『ヴェノム2』海外の反応とレビュー評価がやっぱり低い「前作を下回るアクションかよ」

「マーベルはなぜ前作を越す努力をしないんだ?」海外で先行公開されている『ヴェノム2(ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ)』の海外のリアルな感想と評価を紹介しています。前作好きと、原作ファンで評価が全く違う点が興味深く、日本公開前にネタバレなしの海外の感想を知ってきましょう^^

え?ストーリー全部知りたい?そんな方はこちらをどうぞ↓

いやいや、さっさとラストだけ教えろ?って人はこちらをどうぞ↓

日本の作品はは
海外ではどう思われてるの?
価値観の違いが面白い!

海外の評価と反応まとめ

スポンサー リンク




『ヴェノム2(ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ)』海外の反応と評価

『ヴェノム2(ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ)』の海外のリアルな感想と評価を紹介。

予告編はこちら

「面白い」肯定的な海外の反応と評価

10/10
『ヴェノム2(ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ)』良い
期待していたよりも良かった。ネタバレはしませんが、1作目よりもずっと良く、カーネイジ役のウディ・ハレルソンも良い感じです。このソニーの新しいマーベルユニバースが最初に思ったよりも良い結果になることを期待しています。


ーーーーーーーーー


10/10
驚きの映画!
ヴェノム1も良いですが、『ヴェノム2(ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ)』は素晴らしいです! アンディ・サーキスは素晴らしい仕事をしていて、ヴェノムの全作品を監督するには最適な監督です。トム・ハーディは私たちがずっと求めていたヴェノムであり、フーディ・ハーラーソンもまた私たちがずっと求めていたカーネイジです!

これからのヴェノムを楽しみにしています


ーーーーーーーーー

8/10
1作目が好きなら、『ヴェノム2(ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ)』気に入るはず
前作よりも確実に改善されていて、前作のバカバカしさや野暮ったさを全面的に取り入れ、それをうまく表現している。多くの人がこの作品を好む理由と嫌う理由がわかります。楽しむためなら、この映画は最高だし、ついに実写のカーネイジを見ることができて感激した。

真面目に考えすぎなければ、この映画は楽しくてバカバカしい、そして言うまでもなく暴力的な体験として、多くの人に楽しんでもらえると思います。


ーーーーーーーーー

7/10
『ヴェノム2(ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ)』は
凡庸な要素とアクションの殺戮、それを補うコメディの毒気

気に入った点

アニメーション。
共生生物に命を吹き込んだデザインについては褒めてあげよう。ソニーがヴェノムの創造に取り組んだ最新作は非常に優れている。タイトなフォルム、彼を構成する黒い液体の素晴らしい流動性、そしてあのセンセーショナルな歯は、彼に命を吹き込むのに最適です。

動きは滑らかで、動きのある部分では非常にうまくいっていますし、コミカルな瞬間を演じる蔓も素晴らしいです。カーネイジが登場すると、その混沌とした赤さは、コミックのような鮮やかさはないものの、悪意ある共生体の血の要素と混沌さを確実に持っています。陰険で粘り気があり、悪魔のような刃のついた腕など、カーネージュが持つ悪夢をもう少し感じさせてくれるテンドリルの筋が入っています。

音楽:
マーベル映画のサウンドトラックは目立たないものだと思いますが、1作目と同様に、アティテュード、ビート、そしていくつかのレイヤーを持っています。

ファンファーレの効果音と一緒にシンフォニーも使われていて、スーパーヒーロー映画でお馴染みの感動的な曲が作られています。しかし、実際に効果を上げているのはラップの時間であり、それはとても素晴らしいものです。ラップビートは、Venomの世界のハードな姿勢を表現しており、Venomの姿勢に合わせて、結果を出さないエッジが効いています。

エンディング・トレイラーの曲は特にお気に入りで、コーラスの甘い音色と、ハードコアなビートをもたらすヴァースが気に入っています。

演技について
確かに他の作品のようにオスカーを受賞するようなレベルではありませんが、今回のヴェノムの年代記ではキャストの演技を楽しむことができました。

トム・ハーディは、本質的に自分自身を演じており、自分で書いたような混沌としたセリフにも自然な流れがあり、確かにハイライトです。

エディ役のハーディは、1作目で見せたような神経質で負け犬のような態度で、そのぎこちない雰囲気が、常に攻撃的なヴェノムを導く道徳的なコンパスとして非常にうまく機能しています。ヴェノムとしての彼は、まだ生まれたばかりの子供のように陽気で、断られることを受け入れられず、生き延びるためには何でも食べたいと思っています。

