映画『エルヴィス/ELVIS』劇中で歌った楽曲紹介。あの黒人女性はブルースの神様だった?

2022年7月1日に公開される映画『エルヴィス/ELVIS』の劇中で使用されている楽曲を紹介。劇中に登場するあの黒人女性は誰?サントラを買うよりもベスト盤を購入がおすすめ!

スポンサー リンク




「VEGAS」と劇中で歌う黒人歌手は誰?

映画『エルヴィス』の劇中のバーカウンターで1人歌う黒人女性の声に痺れた方はいませんでしたか?彼女は「VEGAS」でDojacatに参加しているゴスペルシンガーの「ションカ・ドゥクレ(shonka dukureh)」。

そしてドゥクレが演じているのはブルースシンガーソングライターの「ビッグ ママ ソーントン(Big Mama Thornton)」。

彼女が歌う「ハウンドドッグ」は1956年に発売され200万枚を売り上げる超ヒットをしたが、3年後にエルヴィスがこの歌をカバーして同名で発表しさらに有名になってしまっため彼女の存在は少し薄まってしまう。

しかし彼女の歌声を聞いてほしい、映画の中でエルヴィスがなぜ黒人音楽に夢中になったのか?その理由の一端がわかるはずだ。

が、劇中でビッグママソーントンを演じた彼女の声に「うわ!すごい!」と幼少期のプレスリーのような感動を覚えた方はぜひビッグママソーントンの音楽からブラックミュージックに触れてはいかが?

なので個人的に「VEGAS」を聞いた時、Dojacatよりもションカ・ドゥクレの声にやられてしまったのは内緒である。ま

スポンサーリンク

映画『エルヴィス/ELVIS』で使用された楽曲紹介

映画『エルヴィス/ELVIS』で使われた楽曲を紹介しています。視聴した記憶を可能な限り思い出し、海外のサイトなどを巡って調査、youtubeで視聴できるものは紹介していきます。サントラに含まれている曲と含まれていない曲もありますが、とりあえずひたすら紹介していきます。

個人的に視聴後にこの記事を作成していますが、一曲一曲が素晴らしい楽曲ばかりなので、映画『エルヴィス』を視聴後にこの記事を読むともっとエルヴィス・プレスリーが好きになると思います。

A Fool Such As I

オリジナルは1956年発売。ソニー・ミュージックエンタテインメントの一部門であるRCAレコードが著作権を保有。

リリースされたのは 1956-10-19

作曲家、作詞家 ウェイン・ウォーカー
作曲家、作詞家 ウェッブ・ピアース
エンジニア ソーン・ノーガー

スポンサーリンク

How Do You Think I Feel

オリジナルは1956年発売。ソニー・ミュージックエンタテインメントの一部門であるRCAレコードが著作権を保有しています。

リリースされたのは 1956-10-19

作曲家、作詞家 ウェイン・ウォーカー
作曲家、作詞家 ウェッブ・ピアース
エンジニア ソーン・ノーガー

スポンサーリンク

Vegas Doja Cat

スポンサーリンク

Cotton Candy Land

スポンサーリンク

Strange Things Happening Every Day

Baby, Let’s Play House

I’ll Fly Away – Albert E. Brumley

スポンサーリンク

アイム・フライ・アウェイ – アルバート・E・ブラムリー・Jr.

伝説のゴスペル&センチメンタル・フレーバー

℗ 1986年 アルバート・E・ブラムリー・ジュニア

リリース日 1986-10-11

Black Snake Moan

Come Together – Gary Clark Jr. and Junkie XL

どこかで聞いたことあると思ったらジャスティス・リーグの予告編で聞いたことがある。良い曲。

Blue Suede Shoes

曲Blue Suede Shoes

アーティストElvis Presley

作詞 / 作曲Carl Perkins

Are You Lonesome Tonight

Let’s Forget About The Stars

Love Me, Love The Life I Lead

Shake, Rattle And Roll

Heartbreak Hotel

当時の貴重な映像があった。

彼が腰を振るだけで女性客からの狂ったような歓声。本当に映画通り彼の所作全てが女性を狂わせる悪魔の曲だと言われる所以が良くわかる。男性からは笑い声があるのもまさしく映画の通り。

Are You Lonesome Tonight(今夜は1人かい?)

