DUNE/デューンは面白いのか?海外の反応、口コミ評価「駄作」「最高傑作」賛否両論の行方

『ブレードランナー2049』のヴィルヌーヴ監督最新作が面白すぎる!面白くないか不安?そんなあなたに世界中で「2021年最高の作品だ」と最大級の賞賛の嵐な海外の一般視聴者のリアルなクチコミ評価と反応を紹介しています。もちろん「駄作」と一蹴する否定的な意見もしっかりあるので是非見比べてみてくださいね。

スポンサー リンク




DUNE/デューンは面白いのか?海外の反応、口コミ評価

デヴィットリンチ作の古いDUNEは随分と昔に見た記憶がありますがどんな映画かは覚えていませんが「退屈」という印象だけは覚えています。

そして今更リメイクって(笑)と思って予告編を見たら・・冒頭の雰囲気はピッチブラックの大失敗した続編の印象でしたが、なんだか映像が綺麗で・・・巨大なワームが、謎のホログラム上?の格闘の色使い、静かな色調からは想像ができない美しい映像の数々に目を奪われました。

それものそのはず監督は「メッセージ」「ブレードランナー2049」のヴィルヌーヴ監督でした。

そりゃ見たいわ。

ってことで恒例の海外レビューを集めてみたのでみなさんもどうぞ。

ということで予告編をどうぞ↓

ちなみに1984年に公開されたデヴィットリンチ監督の「DUNE」の予告編はこちら↓

「面白い」肯定的な反応、口コミ評価

10点: 傑作であり、驚異的な映画化である。
『ロード・オブ・ザ・リング』以来、映画で驚かされたり、心を奪われたりしたことはなかった。
『DUNE/デューン』はスリリングで、感情的にも本物だ。この映画の最大の特徴は、観客のことを真剣に考え、単に映画の世界に引きずり込むだけでなく、ストーリーを批判的に扱っていることです
特にオスカー・イサックと若き日のティモシー・シャラメの演技が素晴らしい。
映画自体が魅力的で、息を呑むような撮影技術は神がかり的です。

9点: 『DUNE/デューン』- 素晴らしい現代のSF

ドゥニ・ヴィルヌーヴは、フランク・ハーバートが1965年に発表した幻想的なSF小説を忠実に映画化するという、何十年もの間不可能とされてきたことを成し遂げた。
そして、私はここで、彼が実際にそれを成し遂げたことをお伝えします。
私は1992年に発売されたビデオゲーム『DUNE/デューン』をプレイして、DUNEの世界に出会いました。そのストーリーにすっかり魅了された私は、本を読むことにしました。
そして今でも、私がこれまでに読んだ物語の中で最高のものの一つとなっています。
壮大なスケールとディテールに満ちた物語は、テクノロジーが発達した現在でも、映画化するのが難しいほどです。
本を読んでから数年後、公開から約10年後にデビッド・リンチ監督の映画を見ましたが、あまり楽しめませんでした。

1984年の映画は、この小説の本質を完全に捉えることができず、浅くて焦点が定まっていないように感じました。
この映画と1984年の映画の大きな違いは、ヴィルヌーヴ監督が第1作目の小説の前半部分のみを中心に描いていることです。
そして、2時間半を超える上映時間のおかげで、リンチ監督が成し得なかったような細部への集中が可能になっています。
しかし裏を返せば、この映画には結論がないということでもあります。
本を読めば、先の展開や物語の結末はわかっています。
しかし、この映画を見た多くの人、特に本を読んでいない人は、明らかに何か素晴らしいものへのプロローグを見たような気がして、それが実現しないのです。
これはヴィルヌーヴ監督にとっても制作会社にとっても非常にリスキーな行動です。
というのも、これはパート2が公開されて物語が完結した場合にのみ機能するからです。
「ロード・オブ・ザ・リング」3部作のようなものです。
それにしても、完結していないのに、この映画は何と大爆発しているのだろう。

IMAXですでに2回見ていますが、サンドウォーム、宇宙船、オーニソプター、建物、効果音、サウンドトラック、ロケーションなど、すべてのスケールが壮大です。
あらゆる意味で壮大な作品です。
そしてそのすべてが、登場人物たちの深い関係性を見失うことなく描かれています。
この映画は、巨大な素晴らしさと真の心のこもった感情を完璧に調和させることに成功しています。



