映画【ハウス・オブ・グッチ】海外の反応評価、感想「リドリー監督史上最悪の駄作」

「レディ・ガガは素晴らしい演技をした」「彼女のせいで作品の質が落ちた」など映画、音楽ファンで賛否が綺麗に分かれている映画【ハウス・オブ・グッチ】の海外の反応評価、感想を紹介。リドリー・スコット最新作の本作は「最後の決闘裁判」の7.6点を大きく下回る7.0点となっている理由が分かります。

そんなのはいいからさっさとハウス・オブ・グッチの結末まで全部の「ネタバレ」を知りたい方はこちらをクリック↓

【映画】海外の反応関連記事

あの映画は海外ではどんな評価がされているのか気になりませんか?

面白いと思ったのは自分だけなのか、海外のリアルなレビューを集めた好奇心が止まらなくなる記事の数々を楽しんでください^^

もっと海外の
レビューを読もう

スポンサー リンク




映画【ハウス・オブ・グッチ】作品情報

映画【ハウス・オブ・グッチ】作品情報を紹介。

映画【ハウス・オブ・グッチ】あらすじ予告動画

貧しい家庭で育ったパトリツィア・レッジャーニは財産目当てで「グッチ」創業一族出身のマウリツィオ・グッチに接近して結婚。冷酷な彼女は一族の内紛、裏切り、退廃、復讐を利用する。グッチ家の経営権を握っていくが夫との関係が悪化。そしてそれは有名な「マウリツィオ暗殺事件」に発展していく。

映画【ハウス・オブ・グッチ】は貧しい出自のパトリツィアが巨額の資産を持つグッチ一族に嫁ぎ、内部からグッチを崩壊(具体的には経営能力がないのに代表になる、オリジナルバックを発売、最終的にはアラブ資本にグッチを売却するなど)させ、最終的に邪魔になった夫を暗殺する過程を暴露本を原作とした映画作品。

スポンサーリンク

映画【ハウス・オブ・グッチ】スタッフ

監督
リドリー・スコット

物語・脚本
ベッキー・ジョンストン … (脚本)
ベッキー・ジョンストン … (ストーリー)
サラ・ゲイ・フォーデン … (原作)

監督は『エイリアン』『ブレードランナー』『グラディエーター』『ハンニバル』『ブラックホーク・ダウン』など多くのアカデミー賞常連のリドリースコット。

が、個人的には私のような人間でもシンプルに楽しめるようなエンタメ作品よりは重い映画作品を量産している印象。

2021年に公開された「最後の決闘裁判」7.6点と評価は高いが一般受けしたとは言えず「長く暗い玄人向けの映画」と評価されている。

同年公開された本作映画【ハウス・オブ・グッチ】の評価は7.0点と低い。有名ブランド「グッチ」一族の栄華と衰退、崩壊への興味が薄いのか週末興行収入ランキングでは4位(2021年12月1週目)と大きく出遅れている。

スポンサーリンク

映画【ハウス・オブ・グッチ】キャスト

レディー・ガガLady Gaga … パトリツィア・レッジャーニ
アダム・ドライバー Adam Driver … マウリツィオ・グッチ
アル・パチーノ Al Pacino … アルド・グッチ
ジェレミー・アイアンズ Jeremy Irons … ロドルフォ・グッチ
ジャレッド・レト Jared Leto … パオロ・グッチ
ジャック・ヒューストン Jack Huston … ドメニコ・デ・ソーレ
サルマ・ハエック Salma Hayek… Pina Auriemma
アレクシア・マーレイAlexia Murray … Silvana Reggiani
ヴィンセント・リオッタ Vincent Riotta … フェルナンド・レッジャーニ
ガエタノ・ブルーノ Gaetano Bruno … フランコ
カミーユ・コーティンCamille Cottin … パオラ・フランキ
リーブ・カーニー Reeve Carney … トム・フォード
フローレンス・アンドリュース Florence Andrews … ジェニー・グッチ
アンドレア・ピエディモンテ・ボディーニ Andrea Piedimonte Bodini … イヴァノ・サヴィオーニ
ヴィンチェンツォ・タナッシVincenzo Tanassi … Benedetto Ceraulo
マウロ・ラマンティア Mauro Lamantia … マックス
ニコル・バーニ・サルキュートNicole Bani Sarkute … アレッサンドラ(3歳)
ピエトロ・ラグーザPietro Ragusa … サルサナ伯爵

