Netflix傑作ホラー『呪詛』海外の感想評価まとめ「台湾がアジアホラーの頂点だ」

「恐怖が皮膚から染み込むようだ」台湾で最も怖い映画『呪詛』海外の感想評価をまとめて解説。日本と海外ではこの映画をどのように観て何を感じたのか?を楽しんでみてください。

Netflix映画『呪詛』物語エンディングを知りたい方は
【こちら】
※ネタバレ注意!

スポンサー リンク




Netflix映画『呪詛』作品情報

あらすじ
私の名前はルオナンです。このビデオを作った理由は、私の話を聞いて、私の娘にかけられた呪いを解くのを手伝ってくれる人がいればいいなと思ったからです。
私は無知なので、まさか自分のせいで呪いがかかったとは思ってもいませんでした。以下の内容には、6年前の恐ろしい出会いを含む、ある種の危険やリスクが隠されている可能性があります。
6年前、私はボーイフレンドとジャーナリズムのクラスメートと一緒にスタジオ「ゴーストバスターズ」を立ち上げ、迷信を打ち破ることを目的に、ブログで情報を発信していました。
ある日、彼氏の家から、20年に一度、彼の家で行われる古代のカルト儀式に戻るようにという緊急の通知が届きました。ブログのネタになると思い、みんなでその儀式に参加しました。しかし、残念なことに、私たちはそこで最も恐ろしい古代の呪いを体験することになったのです。

スタッフ&キャスト
監督
ケビン・コウ
脚本
チェウ・ウェイ・チャン
ケビン・コウ

キャスト
ツァイ・スァンニェン… ルオナン
モハメド・エルジェンディ
インスワン・カオ
ショーン・リン
アーメド・シャウキー・シャウヒーン
チン・ユー・ウェン

スポンサーリンク

『呪詛』海外の感想評価IMDb「6.2」

まずは海外で超有名な映画レビューサイトIMDbで6.2点評価のレビューをまとめて紹介していきます。日本と海外の視点の違いなどを楽しんでみてください。

「面白い」肯定的な海外の評価

『呪詛』予告編 – Netflix

8/10
緊張感、不気味さ

とても良かった。
緊張感があり、時に怖く、感情的で、良いストーリーで、地元の民間伝承に溢れ、第四の壁を破り(ファウンド・フッテージであることだけでなく)、オリジナルで不気味な方法で、非常に効率的な終わり方をしています。

9/10
欠点がほぼ見当たらない

素晴らしい。まずはこの映画と出会えたことに感謝をしたい。監督にも敬意を。ジャパニーズホラーのようでエクソシストのようでシックスセンスのようでパラノーマルアクティビティのようだ。古今東西のホラー映画を研究しリスペクトした結果生まれたこの傑作映画に乾杯したい。久しぶりに映画を見た後に電気をつけたまま眠ったよ。ありがとう。

『呪詛』予告編 – Netflix

8/10
あなたの肌に触れることができる

この台湾のホラーは、その固有のプロット構造によって、観客の皮膚に潜り込むことに成功した。ファウンドフットのコンセプトは一貫していなかったが、ケビン・コウは観客を怖がらせ、ショックを与える良いタイミングを得た。ツァイとカオは、この作品における子育ての問題をうまく表現している。

7/10
不穏な母娘の物語

監督のケヴィン・コーは、主にホームビデオや監視カメラなどの「ファウンド・フッテージ」スタイルで、時間を行き来しながら、不穏な物語を語っている。命の危険にさらされたかわいい子供を巻き込むことで、よりストレスの溜まる展開に。ローナンが第四の壁を破って観客を巻き込み、一緒に「ホウホウシウイ、シウセイウイマ」と唱えれば、さらに不気味さが増す。呪われた墓の中で撮影された呪いの映像は、グランドフィナーレを飾った。

7/10
お見事

『呪詛』の前提は、ファウンド・フッテージ映画のためのまともな乗り物である。インカンテーション』の前提は、ファウンド・フッテージ映画のためのまともな乗り物である。そこに至るまでの道のりは、強力なキャストの努力、ストーリーの根拠となる親しみやすい要素、そして恐ろしい雰囲気のおかげで、魅力的なものとなっている。多くの呪文が唱えられ、映画全体を通して鳥肌が立つ。

『呪詛』予告編 – Netflix

8/10
意表を突かれた! 時間をかける価値がある!