俳優陣はほぼ完璧に配役されており、全員がそれぞれの役割を見事に果たしています。
ただし、何人かは十分なスクリーンタイムを得られなかったように思います。
この映画は原作に忠実に作られていますが、映画のフォーマットに合わせるために変更されたり、省かれたりしている部分もあります。
正直に言うと、IMAXで2回目に観たとき、ヴィルヌーヴ監督はこの作品をミニシリーズとして映画化すべきだったのではないかと思いました。

しかし、そうすればすべての壮大なスケールが劇的に変化しますが、一方で、彼はより深く伝説に浸ることができたでしょう。
最初の小説の半分を2時間半で描くというのは、かなり厳しいです。
また、この映画では常に様々なことが語られているため、すべてを理解してついていくのはやや難しいかもしれません。
そうは言っても、私はこの映画にとても期待していました。
この映画を30年くらい待っていました。
しかし、この映画のほとんどは、私自身が想像した通り、あるいはそれ以上のものでした。ドゥニ・ヴィルヌーヴがこの映画で成し遂げたことは、実に驚くべきことで、彼は実際に『DUNE/デューン』を作ったのです。


ついにここまで来ました。
巨大で、私が求めていたものに近いものでした。
唯一の大きな欠点は、前述したように、この映画には結論がないということです。
2時間半に渡って、何か偉大なことが起こるための準備がされていますが、それが起こることはありません。

しかし、素晴らしいサウンドトラック、確かな演技、素晴らしいCGIと音響効果、見事な撮影技術で捉えられた驚愕のロケーションが詰まった巨大な叙事詩であることに変わりはありません。
この作品は、間違いなく大スクリーンのために作られています。
それは間違いありません。
ドゥニ・ヴィルヌーヴは、彼が比類なき力を持ち、優れた映画監督であり、同世代の中で最高の一人であること、さらには歴代最高の一人であることを再び示してくれました。
私はこの映画に10点満点中9点をつけます。
パート2が必要です、とても必要です。この物語は完結するに値するものです。
しかし、もしそれが実現しないのであれば、私はこの映画をテンプレートとして、最初の小説の後半部分を想像するだけです。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


9点:  これは始まりに過ぎない正直なところ、私はいまだに「フランク・ハーバートのデューン」は映画化できないと思っています。
今日、地元の映画館で『DUNE/デューン』のパート1を見て、そのことに気づいた。
だからこそ、本を読んだ人はこの映画化を一つの芸術作品として見るべきなのだ。
この映画を見ている間は、本のことは忘れてください。
『DUNE/デューン』という本は、登場人物の考えや心の中の感情、つまり言葉にならないものが原動力になっています。
視覚的には、ある程度の範囲でしか適応できません。
ヴィルヌーブは、誰もが求める以上の仕事をしてくれました。
大多数の人が本を読んでいないことを考えると、映画にこれ以上の詳細を持ち込まないようにすることに妥協しなければならなかったと思います。
情報過多になってしまうと、ほとんどの人がついていけなくなってしまうからだ。
この映画は確かに遅いので、ドーパミンの刺激を受け続けることに慣れている人には退屈に感じるかもしれません。
映像と音響・音楽の組み合わせは心に残る美しさで、長い間心に残るでしょう。
私は全編を通して鳥肌が立つほどでした。
『DUNE/デューン』は、『DUNE/デューン』パート2への足がかりとなる作品です。
パート2、そしてもっと先へ…。
もしあなたがアクションを求めているなら、『DUNE/デューン』パート2は間違いなく待ちに待った映画です。
友達を誘って、この映画を見に行きましょう。
『DUNE/デューン』パート2を実現してください。
これはまだ始まりに過ぎません。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


