アニメ『神々の山嶺(2022)』物語エンディングネタバレ「日本には作れない見事な作品」

「日本人には作れない素晴らしい映画!」カンヌで大絶賛されたフランスのアニメ映画『神々の山嶺/The Summit of the Gods 』物語エンディングネタバレ。あのシーンをカットするのか!?と驚きの数々も、フランスの見事な感性で描写される山々や人物描写、圧倒的で壮大で見事な音楽で日本では作ることができない見事な作品になっています。

映画『神々の山嶺/The Summit of the Gods 』海外の感想評価、原作との違いとは?

スポンサー リンク




『神々の山嶺/The Summit of the Gods 』作品情報

ここでは『神々の山嶺/The Summit of the Gods 』作品情報を紹介。特に謎のフランス人監督のプロフィールなども調べたので興味のある人はお読みください。

あらすじ

1924年6月8日、エベレストに初めて登頂したのは、ジョージ・マロリーと同行したアンドリュー・アーバインだったのか?だがそれは誰にもわからない。
唯一、彼らが持っていったコダックの小さなカメラだけが、その真相を明らかにしてくれるかもしれないと噂はされていたがすでに神話の域の噂だった。
70年後のカトマンズ、若きカメラマン記者の深町は、そのカメラが行方不明とされていた伝説の登山家・羽生丈二の手に握られているのを確認する。
カメラを追うはずが伝説の男に惹かれた深町は「彼らはなぜ過酷な山に登るのか」この問いに答えてもらうため、彼の不可能を可能にする山に取り憑かれた登山家について行き神々の山嶺を共に目指すことになる。

スポンサーリンク

スタッフ&キャスト

監督
パトリック・インバート

脚本
谷口ジロー … 漫画
夢枕獏 … 原作
マガリ・プゾル … (脚本・脚色・台詞)
パトリック・インベール … (脚本、脚色、台詞)
ジャン=シャルル・オストレロ … (協力)
(ジャン=シャルル・オストレロ役)

出演者(クレジット順)
ラザール・エアソン・マカレル… 土生隼人(声)
エリック・ハーソン・マカレル… 土生大人(声)
ダミアン・ボワゾー … 深町(声)
エリザベート・ベンチュラ … 涼子(声)
キリアン・レーリンガー… 岸(声)
フランソワ・デュノワイエ … アン・ツェリン(声)
フィリップ・ヴィンセント… レダック・シェフ(声)
リュック・ベルナール… 伊藤(声)

スポンサーリンク

パトリック・インバート監督の経歴

『神々の山嶺/The Summit of the Gods 』を監督したパトリック・インバートは2000年から2017年の間はアニメーターとしてアニメーション制作に携わり、2017年に初の長編アニメ『Le grand méchant renard et autres contes…』を監督。2019年にフランスで人気のアニメシリーズ『Zig & Sharko』の脚本を担当し、2021年フランスでも大人気の日本の漫画「神々の山嶺(いただき)」を監督。2021年9月に「Le sommet des dieux」というタイトルでフランスで上映されIMDbで「7.5点」(レビュー数5400)という脅威の高評価を叩き出している。

https://www.youtube.com/watch?v=mUCpdti3BFk
スポンサーリンク

『神々の山嶺/The Summit of the Gods 』物語ネタバレ

日本人フォトジャーナリストの深町誠(ふかまち まこと)は、登山家に同行して写真を撮っているが、彼の目の前で登山家たちは天候不良を言い訳に登山を諦めてしまう彼らの行動が自身の写真の質を下げていることに不満を抱きバーで飲んでいた。横から怪しい男がジョージ・マロリーのカメラを売りつけにきた。

マロリーのカメラ…1924年、エベレスト登頂に挑んだ登山家ジョージ・マロリーは、1953年に初めて登頂に成功している。成功したかどうかは、山中で亡くなったため、今日まで謎のままである。しかし、成功したかどうかは、誰かが彼のカメラを手に入れない限り、わからない。そのカメラが目の前にある?偽物を売りつけてるだけだと思った深町は断る。ところが店の外で謎の日本人男性が例のカメラを力づくで奪っているのを発見する。

深町はとっさに「羽生?」と名前を口にする。

スポンサーリンク

羽生丈二という男

日本に戻った深町は羽生について情報を集める。彼は非常にストイックで天才的な登山家で、幼少期から山に登り続け登山活動の最高峰であるチームに所属してみるみる力をつけていずれ、伝説を残すと期待されていたクライマーだった。しかし断りきれずに一緒に登山中に同行した後輩の岸文太郎を山の事故で亡くしていること、そして羽生は冬のアルプス三大北壁の一つを単独で登ることをもう1人の若いクライマー長谷恒雄と競い合っていた。

技術と経験でリードしていた羽生だったがあるミスから数日間遭難して救助されるが、この間に長谷川は単独登頂を果たしすべての栄光を手にする。それから羽生は日本から行方をくらましていたこと。