1926年 アル・ジョルソンの曲。1950年にブルーバロンオーケストラによって演奏されボビー・ビアーズが歌いセリフ部分はジョン・マコーミックが担当。

1960年にエルビスがカヴァー(邦題 今夜は一人かい?)したところ、発売からわずか三週間で500万枚を売り上げる大ヒット。選曲には口を出さないマネージャー、パーカー大佐の奥さんが好きだったこの曲をエルビスに歌って欲しいと依頼してカバーしたため生まれたエルビス珠玉のバラードとなる。

したの動画は当時のライブ映像なのだが、このステージは1977年彼の最後のステージの映像である。映画を見た後だと結構きついお話。彼は本当にファンのために命を削った。

Blue Suede Shoes

1956年カール・パーキンスのシングルをエルヴィス・プレスリーがカバーした楽曲。パーキンスはカップルの男性が俺の靴を踏むな!と言っているのを見てインスピレーションを得た話は有名。

エルヴィスがカバーした当時、当のパーキンスは入院していたため「Blue Suede Shoes 」はエルヴィスのオリジナル曲というイメージが定着してしまったことをパーキンスは最後まで悔やんでいたらしい。

Tiger Man

Heartbreak Hotel

「ハートブレイク・ホテル」(Heartbreak Hotel)は、エルヴィス・プレスリーが1956年に発表したシングル。エルヴィスにとって初のビルボード・チャート1位獲得曲となった。後のビートルズなど、多くのミュージシャンに絶大な影響を与える曲となった。ビルボードで7週連続1位、200万枚の売り上げを突破して初のゴールデンレコードを獲得。

Working On The Building

Can’t Help Falling in Love(好きにならずにはいられない)

A Little Less Conversations (おしゃべりはやめて)

最近の人はジャンキーXLがリメイクした曲の方が知っている人が多いかも。

Viva Las Vegas

Toxic – Britney Spears

‘Rubberneckin’ – Paul Oakenfold Remix / Radio Edit

Bossa Nova Baby

Here Comes Santa Claus (Right Down Santa Claus Lane)

Take My Hand Precious Lord

Jailhouse Rock(監獄ロック)

解説
作詞・作曲は、「ハウンド・ドッグ」と同じくジェリー・リーバーとマイク・ストーラーのコンビ(この2人は、1987年にロックの殿堂の非演奏者部門に選出された)。歌詞の内容はラヴ・ソングではなく、州立刑務所のバンドをテーマにしたパーティー・ソング。2つのコードの半音進行によるイントロが印象的な楽曲で、全米チャートでは7週間に渡って1位、全英チャートでは3週間1位となり、イギリス史上初のシングル・チャート初登場で1位を獲得した曲となった。B面は「やさしくしてね(Treat Me Nice)」。
この曲はスピードがオリジナルテイク(収録したそのままの状態)から半音分落ちている。これはレコード/CDで発売されている曲と「クローズアップ・エルヴィス」を聞き比べれば簡単に認識できる。「監獄ロック」のダンスシーンの撮影中、エルヴィスの歯に被せてあった銀歯が取れ、誤って飲み込んでしまう事故が起きた。銀歯は胃に行かずに肺へ行ったため、肺から銀歯を取り出す大手術を受けた。幸い、彼自身にも喉にも影響はなかった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/より引用

Up Above My Head

Let Yourself Go

Guitar Man

If I Can Dream

Suspicious Minds

映画の影響のせいか、彼の歌っている姿に疲れを感じる。ふらつき、にやにやと笑う姿、限界を感じながらもファンのために歌っているのだろうが、無理をしているのだろう…と。

Can’t Help Falling in Love

Without A Song

Men With Broken Hearts

Unchained Melody

エンディングで流れた最後の曲。Unchained Melodyの映像があったので紹介。彼はこのステージを最後に倒れ亡くなってしまう。1977年にサウスダコタ州のラピッドシティで行われたエルヴィスのコンサートでの映像。