9点:  カルト映画ファンのための『DUNE/デューン』レビュー

最初に少し背景を説明します。
私は過去15年ほどのアクション映画のファンではありません。
マーベル映画も、DC映画も、スターウォーズも、スタートレックも好きではない。
『フューリーロード』にも興味がありませんでしたが、シリーズの初期の作品は大好きです。
これらの作品は、一般視聴者向けに過剰に制作され、簡略化されていて、最終的には無難で面白くないと思います。
DVについては、ドゥニ・ヴィルヌーヴの初期の作品、特に「ポリテクニーク」(まだ見ていない人は必見です)が大好きですが、彼の大規模な予算を使った作品はどちらかというと嫌いで、「ブレードランナー」は全く気になりませんでした。
デニスは派手さだけで中身がないと感じていました。
しかし、私は言わなければなりません…。
私は『DUNE/デューン』をとても楽しみました(パート1…これは物語の半分だということを忘れないでください)。
その理由のひとつは、最近の大規模なアクション映画の多くが失敗しているように、演技が素晴らしいことです。
しかし、だからといってジェイソン・モモアがハマリ役で台無しにしようとしないわけではありません。
しかし、彼の下手なモグモグを除けば、オスカー・アイザック、ハビエル・バルデム、ステランなど、他の全員が良い演技をしています。
そして、ティモシー・シャラメは素晴らしい才能を持った真面目な映画の主役だと思い続けています。
また、映像ももちろん素晴らしいです。
なぜなら、デニスは…彼はその点をよく理解しているからです。
しかし、ノーランのバットマン映画のように、馬鹿げていて無償の暗さではなく、主人公の心、謎、不安にうまく入り込んでいる点が何よりも気に入っています。
『DUNE/デューン』の予告編を見て、スターウォーズの映画のようだと思いました。
心配したよ。
しかし、あらゆる大予算SFの聖域化されたトランプが、少しいじられ、気の抜けた状態にされているだけで、すべてがゴージャスに見え、聞こえるのです。
懐疑的だった私を納得させてくれました。
結局のところ、私がこの映画を気に入ったのは、この映画が主に政治と政治的陰謀について描いているからであり、それは究極的には、この象徴的な小説が何についてのものであるかということだと思います。
私は小説を読んだことがありませんし、リンチの映画も10分も見られませんでした。

『DUNE/デューン』の政治は、『スター・ウォーズ』シリーズのように、やりすぎたCGI戦闘シーンを繰り広げるための言い訳のような、単なる筆致ではありません。

政治はこの映画の中では牛肉のようなもので、ちょっとしたシェークスピアのようなものだ。

また、ヴィルヌーヴ監督はエフェクトに関しては、競合他社を圧倒しています。

彼は現在の映画界で2、3を争う技術的な職人だと思います。

彼とキュアロン…それだけです。

というわけで、『DUNE/デューン』、おすすめです。

ヌードもないし、カルト映画ファンが好むような攻撃的な作品ではありませんが、私はこの作品を推薦します。

そういったものがなくても、やはり素晴らしい作品です。

そして、パート2を楽しみにしています。

皆さんも気に入ってくれると嬉しいです。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


9点:  『DUNE/デューン』は、もっと見たいと思わせる作品だ。

パート2があってもいい。

この映画は大きい。

大画面で見るべきものだ。

映像は人を魅了し、音楽は人を魅了し、俳優は納得のいく演技をしています。

1965年に発表された『DUNE/デューン』の小説を映画化したもので、本の約半分をカバーしています。

小説はずいぶん前に読んだことがありますが、『DUNE/デューン』の世界は『コマンド&コンカー』のゲーム『エンペラー』でほとんど知っています。

バトル・フォー・デューン 政治、宗教、部族、家がある広大な宇宙です。

映画は、この壮大な設定の中に、すべてを説明しすぎることなく、しかも完全に迷うことなく配置することに成功しています。

『DUNE/デューン』の世界に初めて触れる人でも、誰が善人で誰が悪人なのかを簡単に理解でき、さまざまな名前が誰を指しているのかを知らなくても、プロットを追うことができます。