スポンサーリンク

映画【ハウス・オブ・グッチ】7.0点 海外の反応評価と感想

面白いことに映画【ハウス・オブ・グッチ】海外の反応評価、感想が綺麗に分かれています。

主に主演のレディーガガの演技に対してです。

野望を持ってグッチ家に嫁いだ毒女パトリツィアを史実に基づいて演じた彼女の演技は作品に花を添えたかのように演技を称賛されており、アルパチーノやジャレットレトを差し置いてオスカー候補と言われています。

が、その反面彼女の演技は学芸会と批判する声も多く、彼女のせいで質が落ちた作品、リドリースコット作品で最も駄作。とまで言われる始末。

みなさんはどう感じますか?

スポンサーリンク

「面白い」肯定的な海外の反応評価、感想

https://www.youtube.com/

10/10
ハウスオブグッチはとても良い

映画【ハウス・オブ・グッチ】はとても良かったです。レディー・ガガは間違いなくこの映画を体現していました。彼女のアクセントはカンペキで、画面に存在感があります。音楽の選択も的確です。ガガとアダムのカリスマ性は期待通りのものであり、十分に発揮されていました。
映画【ハウス・オブ・グッチ】は、賞に値する映画です。

8/10
ガガはパトリツィアを見事に演じている。

映画【ハウス・オブ・グッチ】はメロドラマ的でありながら、カリスマ性に溢れ、個性的で、紛れもない魅力があり、自分のキャラクターに完全にコミットしている。映画【ハウス・オブ・グッチ】はガガの映画であることに間違いはなく、彼女はそれを忘れさせません。レディー・ガガは、そのパフォーマンスで私の心を揺さぶりました。

パトリツィア・レッジャーニを演じたパワフルなガガを、オスカー候補に加えなければなりません。レディー・ガガのオスカーノミネートは間違いないでしょう。

この映画のすべてが最高です。セットデザイン、撮影、そしてグッチの衣装はとんでもなく豪華です。リドリー・スコット監督のドラマチックな映画で、とても楽しい作品です。この映画は、派手なパフォーマーを求めており、豪華なキャストが、グッチの世界の過剰さ、法外さ、贅沢さ、過大さ、過剰な量を見事に表現しています。優れた娯楽映画です。

https://www.youtube.com/

7/10
家族のよろこび

愛と憎しみに満ちた(実際のストーリーと同じように)、今年最も意見の分かれる映画のひとつになるだろうと覚悟してください。

この映画では、いくつかの演技を「ハマリ役」や「大げさ」と表現するのは簡単ですが、それは第一印象に過ぎないでしょう。

レトが演じたパオロは、他の人物と比べて非常に突出しています…しかし、彼はエキセントリックな人物として知られており、せいぜい家族から見下ろされている程度でした。彼の性格やアプローチは、父アルドの古いスタイルや、叔父のロドルフォや従兄弟のマウリツィオの堅実な性格とは全く対照的であった可能性が高いと思われます。

パトリツィア役のレディー・ガガは、家族とビジネスを再構築するための計算されたアプローチにおいて、狡猾で抜け目がありません。彼女は、自分の行きたいところに行くためには、どんなゲームでもする。前半の彼女の演技は本当に素晴らしいものでした。パチーノは、長年にわたってハマリ役を演じてきた俳優ですが、この作品では自分の役柄とキャラクターを完全に把握しており、見ていてとても楽しいです。

