映画『プレデター ザ・プレイ』海外の感想評価まとめ「シリーズ完全復活だ、おかえり。」

「オリジナルの前日譚にふさわしい傑作だ」初代超えの評価も?海外で映画『プレデター ザ・プレイ』がどのように評価されているのかまとめて紹介していきます。ネタバレはしていない海外レビューをまとめているので映画を見る前の人も、観た人も楽しめる内容になっています。個人的にシュワルツネッガーのオリジナルの次に面白いと太鼓判できる見事な作品になっています。何度も言いますが「こういうのでいいんよ」な作品ですよ!

『プレデター ザ・プレイ』あらすじ結末までネタバレを楽しむならこちら。

スポンサー リンク




映画『プレデター ザ・プレイ』あらすじ

300年前のコマンチ族の世界を舞台にしたプレデターのオリジンストーリー。高度に進化したプレデターが初めて地球に降り立ったとき、腕利きの女戦士ナルは部族を守るために戦う。

スポンサーリンク

映画『プレデター ザ・プレイ』スタッフ・キャスト

監督
ダン・トラッヘンバーグ
脚本
パトリック・エイスン
ダン・トラッヘンバーグ
原作
ジム・トーマス
ジョン・トーマス

キャスト
アンバー・ミットサンダー … ナル
ダコタ・ビーバーズ… タアベ
デイン・ディリーグロ… プレデター
ストーミー・キップ… ワサップ
ミシェル・スラッシュ… アルカ
ジュリアン・ブラック・アンテロープ … チーフ・ケヘトゥ
ステファニー・マティアス … サム(酋長夫人)
ベネット・テイラー… ラファエル
マイク・パターソン… ビッグ・ベアード

スポンサーリンク

映画『プレデター ザ・プレイ』海外の感想評価まとめ

海外ではHulu、日本ではディズニープラスの独占配信中の映画『プレデター ザ・プレイ(原題:Prey)』海外の感想評価をまとめて紹介していきます。

先に言っておきますが、プレデター好きな人、特に1とか初期が好きな人、鼻血が出るぐらい面白いですよ。シリーズファンとして「こういうのでいいんだよ」が全て詰まっているからです。内容詳細(ネタバレ)はこちらをどうぞ。

それでは海外の評価を紹介していきます。

IMDb 7.3/10「シリーズが復活したのだ」

8/10
名作の前日譚にふさわしい作品

映画『プレデター ザ・プレイ』は、新鮮な新しいストーリーを見事に作り上げたと思う。正直なところ、予言者の続編やスピンオフは金儲けのように感じられてきた。しかしここには、いくつものストーリーラインを巧みに織り交ぜ、この魅力的なエディションを紡ぎ出す、真のストーリーがあるのだ。
アンバー・ミッドサンダーは、自分の持ち味を十二分に発揮し、ペースを保っている。そして、この映画は、歴史的な背景を最大限に活用した素晴らしい作品だ。
私は大賛成だ。

7/10
正しい方向への動き

まず正直に言うと、彼らが何をしようと、オリジナルや1990年の続編にはかなわない。この2作品は「古典」ではなく、その時代の作品であり、ほとんどの人がバラ色の眼鏡でこの2作品を見ていると思う。特にシュワルツェネッガーのオリジナルはね。
この映画は、結果がどうなるか少し予測できたとしても、ずっと見ていられるような、しっかりしたアクション映画です。でも、予想通りだからといって、楽しめないということはない。素晴らしいアクションシーンもあり、ストーリーも過去作と微妙にリンクしているのが良い。
エイリアンのクロスオーバー2作よりずっといいし、2018年の『ザ・プレデター』より先だが、それは300年前を舞台にすることで新たな視点が生まれるからかもしれない。
プレデター」7作の中では中間に位置する作品だが、この手の映画は、好きか嫌いか、どちらかだ。

