映画『カラヴァッジオ』結末ネタバレ!Blu-rayで見るべき美しすぎる作品




「ローマで最も有名な画家の半生を”神聖な美しさ”で描いた傑作」観る人を虜にする映画『カラヴァッジオ』物語結末までネタバレと海外の感想評価を紹介。『聖マタイ』シリーズでバロックの神様と呼ばれるミケランジェロ・カラヴァッジオの情熱的で自由奔放に愛に生きる半生を、絵画のような美しい描写で描き心を奪われます。

スポンサーリンク




映画『カラヴァッジオ』結末ネタバレ!

amazon/映画『カラヴァッジオ』Blu-rayより

顔を腫らし衰弱したカラヴァッジオは間も無く鉛中毒で瀕死の状態だった。彼の隣にいるのは少年時代に家族から贈られた耳の聞こえない友人エルサレム。カラヴァッジオは死の間際において過去を思い出すのだった。

ミラノ近郊の村、カラヴァッジオは極貧生活の中でも懸命に生き、道端で絵を描いて食い繋ぐ日々を過ごしていたが、飢えで病に倒れたおかげで彼の絵の才能に惚れ込んだデル・モンテ枢機卿の目にとまることになる。

大人になったカラヴァッジオは、デル・モンテの資金援助を受けながら、屋根の下で思う存分に絵を描く。、路上生活者、酔っぱらい、娼婦、宗教がまで幅広く激しく情熱的に絵に取り組む姿、酔っぱらって男女両方のモデルと寝るなど、芸術界では、カラヴァッジオはバチカンとの関係から下品で権力主義者だと思われていた。

ある日、カラヴァッジョは、ギャンブルを行い気に入った肉体美を持つラヌッチョをひと目で気に入り、モデルとして、また恋人候補として迎え入れる。さらにラヌッチョの恋人のレナも気に入ったカラヴァッジオは彼女もモデルとしてアトリエに迎え入れるが、カラヴァッジオはラヌッチョとレナ両方を愛しどちらともキスをして奇妙な三角関係が始まる。

ある日、銀行家のジュスティアーニの依頼された絵を描き上げたカラヴァッジオは、豪華なパーティーに招待されモデルになったラヌッチオとレナと参加する。会場で法王の甥ボルゲーゼはレナに夢中になる。ある日、レナは妊娠したことを告げるが父親は誰かを言おうとはせず、レナはこのまま大富豪でボルゲーゼの愛人になることを宣言し屋敷を出ていく。しかし後日彼女は溺死体となって発見されるのだった。カラヴァッジオとエルサレムがレナの遺体を洗い清め、ラヌッチョは涙を流す。

突如、ラヌッチョはレナ殺害の容疑で逮捕されてしまうもちろん無実を主張するが裏で法皇とボルゲーゼの権力が働いていることは明白だった。カラヴァッジオは死後のレナの絵画を仕上げた後、ラヌッチョを釈放するためローマ法王のもとへ行き無罪だと直訴しラヌッチョは解放される。

しかし釈放されたラヌッチョはレナを殺したのは俺だと告白する。カラヴァッジオはラヌッチョの喉を切って殺す。

死の淵にいるカラヴァッジオは、少年時代の自分が司祭から差し出された最後の儀式を拒否しようとする姿が映し出され物語は終了する。

スポンサーリンク

海外の感想評価

amazon/映画『カラヴァッジオ』Blu-rayより

10/10
ショーン・ビーンが魅せる極上の芸術映画
カラヴァッジョの生涯を描いたこの美しい芸術映画は、製作に7年近くを費やしただけのことはある。デレク・ジャーマンは、このセクシャリティ、犯罪、芸術に関する瞑想の中で、ナイジェル・テリーとショーン・ビーンを恋人として起用する素晴らしいセンスを持ち合わせていました。この映画は、カラヴァッジョのフィクションであり、カラヴァッジョの作品を使いながら、この画家の物語を追及している。俳優や女優の美しさもさることながら、このごく初期の作品で、カラヴァッジオの恋敵であるラヌーチョを演じたショーン・ビーンには驚かされた。彼の動物的な魅力、性的なエネルギー、野性的な人格が映画を支配し、物語を前進させるのである。同性愛をテーマにした大人の映画で、万人向けではないかもしれないが、大人でセンスがあり、芸術映画が好きな人なら10点満点だろう。