しかし、グッチ・ファミリーはここで描かれているように、70年代、80年代に偽造品や模造品の増加が抑えられたかどうかは、研究に値する分野かもしれないが、これはビジネスの原理のケーススタディというよりは、家族の力学のケーススタディである。このストーリー構成に異論を唱える人の気持ちもわかるが、私にとってはエンターテイメントとしての価値で十分だった。グッチのキャッチフレーズにあるように、「品質は、価格が忘れられた後も長く記憶される」が、裏切りや不誠実さは、素晴らしい劇場(とファッション)を提供しながらも、決して忘れられることはない。

10/10
映画【ハウス・オブ・グッチ】には様々な要素が含まれています。

演技のマスタークラスであり、美しい美的感覚を持つ映画であり、写真や衣装のデザインであり、(語られている本当のストーリーと同じくらい)かなりクレイジーな脚本であり、そして何よりも、最も重要なことは、エンターテインメントのレッスンであるということです。愉快な瞬間、象徴的なシーンやフレーズ、そしてたくさんのドラマが盛り込まれた、本当に面白い作品です。

この映画の最大の特徴は、パフォーマンスにあると言っても過言ではありません。アダム・ドライバーは見慣れない役を演じ、アル・パチーノはアル・パチーノの素晴らしさを存分に発揮し、サルマ・ハエックは最近では最高の役を演じています。

そしてもちろん、映画2度目の主演となったレディガガにも拍手を送りたいと思います。彼女は、パワフルでカリスマ性があり、何よりも魅力的なキャラクターに命を吹き込んでいて、スクリーンに登場すると目が離せなくなります。

https://www.youtube.com/

10/10
一流のエンターテイメント作品

素晴らしく、面白い作品です。今まで見た映画の中で最も面白く、最も心を掴まれる映画の一つです。予告動画が素晴らしく私たちの心を掴んだので友人と見に行きましたが大正解です。見てよかった。映画の撮影、ストーリー、脚本、演出は完璧でした。しかし、最も重要なのは、関係者全員の素晴らしい演技であり、特にレディー・ガガはすべてのシーンを独占していました。

9/10
よくできた深みのある映画で、スタイリッシュに仕上げられていて、栄枯盛衰を表現している!

映画【ハウス・オブ・グッチ】は、グッチ帝国のファミリーを描いた、よくできたバイオタイプの映画だと思います。レディー・ガガと彼女が演じるパトリツィア・レッジャーニが身に着けている衣装と服は、エレガントな優雅さとスタイルでこの映画を引き立てています。

映画界のベテラン、アル・パチーノ、ジェレミー・アイアンズ、ジャレッド・レトがグッチ家の人々を好演しています。レディー・ガガはこの役で非常にエレガントでセクシーな演技を見せています(彼女の過去最高の演技のひとつで、さらに黒いブラジャーをつけたシーンは非常にセクシーです!)。この映画は、ある一族の帝国の現実の盛衰を描いた優れたバイオタイプの物語であり、ドラマに加えて、スタイリッシュで深みのある方法で楽しませてくれます。

8/10
ガガは輝いている、彼女の才能は無限だ。映画は?あまり良くない。彼女にはもっといいものがありますよ

この映画は、もっともっと良くなるべきでした!誤解しないでください。しかし、ガガの素晴らしい演技のおかげで、誰にとっても価値のある作品になりました。

彼女の次の作品が待ち遠しいです。彼女は素晴らしいです。

他のキャストもとても良い演技をしています。

8/10
予告を見ない方が楽しめるだろう。

映画【ハウス・オブ・グッチ】の予告動画ではレディガガが夫に対して冷酷に暗殺を依頼する過程が描かれておりミステリー寄りな作品かな?と私のような単純な人物にはそう感じてしまった。しかし蓋を開ければ華麗なるギャッツビーのようにグッチの繁栄、衰退、頂点から地の底まで分かりやすいエンタメ作品でもなく、、淡々と裏切りと陰謀と、金と愛憎が描かれるだけの思っていた作品とは少しずれを感じてしまった。