8/10
映画『プレデター ザ・プレイ』はシリーズが見事に復活したことを示すものだ。

映画『プレデター ザ・プレイ』はディズニーがフォックスを買収してから初めて製作・公開されたプレデター映画であり、2018年の『The Predator』の不振以来となるシリーズ作品となる。本作は、監督のダン・トラクテンバーグと脚本家のパトリック・アイソンが、『プレイ』となる最初のコンセプトをシリーズプロデューサーのジョン・デイビスに持ちかけ、『スカルズ』というワーキングタイトルで開発が始まりました。トラクテンバーグは、2016年の『10 クローバーフィールド・レーン』でブレイクした後、長編映画の監督をしておらず、映画『プレデター ザ・プレイ』は、トラクテンバーグにとって歓迎すべき復帰作であると同時に、『プレデター』フランチャイズにとっても、おそらく第1作目以来最高の作品になるだろう。
前作『プレデター』や『プレデター2』が、コマンドーや警官といった既成の映画の定番を、エイリアンのトロフィーハンターを登場させることで覆したように、『プレイ』では、『プレデター』から独立して独自の映画を容易に維持できたであろうコマンチ族のキャラクターが、前作や第2作のキャラクターと同じように、既存のモンスターと魅力的に融合されているのだ。アンバー・ミッドサンダーが主人公のナルを演じているが、彼女は戦闘シーンで実力を発揮する一方で、非常に青臭いので、このような小競り合いから予想される不器用さを含む戦闘シーンに荒っぽさを売り込むのに役立っている。他の俳優もしっかりした演技で、『プレデター2』のエンディングを思わせる第3幕のシークエンスなど、娯楽的で非常に残酷なシーンを演出している。
映画『プレデター ザ・プレイ』はそれ自体が堅実なジャンル作品だが、2018年の『ザ・プレデター』の混乱で脱線した『プレデター』シリーズを再び軌道に乗せた作品でもある。アンバー・ミッドサンダーはナル役で素晴らしい主演を務め、アクションとスペクタクルも実現されている。第3幕は少し長く、もしかしたらスリム化できたかもしれないが、それを除けばこれは素晴らしいエンタテインメントである。

8/10
とてつもない雰囲気とサスペンスを持った、基本に忠実な作品だ。

このフランチャイズの生涯のファンとして、私は偏見を抱いていることを認めます。革命的で古典的な第1作目以来、フォックスとハリウッドは4つの続編を作ったが、どれも十分に楽しめたし、今でも批評している。完璧な続編はまだ作られていないし、これからも作られないかもしれませんが、この新作は第1作に最も近い効果的な荒野の雰囲気とサスペンスを持っていると言えますし、それは大きな賞賛に値するものです。
設定は驚異的で、全体の完成度を高めています。ダン・トラクテンバーグは『10クローバーフィールド・レーン』で見せたような細部への鋭い観察眼を今回も発揮している。衣装デザインは、全く異なるタイムフレームを見事に捉えており、また、より先史時代の新しいプレデターが登場し、視覚的に最もクールな作品に仕上がっているかもしれない。音楽と音響は鮮明で力強く、多くのものを与えてくれる。演技は素っ気ないが、ストーリー上、文脈上、そうでなければならないのだろう。
映画館で見るべき作品なのに、ストリーミングで見るしかなかったのは残念だ。風景は素晴らしい。しかし、基本に忠実な設定とサスペンスという点では、原点回帰と言えるかもしれない。プレデターファン、アクションファンには嬉しい続編だ。

8/10
誰のPrey(祈り)でどっちがPredator(狩人)なのか?

これは簡単にオリジナル以来の最高のものでした。私にも近いものではありません。シェーン・ブラックが確か2018年に「リブート」をやったとき、私は期待していた。私は失望した。これはフランチャイズを基本に戻したもので、それは良い考えだったと思います ローグ・ワンがスター・ウォーズにもたらしたものが好きなら、この物語はあなたの心に響くことでしょう。私は撮影が好きでした。とても美しかった。演技もとてもよかったです。主演の俳優があまり有名でないことは気にしないでください。1時間40分という時間は短すぎず、長すぎず。完璧な上映時間でした。

10/10
オリジナルの次に好きなシリーズ

私は「プレデター」の最初の2作を楽しんでいるが、これまでは、その息を呑むような活力から、2010年の「プレデターズ」が一番好きだと言ってきた。しかし、「プレイ」は「プレデターズ」に匹敵する、つまり何らかの形で前作を上回る作品であると断言します。脚本、演出、演技、そして舞台裏のスタッフの貢献はまさに一流で、単なる超大作とは思えないほどの知性を感じさせます。私は、他の人が別の意見を持っていることを理解し、尊重します。2018年の「The predator」を除けば、価値の点でシリーズの作品の違いは、全体の数字ではなく、程度の問題であることを言いたいのです。ともあれ、本作が驚異的によくできており、愛すべきSFシリーズに見事な付加価値を与えていることは、否定できないだろう。Prey」は終始楽しいエンターテインメントであり、少しでも機会があれば見る価値がある。