しかし、名前を知っている人が見下されていると感じるようなダブりのない内容になっています。

これは非常に難しいことですが、この映画は見事にそれを成し遂げたと思います。

『ロード・オブ・ザ・リング』と『スター・ウォーズ』の中間のような作品だと思います。

壮大で複雑な世界の中で、個人を追っていく。

映画の大部分は砂漠の惑星で展開されているので、この体験を高めるためには、素晴らしいサウンドトラックが必要でしたが、それが実現しました。

ハンス・ジマーはテネットに断りを入れて『DUNE/デューン』に参加しましたが、彼の選択は正しかったと思います。

しかし、これは映画の冒頭に書かれているように「パート1」に過ぎず、完全なストーリーにはならないことがわかっています。

終わったらすぐにパート2を見ようと思っていましたが、待つことにします。

「LOTR 指輪の仲間たち」は、「二つの塔」と「王の帰還」がなければ、物語を完成させるための重要な映画ではありません。

「二つの塔」と「王の帰還」がなければ、「リングの仲間たち」は取るに足らない映画になってしまいます。

『DUNE/デューン』も同様で、序章としては素晴らしいものだが、物語を完結させるためにはパート2がどうしても必要である。

そして、パート2はあったほうがいい。




ーーーーーーーーーーーーーーー


10点: 視覚的に見事な傑作

私にとって、『DUNE/デューン』は本当に10/10であり、それを言うことを恐れていません。2021年に公開された映画の中で最も好きな映画です。

競争相手がいないくらいだ。

視覚的に素晴らしく、アクションも良く、演出も良かった。

演技はとても信じられるものでした。

本は読んでいませんが、この映画はとても気に入りました。

登場人物や世界観をもっと知りたいと思わせてくれましたが、私の意見ではとてもしっかりした第一章でした。

本を読んでいない人でも、きっと夢中になれると思います。

何も知らなくても、壮大な外観の宇宙船や巨大なサンドウォームが嫌いな人はいないでしょうから。

さらに詳しく言うと、この映画は、近年のスターウォーズに失望している多くのスターウォーズファンを魅了すると思います。

ディズニーのスターウォーズと違って、デューンはもっと成熟していて、実際に深い伝承と興味深いキャラクターがあります。




ーーーーーーーーーーーーーーー


10点: 『DUNE/デューン』、絶対的なマスターピース

劇場から出てきたばかりだが、WOW。

絶対的なマスターピースだ。

ストーリー、装飾、音楽…あなたはその世界に入り込み、抜け出すことができません。

シャラメはこの映画を完全に支配しています。ファーガソンは素晴らしく、ゼンデイヤは絶対的なビジョンを持っています。

映画館にはこの『DUNE/デューン』が必要だったのです

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督…あなたの傑作は記憶に残るでしょう。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


10点: 映画のフランチャイズの始まりです。

私は『DUNE/デューン』を見て、とても気に入りました。

映像、演技、アクション、音楽など、私たちが求めるものがすべて揃っています。

2021年の最大の映画になるかもしれない。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


スポンサーリンク

「つまらない」否定的な反応、口コミ評価

1点: 今年一番の過大評価された失敗作…。

警告 ネタバレ

まず、『DUNE/デューン』にはフェイドは出てきません。

昨年から多くの人が疑問に思っていたことだと思いますので。

申し訳ありませんが、これが結論です。

本のファンとして、また1984年のリンチ監督の象徴的なバージョンのファンとして、今回はハリウッドが大規模な予算と適切な役柄に何人かの著名人を起用して、正しくやってくれるのではないかと非常に期待していました。

しかし、残念ながら、すべての宣伝は無駄に終わってしまいました。

気づくべきだった。

この映画は全くの無駄だ。

ハリウッドの「大金を投じて大物を集めれば成功する」という理論が続いている典型的な例だ。

そもそも、この悲しい言い訳のような映画は、まだパート1に過ぎない。

しかし、それにもかかわらず、なぜか全体的に非常に急いでいるように感じられます。

細部への配慮が全くなされていない。

リンチのバージョンと比較すると、2つの映画のどちらに本当に情熱が注がれていたかは一目瞭然です。(ヒント…それはこの作品ではありません…。)

以下の俳優はほとんどこの映画に出ていません、冗談抜きで。

ゼンデイヤ、バウティスタ、バルデム。

この3人よりもわずかに多く出演しているのが、ブローリン、モモア、スカルスガルドです。

残るは、シャラメ、ファーガソン、そしてアイザックの3人です。

彼らは良い仕事をしていますが、急いで作られた脚本のために彼らの才能は無駄になっています。

デヴィッド・リンチの40年前のバージョンは、今日の業界が可能にしている魔法のような効果に比べて、技術的には不十分であるにもかかわらず、あらゆる点で優れていると、私は心から言いたい。

ここに書かれている9点や10点の偽物のレビューに騙されてはいけません。

しかし、正直なところ、この映画は3点以下の価値しかありません。

この映画のスターパワーと予算を考えると、それはとても悲しいことです。

ここ数年、彼らが発表してきたすべての作品の伝統に従い、この作品もまた、彼らに恥をかかせるべき詐欺作品である。

フランク・ハーバートは今頃、墓の中で転げ回っていることだろう…。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


6点: 魂がない。

魂がこもっていないが、視覚的には楽しい目の保養。

現代の他の超大作映画と同じ問題がある。

登場人物への感情移入ができない。その意味では、「テネット」をよく思い出す。

『DUNE/デューン』を見ていて一番感動したのは、モモアがヒゲを剃っていることに気づいたときだった。

レベッカ・ファーグソン以外のすべてのキャラクターは、ジャガイモのような感情の幅を持っていました。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