ホラー映画が好きな人なら、最後に1. 終わって良かった 2.または、面白かったから見てよかった 3.または、その両方だが、今はその映画の夢を見たくない。
この映画は、私が今まで出会ったことのないようなことをしました。映画の終盤、自分が映画の一部であり、これからもそうであるかのように感じさせてくれるのです。分かるかな?”いい映画だった、観てよかった、でもなぜ観たんだろう?”という感じです。この感覚をネタバレなしで説明するのは難しいので、この辺にしておきます。
インカンテーション』は、何があっても、誰が来ても、娘を呪いから守ろうとする母親の原動力を描いた物語です。
この映画はファウンド・フッテージ(FF、作品のすべてまたはかなりの部分を、発見されたフィルムやビデオ録画であるかのように見せる映画技法)で撮影されています。録画という形で映画を見せるのもいいですが、録画の目的や観客の録画への関与が、IMOのFFサブジャンルの成否を決めるのですが、彼らはこの技法を、より良い文章だけを使って本当にうまく使っていると言わざるを得ません。もっと教えてほしいくらいです。
ホラー映画は、安っぽいジャンプ恐怖に頼ったものより、不安や恐怖を感じさせるものの方がずっといい。この映画では、ジャンプ・スケアーが1回しかなかったので、これは私の中では大きなプラスです。映画全体を通して、不気味さやゾッとするような感覚(鳥肌が立つような感覚)があり、それは映像や静寂によってうまく表現されています。子供も含め、関わった全ての人の演技が良かった。
この映画には欠点もあり、間抜けな場面もあるが、映画製作者としてすべての人を幸せにすることは期待できない。でも、それを差し引いても、普通のホラー映画にある種のひねりが加わって、今年一番のGOODなホラー映画になっているのでは・・・?
ホラー映画が好きな人は要チェックです。特にFFのサブジャンルのファンなら見てください、今まで見たことのないようなことをやってくれています。

7/10
ファウンド・フッテージ・ホラー映画として仕上がっているが、2本のテープがある。親権を奪われた娘を取り戻そうとする主人公の現代と、その過去。娘が帰ってくるところをテープに収めたいということで、いろいろなものをテープに収めるいい理由になっているようです。
多くのファウンド・フッテージ作品よりもクオリティが高く、いくつかの特殊効果もあります。かなり恐ろしいトライポフォビック・シーンなど、本当に不気味な効果が起こっている。しかし、ファウンド・フッテージにありがちな手ぶれ映像の欠点はあるが、他の作品ほどひどくはない。
ストーリーがとても好きで、ホラーに拍車をかけているし、物事をうまく説明している。また、子供の福祉を心配するあまり、当局を積極的に巻き込んでいるのも良かった。このようなことが実際に起こるということは、他のすべてのことを考えると、かなり論理的だと思います。かなり怖い、不気味な作品だと思いました。

7/10
優れたファウンド・フッテージ映画

ファウンド・フッテージ映画のファンとして、私はすべての映画を見たし、良いものと悪いものの違いも知っている。そして、これは良い作品だ。まず単独の問題点。1時間50分と長すぎる。しかし、アジアのホラーは長回しが多いので、それはそれで仕方がない。これはその基準からすると短い。
それ以外は、良いストーリー、素晴らしい演技(字幕を読んでいるのを忘れるほど)、最初からほぼ一定の不気味な恐怖、そして一般的には、非常に良いファウンド・フッテージ環境を得ることができる。また、親が子を思う気持ちと、その子を守るためにどんなことをするかという、感情移入しやすいストーリーは、主人公をずっと応援してしまう。
恐怖、血みどろ、その他もろもろの要素が盛り込まれた、非常に優れた映画です。ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

「つまらない」海外の否定的な評価

『呪詛』予告編 – Netflix

5/10
雰囲気は高いが、プロット進行が雑
Netflix映画『呪詛』は、その雰囲気と怖さの両方において、即座に「ノロイ:ザ・カース」を思い出させる。この作品は、プロット的にはあまり噛み砕くことができないが、血生臭い映像と特殊効果でいくつかの驚きを調理している。時系列が頻繁に飛ぶので、特に時系列間の境界線が(意図的に?この作品は基本的にファウンド・フッテージ映画だが、主人公たちが頻繁に閉所恐怖症のような空間を単独で移動するため、製作者がこの点を終始保持することはほぼ不可能である。その結果、手ぶれカメラの合間に三人称視点のショットがランダムに出てきて、映画全体の映像構成とぶつかってしまう。
全体として、雰囲気はよく出ているが、プロットの中で過去と現在の出来事をつなげるのに苦労している、かなりまともな作品であると言える。

