世界で酷評された映画『ストレンジワールド』海外の反応評価まとめ「配信を待とう」

「LGBTの蛇足追加、見る価値は低い、Disney+配信を待つべきだ」世界で酷評されている映画『ストレンジワールド』はつまらないのか?海外の感想評価をまとめて紹介

スポンサー リンク




映画『ストレンジワールド』海外の反応評価まとめ

https://www.imdb.com

個人的な感想になるが

タイトルは「ポリコレ、LGBT、薄味の物語、CG凄い」

地球の裏側に何があるのか?子供の頃に妄想した内容をディズニーが最先端技術で実現してくれた感じ。父親との訣別を乗り越えて成長した主人公がなぜか冒険に行き徐々に大好きだった冒険を楽しみ成長していく姿、想像を超える世界、感動的な内容、子供と一緒に映画館で見るのには最適。

なんだけど、キャラクターデザインと脚本に魅力がないんよ。

「2分の1の魔法」?だっけ?なんか変な異種族間の魔法が失われた世界のアニメのキャラクターたちのようにポリコレを意識しまくって美男美女を誰一人登場せず、小太りで中肉中背か痩せっぽちメガネみたいな極端なギーグみたいなのを主人公にした結果大爆死しているのになぜ?今回も誰一人魅力的と感じない猫背の主人公に?

ラプンツェルとか超可愛いのに、散々差別的な表現を前に出してきたディズニーが今更世論になびくのはどうでもいいけど、見ているこっちは何か物足りなさを感じてしまう。LGBTとかそんな要素を入れる必要はなんである?「LGBTなんてないのが普通」じゃなくて「あってもなくてもどっちでも良い」という考えの人の方が多いのなら原作にはない要素を入れて周囲の目を気にして作り上げた作品にどんな魅力を感じるというのだろうか。「おえっ!」である。ということで全体的に面白いし感動したんだけど全体的に漂うポリコレ臭がきつくてなんとも半端な気分で映画館を出てしまう羽目になるので閲覧は注意。というかDisney+待った方が良いよ。

IMDb 5.8/10 :「脚本が薄い、魅力のないキャラ、平凡」

https://www.imdb.com

6/10
ストレンジワールド

最後の15分ほどで、この映画はある程度救われるが、それ以外は、「世界の頂上の島」(1974年)に「地球の中心への旅」(1959年)と「ロストワールド」(1960年)を少し足したような、不思議なほどバラバラな物語である。
伝説の探検家 “イェーガー・クレード “が、自分たちの住む地域の山々の頂上を越える道を見つけようと決意するところから始まる。多くの父親がそうであるように、彼は気乗りしない息子を引き連れ、事態が収束すると、彼は若い男「サーチャー」に新しく発見した放射能を含んだ芽キャベツを残して、一人で進んでいく。
25年後、彼は成長し、この有用な野菜を栽培する農場を成功させた。そして、自分の銅像まで建ててしまった。しかし突然、芽キャベツが枯れ始めた。そこで彼と彼の幼い息子イーサンは、芽キャベツが枯れる前に根の中心部へ行き、芽キャベツを救うという危険なミッションに挑む。
このような逃避行は美しく創造的なアニメーションで描かれ、途中には楽しさもあるが、これを持続させるには、単に情緒や家族間の不和、安っぽいセリフが多すぎるし、しばらくすると本当にイライラする犬も出てくる。キャラクター設定も煮え切らないし、東洋の神話を少しなぞっただけで物語が完結するため、想像できるほぼすべての項目に目を通してしまう。確かに見ごたえはあるが、この作品のために映画館のチケットを購入する必要はない。安心して子供を預けられるDisney+なら、そのうち大丈夫でしょう。

5/10
えー

この映画は素晴らしくもなく悪くもなく、ただ見るだけのものです。すでに見たことのある映画だけど、ヲタク的な意図があるように感じる。本当に足りなかったと思うのは、ユーモア。ジョークの試みはいくつかあったが、あまりうまくはいっていなかった。私は映画中、携帯電話をチェックしていましたし、娘も興味がなさそうでした。
息子は気に入っていたし、アクションもあるのですが、この映画には何かが欠けているように思います。私はこの映画にもっと期待していたので、期待に応えられなかっただけかもしれません。ディズニー映画であることは分かっているが、全体的なプロットが結びついていない。でも、なぜ、動物で生活しているのか、その理由がよくわからない。

7/10
インディ・ジョーンズとスチームパンクファミリーアドベンチャーの出会い!