歩くだけでも息を切らし、命の蝋燭がもう儚いレベルに、それでも彼はファンのために歌う。

スポンサーリンク

映画『エルヴィス』オリジナルサントラ楽曲一覧

上記劇中で使用された楽曲をある程度まとめて著名人がカバーした楽曲も含まれるのがこちらの映画『エルヴィス』のオリジナルサウンドトラック。エルヴィスの声で全部聞きたいという方は普通にエルヴィスのベスト盤買った方が良い。

created by Rinker
Sony Music Japan International
¥1,956 (2022/11/28 08:57:38時点 Amazon調べ-詳細)
  1. Suspicious Minds (Vocal Intro) – Elvis Presley
  2. Also Sprach Zarathustra/An American Trilogy – Elvis Presley
  3. Vegas – Doja Cat
  4. The King and I – Eminem & CeeLo Green
  5. Tupelo Shuffle – Swae Lee & Diplo
  6. I Got A Feelin’ In My Body – Elvis Presley & Stuart Price
  7. Craw-Fever – Elvis Presley
    A girl comes to Elvis’s room.
    8.Don’t Fly Away (PNAU Remix) – Elvis Presley & PNAU
  8. Can’t Help Falling in Love – Kacey Musgraves
    Elvis kisses Priscilla for the first time.
  9. Product of the Ghetto – Nardo Wick
  10. If I Can Dream – Måneskin
  11. Baby, Let’s Play House – Austin Butler
  12. I’m Coming Home (Film Mix) – Elvis Presley
  13. Hound Dog – Shonka Dukureh
    Elvis performing live on television
  14. Tutti Frutti – Les Greene
  15. Strange Things Are Happening Every Day – Yola
  16. Hound Dog – Austin Butler
  17. Let It All Hang Out – Denzel Curry
  18. Trouble – Austin Butler
    Elvis decides to go back to being the old Elvis on the stage.
  19. I Got A Feelin’ In My Body – Lenesha Randolph
  20. Edge of Reality (Tame Impala Remix) – Elvis Presley & Tame Impala
  21. Summer Kisses/In My Body – Elvis Presley
  22. ’68 Comeback Special (Medley) – Elvis Presley
    Elvis on the stage for the Christmas special, after he decided to go back to old Elvis with his old team.
  23. Sometimes I Feel Like A Motherless Child – Jazmine Sullivan
  24. If I Can Dream (Stereo Mix) – Elvis Presley
    The second day at the Christmas special, Elvis comes up with this new song, against the colonel’s wishes.
  25. Any Day Now – Elvis Presley
    Elvis is back in popularity after the Christmas special success.
  26. Power of My Love – Elvis Presley & Jack White
  27. Vegas Rehearsal/That’s All Right – Austin Butler & Elvis Presley
    Tom hears and sees Elvis for the first time.
  28. Suspicious Minds – Elvis Presley
    The newspapers present Tom Parker’s treason to Elvis.
  29. Polk Salad Annie (Film Mix) – Elvis Presley
    Six weeks later on the scene of the international hotel, colonel Parker is trying to keep Elvis from touring worldwide.
  30. Burning Love (Film Mix) – Elvis Presley
  31. It’s Only Love – Elvis Presley
  32. Suspicious Minds – Paravi
  33. In the Ghetto (World Turns Remix) – Elvis Presley & Nardo Wick
    Ending song /
    First end credits song
  34. Unchained Melody (Live at Ann Arbor, MI) – Elvis Presley
    Opening Elvis’ last concert

まとめ

サントラの情報と劇中曲が全く違うこと、個人的にはエルヴィスが小さい頃に聞いたあのソウルミュージックの歌を知りたかったのですが調査不足なため確認することができませんでした。それでも多くの楽曲のことを知ることができたのでこれを機にぜひエルヴィス・プレスリーの音楽に触れてみてください。入門編は映画「エルヴィス」のサントラですが、最初からベスト盤買っておけば彼のヒットナンバーを垂れ流しで聞くことができておすすめ↓

エルヴィスは多くのベスト盤アルバムを発売していますが、どうやら世界的にもファンの間では「この50曲入った2枚組アルバムがあれば十分」と高評価なこちらを購入することをお勧めします。

amazonでエルヴィス50曲ベストヒットを見てみる

created by Rinker
¥1,858 (2022/11/28 08:57:40時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!