もちろん楽しめたし、面白いという以外の言葉は見つからない良い映画作品だったのだが、やはり初めに予告で期待してしまったため減点せざるを得ない。

スポンサーリンク

「つまらない」否定的な海外の反応評価、感想

https://www.youtube.com/

3/10
多分私はレディーガガが嫌いなのだ。
彼女は今も歌手である。彼女の音楽を知らない人の方が少ないことも知っている。そして私は彼女の音楽が嫌いである、パフォーマンスの一環として服を脱いだり、奇抜な格好をするのも私にとっては嫌悪感しか生まないのだ。人それぞれあるだろうが、少なくともこのことをしておいてほしい。

私は映画が好きだ。時間を忘れ、その数時間の間現実とは違う世界に入り込み移入するあの時間が大好きなのだ。しかし今回は私の、映画の世界を侵すかのような存在が目立っているレディーガガだ。

申し訳ない、映画は素晴らしい。面白い。私も好きなグッチ一族の有名なスキャンダラスな内部をリドリースコット監督が描いた作品。これだけで私は満足だった。(どんな作品になるのであれ。)

だが、どういうことだろうか。

歌手のレディーガガが画面いっぱいに写っている。

私は夢を見ているのか?

歌手が映画の邪魔をするな、彼女の政治的発言も相まってこの作品を駄作に、地の底にまで貶めている。リドリースコットも政治的な絡みからは抜け出せないのか?

1/10
なぜレディー・ガガ?

レディー・ガガが出演しているのはなぜですか?彼女は俳優ではありません。

2020年のバイデン政権の誕生に協力したことへの「裏金」ではないでしょうか。他の多くの有名人(裏切り者)と同様に、彼女も1月の政権発足に参加しています。

https://www.youtube.com/

1/10
ガガの学芸会での演技

映画【ハウス・オブ・グッチ】でのレディーガガは歌手のイメージからは到底抜け出せて見事な演技をしているとは言えない。演技は大げさで、現実味がない。これではせっかくの作品も台無しです。アダム・ドライバーの演技は最高なだけに、なぜレディーガガを配役したのか不思議で仕方がない。

6/10
アル・パチーノとジャレッド・レトは見事だったが

映画【ハウス・オブ・グッチ】は全体的に、すべての材料は揃っていたが、この映画は盛り上がらなかったようだ。この映画にはいくつかの問題がありましたが、最も目立った問題は、主役の「グッチ」が行方不明になったことです。私が観たかった(見せて欲しかった)グッチブランドの魅力、ファッション、ブランド、ファッショニスタ、これらすべての話題が欠落し、私たちはスパゲッティについて議論するイタリアの家族のようになってしまいました

約45分から2時間37分までの間、全体的にたるんでいて、ぎこちなく、ぐずぐずしていて、ドラマの推進力を失っていました。

では、具体的な問題点を挙げていきましょう。

このような映画は、レディー・ガガのテレビ的な演技方法に頼ることはできません。それは、彼女の範囲をはるかに超えているため、彼女にとってとても不公平です。私は、サルマ・ハエックとレディー・ガガが入れ替わったらどうかと提案しましたが、これならうまくいったかもしれません。過剰な批判をするつもりはありませんが、レディー・ガガの演技には2つの重要な点が欠けています。第一に、洗練された表面とキャラクターは不毛な人工物であり、目には何も映らず、書き込まれた数字による感情を表しています。これは『スター誕生』の繰り返しで、ブラッドリー・クーパーの時も同じような不毛さを感じました。

脚本は最悪で、何も起こりませんでした。もし何かを起こせないのであれば、それは映画の脚本でもなければ、実際に映画でもありません。

https://www.youtube.com/

音楽も最悪でした。

アル・パチーノとジャレッド・レトの演技は素晴らしかった。アダムは良かったですが、この役では彼の幅は限られていました。

レディー・ガガの「A」の顔も「B」の顔も見たし、この拷問が終わる前に「C」の顔も見ることができるだろうか、と。私はこの作品をスキップしたいのですが、アル・パチーノのおかげでチケットを購入する価値がありました。