この映画は、家族、運命の成就、青春というディズニーのコアバリューを描いたハートフルな物語です。
ワクワクするようなクリーチャー、カラフルなバイオーム、そしてスクリーン上で爆発する創造性など、映像も素晴らしいです。この映画は、ダイバーシティ&インクルージョンの価値観を強く打ち出しています。
インディ・ジョーンズからインスピレーションを受けながら、SFやスチームパンクのテイストもミックスされています。個人的に好きなキャラクターは、3本足の犬、レジェンドと、活発で愛らしい生き物、スプラットです。
子供や家族で見るには絶対に良い映画だと思うし、明らかなレビュー爆撃を真に受けないようにしたいですね。(7/10)

https://www.imdb.com

6/10
子供向けアバター

久しぶりにアニメを観たので、ちょっと興奮しました。この映画は、典型的なディズニーの価値観を持った子供向けの映画で、多様性のためにいくつかのキャラクターが追加されているような感じです。でも、この映画を酷評する人はいると思うし、子供向け映画を深刻に捉えすぎている人は、私もそうだったけれど、この映画に対する唯一の適切なレビューは、「ねえ、楽しい子供向け映画だよ、子供が楽しむものであって、あなたが好きじゃなくても関係ない、さよなら」。
大人も子供も楽しめるような映画ではありません。子供の頃に見たアニメのような印象が強いので、もし今でも楽しんでいるなら、汚いジョークが隠されたものではなく、きれいなものをどうぞ。ソーセージパーティーやビッグマウスのような図太い大人向けアニメではなく、スポンジボブやマダガスカルのカバの泥水シーンには今でも驚かされるし、ジミー・ニュートロンもそうだ。どうして子供向けネットワークで放映されることになったのか不思議なくらい、バラバラな番組だ。
ストーリーはよくできていて、他のSFアドベンチャー映画でもよかったかもしれません。世界観が素晴らしく、魅力的な生き物や植物が登場し、ネオンではなく、視覚的に美しく、アニメなので、想像力を膨らませながら見ることができました。しかし、一番面白いシーンはすでに予告編にあったのですが、それでもかなり面白いです。見知らぬ世界に畏敬の念を抱いたが、見た目がきれいなだけでは物足りない。予告編で見た世界観のために見たかったというのが本音です。メッセージは、ディズニーの特徴である、健全さを保ち、愛を広めようとするもので、結局は一般的なものです。
この映画では、宇宙やそこにあるもの、現実そのものがアザトースの想像や夢であり、彼が目を覚ませば、私たちはすべて消滅してしまうというものです。彼はとても強いので、文字通り宇宙を存在させるために考えているだけなのです。でも、神話は面白いし、身につけた無駄な知識をひけらかす口実が欲しかったんだ。
とにかく、かなり楽しい映画で、家族全員で楽しめるし、コンセプトも素晴らしい。私は途中で興味を失いましたが、映画館にいた子供たちは楽しんでいたようで、そういう人たちのための映画なのでしょう。この映画は、8歳の子供が観ない限り、私のレビューも含めて無視した方がいいと思います。

1/10
ダルい

この作品は、「アバター」の海賊版、いや、子供向け「アバター」のような感じです。
登場人物も平坦でした。でも、この映画では、「アバター」よりも、ポップコーンの方が面白かったです。スプラッターも「フロップ」と呼ぶべきだった。
子供向けの映画なのに、子供たちが笑ったジョークや何かを思い出すことさえできない。
アクションは好きみたいだけど…。ということで、星1つです。

https://www.imdb.com

6/10
ディズニーのクリエイティブなファミリーエンターテイナーの試みは、旧来のデータにもかかわらず、爽快感と視覚的な素晴らしさがあります。

ドン・ホールがディズニーの新しいファミリードラマ『ストレンジ・ワールド』を、ハイコンセプトの長編アニメーションで地球の中心への旅に連れ出す。ストレンジ・ワールド』は、長年聞かされてきた古典的な物語とどこか似ているが、後半は本当に違った形で世界を表現しており、そこが気に入るだろう。しかし、前半のその苦戦には閉口させられる。水面下の未知の世界という独創的なアイデアに、3世代に渡る家族ドラマや人間関係の問題がうまくミックスされている。
LGBTの追加は、アニメーションのフリックが通常作られる未成年の観客に関する限り、必要なかったのだ。
この作品は、アニメーションの脚本がよくできていて、知的すぎて典型的なディズニー映画に何を期待していいのかわからないという人でなければ、どの年齢層でも楽しめる内容になっている。確かに今回はディズニーの独壇場で、ピクサーの黄金のタッチは欠けているが、劇場に向かう前にそれを知っておいた方がいいので、その点では文句はないだろう。
脚本は、これ以上欠点が見当たらない、あるべき姿のように素早い。十分なひねり、コメディ、アクション、そして充実したドラマで、ハラハラドキドキさせられっぱなし。ただ、LGBTという迷惑な要素を避けてくれれば…子供も親も楽しめるクリーンな映画になっていただろう。とにかく、ストーリーのモラルがバイブスで盛り上げてくれる。家にいるような気分になる!?ここではそれが全てだ。