amazon/映画『カラヴァッジオ』Blu-rayより

5/10
映画であってはならない
いい映画なのか?スクーピーはその問いに答えることができない。実はその質問には答えられないのだ。カラヴァッジョは頑固なまでに平板な構造をしているのだから、そもそも映画であってはならない。そしてもうひとつ、カラヴァッジオに、つまりジャーマンの場合に、良い映画を作ろうという意志があると言えるのか、という疑問も出てくる。
ジャーマンの映画には芸術的な傾向があるのだが、それを差し置いても、いつの時代も同じように見え、話し、感じ、匂うという事実を忘れることはできない。このように、アーティストの企図を明確にすることが重要であることは明らかである。美学が第一です。

amazon/映画『カラヴァッジオ』Blu-rayより

8/10
詩的で心に残る映画
デレク・ジャーマンは、『カラヴァッジョ』の中で、美しくユニークな作品を作り上げました。おそらく、私が本物のミケランジェロ・カラヴァッジオの作品に大きな愛着を持っているという事実が、私の判断にほんの少し影響を及ぼしているのだろう。
実際、ジャーマンズの詩的な映画の多くは、みずみずしい、生きた絵画のような表情をしている。ナイジェル・テリーを筆頭に、ラヌッチオ役のショーン・ビーン、レナ役のティルダ・スウィントンなど、才能豊かで美しいキャストが、情熱的で苦悩する2人の男性に愛される女性を演じている。
演技はどれも素晴らしいのですが、ミケランジェロ役のナイジェル・テリーが本当に際立っています。彼の演技は素晴らしく、世間があまり知らない人物に命を吹き込んでいる。また、デクスター・フレッチャーが演じた若き日のカラヴァッジョは、とても面白く、好感が持てました。
この作品は、画家の歴史的、伝記的記述というよりも、古典的な三角関係の研究である。カラヴァッジオのモデルはほとんどが市井の人々で、その多くが犯罪者でもあり、彼はしばしば被写体と個人的に関わりを持っていたようだ。彼の「レナ」への愛は、「ラヌッチョ」への愛と同じくらい、いやそれ以上に強かったようです。
そして、この分裂した愛は、関係者全員にとって、悲劇的な結末を迎えるのです。この種の映画にありがちな、主題が執拗にクローズアップされないので、『カラヴァッジオ』が過度にゲイ映画だとは感じなかった。レナとミケランジェロの恋愛は、彼とラヌッチョの関係と同じくらいに注目されていました。そのため、この題材に少し違和感を覚える人も、実際にはかなり親しみやすいので、その必要はない。特にカラヴァッジオという画家を敬愛する人にはお薦めだ。前述したように、絵画を忠実に再現したシーンがある。その生き生きとした姿は、まさに圧巻です。ドイツからリージョン2のDVDが発売されていますが、このDVDは、私が今まで見たどの映画よりも美しいトランスファーを採用しています。ハイビジョンに近いクオリティなので、こちらもおすすめです。