私もファンですが、騙されているわけではありません。これはせいぜい凡庸な作品であり、私たちはそれを知っています。

5/10
期待はずれでした。

最初の1時間はかなり退屈。そしてほぼ全てのシーンでレディー・ガガが登場します。やりすぎでした。私の意見では、レディー・ガガは役作りにミスキャストでした。彼女のイタリア訛りと過剰な演技は笑えない。

実際、観客は映画の中のユーモアよりも、レディー・ガガの過剰な演技に笑っていました。ジャレットレトの演技は素晴らしく、おそらくアルパチーノと同様にアカデミー賞に値するでしょう。アダム・ドライバーもミスキャストのように見えますが、映画が進むにつれて、彼のキャラクターは気のないグッチが突然「背骨」を手に入れたように、かなりうまく演じられています。

私にとって映画【ハウス・オブ・グッチ】はリドリー・スコットの最悪の作品です。私は彼の作品のファンです。しかし、この映画では細部が説明されていません。多くのシーンのサウンドトラックが私には合わないのです。人が車に乗り降りするシーンが多い……、多すぎる。

この映画を見ることができる唯一のものは、ストーリーです。物語は恐ろしいものです。私がこの映画に5つ星をつけたのは、ストーリーとジャレットレトの演技のためです。

1/10
リドリー・スコット氏による2回連続過大評価作品!!!

キャストは豪華ですが、イタリア人の性格が“また“酷く描かれています。

私の家族は全員イタリア人で、祖父も祖母もイタリアで生まれました。また、私には100人以上の親戚がいますが、マフィアは一人もいません。実際、彼らはマフィアを憎んでいて、その言葉を口にすることさえ許されなかった。アル・パチーノは優れた俳優ですが、悪役や、冷静さを失って叫んだり興奮したりするキャラクターが必要な場合、彼は1次元の優れた俳優となります。私がこの作品に1点をつけたのは、ひどいオーバーアクションとひどい演出があったからです。イタリアを舐めるなよ。

2/10
悪い評価は正しい

この作品に高評価をつけた人たちが何を見ていたのかは知らないが(たぶんガガのファンだけだろう)、ガガは全く役者ではない。

台本は長くて、遅くて、かなりつまらない。彼女(ガガ)についてのコメントの中で、「偽のイタリア語のアクセントは、ロシア語の悪い真似にしか聞こえない」というものがありましたが、これはいいですね。まさにその通りです。そして、この映画を「良い」映画にしようという希望が台無しになった。彼女のひどい訛りは、冷めた皿に盛られた古いスパゲッティのように、あなたの顔を叩きます。本物のイタリア人俳優を、本物のイタリア語のアクセントで起用すべきだったのでは?言ってみただけ…. ガガは自分の名前だけではこの映画を担えない。

この映画は、深夜に放送されるテレビ番組として作られるべきだった。楽しみたいなら、時間を無駄にしないようにしましょう。

3/10
シンドラーのリストではドイツ語のアクセントをやったのか?レッドオクトーバーでコネリーはロシア語のアクセントをしたのか?

映画【ハウス・オブ・グッチ】でアメリカ人が母国語を話すイタリア人を演じるために、イタリア語のアクセントを偽造する150分は、馬鹿げているだけでなく、俳優の演技力を奪っているとしか思えません。我々はリドリーのようなバカではなく、彼らがイタリア人であることを知っている。ぞっとする。

