Netflix「彼女」ネタバレ有感想:衝撃の原作を見事に実写化、シンプルで美しくただただ悲しい。

中村珍の漫画「羣青」を原作に映画化したNetflixオリジナル作品「彼女」のネタバレ有りの感想を紹介。衝撃の内容の原作をシンプルに美しくまとめた監督。水原希子&さとうほなみの美しい逃避行は美しく悲しい。しかしヘア全開の裸体で絡み合う姿は「実用性」も高く濡れ場が多く見惚れてしまう。

Netflix映画「彼女」原作「羣青」関連記事
原作漫画「羣青」の魅力を紹介「泣かずに読める自信がない」
Netflix映画「彼女」キャスト、予告と劇中音楽のタイトルを紹介
Netflix「彼女」ネタバレ有感想:衝撃の原作を見事に実写化、シンプルで美しくただただ悲しい。

中村珍最新作:実際にリアル私生活で7人の彼女がいる中村珍の赤裸々なドキュメント漫画のレビューや、中村珍さんの今まで出版した漫画やエッセイ本などの紹介もしています。(こちらからどうぞ

スポンサー リンク




Netflix「彼女」感想:見事な実写化、ただただ悲しい。

漫画では感じることのできない美しい風景の中、2人は確かに呼吸をして生命を躍動させながら全力で「先へ」進む希望に満ちた作品だった。

美しく素晴らしく2人の逃避行は楽しめた。

なまじか原作漫画「羣青」の印象が私の中で強烈に植え付けられている。

原作「羣青」の漫画家「中村珍」はインタビューで


ルーツは「羣青」という漫画ですが「原作の再現」だけが映像化の最適解ではないので、題も人の命名も、脚本も、「彼女」を作る皆様にお任せしました。
原作に心を寄せた人が別解釈に抵抗を感じたり、逆に、原作を苦手な人が映画で愉しめたり、それぞれあると思います。
原作の人物に寄り添って頂けることも幸いですし、映画化にあたっては同じルーツの物語が別の姿で愛されるかもしれない機会を得ることに最良の意義を感じています。

と答えていた。

「別の姿で愛されるかもしれない機会」という言葉を見てどきりとしたが、それでも、私は前者の「原作に心を寄せた人」であるためどうしても原作寄りの意見になってしまった。

ラストはただただ悲しい

最後は「レイ」が勝手に警察を呼び逮捕される形で終わった。

原作では「2人同時に交番に自首をする」ラストであったため、この映画の「自己犠牲」(と感じた)ラストは釈然としなかった。原作で2人が心から解放されて自身の想いを吐露し手に書いた「助けてさびしい」というシンプルながら言えずにいた言葉の重さ。

手紙に書いた「家族になりませんか」という2人の最適解を見つけたからこそ(その叶うかは不明だが)2人は自首をする。2人の顔は覚悟を決めた顔でもあるが、希望に満ちた顔でもあった。

この時の「助けて」「家族に」「自首」この流れが長い長い2人の逃避行の締めくくりを迎える終わり方として私の涙腺を崩壊させてくれた見事な展開だったため。この終わり方で締めくくって欲しかった。

一方的にレイが七恵のために逮捕されるのはなんだか、惜しい。と感じた。これも一つの答えなのだろうが。

スポンサーリンク

原作にはない2人の関係の美しさ

何度も「原作」を引き合いに出して申し訳ない。

ただしこの2人の関係性においては「見事」だと感じた。

原作でのレイ(レズ)と七恵(メガネ)は常に緊張感のある関係だった。

メガネは本音を言えば「捕まって欲しかった」でも「感謝もしたいし謝りたい」でも言ったら終わってしまう。レイの兄家族と一緒に歩く姿を見てメガネは「あなたには私しかいないと思い込んでいた」と後ろめたい気持ち、本当は死んで欲しいが死んでほしくない、レイの後半剃刀で七恵を殺そうとするシーン(映画にはない)「殺して楽にしてあげたい。」。2人ともに本当は「愛してる」と言って欲しいし「さびしい」「助けて」と互いに言いたいが言ってはいけない雰囲気だった。

「お前らまじで何を考えてるんだ?」と読者は思い続ける。

彼女たちの次にいうセリフが全く予想できないし吐きだせば読者の私もダメージを受ける破壊力のある言葉。(それが本音だったり嘘だったり忙しいが)

人間の感情を極端に描いた原作の2人の心情は「一方的になり過ぎないあやふやな感情と思考で動いてしまう人間そのもの」が描かれていた。だから目を離せなかった。

ああ、アホなことを言う。

原作があまりにぐっちゃぐちゃな心情を描きまくっているから映画の2人の距離感も、セリフもシンプルな心情も全てが「美しい」と感じた。

もちろん良い意味だと思う。

映画の水原希子演じる「永澤レイ」(原作ではレズさん)&さとうほなみ演じる「篠田七恵」(原作ではメガネさん)は最高だ。七恵が笑うとレイも笑い、2人が笑うと私たちも幸せを感じた。漫画ほどの緊張感はないが、脚本上シンプルにしたのが功を奏したのか「レイは七恵が好きで、七恵もレイが好き」この関係性がどんな場面であれ基盤にあってくれたおかげで2人がどんなことをしても素敵で綺麗で羨ましいとすら感じる友情?愛を感じた。

音楽が美しい

この美しさは音楽のせいでもある(いい意味で)

