映画『スパイダーマン: ノー・ウェイ・ホーム 』海外の反応評価、感想「最高傑作だ」

世界で大絶賛!映画『スパイダーマン: ノー・ウェイ・ホーム 』辛口クチコミサイトRottenTomatoesで99%!IMDbで9.2点でスパイダーバースシリーズで「傑作」と言われている理由とは?海外の反応評価、感想をまとめて紹介しています。

スパイダーマン
ノー・ウェイ・ホーム
全部ネタバレ!

ヴェノムは?デアデビル参戦ってどっちの?

ヴィランは何人?誰?

誰が死ぬんだっけ?

隠しエンディングはどんな内容なの?

例の他世界のスパイダーマンって誰が?

全部わかります!!↓

スポンサー リンク




映画『スパイダーマン: ノー・ウェイ・ホーム 』作品情報

映画『スパイダーマン: ノー・ウェイ・ホーム 』の作品情報を紹介しています。

映画『スパイダーマン: ノー・ウェイ・ホーム 』あらすじ、予告動画

スパイダーマンの正体が新聞社によって暴露されてしまったピーターはドクター・ストレンジに助けを求める。
しかし呪文がうまくいかず、異世界(マルチバース)の危険な敵が現れ、ピーターはスパイダーマンであることの真の意味を知ることになる。

スポンサーリンク

映画『スパイダーマン: ノー・ウェイ・ホーム 』スタッフ

監督
ジョン・ワッツ 脚本クレジット
クリス・マッケナ … (脚本)
エリック・ソマーズ … (脚本)
スタン・リー … (原作:マーベルコミック)
スティーブ・ディトコ … (原作:マーベル・コミック)

スポンサーリンク

映画『スパイダーマン: ノー・ウェイ・ホーム 』キャスト

キャスト(クレジット順)
トム・ホランド Tom Holland … ピーター・パーカー / スパイダーマン
ゼンデイヤ ゼンデイヤ … MJ
ベネディクト・カンバーバッチ ベネディクト・カンバーバッチ… ドクター・ストレンジ
ジェイコブ・バタロン Jacob Batalon … ネッド・リーズ
ジョン・ファブロー Jon Favreau … ハッピー・ホーガン
ジェイミー・フォックス Jamie Foxx … マックス・ディロン/エレクトロ
ウィレム・ダフォー Willem Dafoe … ノーマン・オズボーン / グリーン・ゴブリン
アルフレッド・モリーナ Alfred Molina … オットー・オクタヴィウス博士 / ドック・オック
ベネディクト・ウォン ベネディクト・ウォン(Benedict Wong) … ウォン
トニー・レボロリ トニー・レボロリ… フラッシュ・トンプソン
マリサ・トメイ Marisa Tomei … メイ・パーカー
アングリーライス Angourie Rice … ベティ・ブラント
アリアン・モアエド Arian Moayed … クリーリー捜査官
ポーラ・ニューサム Paula Newsome … MIT副学長
ハンニバル・ビュレス Hannibal Buress … ウィルソンコーチ
マーティン・スター Martin Starr … ハリントン氏
J.B. スムーヴ J.B. スムーヴ … デル氏
J.K.シモンズ J.K.シモンズ … J.ジョナ・ジェイムソン

映画『スパイダーマン: ノー・ウェイ・ホーム 』

スポンサーリンク

映画『スパイダーマン: ノー・ウェイ・ホーム 』9.2点 海外の反応評価、感想「最高傑作」

スポンサーリンク

「面白い」海外の反応評価、感想

SPIDER-MAN: NO WAY HOME – Official Trailer (HD)

6/6
まぁまぁ

映画『スパイダーマン: ノー・ウェイ・ホーム 』は少しテンポが悪く、予告編で見たような宇宙を巻き込むようなワクワクするようなストーリーではありませんでしたが、確かにキュンキュンしたり、息をのんだり、笑ったりする場面は結構ありましたね。

