映画『犯罪都市 THE ROUNDUP』海外の反応評価「素晴らしい以外の言葉が出ない」

「脅威の満足度100%!」世界中の批評家が認めたアクション映画映画『犯罪都市 THE ROUNDUP』海外の反応評価レビューを紹介!世界がついにマ・ドンソクの魅力に追いついた傑作アクションはなぜ世界に認められたのか?海外のレビューから見ていきます。

『犯罪都市 THE ROUNDUP』エンディングまでネタバレを読む⇦

スポンサー リンク




海外の反応評価まとめ

前作を未視聴な人のためにも分かりやすい内容になっているので気にせず試聴をお勧めします。ただし間違いなくこの作品を見た後は前作を見たくなるので注意が必要です。そして主演のマ・ドンソク作品を次々と視聴していくことになるぐらい面白いのでお勧め。休日の初日に見たら以降の休日全て韓国映画三昧になるのでご注意ください。

IMDb 7.1/10

8/10
前作に劣らない続編。
2017年に思わぬヒット作となった『犯罪都市 outlaws』。2007年にソウルで起きた、敵対する2つの暴力団の間で起きた「フクサパ事件」という実話を元にした、コメディとアクションの両方のバランスが良いアクションコメディだった。
COVID-19の大流行で当初の製作スケジュールが遅れ、ようやく続編の『犯罪都市 The Roundup』が完成したが、韓国語のタイトルは『The Outlaws 2』で、混乱を避けるために英語タイトルもそうすべきだったのだろう。
元ボクサーから俳優に転身したドン・リーことマ・ドンソクのファンなら、間違いなくこの映画を気に入るだろう。彼の映画、特にアクション映画に慣れている人なら、特に新しい発見はないだろうが、彼はとても好感の持てる俳優の一人なので、毎年このような映画を作り出しても、あなたを楽しませることができるだろう。

10/10
映画『犯罪都市 THE ROUNDUP』はファンのため、そしてパンデミックに苦しんでいる人々のストレス解消のために作ったと本人が言っていることからも、そのことがうかがえます。

今作犯罪都市2は、主人公と悪役のキャラクターが絶妙なバランスで描かれており、実話を基にした作品であることから、続編よりも上映時間が長くなっているのも納得です。ユン・ゲサン演じるチャン・チェンは、最後に自業自得の素晴らしい悪役でした。
犯罪統計(毎年、韓国人観光客が外国で行方不明になる)を基にした『ラウンドアップ』では、今回の悪役はそれほど面白くなく、お金のために観光客を誘拐しているという事実以外、彼らについて多くを知ることはできない。カン・ヘサンという悪役は、見違えるようになったソン・ソクククと、アクションのジャンルに初めて進出した彼が演じているが、チャン・チェンと同じように面白くはないにしても、悪質であることは確かだ。
アクションの面では、期待に違わず、きれいだが残酷な戦闘シーンや、原作と同じようなスリリングな追跡劇を見ることができる。
コメディも原作と同じで、ある意味では原作よりも優れており、確実に笑わせてくれる映画です。
前作『犯罪都市アウトロー』が好きな人なら、この映画もきっと気に入るはず。また、第3弾の製作が決定しているとのことなので、続編をそれほど待たずに観られるといいのですが。

8/10
野獣刑事
この映画は、エキサイティングな戦闘シーンだけでなく、良いコメディの瞬間もたくさんありました。私はドン・リーの大ファンですが、彼が主演した「アンストッパブル」も良いアクション映画だと思いましたし、彼は映画ごとに良くなり続けています。今後、また警官のマが見られることを期待します。犯罪者は要注意です。親指を立てて、今年の優れたアクション映画の1つです。

IMDb

7/10
後天的な味覚、ニッチな映画

映画『犯罪都市 THE ROUNDUP』海外の反応評価「」良い点?スターが脚本家でもあるプロフェッショナルな作品には、そうそうお目にかかれるものではない。しかし、マ・ドンソクは自分自身のために興味深いキャラクター(野獣刑事)を作り出すことに成功し、公平に見て、そのキャラクターがこの作品の唯一の魅力的な部分となっている。それ以外は、ありふれた警察ドラマである。アクションは定型的で、必要であろうとなかろうと数分おきに登場する。ストーリーが主人公と同じくらい面白ければいいのだが。また、マ・ドンソクが目玉商品として女性キャラクターを追加したことを非難することはできない。女性の主人公はいない。いない。文字通り。