amazon/映画『カラヴァッジオ』Blu-rayより

4/10
見た目は美しいが、3次元的なものが足りない
カラヴァッジョは、娼婦や泥棒やハスラーに囲まれて生活し、それらをキャンバスに描いた、健全な権利意識を持つ闊達な喧嘩屋であることが分かっている。彼の作品のテーマは、セックス、死、贖罪、そして何よりも、俗悪なものの中に神聖なものを見出すことである。彼は、同性愛が死刑判決をもたらす時代に生き、政治的陰謀は通常、「少年の純粋な叫びのために少年を絞め殺す」という格言によって定義された社会で死者を伴うものであった。
デレク・ジャーマンの撮影技術やカラヴァッジョの絵画の再現を非難することはできないし、彼が同性愛から遠ざかっていることを非難することもできないだろう。しかし、率直に言って、ジャーマンは80年代の戯画の域を出ることはない。イタリアのパトロンが、80年代のロンドンのアートシーンになり、可愛いウェイターや電卓が登場する。ショーン・ビーンは、バイクに油を差す北部の荒くれ者をセクシーに演じている。ティルダ・スウィントンは『ミルズ・ブーン』誌にふさわしい変身ぶりを見せる(「レナさん、そのジプシーのスカーフがなければ、あなたは美しいですよ」)。ジャーマンはカラヴァッジョに、彼を追放することになった殺人の動機として、特にくだらないものを与えている。
これは、危険で刺激的、暴力的で退廃的な人生でありながら、普通の人々の生活をルネサンスの傑作の地位に引き上げ、皇帝や王に見初められた人物を視覚的に見事に扱った作品になり得たはずだ。その代わり、ピエール・エ・ジルがイタリアを舞台に活躍する。若い男の子の可愛い体は完璧に映し出されるが、そこに住む男の姿は決して映し出されない。ジャーマンは、ロンドンのアートシーンを風刺し、浅はかで気取ったものであることを示しているように見える。カラヴァッジョとルネサンス期のイタリアを使うのは、豚の耳を作るために絹の財布を使うようなものだ。この映画は視覚的には素晴らしいが、結局のところ、描かれている絵画と同じように二次元的である。

amazon/映画『カラヴァッジオ』Blu-rayより

3/10
理解しがたい
この映画は全くもって理解不能でした。カラヴァッジョに関するいくつかの事実は知っていましたが、ここではそれがねじ曲げられ、不可解なものとなっていました。映像は奇妙に面白かったが、私はカラヴァッジョの人生と作品についての伝記や批評をもっと知りたかったのであって、LSDタイプのドラッグトリップは求めていなかった。台詞は非常にわかりにくく、列車、電卓、タイプライター、タバコの使用によって時間が前後するのは非常に気が散るものだった。もし、この映画が「芸術的な映画」というラベルがついていたら、私はDVDを購入しなかっただろう。今、私は二度と見ることのないDVDを持っているが、誰がそれを買うだろうか?私は、翻訳や説明が必要な映画ではなく、メインストリームの映画を好みます。私にとっては、この作品に親指を立てることです。

スポンサーリンク

まとめと感想

よくわからない。情熱的な画家の話。音楽も美しいが何より美術的センスに特化したシーンが美しすぎてBlu-ray版で見てマジで正解だった。

カラヴァッジオは実在した芸術家だが、この映画に関して言えばフィクションということらしい。彼の背景は何も知らないが、彼の生きていた時代にはないはずの車とかバイクが出てくるので一体いつの時代の人なのか?という疑問がファンの間で話題になっているようだ。

しかしこの映画を見た私にとてはそんなことはとても瑣末なことだと思う。というのもこの映画は”美しさ”と”芸術性”に秀でているから。下の画像は全てカラヴァッジオの劇中のシーンである。彼はどんな絵画を描いてきたのかは知らないが、ふとしたシーンがまるで一枚の絵画のように美しいことに気がついたらもう虜になっている。

見ていると絵画を切り取ったような美しいシーン。そして別の美しい絵画のようなシーンと、目を引く美しい場面が目白押しでその迫力と神聖さに心がときめいてしまった。

調べてみたらカルヴァッジオの絵画はめちゃくちゃ美しいことで有名だったようだ。そりゃ監督が全ての神経をこの瞬間に注ぐよなと。カルヴァッジオの作品ギャラリーの一部↓

カラヴァッジオの絵画ギャラリーはこちら

カラヴァッジオはなぜローマで最も有名な芸術家だったのか?が詳細に記されているウィキペディアはこちら←

ブルーレイ版を買うべき。

大事だからもう一回、いや何度でもいう。

この映画に興味を持ったのなら絶対にBlu-rayを買うべきだ。

映画館で見ても良いが、どうせならBlu-ray版を大画面で見るといい。この美しさは液晶テレビでこそ映える気がする。

映画『カラヴァッジオ』ブルーレイの購入はこちら↓

created by Rinker
¥5,480 (2024/04/13 22:50:01時点 Amazon調べ-詳細)

関連



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!