4点: 『DUNE/デューン』は魂のこもっていない、つまらない作品

警告 ネタバレ

映像や音楽が素晴らしいのは間違いないが、脚本や演出が大失敗。

応援する人がいない。

登場人物の誰にも関心が持てなかった。

感情もありません。

物事はただ起こっているだけで、すぐに終わってしまう。

次の作品は見ないと思います、とても残念です。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


5点: 魂のないスペクタクル

私はフランク・ハーバートの本を何度も読みましたが、リンチの『DUNE/デューン』は、いくつかの欠点はあるものの、私の意見では、傑作であり、この新作よりもはるかに強力です。

ヴィルヌーブ監督の『DUNE/デューン』は、原作を現代的に再解釈したもので、若い観客や原作を知らない人たちを満足させることができるかもしれませんが、私にとっては、(最近の多くの映画のように)キャラクターやプロットなどに大幅な変更が加えられているものの、正しい心、精神、魂がなく、最大の問題は、複雑な原作の多くが、SF的な視覚的スペクタクルの中に埋もれてしまっていることです。

感想:確かに悪くはないが、ポップコーン映画としては凡庸で、ハーバートの幻想的な大作の深みが圧倒的に欠けている。

ところで、Imdbが最初から偽のレビューと無数の最高評価で溢れかえっていることは、多くのことを物語っています。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


2点: 砂の中にいるべきだった

そう、『DUNE/デューン』は壮大な映画で、登場人物を作り上げるのに時間がかかりすぎた。

147分という長さで終わりが見えず、素晴らしい音楽と純粋なCGIで作られた素晴らしい風景のシーンが延々と続きます。

なぜこんなに評価が高いのかわからないが、この種の映画は、観客を楽しませたり、アクションシーンを流し続けたりするのではなく、アカデミー賞受賞者を見たい人たちにアピールしているのだろう。

1984年版の方がずっと良かったし、もし今のようなCGIがあれば、このバージョンは比較にならないほど素晴らしいものになっていただろう。

残念なことに、現在の観客はこのような作品を望んでいるようです。デイブ・アウト!




ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


1点:  衝撃的

なぜ公開日がこれほどまでに延期されたのか、それは『DUNE/デューン』が失敗作だからだ。

もっと悪いのは、もっと良くなりたいと思っている弱い焼き直しだ。

映画館にいる間ずっと考えていた。

なぜ私は時間を無駄にしているのだろう?

なぜリンチのバージョンをもう一度見ないのだろう?

時間を無駄にしたのは私だけではなく、役者たちも同じような印象を受けた。

大げさに演じているか、カット後すぐに笑わなければならなかったことが口角の動きでわかるのだ。

このような場合には、ジマーの交換可能なスコアを単純に上げることになるが、これはもっと頻繁に起こる。

この映画の何が問題なのか?

リンチの『DUNE/デューン』は見えている以上のことを語っていたが、ヴィルヌーヴの『DUNE/デューン』は見えている以上のことを語っていない。

リンチは役者がキャラクターを演じていたが、ヴィルヌーヴは役者がCGIの代役として機能している。

リンチの作品は80年代の最大限の未来性を持っていますが、ヴィルヌーヴのピクチャーシリーズはそのルーツを理解しておらず、親切にも未来性ではなく悪いレトロ性を語っています。

さらに、ヴィルヌーヴはしばしば視聴者を間違った方向に導いてしまう。

いくつかの批評家は、アラブ文化がフリーマンを意味しているのかどうか疑問に思っている。

答えは「ノー」である。

ベルベル人に基づいて描かれています。

ベルベル人はアラブ人ではない。

ベルベル人はアラブ人ではなく、自分たちのことを「イマジゲン」と呼んでいる。

「自由人」という意味です。

実は、フランク・ハーバートの小説には、イスラム世界の末裔も登場しており、それをパロディととるか、皮肉ととるかは、見る人の目次第です。

彼らはベネ・トレイラックスである。

彼らは自分たちの女性を繁殖室として使い、他の文化については搾取されるか破壊されるべき宗教的不信心者としてしか語らない。

脚本家と監督が小説を理解していなかったため、ハビエル・バルデムがアンソニー・クインの演じるアウダ・アブ・タイの復讐者を演じています。

チャニはゼンデイヤが問題のある地域の女子高生として描いていますが、これは大画面の女神ショーン・ヤングの代わりになるとでもいうのでしょうか?