10/10
ゾクゾクするような、素晴らしいホラー映画

とても爽快なホラー映画で、ファウンドフッテージジャンルのファンには絶対にお薦めです。この映画は、ファウンド・フッテージ・ジャンルのファンには絶対にお勧めします!何も読まずに、ただやみくもに見てください。吹き替え版も見ないで、字幕で見るのがベストです。

スポンサーリンク

RottenTomatoes評価『58%』

『呪詛』予告編 – Netflix

台湾人のパートナーと私はこの映画をとても美しいと感じた。このようなホラー映画を台湾独自の方法で再構築したことは文化的に画期的であり、その世界観は本当に素晴らしいものでした。パートナーは、宗教的なホラー映画で初めて直感的な不快感を覚えたと言っていました。ファウンド・フッテージ・ムービーにふさわしく、観客が楽しめるような工夫が必要なプロットで、言い残したことがかなりあると感じました。今夜、めったにないことですが、再見しています。

この映画は、よく知られた恐怖の要素を無造作に繋げた恐怖の部屋のようで、結局一貫した絵を見ることは難しい。女優が同じ表情でどうしようもなく叫びながら走り回るのを見て、彼女のことをよく知ることもなく、退屈で少しイライラした。

この映画は良かったけど、他の人が言うほど良くはない。しかし、その弁護として、私はNetflixでひどい英語吹き替え版を見たのだが、私はそういうのが嫌いだ。

撮影には不満が残るものの、インスピレーションは非常に明確で、ファウンドフッテージとリングのような呪いの映像のミックスは見逃せなかった! 全編を通して、ストーリーとスリルは決して抑えられていなかった。脚本家は見事に第4の壁を破り、最後の突進まで文字通り物語の中に我々を巻き込んでくれました。これは記憶に残る映画だ。絶対に新鮮だ。

野心的な試みだが、ジャンルに対する気品、品位、敬意がない。情熱と野心はクリエイターにとって素晴らしいものだが、適切なケア、知恵、抑制、素材に関する知識、そして求められるものを提供できるキャストがいなければ、これは合格点の作品であり、もっと時間をかけてケアする価値があり、「カムホラー」映画に関してはるかに進歩したジャンルにおいて際立った存在になれたはずである。しかし、長い間続いてきたカテゴリーに新しい作品を作ろうとすると、これまでの作品と比較されることになる。そう考えると、これは非常に楽しいホラーのサブジャンルに対する悲しい試みであり、「インカンテーション」は単に劣るものである。

まとめ:呪詛は傑作だったのか?

Netflixで独占配信された「呪詛」は、肯定的な意見しか見当たらず否定的な意見を探すほうが苦労した珍しい作品でした。唯一の否定的な意見は過去の出来事と現在の時間軸がかなりバラバラにされているので、テンポを崩す時間軸と脚本に苦言があったぐらいです。

最後の方の映像は「過去なのか?今なのか?」がはっきりしなかったりと疑問符が浮かぶシーンがあったことが指摘されています。

良い映画は最初の5分で決まると思っています。最近最新マーベル映画を見ましたが、「お前らはこのシーンの意味わかるよね?」と既存のファンに向けたシーンでアホみたいに盛り下がるシーンが10分近く続き、頑張って最後まで見ましたが他の観客がなぜ離席しないのか不思議に思うほどつまらない映画でした。

しかし呪詛は最初の1分から観客を取り込むことに成功しています。誰もが思うはず、「何が起きているんだ?」「なんだこの映画、絶対に面白い気がするぞ」と。

謎めいた女性の独白から始まるこの映画をまだ見ていないのであれば是非Netflixで結末まで観て欲しいと思います。

Netflixで『呪詛』を視聴する

Netflix映画『呪詛』物語エンディングを知りたい方は
【こちら】
※ネタバレ注意!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!