SPIDER-MAN: NO WAY HOME – Official Trailer (HD)

9/10
記憶に残る、情熱的な、一生に一度の映画体験。

映画『スパイダーマン: ノー・ウェイ・ホーム 』は、MCUの中でも最も暗く、悲しく、感情的に消耗する作品で、私の期待を遥かに上回るものでした。

前半はテンポの問題や、時折イライラするような下手なユーモアがあったりして、ごちゃごちゃして複雑だったものの、ジョン・ワッツ、クリス・マッケナ、エリック・ソマーズは、スクリーン上で目撃された最高の(そして残忍な)スパイダーマンのアクションをいくつか見せて、これらの細かい問題を補って余りあるものを見せてくれました。

これに加えて、驚くほど首尾一貫したストーリーには衝撃的な展開があり、実際、ピーター・パーカーのアークに大きな影響を与える悪役の出番が十分にある。特にトム・ホランド、ゼンデイヤ、ウィレム・ダフォーが信じられないほど素晴らしい演技を披露している。

ファンなら何度も見返して、笑い、涙すること間違いなしの、スパイダーマンの遺産に対するノスタルジックでハートフルなオマージュ。

9/10
スーパーヒーロー大集合!!!!

スーパーヒーローの祭典! 映画『スパイダーマン: ノー・ウェイ・ホーム 』は私の期待に応えたのではなく、期待を上回ったのです。今までのMCUの中で最も感情移入できる作品。
この映画は、私たちが待たされたすべての耐え難い瞬間の価値があります。映像、音楽、感動、ストーリー、そしてもちろんファンサービス。


映画『スパイダーマン: ノー・ウェイ・ホーム 』は、これまでのどのスパイダーマン映画よりも、スパイダーマンファンを理解している。本当に、最も愛されているキャラクターを最高の形で祝福しているのだ

10/10
今年最高の映画

まず第一に、私は映画『スパイダーマン: ノー・ウェイ・ホーム 』を映画館で体験できたことにとても感謝しています。私と同じように興奮した素晴らしい観客と一緒に、彼らは拍手をしていましたし、映画はそれに値するものでした。
スパイダーマン・ノーウェイ・ホームはみんなの夢です。この映画は、おそらく『アベンジャーズ/エンドゲーム』に匹敵する面白さであると認識しています。

7/10
スパイディ映画史上、最も大きく、最も壮大で、最もエキサイティングな作品。

サム・ライミ監督による『スパイダーマン』第1期3部作は、誰にとっても特別な思い入れがある。
トビー・マグワイアのスパイディは、今大人になっている子供たちの記憶、ノスタルジーとなった。
そしてまあまあの出来の『アメイジング・スパイダーマン』

スパイダーマン映画が好きなら、マーベル映画が好きなら、ドクター・ストレンジが好きなら、そして長年スパイディ映画で見てきた悪役たちが好きなら、この映画をお祭りのように楽しめるはずだ。
とんでもないクモの巣を、超一流のスパイディが見事にぶち壊す。しかし、彼だけではありません。ホランドにとって、トニー・スタークが登場しない初めてのスパイダーマン映画ですが、それでも彼は一人ではありません。ジョン・ワッツ、マーベル、ソニーは、クリスマス・プレゼントとして、巨大な超大作スパイダーマン・サーガを一足先に届けてくれたのです。

SPIDER-MAN: NO WAY HOME – Official Trailer (HD)

10/10
大いなる力には、大いなる責任が伴う!

ピーターが帰ってきた! 誰もが彼の正体を知っている、それが問題なのだ!