リート・カインズは性別が入れ替わっているが、小説に書かれているように女性のリエットがチャニの父親になれるのか、脚本家は説明できるだろうか?

最後に、主役の俳優は、ウディ・アレンのくだらないコメディーに出演した後、3分後には忘れ去られてしまうような、芸術家肌の繊細な若者だった。

全体的に、この大作映画の特徴は、良くしようとしながら悪くしようとする傲慢さにある。

そのため、この色気のない映画は馬鹿げている。役柄はミスキャストだし、監督も脚本も原作をほとんど理解していないし、大企業への批判も見られない。

どうかリンチ氏が引き継いでください。

6点: 視覚的に素晴らしく、中身は半分空っぽ
警告 ネタバレ
この映画が製作されると聞いた時から待ち望んでいました。
その頃にはすでに本を読み(気に入っている)、リンチ監督の『DUNE/デューン』(1984年)の映画を見ていた(それほど悪くはないと思う)。
だから、この映画がどういうものか理解していたし、ベネ・ゲッセリット姉妹とは誰なのか、Kwisatz Haderachとは何を意味するのか、なぜこのスパイスが『DUNE/デューン』の世界で重要なのかを知っていた。
冒頭から、この映画は壮大だと感じました。
カラダンやアラキスの壮大なプランは、巨大で没入感があります。
映画は雰囲気を作り出そうとしますが、デニス・ヴィルヌーヴはその点で有名です。
彼はいくつかのフィルを使って没入感のある映画を作ることができます。
音楽と映像がちょうどいい感じになっている。
では、何がいけないのか?
映画にはセリフや動機付け、世界観の構築が欠けています。
本の方が良かったとは言いたくありません。
映画はそれ自体が芸術作品でなければならない。
おそらく2つの家が対立しているのでしょう(なぜハルコン人はアトレイデスを好きにならないのでしょうか)。
どちらもかなりの力を持っていると思います。
そして、銀河系の皇帝がいて、アトレイデスにアラキスの支配を命じます。
本の中と同じですね。
しかし、そこで私たちは、紛争や世界について、一族の権力やその地位について理解を深め、アクションがアラキスにやってくる頃には、目的が理解されているのです。
映画では、この質問に対する答えはありません。
主人公の善良な一族と、名も無き醜い男爵(ハルコネン男爵の名前を知っている人はいませんか)が仕切っている悪い一族という感じです。
映画によると、それは名誉のない(私たちが彼らと同一視したくないという意味で)ただの軍国主義者の家族です。
ダンカンとガーニーの性格が全く違う。
私の主観で違うように想像していたのかもしれませんが、ここではただの空っぽです。
二人とも勇気がある。
どちらかが何かの楽器を演奏できる。
二人ともアトレイデスに忠誠を誓っている。
それが、彼らのキャラクター作りの基本です。
本の主要なアイデアは、ファイルにもありませんでした。
植民地主義についての一文と、エコロジーについて疑問を投げかけるようなシーンがあるだけで、これらのテーマで有名な本には十分ではありません。
登場人物を好きになったり、知ったり、覚えたりすることができるような、もっと没入感のあるプロットにしてほしかったですね。
現在、私は映画は家で本を見ながら見るべきだと思っています。
素晴らしいシーンを見て、素晴らしい音を聞いて、それから本の一章を読むべきです。

6点:  物語を忘れていた
『DUNE/デューン』に否定的なレビューを残し、2年間観たいと熱望していた映画にこのような低い点数をつけるのは、心が痛みます。

初めて映画の文脈で ” DUNE/デューン”という言葉を聞く人のために少し紹介します。
『DUNE/デューン』は、宇宙旅行が盛んになった時代を舞台にした60年代のSF小説です。
幼いポール(ティモシー・シャラメ)の家族は、銀河系で最も貴重な資源である「スパイス」の産地である惑星アラキスの保護を任されています。