これら音楽のせいで、素晴らしい感動的な物語になってしまった。

人を殺した直後なのに2人は開放感に満ち溢れ車を走らせるときに流れた『Only You Can Break My Heart』 / Samantha Sidleyなんかこの先に「希望」しかないのではないか?と勘違いをしてしまったほどだ。この音楽の調子で最後まで、最後まで、、、と思わせてくれた。

もちろん原作では聞くことができない音楽のおかげでこの映画は美しい作品になってしまったのだが。

Netflix映画「彼女」の劇中に流れている音楽↓

  1. テーマ曲『Indigo 1』『Indigo 2』/細野晴臣
  2. 『smile』/細野晴臣
  3. 『Only You Can Break My Heart』 / Samantha Sidley
  4. 『Shoot The Moon』/ ノラ・ジョーンズ
  5. 『LOVEFOOL』/The Cardigans
  6. 『CHE.R.RY』/YUI

この映画のおかげでSamantha Sidleyが好きになってしまった。

感謝。

Samantha Sidley唯一のアルバムに上記音楽など全てが詰まっていましたので早速購入。
楽しみ↓

水原希子&さとうほなみの裸体が美しい

野暮なことを言うが2人がこんなに大胆にヘアヌードを披露するとは思わなかった。しかもガッツリと女同士の濡れ場もお互いが受け攻め攻守交代するファンサービスっぷり。

「物語なんてどうでもいいか」とすら思わせる視聴者の期待を良い意味で裏切りまくる美しい裸体を超高画質で。

実用性は高いと思う。前後の物語は悲しみに満ち満ちているが。

学生時代のレイと七恵を演じた女優

主役の2人のプロフィール、監督スタッフの詳細はこちら
Netflix映画「彼女」キャスト、予告と劇中音楽のタイトルを紹介

高校生時代の2人がまんま水原希子&さとうほなみが若作りして出演すると思ったら2人ともに透明感のある女優を起用。

違和感の一切ない学生時代の2人の顔がとても印象的だった。

学生時代の七恵役は「植村友結」

性別
女性

生年月日
2003年11月22日

年齢
17歳

出身地
埼玉県

身長
162cm

「ちゃおガール2015☆オーディション」グランプリ受賞

主な出演作品
▼ドラマ
NTV「ブラック校則」(2019年)

▼CM
TEPCO(東京電力エナジーパートナー)「わたしの鍋」篇(2019年)

https://www.amuse.co.jp/artist/A8757/index.htmlより引用

学生時代のレイ役を演じているのは「南沙良」

生年月日 2002年6月11日(18歳)
出身地 日本の旗 日本・東京都
身長 160.9 cm
血液型 A型
職業 女優・モデル
ジャンル テレビドラマ、映画
活動期間 2014年 –
事務所 レプロエンターテインメント


映画
幼な子われらに生まれ(2017年8月26日、ファントム・フィルム、三島有紀子監督) – 田中薫 役[3]
志乃ちゃんは自分の名前が言えない(2018年7月14日、ビターズ・エンド、湯浅弘章監督) – 大島志乃 役[注 1][6]
無限ファンデーション(2018年11月17日〈MOOSIC LAB 2018〉、大崎章監督) – 未来 役[23]
21世紀の女の子「愛はどこにも消えない」(2019年2月8日、ABCライツビジネス、松本花奈監督)
居眠り磐音(2019年5月17日、松竹、本木克英監督) – 坂崎伊代 役[13][24]
もみの家(2020年3月20日、富山県では先行公開、坂本欣弘監督) – 本田彩花 役[25]
太陽は動かない(2021年3月5日、ワーナー・ブラザース映画、羽住英一郎監督) – 菊池詩織 役[26]
ゾッキ(2021年4月9日、愛知県では先行公開、竹中直人監督・山田孝之監督・齊藤工監督、イオンエンターテインメント) – 松原京子 役[27][28]https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E6%B2%99%E8%89%AF


スポンサーリンク

彼女の舞台、ロケ地

東京、千葉アクアライン

原作漫画『羣青』との違い

フォレスト・ガンプと同じぐらいの知能しかない私が気づけた原作「羣青」とNetflix映画「彼女」の違い

映画ではレイ(レズ)と七恵(メガネ)の夫との出会いと性行為から殺害シーン、メスで喉をかっきるまでの詳細。
原作では「騎乗位状態から胸に向かってナイフを突き刺す」だけのワンシーン。

映画で父親は植物人間。
原作ではすでに亡くなっている。

映画でベッドで裸になって傷だらけの体を見せてDVが発覚。
原作ではレイが七恵をマンションに送り届けた直後、旦那に窓ガラスに叩きつけられる七恵を見かけたことで発覚。

映画で別荘に行ったことで警備員から連絡を受けたレイの兄貴が訪れる。
原作ではお金のない状態で偶然見つけた10円玉で公衆電話で兄を呼んだ。

映画ではレイが警察を呼んで1人捕まる。
原作では2人で一緒に交番に向かう

映画は2人の感情や心情がシンプルに描かれている。(分かりやすい)
原作では2人はコロコロと移り変わる自身の感情や心情と葛藤し悩み続ける(どろどろのぐちゃぐちゃで見ていて辛い)

スポンサーリンク

まとめ:見事な実写化、悲しいが美しい映画

Netflix映画「彼女」原作「羣青」関連記事
原作漫画「羣青」の魅力を紹介「泣かずに読める自信がない」
Netflix映画「彼女」キャスト、予告と劇中音楽のタイトルを紹介

中村珍最新作:実際にリアル私生活で7人の彼女がいる中村珍の赤裸々なドキュメント漫画のレビューや、中村珍さんの今まで出版した漫画やエッセイ本などの紹介もしています。(こちらからどうぞ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!