10/10
面白いし、楽しいし、最高の映画です。韓国映画は別次元です。

映画『犯罪都市 THE ROUNDUP』で、私は映画ファンですが、ハリウッドから良いアクション映画を楽しんだのは非常に長い時間です(ジョン・ウィックは別として)。
私は今、韓国を愛する大ファンです。私は「犯罪都市シリーズ」が本当に大好きです。続編があると聞いて、この映画を上映する映画館をイギリス中で探しましたが、悲しいことに待ちきれずにいました。今日やっと見ましたが、最初の映画と同じように良かったです。また続編があることを願っています。面白いし、手に汗握るし、荒っぽいし、暴力的だし、面白いし、撮影は素晴らしいし、主演のマ・ドンソクは素晴らしいし。パート1の悪役の演技は素晴らしかったし、今回の悪役もそうだった。
ハリウッドがこの作品から学ぶことを期待しています。

IMDb

10/10
ハリウッドのアクション超大作映画はすべて見尽くしたと思っていたところに、この逸品がやってきた。

すごい。さらに驚くべきは、この作品が韓国の新人監督イ・サンヨンにとって、監督としては2作目、脚本家としては初めて、主演のアクション俳優ドン・リーと共同執筆した作品であることだ。ハリウッドよ、注目せよ。
この映画全体は、文句のつけようがないほど完璧で、変えようと思うところもない。まるで、ベテランのアクション映画監督が演出したかのようでした。どのシーンも、特にアクションパートは隙がなかった。アクションの振り付けも抜群でした。フロントガラス越しの顔面パンチ、お見事です。今まで見たことのないような、あっと驚くようなアクションシーンがたくさんありました。つまり、この映画には創造力がふんだんに注ぎ込まれていたのです。撮影はもちろんのこと、音楽も完璧でした。そして、脚本も完璧で、コメディ、ゴア、スリル、サスペンスのバランスが絶妙で、爽やかでスマートなストーリーが展開された。テンポも完璧で、106分の上映時間があっという間でした。キャスティングも素晴らしく、カン役のソン・スックは頭の悪い悪役を完璧に演じ、ドン・リーは骨が砕ける音がするほどのハルク・スマッシュを見事に決めてくれました。アクションシーンはすべて完璧な振り付けで、そこにウィットに富んだユーモアが加わることで、最高の仕上がりになっています。そして、どのシーンでも彼のカリスマ性が発揮されていた。
この映画は、私が久々に見た国際的な犯罪アクション映画で、しかもそれが新人の映画監督によってまとめられたということで、さらに素晴らしい。ただ、字幕を読み続けて良いところを見逃さないように、誰かが英語で吹き替えてくれればと思います。早くそうなってほしい。サンヨンとドン・リーが次にどんな作品を作ってくるか楽しみです。

8/10
この映画、本当にパンチの効いた素晴らしい刑事アクションスリラーです。

この映画は、大きなお尻を蹴った!!! この映画では、素晴らしい演技、ウィットに富んだ脚本、正確に振り付けられたアクションシーンが、この韓国の刑事アクション映画で、本当にそれをもたらした。この映画は続編らしいが、正直言って、そんなことは分からないだろう。この映画は、自分自身をよく表している。80年代、90年代のスティーブン・シーグル映画を彷彿とさせるような、素晴らしい戦闘シーンがたくさんありながら、ストーリーもあり、最後まで飽きさせない作品でした。韓国映画、あるいはアクション映画全般のファンにはぜひおすすめしたい一本です。5点満点中、4点のハードパンチ。

7/10
前作よりはるかに良い

このような、「痒いところに手が届く」ような製品でより良い戦闘、主要キャストが呼吸するための比較的大きなスペース、そして最後に重要なのは、あなたを恐怖に陥れる、安心できない、不屈の敵役の有能な描写を手に入れたことです。
しかし、心配は無用だ。ドン・リー(マ・ドンソク)が、その圧倒的な魅力と天を衝く拳で(またしても)その場を救ってくれるのだ。という感じです。

