ドラマ『キャシアン・アンドー』海外の感想評価まとめ「私たちが待っていた大人向けSWだ」

「世界中のSW信者が復帰した傑作!」海外で大絶賛されたドラマ「キャシアン・アンドー」海外の感想評価を紹介。海外での評価は映画『スターウォーズ』エピソード4,5,6の次に高評価という快挙!キャシアンが初登場したスピンオフ映画「ローグワン」よりも骨太で丁寧な描写や展開が絶賛され「全てのスターウォーズファンに贈る」と古参ファンからも支持を得ています。

スポンサー リンク




『キャシアン・アンドー』作品情報

配信開始日
2022年9月21日(米国)
発売国
アメリカ
配信VOD
ディズニープラス
別名
『Andor』
ロケ地
イギリス・スコットランド クルアチャン貯水池
製作会社
ルーカスフィルム(リンク先は英語)

スポンサーリンク

ドラマ『キャシアン・アンドー』海外の感想評価

IMDb 8.1/10 「ディズニーに感謝」

Andor | Official Trailer | Disney+

10/10
スターウォーズらしくないのに一番SWだ。

信じられるか同士よ。私たち古参ファンや老害と言われ続けて十数年。待ちに待ったルーカスが作ったあの骨太で余計なことは言わない最高のスターウォーズが帰ってきたよ!フォースなんてない!ライトセーバーもジェダイもいない!でも安心してほしいなぜかあなたは帰郷したかのようにこの物語にぞっこんになるだろう!なぜか匂いでスターウォーズの傑作を見ているのだとすぐに気がつくだろう!そうだ!同士よ!あの頃、私たちが訳もわからず感動したあの物語が帰ってきたんだ!ビールとドリトスの準備はいいかい?なんならあの頃の友達を全員うちによんで一緒に見るんだ!絶対にみんな歓喜の雄叫びを止めることができないから!
まだ終わってない!?
そんなことはどうでもいいんだ!とりあえず今見れるエピソードを全部見るんだ!
そして僕と同じように早く来週にならないかと仕事に没頭するんだ!

ああ!それだ!その瞬間を楽しむことできるんだ!キャシアン・アンドーのおかげで!
早く来いよ!待っているぜ同士よ!

8/10
有能なライティングチームが生み出すことのできる証拠!

スター・ウォーズのディズニー+シリーズの中で、アンドーが一番好きな作品であることが証明された。なぜなら、ストーリーテリングの基本をシンプルに提供しているからだ。キャラクターには動機と個性があり、セリフはスマートでキレがあり、賭け事は個人的でリアルに感じられる。ジェダイもシスもいない、ただ生計を立てようとする何十億もの労働者たちが暮らすブルーカラーの世界を、制作チームが見事に作り上げています。ライトセーバーの戦い、宇宙での戦い、ブラスターの戦いなど、スター・ウォーズのあらゆる派手さは、単にまともな物語を語ることに次ぐものです。その点で、アンドーは正しい方向への一歩を踏み出したと思います。

Andor | Official Trailer | Disney+

9/10
歓迎すべき新しいトーン

まず第一に、「すごい!」。この番組は、最初の2、3シーンで、この番組がより大人っぽいトーンになることを知らせて、すぐにあなたの心を掴みます。銀河系で暮らす人々の営み、帝国の忠誠者としての視点、そして銀河系を駆け巡る泥棒の姿は、とてもスリリングで刺激的です。惑星ごとに異なる文化の大小を知ることで、スター・ウォーズの銀河系に完全に溶け込み、没入することができます。
この番組のキャストは際立っています。脚本家たちは、本当に何か面白いものを与えてくれて、手に汗握る展開になるのです セットデザイン、衣装、ビジュアルはどれも見事です。このスター・ウォーズの物語に新たな変化をもたらしてくれているのです。早く続きが見たい!

10/10
ディズニーおめでとうございます

このような作品は、スター・ウォーズがどのように扱われるべきなのか?これこそスターウォーズのあるべき姿だと思います。
スター・ウォーズはこうでなくちゃ。ディズニーは古いキャラクターのストーリー展開に問題を抱えていますが、マンダロリアンのようなニュースストーリーは釘付けになりました…。この調子で残りのシリーズもお願いします。スターウォーズは、多くのファンが育ってきたように、大人のものであるべきです。今の政治的な意図で時間を浪費するのはやめて、ジョージ・ルーカスの最初の映画のように、私たちの記憶に残る時代を超えた物語を提供してください。このような事態を招いたディズニーに感謝します。