10/10
卓越した、スリリングな、アドレナリンがほとばしるような素晴らしさ

私はダン・トラクテンバーグの前回の大作で初の長編映画となった「10クローバーフィールド・レーン」が大好きで、彼が監督を務めることになったことも、この作品への大きな追い風となったのだ。トラクテンバーグは、ショットやシーンの構成、キャストの指導、そして全般的な制作の監督において、優れた実践的なスキルを示している。その点、『Prey』では、英語版と、キャスト自身がコマンチ語で吹き替えた版の両方を制作するという、トラキテンバーグと彼の共同制作者の決断も称賛に値するものだった。アメリカ以前の豊かな文化的歴史は、意図的に隔離されているわけではないにしても、悲しいことに無視されている。「Prey」の制作者たちが、自分たちの映画をより本物らしく楽しめるようにしてくれたことは、どれだけうれしいか言い表せない。
トラクテンバーグにとって2本目の長編映画であるのと同様に、パトリック・エイスンにとっては初めての脚本作品ですが、私は彼がうまくやったと思っています。伝統、家族、性別の役割、何らかの理由で能力が低いとみなされた人の可能性を軽視する傾向、自分自身を証明すること、そして歓迎されない侵略者の侵入など、この作品の土台となる古典的なテーマがいくつか存在している。
プロダクションデザインとアートディレクションは驚異的で、細部に至るまで、『Prey』に注ぎ込まれた気配りは素晴らしい。コスチュームデザインとヘアメイクが特に目を引きますが、セットデザイン、小道具、武器へのこだわりもそれに劣らず見事です。ジェフ・カッターの撮影、アンジェラ・M・カタンザロとクラウディア・カステロの編集、そして基本的なショットの構成や光の使い方までもが素晴らしい。サラ・シャクナーの音楽は後回しにされがちだが、爽快な映画体験に素晴らしい緊張感を与え、最もダイナミックでドラマチックなテーマは、完全に心を掴んでいる。

スポンサーリンク

RottenTomatoes 83%支持「今年最高のサプライズ」

高校生の頃、プレデターとエイリアンの映画が大好きでした。何度も何度も見返しました。本や漫画もありったけ読みました。この2つのフランチャイズは、私の幼少期に刻み込まれたものです。私が「プレイ」は今まで見た中で最高の「プレデター」映画だと言うとき、その意味を十分に理解してもらえるように、このように言っているのです。クリーチャーデザイン、撮影、アクション、そして歴史的な正確さが素晴らしい。これほどまでに優れた作品を作るのに、これほどまでに時間がかかったことに驚かされます。

設定や衣装が安っぽくても、素晴らしい映画です。映画を通して、その欠点にほとんど気づかない。

プレデター映画。エイリアンの技術も、複雑なプロットも、何もない。ただ、古き良きプレデター映画のように、プレデターが悪役として登場する良い作品です。

この映画、本当に素晴らしい。

これは史上最高のプレデター映画だ。この映画は、プレデター史上最高の映画だ!プレデターフランチャイズは、オリジナル以来最高だ。オリジナルより良いとは驚きです。私がプレデター映画に期待していたものが全て詰まっていた。最高のプレデター映画だ! オリジナル以来、最高のプレデター映画だ。何度でも観たくなる

素晴らしいエネルギッシュなシーン、たくさんの緊張感、そして振り付けが素晴らしい。創造的な殺害シーンが大好きです。本当に素晴らしい。

すごい。この宝石を作った人に感謝します。

フランチャイズとオリジナル作品に敬意を表した、真に尊敬に値する驚異的なアクション映画だ。プレデター」に相応しい続編であり、今年最大のサプライズの1つ。(10/10)

この映画は、2つのがっかりするような続編の後、最初の2つの古典的な映画に匹敵するものでした。この映画は、設定とノスタルジックな雰囲気に加え、強烈な演技と強烈な個性を持つ主人公の興味深いキャラクターが、プレデターファンにとって必見の映画となりました。この映画は、クールな映画を書き、制作するのに、大きな予算は必要ないことを本当に示している、私はフランチャイズのためにその次のものを待つことができない。

この映画は驚くほど良かった……とても良かった……感動した。最後の大きな戦いは最高です。この映画は、最初のプレデターに次いで、間違いなく2番目に近い映画です。

1作目には勝てなかったけど、2作目には絶対勝てると思う。

まとめ

いかがでしたか?

日本ではディズニープラス独占配信なのですが、多分初回登録なら何日間か無料期間があるかもしれないので、調べてみてください。でもプレデター好きなら必見ですよ。

プレデター ザ・プレイをディズニープラスで見るならこちら

『プレデター ザ・プレイ』エンディングまでネタバレを読むならこちら

人気記事はこちら

日本未公開!
全米最新映画の
エンディングまでネタバレ!
時間がバターのように溶ける

【全米最新映画ネタバレ一覧はこちら】

自称映画通は無視して
世界のリアルな映画感想まとめ

【海外の感想評価まとめはこちら】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!