IMDb

8/10
この夏、アクションをお探しの方、必見です。

映画『犯罪都市 THE ROUNDUP』は、とても面白いです。この映画は、「アウトロー」と比べても、アクションがうまく組み合わさっている。
この映画は、前作「アウトロー」と比べて、アクションとユーモアのミックスがさらに良くなっている。前作を上回るのは、よくできた格闘シーンの量だけでなく、それをより大きく、本格的なセットに発展させた点である。例えば、カーチェイスのシーンでは、路上での乱闘に発展し、その後、再び道路に戻るという見事な演出がなされている。演技、プロット、プロダクションなど、あらゆる面でこの映画はしっかりしているが、私をスクリーンに釘付けにしたのはアクションであり、しかもそれが見事に実現されているのだ。
ひとつだけ難点を挙げるとすれば、すべての展開に必然性が感じられることです。つまり、ストーリー的に意外性や独創性がないのだ。しかし、熱心な視聴者なら、多くの映画で受け入れ、飲み込むことを学ぶものだ。ましてや、アドレナリンを急上昇させることを主目的とするアクションスリラーに関しては、なおさらである。そして、本当によくできたジョークに笑うこと。
つまり、この作品はドン・リーのペルソナのための痛快な乗り物であると同時に、正しいコメディ・アクションのスリリングなショーケースでもあるのだ。つまり、すぐにでも観るべきだということだ。

スポンサーリンク

RottenTomatoes 満足度”100%”

https://www.rottentomatoes.com

楽しくてよくできた映画。

『刑事バディ」のバイブルから逸脱することなく、映画『犯罪都市 THE ROUNDUP』は、綿密に振り付けられたアクションシーンによって高められた優れた脚本を提供する…そして、クリント・イーストウッドよりもバッド・スペンサーに近い主人公によってね。

映画『犯罪都市 THE ROUNDUP』は、そのハードなRバイオレンスと、ジャッキー・チェンの “ポリス・ストーリー “に出てきてもおかしくないようなかなりおちゃらけたコメディとのバランスをどうにか取っている。

一流のアクション映画だ。

IMDb

映画『犯罪都市 THE ROUNDUP』の成功の鍵は、リー(マ・ドンソク)の魅惑的な演技にある。

パンチの効いたアクションシーン、和やかなユーモア、確かなトーンの変化、そして伝染する楽しさのおかげで、『ラウンドアップ』は『アウトロー』の後継作としてふさわしい作品となっている。野獣刑事の続編をぜひ。

ユーモアはウィットに富み、ドラマは重みがあり、アクションは観客から「ウンウン」と「オーノー」の声が聞こえる。そして、素晴らしいリーが率いるこの映画全体は、とても楽しい時間だ。

映画『犯罪都市 THE ROUNDUP』は、最近少なすぎるアクション・コメディーを満足させるものである。

映画『犯罪都市 THE ROUNDUP』は、新境地を開拓することはできないかもしれないが、エンターテイメントとして十分な骨折りをする、とてつもなく自信に満ちたアクション映画である。

タイトルロールを演じたマ・ドンソクによって盛り上げられた、獰猛で非常に面白いアクション映画だ。
警察の残虐行為って、いくら魅力と作品性が込められていても、そんなに面白いものではないと思うんだけど。

映画『犯罪都市 THE ROUNDUP』は、犯罪者は悪、警官は善、たとえ警官は時々軽い拷問をしなければならないとしても、という極めて基本的な刑事映画である。しかし、マ・ドンソクは彼らを魅力的な存在にしている。

IMDb

『犯罪都市アウトロー』の続編で、手に汗握るバイオレンスなポリス・アクション映画『犯罪都市 THE ROUNDUP』は最高だ。ドン・リーは韓国の偉大なスターの一人であり、彼が出演する映画はどれも一流である。本作も例外ではない。本作では、韓国人富裕層観光客を誘拐して殺害した犯人を追うため、マー刑事に扮したドン・リーが登場する。ダーティハリースタイルの正義の味方になるのは素晴らしいことだ。リーをはじめ、脇役の警察官たちも素晴らしく、欠点はあるものの、見ていて楽しい。悪役たちは獰猛で暴力的で、死と武器の術に長けている。この暴力的でドラマチックなアクション映画の中で、彼らはコメディのタイミングを適切に使っている。演出と撮影は、現在のハリウッドのどの作品よりも優れている。「犯罪都市シリーズ」第3弾が待ち遠しい。

マ・ドンソク演技すごい
映画『犯罪都市 THE ROUNDUP』は前作ほどではないけど、それでも楽しいし、見る価値はあると思う。マ・ドンソクの刑事は素晴らしいキャラクターで、マはこの役にぴったりだ。悪役のソン・ソクチュが印象的です。

