映画『NOPE/ノープ』海外の反応評価「ピール監督の空想を適切に語れていない」

「所詮一発屋監督だった」「人に混乱と喪失を与える虚無作品」ゲットアウトのピール監督最新作は賛否両論!映画『NOPE/ノープ』海外の反応評価を紹介。この映画は面白いのか?つまらないのか?8月の日本公開前に知っておきたい海外のリアルな反応を紹介していきます。

映画『NOPE/ノープ』”あれ”の正体から物語エンディングまで知りたい人はこちら

スポンサー リンク




映画『NOPE/ノープ』海外の反応評価

「予告編がピーク」と言われてしまっている映画『ノープ』ですが、海外のリアルな評価をまとめて紹介していきます。

IMDb: 7.6/10

3/10
タイトルにふさわしい…

これは、映画史上最も適切な映画のタイトルかもしれない、いや、わざわざ見なくてもいいという意味で。
なんというか、簡潔に言えば ああ、そうだ。巨大「ネタバレ」は、見なければ食べられない。この作品で、ジョーダン・ピールは次のM.ナイト・シャミランとしての地位を固めたのかもしれませんね、これは褒め言葉ではありませんよ。
「NOPE」と「The Black Phone」の二択だったのですが、「The Black Phone」を観に行くべきでした。

3/10
適切なタイトル

「Nope」は、映画を作るたびに一発屋に見えてくるジョーダン・ピールによる次の失望作である。「Get Out(ゲットアウト)」は、すべてのシリンダーとノートをヒットさせた驚くべきスリラーだった。「Us(アス)」は、驚異的な予告編があったが、考えれば考えるほど意味が分からなくなり複雑で気取ったエンディングで観客を混乱させたようだった。
「Nope』もその流れを汲んでおり、ピール監督は、もっとシンプルでわかりやすい物語の方がうまくいくはずなのに、まるで衝撃と畏怖を与える必要があるかのように無理をしているように思えてならない。

4/10
今、何を見たのかよくわからない。

今、何を見たのかよくわからない。これは私が今まで見た中で最も奇妙な映画の1つですね。いつものように、ピール監督はこの映画で、答えに近づくことなく、たくさんの疑問を投げかける。「トレマーズ」と呼ばネタバレあり

NOPE | Official Trailer

4/10
「この映画は2時間10分もあるので、決して短くて爽やかな映画ではないと言えるでしょう。」

そして、そのことに必ずしも問題があるわけでもない。しかし、問題は、その長い上映時間の中で、『ノー』が多くを語らず、何をせず、何を伝えてもいないことである。しかし、その長い上映時間の中で、「Nope」は言うことも、やることも、語ることもあまりない。」「Nope」はまさにスローバーンであり、語りたいことをじっくりと設定する。この映画の2つ目の予告編を見た人は、上空で未確認飛行物体を目撃した2人の牧場主が、運悪くお金に困っているため、そのUFOを撮影してその映像を売り物にしようとカメラを設置する話だと知っているだろう。確かに、骨太ではあるが、興味深い前提条件である。しかし、それがこの映画の真の肉、フック、プロットにつながるのだろうか?
いや、そうではない。物語は、最初の設定以上に壮大になることも、ユニークになることもない。確かに、かなり激しい小ネタがあり、ユニークでひねくれたシーンがいくつか出てくるが、上映時間が延びただけで、映画にはほとんど何もプラスにならない。ネタバレにならない程度に説明すると、その小ネタはある動物に関係するもので、狙いは理解できたが、なぜ編集でそのシーンをカットして、よりタイトで集中できるストーリーにしなかったのかと考えずにはいられなかった。「Nope」は私にとって期待はずれで、ジョーダン・ピールが-悲しいかな-一発屋になりつつあることをさらに証明するものでした。よりタイトで合理的、かつ焦点を絞ったストーリーであれば、特にこの映画が宣伝していたようなホラー映画を作る上で、素晴らしい効果を発揮したことだろう。しかし、この映画を観た人は、「Nope」の平凡さに恐怖を覚えるよりも、この映画の内容に恐怖を覚えるかもしれない、というのが私の意見である。

6/10
ジョーダンがどこへ行くのかわからない

デビュー作が素晴らしく、その後に続く作品に頭を悩ませるという、シャマラン効果をジョーダン・ピールで見ようとしているのでなければいいのだが……。ピールの銀幕作品群に、その道を歩んでいるような気がする。「ゲット・アウト」は傑作だったが、「アス」は僕には合わなかったし、「NOPE」は「ノー!」だ。
ケケ・パーマーは自分の演じた役を見事に演じきり(この映画の主役は間違いなく彼女だ)、ダニエルもそれなりに良い演技を続けていたが、映画そのものは「トワイライト・ゾーン」のようなものであった。ホラーというよりSFスリラーで、穴だらけ、答えのない質問が多すぎて、私の好みではありませんでした。ピールの映画作りに対するアプローチはシャマランに似ていて素晴らしいが、シャマラン同様、ストーリーは良い映画というには物足りなくなってきている。
ジョーダンはこの物語を夢見て、朝5時に起きて、思い出せる限りのディテールを書き留めたのかもしれない。そして、私たちの奇妙な夢のように、それらは決して意味を成さず、目覚める頃には多くの詳細を忘れてしまうのです いや、それはまるで奇妙な夢のようだった。