私は彼がヴェノムとして発するセリフが大好きで、彼がもたらす喜び、恐怖、弱さが大好きで、その解説は確かに声優の本にも載っています。

ハレルソンは相変わらず狂気の連続殺人犯クレタスをしっかりと演じており、特に彼が暗い役柄を演じるときに感じるあの不気味で不安な憧れを感じました。狂気の連続殺人鬼とは言えませんが、方向性としては十分に機能していますし、髪型も修正されていますので、その点は評価できます。彼は私のお気に入りの悪役ではありませんでしたので、彼のバックストーリーをしっかりと伝えてくれたことと、連続殺人犯の役が持つ何かへの憧れ以外には、特に言うことはありません。

ミシェル・ウィリアムズは楽しいサポート役として受賞していますが、やはり彼女はこの映画では最高に活用されておらず、私にとっては多くの面でもっと関与できたはずです。しかし、彼女が出演していた時は面白く、言葉を使わない演技と言葉を使った演技がうまくミックスされ、久しぶりにマーベルで見たユニークなコメディの瞬間をもたらしてくれました。

コメディ:
この映画の一番の魅力は、なんといってもコメディであり、それが面白いのです。
前作のように、ヴェノムとエディのダイナミックな関係はしっかりしていて、同じ声であるにもかかわらず、お互いにうまく調和しています。
積極的な性格の人がおとなしい性格の人を威圧するのはとてもうまくいっていますし、ヴェノムの物言いや嘲笑は素晴らしいコメディーの道具です。

その後、ヴェノムの内的独白をさらにうまく使い始め、その闘争的な考え方がエディの正常な回答を妨げ、特にヴェノムがエディを暴走させるのに十分な力を発揮します。最後に、ヴェノムが少しだけ運転席に座ると、ヴェノムがもう少し宇宙を探索しているような書き方になります。彼のスピーチやジョークなどが、このヴェノムの新たな視点と相まって、映画の解説と一緒に、彼がもたらしたボードビル的なユーモアに、私はまたしても興奮してしまいました。また、先ほど言ったように、ミシェル・ウィリアムズは自分の役をうまくこなし、時には小道具として、時にはすべてのスタイルを融合させる素晴らしい媒体として活躍しています
。ハレルソンがすることで笑えることもいくつかありますが、私にとっては後回しになってしまい、ヴェノムの絶え間ない会話に負けてしまいます。

クレジット中のシーン。間違いなく最もエキサイティングな部分であるVenomのエキストラシーンは、様々な意味でこのシ
リーズに大きな期待を寄せています。映画の大部分で見られた素晴らしいコメディと化学反応は健在ですが、マーベルが好んで行うコメディ的な仕上げとしてだけではありません。しかし、マーベルがよくやるコメディ的な終わり方ではなく、その背後にはいくつかのストーリーがあり、さらにダークシンビオートの未来を設定するための素敵なサプライズがあります。ネタバレを避けるためにこれ以上は言いませんが、サーキスとその会社はこの作品で賞賛されています。

気に入らない点
プロット:私の友人は気に入ったかもしれませんが、私のような他の人にとっては、プロットはまたしても急ぎ足の混乱で、キャラクターをうまく活用できていません。コメディに焦点を当てたことで、ヴェノムとエディの関係を発展させることができました。大幅な改善や革命的な何かがあったわけではありませんが、バディ・コメディのアプローチとしてはうまくいっています。

しかし、本当にうまくいかなかったのは、私がこの映画を見ていたときの彼らの人生における他のすべてのことでした。前作では重要な役割を果たしていたアンが、本作では脇役になり、彼女のプロットがコメディ要素になりましたが、それ以外はほとんどありませんでした。

エディが人生を歩み、新しい環境に適応しようとすることは、本作で起こる対立点に至るまで、なんだか急ぎ足でお粗末でした。クレタスの話は…大丈夫でした。

ヴェノムをどうやって手に入れるかという決断の原動力にはなりましたが、私が知っているクレタスのサイコな連続殺人犯として思い描いていたストーリーとは一致していなかったと言えます。また、Shriekの登場には期待が持てましたが、彼女は共生者ではないので、物語の全容にはあまり入り込めませんでした。Venomの第2弾は、他のマーベル映画のようなまとまりがなく、実行できたはずのことがまた残念です。