韓国映画もだんだん良くなってきていると思う。

ハリウッドのアクション大作映画は全て見たと思っていた矢先、この逸品が登場した。
すごい。さらに驚くべきことに、この映画は韓国の新人監督イ・サンヨンにとって、監督としては2作目、脚本家としては初めて、主演のアクション俳優ドン・リーと共同で執筆した作品である。ハリウッドよ、注目せよ。この映画全体は、文句のつけようがないほど完璧で、変えようと思うところもない。まるで、ベテランのアクション映画監督が演出したかのようでした。どのシーンも、特にアクションパートは隙がなかった。アクションの振り付けも抜群でした。
フロントガラス越しの顔面パンチ、お見事です。今まで見たことのないような、あっと驚くようなアクションシーンがたくさんありました。つまり、この映画には創造力がふんだんに注ぎ込まれていたのです。
撮影はもちろんのこと、音楽も完璧でした。そして、脚本も完璧で、コメディ、スリル、サスペンスのバランスが絶妙で、爽やかでスマートなストーリーが展開されました。テンポも完璧で、106分の上映時間があっという間でした。キャスティングも素晴らしく、カン役のソン・スックは頭の悪い悪役を完璧に演じ、ドン・リーは骨が砕ける音がするほどのハルク・スマッシュを見事に決めてくれました。アクションシーンはすべて完璧な振り付けで、そこにウィットに富んだユーモアが加わることで、最高の仕上がりになっています。
そして、どのシーンでも彼のカリスマ性が発揮されていた。この映画は、私が久々に見た国際的な犯罪アクション映画で、しかも新人の映画監督によってまとめられたということで、さらに感動的でした。ただ、字幕を読み続けて良いところを見逃さないように、誰かが英語で吹き替えてくれればと思います。早くそうなってほしい。サンヨンとドン・リーが次にどんな作品を作ってくるか楽しみです。

私はこの映画を本当に楽しみました、マーさんが大好きです、メインの悪者を除いて。この映画では、「李闘士男」が主人公の悪役を演じています。

この映画は、ドン・リーの古典的なコメディがうまくいかない、素晴らしいアクション映画です。
ドン・リーが面白すぎる

近年で最高のアクション映画

IMDb

微妙なユーモアから過激な暴力まで、瞬時に変化するマのカリスマ的能力のおかげで、映画製作者はトーンのバランスを完璧に保ち、大量の可動部品にもかかわらず、物事をスムーズに進めることができるのだ。

ドン・リーは骨抜きにされる大スターである。ザ・ラウンドアップ』は、電光石火のアクションと見事な演技で、野蛮なまでに魅せるアクション大作である。

マ・ドンソクがチンピラを打ちのめし、悪党の猛攻を掻い潜る姿を見るのは、アクションファンにとって真の喜びとなるはずだ。

スポンサーリンク

映画『犯罪都市 THE ROUNDUP』作品情報

上映日
2022年5月18日(韓国)
2022年11月3日(日本)
制作:韓国
言語:韓国語
別名
the outlaws 2
THE ROUNDUP
撮影地
ベトナム・ホーチミン市
制作
BA Entertainment
Big Punch Pictures
Hong Film

スポンサーリンク

あらすじ

“感じるか?この男を捕まえなければならない」 ガリボン地区一斉検挙作戦の事件から4年後、衿川警察重大犯罪課はベトナムに逃げた逃亡者を送還する使命を与えられた。野獣刑事マ・ソクドとチョン・イルマン警部は、自首しようとする容疑者に何か問題があると直感し、カン・ヘサンという恐ろしい殺人犯の犯罪を暴くことにする。マとその部隊は2つの国をまたいで捜査を開始し、カンが残した血塗られたパンくずを追うが…。悪人を捕まえるのに国境はない。今回も刺激的で緊張感溢れるラウンドアップ。

スポンサーリンク

スタッフ・キャスト

監督
イ・サンヨン
脚本
マ・ドンソク
キム・ミンソン
イ・サンヨン
イ・ヨンジョン

キャスト
マ・ドンソク…マ・ソクト
ソン・ソック…カン・ヘサン
チェ・グィファ… チョン・イルマン
パク・ジファン…チャン・イス
ホ・ドンウォン…オ・ドンギュン
ハジュン ハジュン …カン・ホンソク
パク・ジヨン…キム・インソク

スポンサーリンク

まとめと感想「マ・ドンソク作品見ようぜ」

マ・ドンソクのあのチャーミングな笑顔と暴力的で強面なギャップにハマったのは私だけではないはず。映画『犯罪都市 THE ROUNDUP』の前作も今すぐに見たくなります。

犯罪都市シリーズ2作目『犯罪都市 THE ROUNDUP』エンディングまでネタバレを読む⇦

最近台湾のホラーもすげぇと思ったけど、韓国作品のアクションはずば抜けて面白い!

Netflixでマ・ドンソク出演作品を見る⇦

まだまだ日本未公開の全米最新映画のネタバレがたくさんあります!良い映画ライフを!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!