ドラマ『シー・ハルク』3話エンディングまでネタバレと海外の感想「海外で評価が低い理由が分かった」

「ドクター・ストレンジ登場もテンポが悪く段々薄味に」ドラマ『シー・ハルク』第3話のエンディングまでネタバレ!アボミネーション仮釈放の行方、ドクター・ストレンジのウォン、ミーガン・ザ・スタリオン登場!などのサプライズはあるものの、肝心の物語は全く話が進まず次回以降の視聴をマジで悩む展開の遅さが目立つ。

スポンサー リンク




シーハルクネタバレ配信日時は?

第1話「普通レベルの怒り」
第2話 「超人の起訴」

第3話:「エミル・ブロンスキーの仮釈放」
第4話:「本物のマジックとは?」
第5話:「ノリノリ、緑、デニムの着こなしバッチリ」
第6話:「ただのジェン」
第7話:「リトリート」
第8話:「ケロケロ ジャンプ」
第9話:10月13日(木)配信

スポンサーリンク

第3話 「エミル・ブロンスキーの仮釈放」ネタバレ

第2話のラストでジェニファーがエミル・ブロンスキーの仮釈放の案件を受けた直後のニュースで、彼が刑務所を脱獄し、アボミネーション(エミルがハルクに似た怪物に変身した姿の名前)に変身してファイトクラブと呼ばれる格闘技場で戦っている姿が映し出されていた。

ジェニファーはすぐに刑務所に向かいエミルに今回の騒動の意図を問い詰めるが、エミルは「無理やり脱獄させられた」が「自ら刑務所に戻った」のだという。ここはヴィランを閉じ込める超厳重な刑務所から脱出させるのは不可能と思ったがエミルは続ける「そんなことはできるのは魔術師だけだ」と。

その名前はウォンだと言われたジェニファーは画面の視聴者に向かって「早く(ストレンジシリーズに出てきた)ウォンに会いたいよね。でもこの作品は毎週誰かがゲスト出演するわけじゃないから」と釘を刺す。

世間はヴィランの代理人となったシーハルクことジェニファーに対し世間は大論争を起こしていた。なぜかアベンジャーズに拒絶された女とも噂されてしまう。

ジェニファーからのメッセージを受け取ったウォンが登場し彼と会話にする。ウォンから事情を聞くとエミルの話は本当だった。ウォンは修行の一環としてエミルのような好敵手の存在が必要だったこと、彼のせいではなく、私の責任だと認めたため、ジェニファーが審議の時にその旨をもう一度説明させることを同意させるのだった。

超人法律部の同僚パグはジェニファーの元同僚のデニスから元恋人のライト・エルフでシェイプシスター種族で自称ミーガン・ザ・スタリオン(偽物)に1750万円貢いだお金を取り戻す訴訟の相談に訪れていた。相談後に出て行ったデニスだったが即座に戻ってきたと思ったら突然訴訟は取り下げると言い出したため、不審に思ったパグが警備員を呼ぶとデニスの偽物は自称ミーガン・ザ・スタリオンが魔法で変身していたことが判明するが、彼女は逃げ去ってしまう。

ちなみにミーガン・ザ・スタリオンとは


メガン・デ・スターリオン(Megan Thee Stallion、本名: Megan Jovon Ruth Pete、1995年2月15日 – )は、アメリカ合衆国のラッパー、歌手、ソングライター、ヒップホップミュージシャン。
2016年、SoundCloudで音源をリリースするようになり、2018年に300 Entertainmentと契約する。2019年、初のフルレングス・ミックステープ『Fever』をリリースし、批評家から絶賛を受けた[4]。2020年にはビヨンセをフィーチャリングしたシングル「Savage」のリミックスと、カーディBとのシングル「WAP」がいずれも全米ナンバーワンヒットを記録し、世界的に知られるようになる。同年、タイム誌の世界で最も影響力のある100人のリストに選ばれた。
wikiより引用

デニスと自称ミーガン・ザ・スタリオンの訴訟が始まり彼女の名前はルナで新アスガルドのエルフ外交官の娘であることが判明、弁護士曰く彼女に外交特権があり地球の法律で裁くことはできないと暴論を振りかざすが裁判官にここは地球だと一蹴されたルナは休憩中は裁判官に変身して判決を覆そうと目論んだ罪で禁錮60日とデニスへの1750万円の返還命令の判決を受ける。(ついでにこの裁判に本物のミーガン・ザ・スタリオンが出席している)その帰り道のデニスが「エルフから能力を奪うべきだ」という戯言に対しジェニファーは良い案をもらったかもと閃くのだった。

エミル・ブロンスキーの仮釈放について審議会が始まり、7人のソウルメイト(どう見てもカルトホラー「ミッドサマー」の信者に見える)エミルは更生したことを主張、

映画「ミッド・サマー」より

刑務所の看守や囚人仲間内からは多くの支持を得ておりエミルの仮釈放が認められそうな勢いだったが、争点である脱獄した件について遅れて登場したウォンはジェニファーに伝えた通り私が誘拐してエミルは自分で戻ったことを審議官に説明する。