敵対的な先住民、巨大なサンドウォーム、星間戦争などが登場する『DUNE/デューン』は、「大人のためのスターウォーズ」と評されることもある。
このベストセラーの大作(私は未読)は、1984年にデビッド・リンチによってあまりうまく映画化されませんでしたが、この2021年の映画は、すべてのファンを満足させ、新しい世代のためにこの壮大な物語を復活させる「映画化」となるはずでした。
監督のデニス・ヴィルヌーヴは、この10年間で映画製作の達人であることを証明してきました(『ブレードランナー2049』、『アライバル』、『プリズナーズ』、『シカリオ』)。
彼は、不可能を可能にし、オリジナルよりも良い結果になった名作映画「ブレードランナー」の続編を作ったことを考えると、この仕事に最適な人物のように思えました。
私が見たところ、『DUNE/デューン』は今年最大で、最もエキサイティングで、最もお金のかかる映画になるはずでした(キャストを見てください)が、私が映画を見るのにこれほど興奮したのは、3年前の「Infinity War」以来でしょう。
私はIMAX 3Dという最高の映画体験を求めて、自分の国での最初の公開日にチケットを購入しました。
3時間後、私は不機嫌なまま劇場を出ました。
よく言われるように 「私の失望は計り知れず、私の一日は台無しになった」と。
そして、2日間考え続けた結果、それは私の期待値が高すぎたからでは全くありませんでした。



彼らは物語を忘れてしまったのだ。
盛り上がるアクションが始まる前に、映画は終わってしまう。
2年と3時間待って、ナショナルジオグラフィックのドキュメンタリー「ライフ・オブ・ポール:アラキスでの苦闘」を手に入れた。
ヴィルヌーブ監督が『DUNE/デューン』を2部作にすることを最初から計画していたとは知らなかったのは認めるが、マーケティングからはまったくわからなかったのだから仕方がない。
突然の結末に観客全員が困惑した表情を浮かべていたことからもわかるように、私だけではなかったのだ。
しかし、そんなことはどうでもよくて、私は、作られないかもしれないものの3時間の紹介を見るために映画館に来たわけではない。
ヴィルヌーヴ監督はまだ続編の契約を取っていないし、この作品が十分なお金を稼いだ場合にのみ作られるだろう。
ストーリーのまとまりがなく、続編に頼りきった映画を、その続編が作られるかどうかの絶対的な確信がないままに作ることができるでしょうか?
そのような状況に直面しながら、少なくともパート1で重要なことが起こるようにして、単独の映画として見て楽しむことができるようにしないのはなぜでしょうか?
それだけではありません。
これは原作を批判しているのかもしれませんが、『DUNE/デューン』はあまりにもリアルな俳優や政治、細かいディテールを盛り込んだ作り物の歴史書のようなものです。
科学的な正確さを追求した『火星人』のように、作者は世界を考え、その世界がどのように機能しているのか、貿易、香辛料の採取、宗教、戦争……といった細かい点まで考えて、リアリズムを最大限に追求しています。
通常、作者が細部にまで注意を払うことは素晴らしいことですが、この場合はうまくいきません。
未来の世界なのに、まるで古代文明のドラマ・ドキュメンタリーを見ているような気分になります。
そうなのか?せっかく手のひらの上に宇宙の創造性があり、無限の可能性を秘めているのに、「地球の地政学」にSFの仮装をさせただけなのか?
現実の問題やパターンと密接に結びつけることで、人工的な知的境界線を設けることは、『DUNE/デューン』の創造的な可能性を著しく妨げていると感じました。
私が言いたいのは、私はニュースを見るために映画館に来たのではないということです。
悩ましいのは、この映画の映画的・映像的側面がいかに対照的に完璧であるかということだ。ロジャー・ディーキンズの作品を強く想起させるグレイグ・フレイザーの撮影技術は、これ以上のものではない。
この映画は、実現しないかもしれない映画を3時間かけて紹介するものです。
正直なところ、映画そのものよりも予告編の方がエキサイティングでした。

5点:  何でもないことを壮大に、美しく、壮大に描いた映画。
確かによくできた映画だと思います。
音楽も美しいし、惑星アラキスを見せるための砂漠の景色も印象的だ。
しかし残念なことに、美しい外観の裏には実質的に何もない。
たとえヴィルヌーヴ監督が最初の本の半分しか撮影しなかったとしても、この半分で宇宙や多くの主要・副次的なキャラクターを紹介することになっていた。
残念ながら、監督にとっての2時間半という時間は、主要キャラクターを簡単に紹介し、銀河系の状況をわずかに説明するのに十分なものでしかなかった。
脇役に与えられた時間が少なすぎます。何人かは紹介されているが、公表されていない。
特にリエット・カインズには失望した。
彼のセリフはほとんどゼロにカットされている。
結論から言うと。
『DUNE/デューン』の宇宙は非常に広大で、1冊の本でさえ、同じようなタイミングで3~4本以下の映画で撮影するのは非常に難しい。
シリーズ化したほうがいいのではないか。『ゲーム・オブ・スローンズ』のような予算で。そうすれば成功するでしょう。
映画は、美しい映像と素晴らしい音楽のためにしか見ることができません。