これは素晴らしいスパイダーマン映画だ、いや、究極のスパイダーマン映画だ。正直言って、子供に戻ったような気分でした。戻ってくるなんて信じられない! 子供の頃が蘇り、とても嬉しかったです。

ウィレム・ダフォー、アルフレッド・モリナ、ジェイミー・フォックス、トーマス・ヘイデン・チャーチなど、豪華な面々がそれぞれの役に戻ってきたことに、興奮とともに衝撃を受けました。私はずっとトビーとアンドリューの大ファンだったので、彼らが戻ってくるのを見るのは私の人生の中で究極の時間でした。ネタバレなしでレビューしたかったのですが、それは文字通り不可能なので、ネタバレありのレビューにしました。

映画『スパイダーマン: ノー・ウェイ・ホーム 』には、過去作へのオマージュやコールバックがたくさんあり、それはとてもうまくいっていると思います。

SPIDER-MAN: NO WAY HOME – Official Trailer (HD)

10/10
驚異の結末

映画『スパイダーマン: ノー・ウェイ・ホーム 』は、3部作の驚異的な完結編であり、ホランドのスパイディとしての最高の出番である。楽しく、安全で、馴染み深いものから始まり、非常に感情的で、満足のいく、素晴らしい回想シーンが満載の作品です。スパイダーマンのすべてに対するラブレターだ。

トム・ホランドは今回も素晴らしい演技を見せてくれたが、今回はより感情的になっている。ゼンデイヤとジェイコブ・バタロンはホランドと完璧な相性を見せ、それぞれの方法で素晴らしい演技をしている。

ベネディクト・カンバーバッチは、辛口のウィットと重厚な雰囲気で、なぜ彼がドクター・ストレンジにふさわしいかを再確認している。帰ってきた悪役たちは皆、力強い演技をしているが、ウィレム・ダフォーは間違いなく、不穏で恐ろしい存在感で傑出した演技をしている。

ジョン・ワッツの演出は素晴らしく、アクションシーンは今回もスリリングでアクロバティック、前作のスタイルへのオマージュもあり、ゴージャスな映像も見られる。また、2時間30分の上映時間のうち、退屈に感じたり、長すぎるということはなく、完璧なテンポで進んでいく。

CGは非常に印象的で、弱点がほとんどない。マイケル・ジアッキーノによる音楽も素晴らしく、前作のテーマとホランドの象徴的なモチーフを絶妙なバランスで使っており、しかもそれが微妙に変化している。

10/10
感動を呼ぶ壮大な映画

映画『スパイダーマン: ノー・ウェイ・ホーム 』の前提は、スパイダーマンの秘密の正体が明らかになり、彼はドクター・ストレンジの助けを借りて事態を収拾しようとするが、そのために別の宇宙からの好ましくない訪問者が現れ、両者に問題を引き起こすというものである。

主人公のトム・ホランドは、これまで長い間スパイダーマンを演じてきましたが、私にとってはこの作品が彼のベストパフォーマンスです。この作品では、彼がどのように成長したのか、そしてこのクレイジーな世界でどのように成長してきたのか、キャラクターに真の深みを与えています。スパイダーマンをMCUのトップヒーローにするために、ホランドは多くのシーンで活躍しました。

ストーリーは本当に素晴らしい。マルチバースという要素があるため、スパイダーマンのキャラクターアークに焦点が当たらないのではと心配していましたが、この要素に釘付けです。ピーターには真のアークがあり、それは信じられないほどうまく展開し、私にとっては本当のハイライトでした。帰ってきた悪役たちに会えるのはもちろん嬉しいし、彼らは敬意を持って扱われ、そのキャラクターがさらに探求される。エンディングは当然といえば当然であり、これほどまでに感情移入したのだから、本当に得をした気分になる。

MCUの脚本はユーモアが多すぎると批判されることが多いのですが、この作品はそのバランスがうまく取れていると思います。確かに笑える場面もありますが、私にとってはシリアスでダークな部分を凌駕するものではありませんでした。

アクションシーンはとても楽しく、MCUのスパイダーマンが他のフランチャイズの悪役と戦うのはとても効果的で、楽しいシークエンスが実現されています。2時間30分という長さにもかかわらず、決して長すぎるとは感じず、正直なところ、この作品には一切の無駄がないと信じています。