カーネイジは少しコントロールされすぎているように感じます。私の記憶が正しければ、いくつかのコミックやアニメでは、カーネイジは混沌としていて、致命的で、狂気に満ちた力であり、それゆえに彼はこれほどまでに暗く、脅威的な力を発揮することができたのです。しかしこの映画では、彼の使い方がそれにマッチしておらず、むしろ少し論理的になりすぎているように思います。

確かに、飢えと死を求める原始的な力が見られる瞬間はありますが、共生体とその宿主を他の方法で表現したことには感心できませんでした。彼らが狩りをしているような差し迫った恐怖はなく、夢に出てくるような危機一髪の場面もありませんでした。

彼の他の能力については、予告編で見せていたものからもっと期待していたのですが、私にはそうではありませんでした。刃物は使われているというよりもデザインされているだけで、発射されるものも最小限に抑えられていましたが、カーネイジの場合は最小限というのは通常のやり方ではありません。カーネージュは、実行するには多くの研究とディテールが必要な悪役のひとつであり、私が取った方向性はその欲求を多少満たすものでしかありませんでした。

アクション。というよりも、それがない。

『ヴェノム2(ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ)』は相変わらずコメディー色が強く、ダークな物語が成し得るアクションを取り入れることを恐れているようです。映画全体を見ると、本作で見られた時間は合計15分程度で、他のマーベル映画と比較すると寂しい限りだ。

喧嘩のほとんどはCGIによる一方的な殴り合いで、サスペンスもホラーもないので、それほど興奮したとは言えません。そして、クライマックスのエンディングは、他のマーベル映画で見たことがあるような、私にとっては当たり障りのないものでした。10分間のパンチとスラムの戦いは、スタートとしては適切ですが、私たちファンが知っているモンスターが持っている力を使っていませんでした。

狂気に満ちた緋色のシンビオートが放つ、深紅の刃のダンスはどこにあったのでしょうか?そのブレードに対抗するために環境を利用し、カーネイジの強さを相殺するトリックを使ったヴェノムの強さはどこにあったのか?カーネイジの変異はどこで進化し、私たちをさらに驚かせたのでしょうか?その答えはファイナルカットにはありませんでしたが、音を巧みに使ってホストをより多く登場させたことは楽しめました。

最後の試練は私にとっては拍子抜けで、この2つの巨人がもたらす可能性には及ばず、少なくともあと15分は必要だったし、他にもいくつかの対立点があってもよかったと思う。

『ヴェノム2(ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ)』は私には大丈夫でしたが、コミックブックをベースにした映画としては最高の出来ではありません。

確かに、この映画のビジュアルと姿勢はそこにあり、演技はその世界に命を吹き込み、確立された力学をうまく使っています。私にとっての最大の強みは、やはりコメディとミッドクレジットのシーンであり、前者はこの映画を楽しむための最大のセールスポイントとなっている。

しかし、この映画のプロットはまだ混乱しており、カーネイジの扱いは、最悪ではないものの、彼を使うことで多くの可能性を逃してしまった。見た目は素晴らしいのですが、私が知っているカーネージュと、私が見たカーネージュは、私が見たいと思っていたものとは一致しませんでした。

さらに、アクションは非常に限られており、彼らが作り出そうとしていたものを本当に満足させるものではありませんでした。このように、この映画はまあまあであり、幸いなことに、劇場に足を運んで見るには十分な特殊効果と音楽がある。この映画に対する私の点数は意外と高いのである。


ーーーーーーーーー

9/10
『ヴェノム2(ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ)』は、『Venom』と同様に大規模な作品であり、その全体的な表現はさらに過激なものとなっている。
この待望のリリースを何度も延期しながら一生懸命待っていたような後に、『ヴェノム2(ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ)』はここに来て、宣伝に応えてくれました。90年代の子供としては、史上最も威嚇的な悪役の一人をスクリーン上で初めて描いた作品を見ることができ、特にウディ・ハレルソンがクレタス・カサディを完璧に演じていたことが印象的でした。ウディ・ハレルソンがクレタス・カサディを完璧に演じていたからだ。徹底して気が狂っていて、悪意に満ちた愉快さがあった。