羽生はその後、ハセが冬のエベレスト南西壁を単独で登頂する偉業を達成しようとして死亡したというニュースを目にしていたこと、しかし羽生は行方をくらませてからも岸の妹に妹に金と手紙を送り続けていることを知った深町は妹から話を聞くことで羽生が長谷川ができなかった偉業を達成しようとしていると考え単独ネパールに飛び羽生に追いつく。

羽生を見つけた深町は、羽生が冬のエベレスト南西壁を単独で登頂したことを証明する必要があるため、カメラマンとして同行するように説得することに成功する。

スポンサーリンク

羽生と深町登頂開始

単独登頂のルールには、登山者とカメラマンの間に連絡や介入があってはいけないこと、羽生は深町に、もしお前が窮地に陥っても俺は助けないし、助けを求めるなと同行の条件を伝える。

2人は登山を開始する。

羽生の登山スピードは脅威的で姿を見えるのが限界なほどに彼は早かった。深町は途中雪崩に見舞われるも間一髪生き延びる。羽生に追いついた深町は休憩と食事のための基地を作る。

2人は旅を続ける。

嵐を知らせる通信が入り、状況は一変する。

深町は高地と経験のなさから高山病を発症し頭痛で身動きがとれなくなり、さらに嵐も発生、吹雪の中1人取り残された深町は死を覚悟する。

スポンサーリンク

羽生の決断

しかし、羽生が助けに来た。

来てしまった。

羽生は深町を背負い、安全な場所まで登り命を救う。

2人はテントで休む。羽生はカメラは実は稜線近くで見つけたマロリーのカメラであることを明かす。遺体の場所も教えるが、彼が実際に登頂したのか下山したのか分からないと言う。深町は「写真で真実がわかるじゃないか」という伝えるが、羽生は「そんなことが重要なのか」と疑問を投げかけ深町との山への価値観の違いを明らかにする。

羽生は深町を助けることに時間をかけすぎたため綿密に計画してきたルートから外れ山頂への道はイエローバンドルートしかなくなってしまったが、そこは冬場は氷と岩が露出してしまい登頂は不可能だと言われていた。

羽生はそうだとしてもどうしても登頂したいと伝える。深町が下山する中、羽生はどんな状況でも、どんな困難にも負けず、登り続ける。

山頂へ

ついに未踏の地を征服し、山頂に到達する。

先に下山した深町は下界で羽生の帰りを待つが数日経っても羽生が戻ることはなかった。羽生のシェルパ(ガイド)がマロリーのカメラと、羽生が帰らない場合に渡すようにと手紙を渡される。

手紙には、

マロリーが成功したかどうかの答えはカメラの中にあること、なぜこの無謀な挑戦を試みたのか、その答えが欲しいのなら、一緒に旅をする中で理解を得るだろう、自分が生きていると実感できるのは登山であり、俺は最後の最後までその使命に従ったのだ。

と書かれていた。

エンディングネタバレ「羽生はどうなったのか」

スポンサーリンク

無事に下山できず、雪に埋もれ倒れている羽生の姿が映し出される。

深町はカメラの写真を現像している。(写真は見えない)

その代わりに、マロリーや土生など、「登りたい」という無形の気持ちのために命を落とした無数の登山家たちの意志を、マコト自身が受け継いでいることがわかるのである。

あれから、深町は単独でエベレストの登頂にいた。神々の山頂に。

まとめ:原作未読の方もファンも楽しめる。

フランス人監督は1500ページにも及ぶ羽生と深町の物語を見事に90分に収めることに成功している。しかし、1500ページが必要なほどに濃厚な物語が少しだけ薄味になってしまったのは否めない。音楽は素晴らしい、この映画の半分は音楽が担っていると考えて良いぐらい素晴らしい胸を打つ音楽が少し単調な登山シーンを彩り豊かに視聴者の心を響かせてくれる。

それにしても同じ漫画なのにこうも見せ方が違うのだと感心してしまう。決して美しくないし、カッコ良くないキャラクターデザイン、大事な大事なシーンをバッサリカットした決断、同じ漫画を読んだとしても魅せ方がここまで違うと、文化や感性が違うとこんなにも味が変わるものだなと感動すら覚えてしまう。同じ日本人が日本の有名漫画スプリガンを作ってクソみたいな内容に仕上げたのに比べれば、よくぞ見事に作り上げてくれた!ありがとうと感謝の言葉しか出てこない。

映画『神々の山嶺/The Summit of the Gods 』海外の感想評価、原作との違いとは?

人気記事はこちら

日本未公開!
全米最新映画の
エンディングまでネタバレ!
時間がバターのように溶ける

【全米最新映画ネタバレ一覧はこちら】

自称映画通は無視して
世界のリアルな映画感想まとめ

【海外の感想評価まとめはこちら】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!