全体として、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は宣伝文句に違わぬ壮大な映画である。この映画はスパイダーマンファンの夢のような映画であり、誰もが楽しめる映画である。

SPIDER-MAN: NO WAY HOME – Official Trailer (HD)

7/10
雑然としているが、エモーショナル

ネタバレなし – 第一幕は、おなじみの顔ぶれと1、2カ所の笑えるシーンに救われた、めちゃくちゃな内容だ。
しかし、映画『スパイダーマン: ノー・ウェイ・ホーム 』の最初の感動的な出来事で、すべてが変わる。まず、多くのファンサービスと奇妙なトーンの変化(MCUが皆に大泣きから次の瞬間に大笑いへと移行させたいのか、私にはまだ理解できない)、しかし常に壮大な戦いに関する非常に強い第3幕へと成長する(多少混乱はあるにせよ)。

問題はあります。すでに述べたように、ファンサービスがひどすぎるのです。何を考えているのかだけではありません。あなたが想像できるすべての瞬間を覚えていて、多くのダイアログ、多くのセリフにあり、ほとんどは「おい、俺はここにいるぞ、忘れたな」と伝えるためだけに存在しています。
しかし、主にギミックとして機能するものは、この3部作で初めて起こる、非常に優れた感情的なアークを支えています。これはまた、より良い俳優となったホランドとゼンデイヤを助け、彼らがもたらすことができるものを示す時間があります。

完璧な映画ではありません。マグワイアの最初の2作にはまだ及ばないが、この調子でいってほしい。

追記:ユーモアは相変わらず問題ですが、前作に比べれば少しはマシになりました。

8/10
美しい

この映画は独特の感動を放ち、また拍手や涙のシーンが不釣り合いなほど多い。感動と興奮、そして登場人物が全員揃っているので何も言えません。
悪役を倒すのではなく、悪役を癒すことを基本としたプロットは、意味のない始まりであってもなかなか独創的だ。
それ以外の点では、台詞が全編にわたって気持ち悪いのと、悪役の管理が甘いのがマイナスだが、最終的には期待に応えて、ファンサービスも大げさにしているので、克服できるだろう。

スポンサーリンク

「つまらない」海外の反応評価、感想

SPIDER-MAN: NO WAY HOME – Official Trailer (HD)

4/10
可能性のあったものすべてで失敗

映画『スパイダーマン: ノー・ウェイ・ホーム 』は「インフィニティ・ウォー」以来、最高のMCU作品になり得たはずだ。
スパイダーマンの素晴らしさの集大成になったかもしれない。
しかし、私にとっては、この映画の台詞、極めて一般的な戦闘シーン(ストレンジ博士のものを除けば)、強引な筋書きが、この映画を台無しにしてしまいました。確かに特殊効果は素晴らしく、キャラクターデザインもクールで、音楽も素晴らしいのですが、他のすべてがそうではありませんでした。MCUの巨大な物語に影響を与えるようなものもなかった。

インフィニティ・ウォーの前のようなMCUの大きな現象を期待しているとしたら、がっかりするでしょうね。

6/10
正直なところ、非常に残念です。

1年越しのタイトルということで期待しましたが、アベンジャーズ終盤戦に及ばず。戦闘は15分くらいかな。そのほとんどが予告編にあったもの。その後、スパイダーマンがお互いのケツを舐め合うシーンが20分ほど。だから、2時間10分のうち、良い映像は40分くらいかな。

そして、アイアンマンはスパイダーマンの1作目で正しかった。
彼はまだ準備ができていない、未熟すぎる、彼はまだ同じ間違いを犯し、その結果、人が死んだ。

SPIDER-MAN: NO WAY HOME – Official Trailer (HD)

1/10
パロディと浅いファンサービス

映画『スパイダーマン: ノー・ウェイ・ホーム 』には、スパイダーマンをソニー・ヴァースに引き戻し、MCUを脱退させるという都合の良い結末以外に、真のキャラクターの弧や展開がないのである。