6点:  壮大で、映像的には素晴らしいが、退屈で感情的には空虚。『DUNE/デューン』は美しい映画です。
俳優陣はみな素晴らしく、スコア(音楽とは言えない、音楽があるのではなく、効果音や雰囲気があるのだと思う)がアクションをうまく支えている
しかし、正直なところ、この映画には何も感じませんでした。
監督がSFXを駆使しても、素敵なフレーミングをしても…。
ただ、退屈で、キャラクターが浅い。
まるで存在していないかのように。
一貫性、ドラマ、緊張感がない。
登場人物に恐怖を感じたことは一度もありません。
どんなに絶望的な状況であっても、それがないのです。
私は2時間30分の間、「わぁ、素敵だなぁ」と感じていましたが、それだけでした。
ほとんどのマーベル映画が同じような感情を与えてくれるし、実際にそれ以上の感情を与えてくれる。
なぜなら、彼らはあまり気取っていないからです。
他の何かになりきろうとすることなく、まっすぐにアクションに向かっていく。
本は読んでいませんが、正直なところ、このタイトルがなければ、そもそも本があることすら信じられないでしょう。
美しくて浅い。
それは、現代の超大作映画のほとんどがそうであるように、あなたに与えることができます。

5点: 視覚的には圧倒的だが、感情的には空虚

警告 ネタバレ

この映画が絶賛されているので、なぜDuneが私には合わなかったのか、私の考えを述べようと思いました。

まず第一に、私は本を読んでおらず、この映画を見に行ったときには原作に精通していませんでした。
予想通り、映像は非常によくできていて、『DUNE/デューン』が視覚的な魅力という点で非常にうまく機能していたという以上に、本当に何も言うことはありません。
しかし、問題は、この映画が、間違いなくきれいであるにもかかわらず、私に何も感じさせなかったということです。

主人公のポール・アトレイデスはまたしても選ばれし者で、メランコリックに宇宙を見つめることに多くの時間を費やし、ゼンデイヤの幻影をたくさん見ている(ゼンデイヤの幻影をたくさん見ているのだが、彼女がこの映画の女性主人公として売り出されたことを正当化するために、できるだけ多くの幻影を強制的に見せなければならなかったのだろうが、彼女はそうではない)。
ポールと彼の両親であるジェシカとデューク・レトを除けば、この映画に出てくるほとんどの人は、私にとっては発展性に欠け、まったくのステレオタイプに感じられました。
有名で才能のある俳優が演じるほとんどの脇役は、「灰色の兵士」や「アジア人の医者」といった基本的なキャラクターの特徴以外には個性がなく、ほとんどキャラクターとは言えない。私の知らないキャラクターが、映画の後半で私の知らない他のキャラクターを裏切っても、私は何も感じません、なぜなら彼らのことを少しも気にかけていないからです。

同じことが悪役にも当てはまりますが、それはさらに悪いことです。
この映画に登場する悪役は、ここしばらくで見た中で最もステレオタイプなものです。

最近では、「悪人で、権力に飢えていて、人を殺す」ということ以上のことを悪役に期待するようになりました。
彼らが悪人であることを強調するために、彼らは寒くて暗い悪人のような惑星に住み、なぜか巨大なクモをペットとして飼っていますが、これは彼らが悪人であることを示す以外の目的はありません。

この映画の中で生き生きとしたキャラクターはジェイソン・モモアのダンカン・アイダホだけだったが、彼はまだ未発達と言っていいだろう。
全体的に見て、決して悪い映画ではありませんが、二度と見直す気にはなりませんし、このフランチャイズの今後の作品を見る気にもなりません。

「ブレードランナー2049」や今回の『DUNE/デューン』など、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の映画にはいつも思うのですが、可能な限りの尊大で複雑な台詞を盛り込み、圧倒的な映像ですべてを包み込むことで、高度に知的な映画の傑作を見たと錯覚させていますが、実際には、この映画にはキャラクターワークや感情、そしてテンポの良さが必要だったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!