ストーリーは2体のアルティメットシンビオテの対決という基本的なものだが、その決闘は決して楽しいものではない。

台詞の中には、ユーモアを追求するために少しだけ馬鹿げたものもあり、それが時には、少しやり過ぎに思えることもあります。特に、ヴェノムの新しい声は、最初の声よりもはるかにおかしなものになっています。

本作の目的である映像は、モーションキャプチャーの巨匠であり監督でもあるアンディ・サーキスによって見事に再現されています。彼らは、古典的なコミックや90年代のアニメに登場したアイコニックなキャラクターの純粋なカオスと電撃戦を表現することができました。

トム・ハーディは、エディ・ブロックを再び素晴らしく演じています。また、今回はボディホラーの要素がさらに強まり、狂気的な体験に新たな要素を加えています。全体的に、多くの人が待ち望んでいた驚異的な続編であり、ヴェノムバース/ソニーバースの未来を大きく左右する作品となっています。


ーーーーーーーーー

7/10
『ヴェノム2(ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ)』思っていたよりも良かった
90年代から、この物語は映画化されるのを待っていました。ビデオゲームもコミックもあったが、実写版マキシマムカーネイジの映画というのは、はるかに遠い存在に思えた。そしてそれは…驚くべきことに、その権利よりも優れています。

派手だし、間抜けだし、トム・ハードのエディ・ブロックはまだ説得力に欠けるが、(避けられない大げさなCGIのラストを除けば)退屈はしないだろう。

ソニーの新しいマーベル映画は、ディズニー映画よりも、そして最近のDC映画よりも、はるかに良い作品に仕上がっています。お楽しみに

スポンサーリンク

「つまらない」否定的な海外の反応と評価

4/10
この続編は、派手で狂おしいほどの混乱の中にある
『ヴェノム2(ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ)』の主人公のように。この映画がどうあるべきかについて、2人の脚本家が争っていて、お互いに意思疎通ができていなかったように感じます。この続編は、超能力はプロットの要求に応じて何でもできるし、キャラクターは一貫性を気にしないし、同じジョークが何度も繰り返される、派手で狂おしい混乱状態です。Venom』の1作目が好きな人は、この作品も気に入ると思います。私はそうではなかったので、やめておきます。


ーーーーーーーーー

1/10
純粋なゴミです。私は辛くないですよ。
あなたは2つの残忍なキャラクターに注目しました。ヴェノムとカーネイジという残虐なキャラクターを、PGのコメディタッチのゴミ箱でコメディタッチのピエロに変えてしまった????? 5分ごとにダサい安っぽいジョークを言うのか?この映画はR指定の予定でした。しかし、彼らは「マーベルとの提携」により、何か素晴らしいものになるかもしれないものを破壊してしまったのです。2人の(繰り返しになりますが)残忍でアグレッシブなエイリアンのようなキャラクターをPG映画に入れてしまったのですか?これはどれほど不愉快なことでしょうか?コミックを尊重してください。!!!!! アンディ・サーキス…なぜ?高評価に耳を傾けてはいけません。彼らはマーベルのファンガールで、PGであれば何でも好きなのです。ガッカリだよ。子供からお金を巻き上げるために、PGのコメディーにしたんですね。


ーーーーーーーーー

1/10
『ヴェノム2(ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ)』
これは悪い続編の典型的なケースです。
いいえ、これは良いヴェノム映画ではありません。87分に渡って、1日後には覚えていないようなことが起こっています。


ーーーーーーーーー

4/10
カルネージ… 友情に近い
真面目な話、続編である「カルネージ」の名前を出しておきながら、全てを制限する13禁にしているのはどうかと思う。Carnageは常に暴力についての作品であり、ある程度はVenomと同じである。毒を “良い “ものにしただけでなく、カーネッジも “悪い “ものにしてしまったのです。私はこの作品にとても期待していたのですが、「何なんだ!」と言わざるを得ませんでした。

