映画『バイオハザード:ウェルカムトゥラクーンシティ』あらすじラストまでネタバレ

続編決定も海外ではミラ版以下と超酷評中「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ(Resident Evil: Welcome to Raccoon City)」あらすじからラストの隠しエンディングまでネタバレしています。海外ではミラ版の方が傑作だったとして5.9点の大不評のようですが皆さんはどう感じましたか?

ネタバレ関連記事はこちら

日本未公開作品から、公開前の映画ドラマを幅広くネタバレを紹介しています。

もちろんシーンの詳細も記載されているので読み応え抜群!

だから暇つぶしに最適!時間がバターのように溶ける!

もちろんエンディングまでネタバレしているので閲覧注意!

スポンサー リンク




映画『バイオハザード:ウェルカムトゥラクーンシティ』作品情報

映画『バイオハザード:ウェルカムトゥラクーンシティ』あらすじ予告動画

製薬会社アンブレラ社の本拠地であったラクーンシティは、今では中西部の寂れた町になってしまった。

アンブレラ社が撤退したことで、街は荒れ果て、地下には大きな悪が潜んでいた。

邪悪なものが解き放たれたとき、町の人々は永遠に変化し、少数の生存者たちが協力してアンブレラ社の真実を明らかにし、夜を乗り切らなければならない。

スポンサーリンク

映画『バイオハザード:ウェルカムトゥラクーンシティ』キャストスタッフ

RESIDENT EVIL: WELCOME TO RACCOON CITY – Official Trailer

監督
ヨハネス・ロバーツ 脚本クレジット
ヨハネス・ロバーツ … (脚本家)
ヨハネス・ロバーツ … (脚本) (scream story by)

Cast
ハンナ・ジョン=カーメン ハンナ・ジョン=カーメン … ジル・バレンタイン
カヤ・スコデラリオ Kaya Scodelario … クレア・レッドフィールド
Neal McDonough ニール・マクドナー … ウィリアム・バーキン
トム・ホッパー Tom Hopper … アルバート・ウェスカー
ロビー・アメル Robbie Amell … クリス・レッドフィールド
ドーナル・ローグ Donal Logue … ブライアン・アイアンズ署長
アヴァン・ジョギア Avan Jogia … レオン・S・ケネディ
アヴァア・ブラックウェル Avaah Blackwell … ゾンビ
リリー・ガオ リリー・ガオ … エイダ・ウォン
ステファニー・ホーキンス Stephannie Hawkins … 病気のママ
マリーナ・マゼパ Marina Mazepa … リサ・トレバー
ネイサン・デールズ Nathan Dales … ブラッド・ビッカース
ジョシュ・クラッダ Josh Cruddas … ベン・ベルトルッチ
チャド・ルック Chad Rook … リチャード・エイケン
Dylan Taylor ディラン・テイラー … ケビン・ドゥーリー
ジャネット・ポーターJanet Porter … アネット・バーキン
ホリー・デ・バロス Holly de Barros … シェリー・バーキン
サミー・アゼロ Sammy Azero … Enrico Marini エンリコ・マリーニ
ジェニー・ヤング Jenny Young … ルイーズ

スポンサーリンク

映画『バイオハザード:ウェルカムトゥラクーンシティ』あらすじラストまでネタバレ

RESIDENT EVIL: WELCOME TO RACCOON CITY – Official Trailer

人気ホラーゲームバイオハザードシリーズをリメイクした作品「バイオハザード RE:」の世界観で再映画化した映画「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ(Resident Evil: Welcome to Raccoon City)」のラストまでネタバレしています。

スポンサーリンク

1980年ラクーンシティ

RESIDENT EVIL: WELCOME TO RACCOON CITY – Official Trailer

80年代のラクーンシティの孤児院。

幼い少女の名前は『クレア・レッドフィールド』(以下クレア)

クレアは他の孤児たちが寝ている部屋を徘徊する謎の女性(マリーナ・マゼパ)を見つけて目を覚ます。クレアは兄の『クリス・レッドフィールド』(以下クリス))を起こすが、クリスは無視するように言う。クレアはベッドから女の向かった別の部屋へと独り歩いていく。