Andor | Official Trailer | Disney+

9/10
「ローグ・ワン」が映画でやったことをテレビ番組でやっている。

スターウォーズ前作の軽薄な駄作、工夫のないファンサービス、混乱したプロットやキャラクターアークの中で、ローグ・ワンがまともな映画制作の道標のように光り輝いていたのを覚えているだろうか。3つのエピソードが終わったが、「キャシアン・アンドー」はスター・ウォーズのTVシリーズで全く同じことをやっているようだ。オリジナル映画で育ったノスタルジックな大人の子供たち(あるいは前日譚3部作で育ち、それらにノスタルジックな好意を抱いている哀れな人たち)をなだめる必要性にもとらわれてはいない。フォースやハイパードライブの仕組みを(あたかも実在するかのように)「知っている」勉強熱心なオタクたちの厳しい目をくぐり抜ける必要もない。アンドーは「単に」興味深いキャラクター、プロット、ストーリーライン、ビジュアルを自由に構築し、ただただ素晴らしい物語と冒険になりつつある作品のドラマチックな枠組みを我々に与えてくれるのだ。
残念なことに、『ローグ・ワン』のように、この作品は「ありえたかもしれないもの」を思い起こさせるものでもある。このスター・ウォーズ最新作の残りの作品は、(オビ=ワンとマンダロリアンの中に、時折、腹立たしいほどの質の高さが薄っすらと見えるだけで、)どれほどひどい機会の無駄遣いになってしまったことか。
このシリーズの残りがこの素晴らしいスタートを生かし、このスター・ウォーズの第3の時代に少なくとももう1つ、きちんとした良作を残してくれることを期待したい。

9/10
私の信仰は回復した 🙂

すごい。これはマンダロリアンに続く最高のディズニーSWシリーズです。そして、素人臭いLoTR RoPをはるかに凌駕している。物語全体の世界や宇宙に対する愛と敬意、豊富な才能、そして魔法を起こす知的自由があれば、何が達成できるかを教えてくれる。
ディズニーはついにトニー・ギルロイ(ローグ・ワン)を起用したのは正しい判断だったと思います。彼なしではアンドーがここまで良くなるとは想像もつきません。興味深いことに、CGIやバーチャルなものに過度に頼らず、本物のセットを使用したことは–グリーンスクリーンに比べて改善されているにもかかわらず–本当に大きな違いを生んでいるのです。
マンダロリアンと比べると、アンドーの硬質な世界は興味をそそるだけでなく、オビ=ワンのバカバカしさや、悲しいかな、期待はずれの「ボバ・フェットの書」からの変化として非常に喜ばれ歓迎されるものである。たった3つのエピソードで、私は複数のキャラクターと1体のボロボロのドロイドにまで感情移入してしまった(もちろん、K2SOをまだ待っているのだが)。
マンダロリアンは今でも私の中で1位ですが、その理由の大部分はベビーヨーダ(私は彼を他の名前で呼ぶことを拒否します)ですが、アンドーは非常に近い2位です。最初の2エピソードはテンポが少し悪かったものの、緊張感が伝わってきます。しかし、それは世界を構築するために必要なことであり、シリーズ全体の質を落とすことはほとんどない。

Andor | Official Trailer | Disney+

8/10
アンドール – エピソード1-3 – 印象的で、ダークで、グリッティで、とてもスターウォーズではない

まず最初に、3つのエピソードを全部続けて見ること。この3つのエピソードを合わせると、シリーズを構成する1本の映画となります。
しかし、この3つのエピソードはとても短く、信じがたいかもしれませんが、少し時間がかかります。
とはいえ、これは良い作品です。とてもいい。スター・ウォーズをよりダークに、よりアダルトにしたもので、PG指定です。セットピースは壮観で、ボリュームではなく、現実の世界で実際の設定で撮影されていることがすぐにわかります。
『ローグ・ワン』を知っているならば、なぜこの映画を見るのか分かるだろう。もしそうでないなら、ぜひ見てください。アンドーが気持ちよく引き継いできたスター・ウォーズの世界を、より白黒はっきりさせるための舞台となるのです。
ネタバレはしませんが、善人が必要な時に境界線を越える、ダークで厳しいスパイ・スリラーです。

10/10
やっとスターウォーズを楽しめるようになった

オビ=ワンの大失敗の後、素晴らしい、心をつかむ予告編の後、私は慎重に楽観的になっていた。
しかし、アンドーは最初の3エピソードですでに十分に納得させることができました。エキサイティングな物語に必要なものはすべて使われていました。ローグ・ワン』までのシリーズで、カシアン・アンドーというキャラクターが成長していく様子がすでに見て取れます。
サスペンスはゆっくりと、しかし適切に始まります。風景も素晴らしい。最初の10分ですでに、これはディズニーの『スター・ウォーズ』ではないことに気づかされます。これは新しいスター・ウォーズなのだ。殺人や風俗嬢は、ディズニーに期待できるものではありません。幸いなことに、彼らはこの戦略を見直し始めています。盲目的な政治的意図から離れ、スクリーンに釘付けになるような魅力的でエキサイティングなストーリーに戻ってきたのです。
次のエピソードが待ち遠しいです。スター・ウォーズのコミュニティが私のように見てくれることを望みます。なぜなら、視聴率から見て、ディズニーは、彼らが良いものを提供すれば、ファンとしてとても受け入れることができるということを理解する必要があるからです。監督、ストーリー、演出など、スター・ウォーズ・フランチャイズに注意を払えば、コミュニティはあなたに感謝するでしょう。