5/10
肥大化したグッチの叙事詩は、完全には満たされない

予告編では信じられないかもしれませんが、この映画のほとんどはマウリツィオの暗殺についてではありません。

俳優陣の演技も、まるで別の映画に出演しているかのような混沌としたものになっています。アダム・ドライバーは、野心的で頑固なグッチを演じようと頑張っていますが、演技に幅がなく、時に冷たく感じられます。レディー・ガガは、少し過剰演技と感じる人もいるかもしれませんが、ほぼ順調です。アル・パチーノは良い演技をしていますが、残念ながらあまり使われていません。ジャレッド・レトのキャラクターは、ほとんど漫画のように腹立たしく、馬鹿げている。脚本も悪くはないが、ありきたりで、不必要なものが多く含まれている
この映画は編集の不備に悩まされている。いくつかのシーンでは、完全に不必要で唐突な次の瞬間への素早い仕上げや開始のカットによって、シーンが強調されている。しかし、『ハウス・オブ・グッチ』の最大の欠点は、単純に退屈で飽き飽きしていることだ。主要な登場人物を魅力的に描けていないし、テンポの良い物語構造を維持できていないため、観客はこの映画が本当に157分も必要だったのか疑問に思うかもしれない。

5/10
アダム・ドライバーを映画に出すのはやめてほしい

アダム・ドライバーはイタリア人ではありません。 この醜い男を映画から追い出してください。この役を演じられるイタリア人俳優はハリウッドにはいないのでは?アダム・ドライバーを起用するしかなかったのか?信じられませんね。

6/10
主演女優の選択を誤った弱い映画

私はリドリー・スコットが好きで、彼は良い監督だと思います。しかし、この映画は彼の最高傑作ではありません。非常に遅く、退屈で、主役にレディー・ガガを選んだことで質を欠いています。彼女は女優ではなく、とてもひどい。彼女はこの映画を完全に台無しにしてしまった。彼女のアクセントはイタリア語ではなく、ロシア語の悪い真似にしか聞こえません。実際、他の俳優の方がはるかに優れているので、彼女の演技力のなさがより際立っています。もっといい女優がいれば、いい映画になるかもしれませんが、彼女と遅いストーリーラインのせいで、精彩を欠いた映画になってしまいました。読み飛ばしてください。

2/10
レディー・ガガがトップバッターで登場したが、パフォーマンスはいまひとつだった

ほとんどのシーンで彼女が登場し、2.5時間ではあまり好きになれない。彼女の父と息子、そしてグッチの家についてのアドリブには多くの報道がなされましたが、誰も気にしていません。

人々がファッションやあれやこれやの話をするシーンがたくさんあるが、中身はほとんどない。アダム・ドライバーは最高にイライラさせられる。パチーノは「Scent of a Woman」でのオーバーアクションを全力で再現していますが、すぐに飽きてしまいます。

サントラは質が悪く、配置も悪い。映画全体が70年代の映画のように、お粗末なカットシーンや奇妙なカメラアングルで作られている。

リドリー・スコット監督の最悪の作品であり、ガガが二度とトップバッターを務めることがないことを願っています。

スポンサーリンク

まとめ:映画【ハウス・オブ・グッチ】海外の反応評価、感想「レディガガの熱演、配役に賛否」

いかがでしたか?

レディーガガが出演しているせいで7.0点と評価が低いのか、出演する俳優が好き嫌いで大きく評価が変わるのかと思っていましたが、俳優だけではなく、ハリウッドならではの多国籍舐めプや、予告動画と印象が全く違う蛇足に次ぐ蛇足な退屈な物語など様々な視点での評価が勉強になりました。

そんなのはいいからさっさとハウス・オブ・グッチの結末まで全部の「ネタバレ」を知りたい方はこちらをクリック↓

まだまだ世界の面白い作品へのリアルな感想はこちらで確認できます↓

【映画】海外の反応関連記事

あの映画は海外ではどんな評価がされているのか気になりませんか?

面白いと思ったのは自分だけなのか、海外のリアルなレビューを集めた好奇心が止まらなくなる記事の数々を楽しんでください^^

もっと海外の
レビューを読もう

ネタバレ関連記事はこちら
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!