クレアが部屋に近づこうとすると科学者のウィリアム・バーキン(ニール・マクドナー)に見つかってしまい部屋に連れ戻されてしまう。

クレアは諦めて再び眠りにつこうとすると、徘徊女が突然現れクレアの顔を掴む。

スポンサーリンク

1998年ラクーンシティ

RESIDENT EVIL: WELCOME TO RACCOON CITY – Official Trailer

1998年 – 大人になったクレア(カヤ・スコデラリオ)は、トラック運転手(パット・ソーントン)と彼の犬と一緒に旅をしている最中に悪夢から目を覚まし、しばらく離れていたラクーン・シティに戻ってくる。トラック運転手は突然道に飛び出してきた女性を轢いてしまいます。

クレアとトラック運転手は轢いた女性を見に行くが、他の部分を見ているうちに致命傷のはずの女性が突如立ち上がる、運転席に残っていた犬が吠えて二人に知らせようとするが、二人は気づくことはなく轢かれた女性が立ち去ったことに気づかない。

トラックから降りた犬は轢かれた女性の血を舐めてしまう。クレアとトラック運転手は、女性がいなくなったことに驚きあたりを見渡すと離れた森の中から轢かれた女性が威嚇するような敵意を持った視線でクレアをじっと見つめ返していた。

テキストで解説。

アンブレラ社は世界トップの製薬会社だったが、最近ラクーンシティから事業を撤退させ、残ったのは数人のスタッフ・ワーカーと、貧しくて街を離れられない人々だけだという。

スポンサーリンク

レオン・S・ケネディ

RESIDENT EVIL: WELCOME TO RACCOON CITY – Official Trailer

レオン・S・ケネディ(アヴァン・ジョギア、以下レオン)は、新人ということもあり、警察署の墓地勤務で目が覚める。彼は、ラクーンシティに住むSTARSαチームのアルバート・ウェスカー(トム・フーパー)、ジル・バレンタイン(ハンナ・ジョン=カーメン)、ブラッド・ビッカーズ(ネイサン・デール)、リチャード・エイケン(チャド・フック)が集まるダイナーに行く。他の2人の警官-ケビン・ドゥーリー(ディラン・テイラー)とエンリコ・メリーニ(サミー・アゼロ)-は、スペンサー邸の調査に呼ばれる前にレオンをなじる。

ダイナーに到着したレオンはウェイトレスのルイーズ(ジェニー・ヤング)の目からは血が出ていることを指摘すると、出血する症状は数週間前から続いているとレオンに話す。

トラック運転手が愛犬と一緒にいると。愛犬は大量のヨダレを垂らし、目を血走らせギョロギョロとしている。何かがおかしい犬は突然トラック運転手の手に強く噛みつく。

クリス・レッドフィールド

RESIDENT EVIL: WELCOME TO RACCOON CITY – Official Trailer

クレアと同じく警官で、病院から逃げ出したと思い込んで疎遠になっているクリス(ロビー・アメル)の家に侵入する。

クリスと遭遇してもみ合いになるがクレアだと気づき解放する。

クレアは、ベン・ベルトルッチ(ジョシュ・クラダス)という男と連絡を取り合って戻ってきたと伝え、更にアンブレラが街の水道に毒を入れて何かの実験をしている情報を伝えたがクリスはクレアの陰謀論の一つに過ぎないと切り捨て、仕事に向かう準備をする。

発症

スポンサーリンク
RESIDENT EVIL: WELCOME TO RACCOON CITY – Official Trailer

バーキンの家では、ウィリアムの娘シェリー(ホリー・デ・バロス)が悲鳴を上げて起きてくる。ウィリアムは妻のアネット(ジャネット・ポーター)と一緒に娘の部屋に行き、娘を慰める。ウィリアムは電話を受け、アネットとシェリーにすぐにこの街を出て行くように言う。

その時、街中に緊急サイレンが鳴り響く。

クリスが去った後、クレアは窓から近所の女性とその息子の様子がおかしいと感じて近づくと、tasty(美味しい)と血文字を書きガラス戸から侵入してクレアを襲うがクレアは女性を排除しバイクで逃走する。