ネタバレは不要で、誰もが知っている「大発見」が何なのか、さらに浅いファンサービスに過ぎないからだ。

ダラダラとしたプロット、操作的で作為的な、いわゆる最近の「ブロックバスター」に沿ったもので、私はこれを「スター・ウォーズ」の前作とぴったり比較したい。ファンの少年たちの絶賛するレビューに耳を貸してはいけない。

点数を下げるためだけに1点にしています。エフェクトは素晴らしいし、アクションも十分なので、実際の評価は6.0の長い線になる。しかし、これを最高のスパイダーマン映画と呼ぶのは(トビーの2作目が最高)、映画だけでなくコミックに対しても侮辱である。

1/10
このキャラはもういいよ

もう飽きたんだ。いつも通りマーベルの他キャラが出て、だらだらと続くこのシリーズを「歴史」と呼ぶべきなのか?
あのつまらない映画よりdcの映画の方がいい。この映画で、このキャラクターは、平坦で、退屈で、美しくないものになった。この映画で、バットマンはさらに進化している。

SPIDER-MAN: NO WAY HOME – Official Trailer (HD)

4/10
スパイダーマン3作目の呪いが再び襲う

アメイジングスパイダーマンシリーズの3作目をやらないのは賢明だったということでしょう。

オリジナルの『スパイダーマン3』ほどひどくはないが、同じ問題がある。3人のスパイダーマン、5人の悪役、そしてドクター・ストレンジを登場させるというのは、不可能に近い。考えてみれば、この作品の出来はそれほど悪くはない。

スパイダーマン3」同様、浅すぎる気がします。特にリザードとサンドマンは放置されてて苦しい。しかし、その他の人物もほとんど掘り下げられていない。

コミック映画といえども、あまり意味がない。時折、途切れ途切れになる。切り替えがうまくいっていないところもある。大学進学という10代の悩みから、多元宇宙保存、中年の人間関係の苦労、愛する人を失うこと、恋人問題、後悔と自責、…とプロットが飛ぶ。そう、1分ごとに違うテーマなんだ。

Twitter世代向けなんでしょうね、1ツイートで1テーマ。

オリジナルとアメイジング・スパイダーマンの役どころは、やや期待はずれ。確かに、いい場面やジョークもいくつかあるのですが、チャンスを逃したように感じられます。というか、もう何年もできないし、搾取されている感じもするし、そのころにはトビー・マグワイアも年を取りすぎているだろうし。だから、今回が唯一無二のチャンスだったのに、それを逃してしまった。でも、ユーモアもなく、面白いところもなく、ただただ何十分もドキドキさせるだけでは、もったいない。

スパイダーマン3」レベルの駄作から救っているのは、ユーモアがあることと、くだらなさがないこと。確かにユーモアは、ほとんどのジョークがうまく着地しないので、彼らが意図したよりもずっと、ずっと悪いです。しかし、オック博士がMJを「恋人にはなれないだろう」と言ったように、いくつかはそうなっています。スパイダーマン3』でもユーモアの試みはあったが、あまりにくだらないものであった。

ただ、5分程度の退屈なシーンがいくつかあるだけで、ほとんどのシーンは見ごたえがあります。スパイダーマンの熱烈なファンなら問題ないでしょう。そうでなければ、スパイダーマンが好きでも、それほどでもない場合は、この映画をスキップするのがベストです。MCUのスパイダーマンは前2作の方が面白いし、良い。

SPIDER-MAN: NO WAY HOME – Official Trailer (HD)

5/10
“スパイダーマン:未熟さ、愚かさ、そして彼の幼稚な行為

ティーンにはどう考えても未熟で幼稚だが、それこそがスパイディーを引き出そうとした変遷だったのかもしれない。だから、みんなを救いたい、世界を救いたい、あれもこれも救いたい、たとえそれがクソになり何人も死んでも、ドクター・ストレンジのキューブを手に入れて解決したい、と思うようになる。

