残念・・・なのだが、最後にジョーカーがしれっと登場したのは鳥肌がたった。ホアキンでもなく、ヒースでもない第三の新しいジョーカーが登場するのだ。これだけでもう少し生きようと思った。

ただ3時間はケツが痛くなったし正直長い。デューンの方がまだ短いのかよって思った。

とりあえずさっさとザ・バットマンの全部ネタバレをしたい人はこちらの記事を

ネタバレ関連記事はこちら

まだ日本公開前の海外で先行公開された最新映画ネタバレを楽しみたいならこちらをクリック

時間がバターのように溶ける
日本未公開最新映画の
超ネタバレまとめ↓

あの映画は海外ではどんな評価をされているのか?気になる海外のリアルな映画の感想まとめはこちらをクリック

スポンサーリンク

1件のコメント

翼の生えたネズミは、飛べない鳥ではなくて、ハヤブサだったというオチってのがわかりづらい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!