スポンサーリンク

RottenTomatoes 91%:81%

Rottentomatoes

この番組が好きだ。これは何もボバとオビワンの失敗に匹敵するものではありません。この番組は時間がかかるのは認めます。しかし、私はむしろこのような番組が好きです、キャラクターを開発し、一貫性を持っている!ファンサービス、クヨクヨする瞬間、8歳の子供のための無駄な冗談はありません。ファンサービスもなく、胸が痛む瞬間もなく、8歳の子供向けの無駄な冗談もない…。今のところ素晴らしい番組だ

この数年、スター・ウォーズのコンテンツとしては最高の出来です。スターウォーズの精神とそれを支えるストーリーやキャラクター展開が全て揃っている。

このシリーズは素晴らしい SWの世界では、このような物語を待っていたのです。美しく詳細なロケーションが、面白くてよく動くキャラクターと、正統派で論理的、かつファンタジックなセリフの完璧な背景を提供しています。確かにトーンはよりシリアスですが、その分、帝国の威圧感や最初の反乱軍の絶望をようやく感じることができるのです。ペースが遅いことは全く気になりません。脚本家がキャラクターをより深く知るための時間を与えるために、より多くのエピソードをリリースすることを決定したことを嬉しく思います。少なくともあと2シーズンは見てみたいです。そのために十分な視聴者がいることを期待しています。

Andor | Official Trailer | Disney+

スターウォーズはこうでなくちゃ。カシアン・アンドーの運命を知っていても、帝国を一回ずつ反乱で止めるという彼の使命の重みを感じることができる。

皆さん、これこそ生涯のファンであるあなたにふさわしいスター・ウォーズです。これは文章、キャラクターアーク、プロット展開のマスタークラスだ。いや、ジェダイは出てきません。そう、セリフが多いんだ。そうです、注意してください。ピュー、ピュー、ブーム…」と無心になりたい人には、オビワンとボバ・フェットがすぐそこに……。楽しんでください。スター・ウォーズを、その背後にある実際の考えと配慮をもって見たいと思う残りの人たちのために、私たちは家を見つけたのです。なぜディズニーはスター・ウォーズの世界で有能なショーを作るのにこれほど時間がかかったのだろう?

この最終回(ep.6)は素晴らしいテレビだ。ローグ・ワン以来、こんなに良いスター・ウォーズを見たことがない。反乱の気配をクレッシェンドする、骨太な西部劇の独り言。ディエゴ・ルナ(カシアン・アンドー)とステラン・スカルスガルド(ルーテン・ラエル)のステキなツートンカラーのキャラクターが、スター・ウォーズの夢の下敷きを舐めている。

Andor | Official Trailer | Disney+

スターズの映画って、透明感のあるキャラクターでかなりJVなプロットが多い気がする。このような、”儚さ “と “儚さ “を兼ね備えた作品こそ、スター・ウォーズだと思います。このような、”儚さ “を持つ作品に出会えるのは、とても貴重なことだと思います。このシリーズはどうだ!

スターウォーズの中ではマンダロリアン以来、久々の最高傑作。

この番組が一番好きです。
って感じ。

ライトセーバーを持たない、工夫と交渉と努力で何とかしなければならない人たちを描いた、骨太の作品です。帝国の片隅で生きる人々の姿を描いている。

アンドーの最初の3つのエピソードは、自己満足で陳腐化し始めたフランチャイズにとって、素晴らしいスタートとなった。脚本はおおむね効果的で、演出は確実である。私たちが待っているSW作品だ。

待ってました!SWシリーズ。このままでは、このままでは、このままでは、このままでは、このままでは、このままでは

Andor | Official Trailer | Disney+

このような、「スターウォーズ」のような大人向けのストーリーを求めるのであれば、今までの「スターウォーズ」の中で一番良い作品だと思う。

ルーカスフィルムからやっとまともなコンテンツが出た。スターウォーズの面白い時代を舞台にしたとてもクールなスパイスリラー

スポンサーリンク

まとめと感想「スピンオフ嫌いにおすすめしたい」

実はスターウォーズシリーズは映画は全て見ているが、スピンオフ作品は一切見ていない。CGアニメのクローンウォーズとか、レゴとか、ボバフェット?とオビワン・ケノービはエピソードの冒頭を見て「うーん」ってなってしまい全く興味が湧かず見ていない。

しかし、本当になんとなく期待せずに見始めたこの「キャシアン・アンドー」はブレードランナーの続編か?と思うようなハードボイルドなSF感を出し興味を引いた。変な話だが良い意味でスターウォーズ感がなく、大人の試聴に耐えうる見事な美術デザインに見惚れてしまったらもう止め時を失ってしまう魅力に溢れている。

海外のレビューにも書かれていたが、”子供向けではない”が正解なのだと思う。分かりやすさとか見やすさとか省いてエピソード4/5/6のようなシンプルで奥深い世界観を台詞と美術と脚本で見事に魅せてくれた。

唯一の欠点はマジで毎週1エピソードしか配信されないということ、嬉しいのはこのドラマが何話まで続くのかを知らないので毎週ワクワクドキドキしているということ。楽しみで仕方がない。

「キャシアン・アンドー」物語ネタバレはこちらで読む←

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!