ファンにとっては、商業的なマニアックさを追求した映画はどれも8点か9点だが、一般観客にとっては4点か5点かミーハーである。それを消化しなければならないのです。

最近のMCUとDCの世界では、純粋に愚かなことが行われています。ビデオゲーム的なナンセンスさを持ち込んで、コミックブックのストーリーで包んで、純粋に人間的なストーリーを欠いている。

スパイダーマンは大好きだし、原作のスタン・リーから人間味のある物語を作ろうと思って始まったのに、今はどのフランチャイズも良い映画と呼べるほどではない。中身よりスタイル」「定型」「残り物」の映画ばかりです。

1/10
ひどい

この映画『スパイダーマン: ノー・ウェイ・ホーム 』はただのファンサービスです。トビーとアンドリューはこの映画で大した役割も果たしてない。
ストーリーもテンポも演技もとにかくひどい。ゼンデイヤとネッド役の人(忘れっぽくて名前覚えられない)がとにかくひどい。
演技力を鍛えなければならない。トム・ホランドがまたアイアンボーイjrを演じている。
間違ったことをした懐古主義の餌に金を使うなら、この映画を見に行けばいい。

SPIDER-MAN: NO WAY HOME – Official Trailer (HD)

1/10
今まで観た映画の中で最低の映画

スパイダーマンシリーズの中で一番ひどい。スパイダーマンはどの部分も好きだが、この映画は期待したほど良くない。スパイダーマンシリーズはこれで終わりなんだと思う。

2/10
子供っぽい、予想通り

No Way Homeには非常に失望した。マーベル3部作の中で最低のスパイダーマン。非常に幼稚なストーリーとドラマ。実際、この映画はパーカーの不必要なほど愚かな失敗と、その時に物事を正したいと思う気持ちを描いているだけである。

このストーリーはMCUに何の利益ももたらさなかった。この映画を見なければ、MCUにとって何も見逃すことはないでしょう。フェーズ4の時系列を理解する上でも役に立ちません。

この映画の唯一の目的は、昔のスパイダーマンとその敵を復活させることだったとも言える。これらの俳優を知らないと全く面白くありません。

最後に、ドクター・ストレンジの呪縛から解放されたピーターがMJに会うシーンがあります。彼はカフェで彼女に話しかけ、額に絆創膏を貼っているのを見ます。なぜ彼はその痣がどうしてできたのか聞かないのでしょう?彼女はきっと、前日のスパイダーマンとの戦いのせいだと答えるだろう。なぜパーカーは、スパイダーマンのコスチュームを着た自分なら知っているはずだと言わないのか?まったくもって意味不明です。最後の最後でストーリーに論理的な間違いがあるように思えます。

スポンサーリンク

まとめ:映画『スパイダーマン: ノー・ウェイ・ホーム 』 海外の反応評価、感想

いかがでしたか?全体的な評価は9点と高得点なのですが、人によって原作スパイダーマン好きからするとファンサービスが半端であること、MCU独自路線と偏った(しかも笑えない)ジョークが満載なのが不満があるようです。

しかし脚本やアクションなどについては見事と誉めている人が多く、全体的に「スパイダーマン映画史上最高評価点」をもらっただけのことはある評価レビューが多いですね。

スパイダーマン
ノー・ウェイ・ホーム
全部ネタバレ!

ヴェノムは?デアデビル参戦ってどっちの?

ヴィランは何人?誰?

誰が死ぬんだっけ?

隠しエンディングはどんな内容なの?

例の他世界のスパイダーマンって誰が?

全部わかります!!↓

ネタバレ関連記事はこちら

まだ日本公開前の海外で先行公開された最新映画ネタバレを楽しみたいならこちらをクリック

時間がバターのように溶ける
日本未公開最新映画の
超ネタバレまとめ↓

あの映画は海外ではどんな評価をされているのか?気になる海外のリアルな映画の感想まとめはこちらをクリック

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!