この映画はAFの低い評価であるべきだが、悲しいことに人々はくだらない映画に洗脳されていて、もはや適切な判断ができない。


ーーーーーーーーー

3/10
どうしてこんなに間違ってしまったのか。
映画が公開されて10分後、私は自分が何を見ているのか疑問に思いました。その時、これは1作目とは違うと思いました。1作目は大好きで、私にとっては8/10でした。この映画はとても的外れなものでした。誰がこれを書いたのか、どうやってこんなに失敗したのか、なぜこのような馬鹿げたことが常に起こるのかとずっと考えていました。1作目は素晴らしいストーリーテリング、コメディー、素晴らしいアクションがありました。この映画にはそれがありませんでした。

残念ながら二度と見ることはないでしょう。


ーーーーーーーーー

5/10
何もない大きな山
『ヴェノム2(ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ)』は、一発芸のようでいて一発芸ではない。映画全体が最終決戦のための時間稼ぎのフィラーであり、その決戦は期待はずれだった。確かに、市場性のあるコミックブックのキャラクター同士の対決ではあるが、それだけで終わってしまっている。悪役は未発達で面白くないし、映像はだらだらと散らかっていて、振り付けも無意味だ。統一されたスタイルやビジョンがないため、このシーケンスは大きくて醜い混乱に陥っています。通常、アクションシーンのディテールはそれほど重要ではありませんが、この映画ではそれだけに集中しています。

物語のすべてが急ぎ足で、反復的で、刺激的ではありません。物事を理解するための親密な時間がないのは、この脚本には熟考する価値のある物質が欠けているからだ。ユーモアはあるし、トム・ハーディは自分と相性がいいくらい才能があるし、CGIにも力が入っている(使いすぎだけど)。しかし、それ以外の部分では、この作品は無意味である。PG-13指定のために暴力表現が抑えられているのも不満だ。間違いなく、一部のファンボーイは、自分が知っている2つのキャラクターの平凡な戦いに満足するだろうが、映画としての『ヴェノム。映画としての『Let There Be Carnage』は、騒々しいだけの無価値な作品である。

脚本:2/10 演出:2/10 撮影:2/10 演技:2/10 7/10 編集 4/10 音響:7/10 スコア/サウンドトラック 5/10 プロダクション・デザイン:3/10 キャスティング:3/10 7/10 エフェクト 6/10

総合スコア:4.5/10


ーーーーーーーーー

5/10
レット・ゼア・ビー・キャンプ
Venom: 基本的には同じことの繰り返しなので、オリジナルのファンは楽しめますが、それ以外の人はスパイディの最も脅威的な敵の、またしてもキャンプ的な解釈に耐えなければなりません。


ーーーーーーーーー

3/10
初代『ヴェノム』の期待に応えられず
これを書いている時点で、17人のレビュアーのうち11人が8つ以上の星をつけ、ほとんどが10点を宣言しています。ああ、彼らと同じ映画を見たかったなと思います。ユーモアとアクションがミックスされたこの作品は、私がこれらのプレイヤーに触れるきっかけとなり、今作への期待感を高めてくれました。

しかし、私が手にしたのは、大量の続編の落差だった。ホストとシンビオートの間で繰り広げられるフェリックスとオスカーの争いは、無理矢理感があり、面白いというよりは飽きてしまった。また、CGIによるアクションシーンは、悪いカットと悪い照明によって著しく萎縮しており、誰が誰に何をしているのかを識別する能力が低下している。映画の名を冠するほどの殺戮を楽しむ作品ならば、その様子を鮮明に映し出してほしい。プロデューサーが欲しがっていたであろうPG-13を吹っ飛ばさずに、もっとたくさんの殺戮を見ることができたはずだ。

スポンサーリンク

まとめ:原作ファン、前作ファンで意見が違うヴェノム2が興味深い。

前作、初代を越す作品はなぜ生まれないのか?とファンは常に問いかけていますが、最終的にヴェノムが駄作と思われる理由は「子供向け作品」に仕上げてしまったからだと言う話のようです。

それでも1作目よりも面白いと言われている人はコミック版のヴェノムファンが原作通りの見事な作品だと褒めている点も忘れてはいけません。

映画作品としてか、コミック映画作品として見るかで評価が違うと言うことになりそうです。

え?ストーリー全部知りたい?そんな方はこちらをどうぞ↓

いやいや、さっさとラストだけ教えろ?って人はこちらをどうぞ↓

日本の作品はは
海外ではどう思われてるの?
価値観の違いが面白い!

海外の評価と反応まとめ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!