9/10
スペクタクル

ネタバレはありません。この映画を劇場で見るのをとても楽しみにしていました。この映画は傑作です。予告編では多くのことが分かりましたが、ジョーダン・ピールの演出が光っています。ケケ・パーマーもこの映画でエメラルド役(彼女の役名です)として光り輝いています。この映画は感情のジェットコースターになりそうです。
ダニエルにも賛辞を送りたい。

NOPE | Official Trailer

9/10
雰囲気も範囲もがらりと変わったジョーダン・ピール作品

ジョーダン・ピールの大スクリーンへの復帰は、最近のハリウッドの大失敗やMCU映画の失望を一変させる、とてつもない爽快なものだ。
ジョーダン・ピールは、近作『Nope』で絶好調だ。この作品の完成度の高さには非常に驚かされ、この作品をとても楽しむことができました。ジョーダン・ピールならきっといいものを作ってくれると信じていたが、彼は心理、スリラー、ホラーというジャンルに新たなハードルを設定した。
何から話したらいいのかわからないくらい、たくさんの感想が脳裏を駆け巡っているので、まずはシンプルに。撮影が素晴らしく、この映画は美しく、IMAXスクリーンで見ても素晴らしいものでした。この映画の脚本は、『ゲット・アウト』や『Us』の脚本より優れていると言わざるを得ません。ジョーダン・ピールの脚本の才能は、それらの映画から大きく進歩しました。俳優とキャラクターの間の会話やケミストリーはとても有機的で、自然な感じで、何も無理に感じていません。無理やり感がないといえば、コメディやジョークもすべてうまくいっていて、映画のシリアスなトーンを損なっていない。
ホラー映画で本当に衝撃を受けたのは久しぶりだったので、鑑賞体験について述べたいと思います。本当に恐ろしい瞬間がいくつもあり、さっきも言ったようにハラハラドキドキさせられました。私はあまり怖がらない方で、ジャンプ恐怖症は安っぽくて弱いと思っているのですが、この作品には純粋に飛び上がるような恐怖がありました。
この映画の唯一の欠点は、結末で少し盛り上がりに欠け、満足感も不満足感も感じられなかったことです。まだ多くの疑問があり、もう少し情報が欲しいのですが、おそらくこれらの疑問は映画の中で答えが出されていて、私はそれを見逃してしまったのでしょう。この映画は何度も見るつもりです。
これは、私の新しいお気に入りのジョーダン・ピール作品であり、彼の最近の映画「Us」より良く、「Get Out」を上回ると同時にそれに並ぶものです。この映画は8.5点か8.9点の間だと思いますが、私は半分の点数は好きではないので、この映画は純粋に私をジャンプさせる瞬間があったので、満点の9点をあげたいと思います。最初から最後まで、楽しくて、エキサイティングで、スリル満点の作品でした。ジョーダン・ピールの次回作に期待します。

スポンサーリンク

RottenTomatoes : 高評価 70%「ホラーではない」

夏の超大作の定石に新風を吹き込んだ、楽しくてサスペンスフルなSF西部劇。

この映画、怖くもなんともない。ホラーって言われて観たんだけどな

『Nope』は、コメディ、ホラー、SFを美しい映画体験に混ぜ合わせ、2022年最高の映画のひとつに仕上げた輝かしい作品である。

ピールのテンポは遅く、ストーリーは結末に向かって引きずられ、座っているだけの価値がないように思える。

NOPE | Official Trailer

この映画は、テーマと寓話にこだわりすぎて、しっかりとしたストーリーテリングの仕組みを犠牲にしている…それを捨てて、ただ完璧なサスペンスシーンで我々を圧倒することを優先すると、この映画は非常に良くなるのだ。

ピールは自分の道を切り開き、自分のスタイルを作り上げている。彼の今後の作品をパスするかと聞かれたら、正解はただひとつ…「NOPE」だ。

カッコよかったです。この映画は、ホラーというより、サスペンスです。私は大ファンですが、ゴーディーがこの映画とどんな関係があったのか知りたいです。

この映画は、「アンチクライマックス」という言葉を探しているのでしょう。この映画は、素晴らしい夢とプレゼンテーションだと思いましたが、その積み重ねは結局最後まで間違った形で崩れました。でも、この映画の高揚感はとても楽しめました。

素晴らしいキャストと非常に興味深いコンセプトだが、プロットは平坦で、成果を上げることができなかった。

この映画には、社会の人種的破壊を描くような深いものを期待しているのなら、これは違う。ただ、ジョーダン・ピールの映画です。

ホラー映画ではなく、誤解を招くような映画。私たちとは比較にならないし、出て行ってください。

スポンサーリンク

まとめ「観る人を選ぶ映画は良い映画なのか?」

いかがでしたか?

個人的には「んん?」って感じでした。ホラー映画だと思っていたのにまさかの○○が出てきた時点で「えー」となりそこからなるほど!とさすがピール監督!とはならない普通の展開で予測できるような流れで最後まで楽しみ切ることはできませんでしたが、海外でも賛否が分かれておりこれから日本で公開される日本のファンとしては・・・少し勇気が入りますね^^

「気になる○○の正体、微妙と思われる脚本の中身」を知りたい方はこちらをどうぞ↓

映画『NOPE/ノープ』”あれ”の正体から物語エンディングまで知りたい人はこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!