スポンサーリンク

Rottentomatoes 58%

https://www.rottentomatoes.com

このゲーム、グラフィックやコンセプトは良いのですが、ストーリーに穴があり、魅力に欠けます

退屈で、動きが鈍く、つまらない。筋書きはざっと見ただけでも納得できないし、なぜアニメーションはこんなに平凡なんだ?どうなっているんだ?ディズニーは妖精の粉が足りなくなったのか?

この映画には活力と緊迫感がない。脚本は扱いにくく、ほとんどの台詞は感嘆符で書かれているように感じられる。

https://www.imdb.com

ストレンジワールドは、奇妙でエキサイティングである代わりに、退屈でほとんどイライラさせるものに終わっている。本当に残念な作品です。

ディズニーはついにゲイも出してきたか。

プロットとキャラクターがアニメーションと同じであれば、すべてがうまくいくだろう。しかし、そうではなかった。その結果、この作品はディズニー・アニメーションの中では、上より下寄りの中級作品ということになってしまった。

この映画は、私にとってはまあまあだが、子供たちは気に入っている。

子供には良い映画。子供と一緒の大人も楽しめる。

ディズニーアニメーションの新たなヒット作!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!?この映画は、ディズニー・アニメーションの新たなヒット作です!効果は素晴らしく、素晴らしいストーリーです。

この映画はもっと良くなるのをずっと待っていた。いや。これは私の中ではディズニー映画ではありませんでした。ダサい。

https://www.imdb.com

ディズニーはエンカントを超えることができないことを知っていたので、この映画を良い映画ではなく、良いPRに費やしたのかもしれない。アニメーションは素晴らしく、コンセプトも面白かったが、プロットと説明が超ありふれたものだった。全体として、私はがっかりしています。しかし、おそらく私は期待しすぎていたのだろう。

ディズニーの美徳の伝達モード全開。17歳の娘は、私が説明してもメッセージを理解できず、「ああ、これじゃダメだ」と言った。昔のディズニーが好きだ。

この映画は、私が慣れ親しんでいるディズニーのレベルには達していないように感じました。子供もとても退屈していました。

このような、”痒いところに手が届く “ようなサービスは、なかなかありません。

このアニメは、Disney映画と思わなければ楽しめるだろう。これはDisneyじゃない。

この映画、本当に面白い。ディズニーの基準で言えばB級映画。

この映画は、素晴らしい映画です。この映画は、とても面白いです。この映画には、素晴らしいメッセージとエンターテイメント性があります。この映画を観た後、「あぁ、この子もこんな風になるんだなぁ」と実感しました。

ディズニーの新しい手口、子供を教化する…子供と一緒にこれを見るためにお金を払ったのに、とても残念です。

https://www.imdb.com

3Dが素晴らしく、アクション満載でした 3Dが素晴らしく、アクションも満載!生き物の上で生活するというプロットは驚きであり、また教育的でもある。男の子が他の男の子と一緒にいるのが、子供向けなのかどうかわからない。

ダサい。予想通りの展開で、なぜかアニメの演技も下手。笑えない。

この映画、脚本はありふれたもの、親に振り回される家族、魅力のない家族の描写、愛?どこに?迷惑なだけだろ。本当にひどい。

この映画自体は良かったのですが、ホモセクシャルの部分を追加しただけで私にとっては台無しになりました。

この映画では、子供に優しいトピックはありません。この映画では、子供向けの話題にはなりません。という感じです。って感じ。

この作品は、子供にはとても不適切です。この映画は、子供向けではありません。それともウォルト・ディズニー?

我が家では家族みんなが俯いて映画館を出たよ。これ面白いという人を見てみたい。

地球と調和して生きる。素晴らしい、そして大いに必要とされるメッセージ
豪華なアニメーション、健全な家族の瞬間、そして純粋に好感の持てるキャラクター。

親にしたら、ただただひどい体験。子供には向かない。このような、個人的な信念を子供の心の発達に押し付けようとする未熟な高校生や大学生の子供には最適です。

スポンサーリンク

まとめ

ストレンジワールドを見ようか、大人しく家でネットフリックスのウェンズデーを見るべきか?と思いたくなるかもしれませんが、実際配信を待っていれば今年中に見れそうな気がするぐらい売れていないようなのでご安心を。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!