全体的に優勢に見えたが、最終的に審議官は「彼は制御を失ってアボミネーションになったらどうしますか?」という質問に答えるために彼は自ら変身すると再び人間の姿に戻り制御できることを証明してエミルは無期限変身禁止の条件付きで仮釈放を認められる。(ちなみにウォンは脱獄に加担した罪を問われそうになったがウォンは魔術でしれっと逃げる)

エミルから自分から発信していけというアドバイスを聞いたジェニファーはテレビでシーハルク姿で現れると名前が気に入らない点、隠されたエクササイズや食事を特集されてしまう。その帰り道突然暴漢に襲われるがシーハルクになって撃退するが暴漢たちはいわゆるヒーローアンチでアスガルドの武器で武装していたが、彼女の体には傷ひとつつけることができず退散する。

しかし暴漢たちがシーハルクの血を抜き取ることが目的だったことが判明。

誰かがハルクの血で再びよからぬことを考えているようだ。

スポンサーリンク

エンディング後のボーナス映像

シーハルクのオフィスにミーガン・ザ・スタリオンが現れ、シーハルクと契約を結ぶと一緒に激しくお尻を振るダンスを行いミーガン・ザ・スタリオンにノリが良いと認められるのだった。

シーハルク第3話 海外の反応と評価

2/10
気にならない
この番組について言えることはそれだけです。私には何もありません。多くの人が楽しんでいると思いますが、私は退屈でしたし、目を回すような台詞で体験から外れていることに気づきました。説明ばかりで、アクションが少ない。マーベルはドラマやドラマディよりもアクション番組を作って欲しいのですが、多様な視聴者を獲得するためにはこれがベストだと感じているのでしょう。視聴者は彼らが望むほど多様ではなく、彼らのメッセージの多くは耳に届いていないような気がする。この番組を見ている人は、番組の間、携帯電話を充電器につけたままにしている人はいないだろうと想像できる。

1/10
質より量!!!
この番組で紹介したいキャラクターの番組を作って、そのキャラクターを映画に登場させよう。この番組、低予算、脚本、ストーリーがつまらない。
20話のシチュエーションコメディにすれば、CGIのクオリティの低さも理解できるだろう。
しかし、これにはストーリーがない。ディズニーが2話だけと言ったとしても、クリフハンガーもなければ、次の番組を待つこともない。
CGIも、ハルクは古い映画からアップロードしているのでよくできているが、シー・ハルクはチープ(何の努力もしてない)。

1/10
タイトルが決まらない
この番組は、現代の社会的トレンドにぶら下がった恥知らずの金儲けのようで、あまり良いとは言えないが、私にとって本当に致命的なのはタイトルだ。ファミリーガイの「Law & Order」もどきのような感じです。”She Hulk: Girl Power “の方が、同じメッセージを伝える良いタイトルだっただろう。「しかし、その代わりに、番組全体が根っからの風刺作品であることを示唆するような、コミカルでひどい名前を選んでしまったのだ。実際のショーは素晴らしくなく、マーベルとディズニーの新しいIPの中で最も嫌いな作品だ。繰り返されるテーマと陳腐なストーリーのフックに翻弄され、スローで予測可能な内容となっている。これは、フランチャイズのファンを提供するほとんどない、おなじみの散歩です。

スポンサーリンク

まとめと感想「海外評価が低い理由が分かった」

海外でシーハルクは4話まで一気に配信されていた。おかげで一気に見た視聴者たちがこの作品を酷評していたが、1話からゆっくり見ていた私としては別段何がつまらないのかが理解できずにいた。

女がヒーローになることをそんなに嫌がるアンチが多いのだなと思っていた。しかし第3話を視聴した後の今なら彼らの低評価の理由の一つである『退屈』の意味がやっと分かった。

第一話こそハルクの力に翻弄されないようにブルースと一緒にパワフルなシーンがたくさんあり見応え抜群だった。第二話では仕事を失ったジェニファーがシーハルクとして超人担当になり再出発、しかしまさかの宿敵ヴィランのアボミネーションの担当になったことでアクションこそなかったが物語の骨子となるシーハルクが中心な話の展開に興味を引いた。しかし待望の第3話ではクソどうでもいいシーハルクとは関係のないエルフのババアの訴訟が物語の貴重な時間を奪い、さらにどうでも良いただのファンサービスで登場したウォンの面白くないジョークを聞いて終わってしまうのだ。

ラストに彼女の血を奪おうとする組織が登場して「お!?」とするが、襲撃犯はコメディ作品によく出てくる”間抜けな強盗”そのもので、見事に視聴者の期待を裏切るコメディノリを全開にするラストにはガッカリした・・・。弁護士らしいことをせず、アクションもなく、コメディなのかなんなのかごちゃ混ぜて薄味なシーハルク。確かに評価は今回で一気に下がり第4話への期待が一気に下がった。

シーハルクはディズニープラスで配信中、毎週木曜日の16時ぐらいに新エピソードが配信されていくのでお楽しみに。と思っていたがまぁ適当に追って行きましょう。って感じに。

ドラマ『シーハルク』のネタバレエピソード一覧はこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!