クレアはウィリアムにぶつかりそうになりながらもバイクを走らせる。クレアは、彼が孤児院にいたウィリアムであると気がつくが走り去る。

拡大

RESIDENT EVIL: WELCOME TO RACCOON CITY – Official Trailer

警察署では、ブライアン・アイアンズ署長(ドーナル・ローグ)が警官の主力チームを集め、ドゥーリーとメリーニが屋敷に行ってから連絡がないことを伝え、2人の警官を探しに行かせ下っ端のレオンはフロントに残るように指示をする。

ウェスカーは自分のロッカーで秘密の雇い主からのメッセージが残されている「ラクーンシティは朝までに破壊される」と告げられていた。

トラック運転手は完全に感染しており暴走トラックを運転し続けていた。警察署の前で横転し爆発させ絶命する。

レオンはヘッドホンをして居眠りを決め込んでいたため爆発の瞬間を見逃してしまう。

突如警察署内に炎に包まれたトラック運転手が入ってくるがアイアンズに撃ち殺されてしまう。レオンにトラック運転手の火を消させ、署の門を閉めさせた後、アイアンズは1人で外に出て様子を見に行く。

壊滅

屋敷に到着したSTARS捜査官たちは、クリスと合流し、ビッカースはヘリに残り、他の3人は中に入っていく。ドゥーリーとメリーニのバンが横転しており、感染したカラスをジルが撃ち殺していた。邸宅に入ると、

そこは荒れ果てていた。

アイアンズが車で街に入ると、武装した警備員が人々を遠ざけているように見えたが、感染したと思われる2人組の民間人に発砲し始めた様子を見てアイアンズは車で安全な場所に移動する。

署に戻って駐車場に入ると、2匹の感染した犬に見つかってしまう。アイアンズは1匹を撃ち殺すことに成功するが、もう1匹が彼を狙う前に弾切れとなる。間一髪のところでクレアが現れ、犬を射殺する。そこへレオンが登場し感染者がゲートを突破しようとしていることを2人に話す。

屋敷の中で、クリスとエイケンは、メリニの首に噛みついている感染者(以下ゾンビ)を見つける。クリスが撃退しようとするが発砲しても怯まないゾンビに追い詰められエイケンは殺されてしまう。

別の場所では、ジルとウェスカーが、地下研究室の秘密の入り口を見つける。直後、ヴィッカーズがゾンビに殺されヘリが屋敷に墜落するが、ジルとウェスカーは無事のようだ。

ウェスカーはジルに、誰かに雇われて屋敷の研究室からウィリアムのG-ウイルスを盗んだことを告白して姿を消す。

脱出

RESIDENT EVIL: WELCOME TO RACCOON CITY – Official Trailer

クレアとレオンは警察署内で装備と整えて完全武装し、レオンは監禁されているベンがいる独房へと降りていく。レオンに逃がしてくれと言い、掴みかかって銃を奪おうとするが隣の房にいたゾンビに噛まれて殺されてしまう。そこにやってきたクレアは、ベンが死んでいるのを見て動揺する。さらに悪いことに、ゾンビがバリケードを突破してきたため、3人はラクーンシティから脱出することになる。

クレアはレオンとアイアンズと一緒に安全な孤児院に行く。

そこで、クレアが孤児院で一緒に育った幼馴染の女性、リサ・トレバーを発見するが、突然変異した感染生物 “リッカー “が現れクレアとレオンは襲われてしまう。

リッカーの猛攻でアイアンズは殺されてしまうが、リサはリッカーに飛び乗り、撃退することに成功する。リサはクレアとレオンに秘密の通路の鍵を渡す。クレアとレオンは、ウィリアムが実験した子供たちの古い映像を見つける。

クリスは、感染してゾンビになった同僚たちに狙われる前に屋敷内をさまよい続け、ジルと再会して安全な場所にたどり着く。彼女は彼にウェスカーが企業スパイだと話し、街を出る必要があると提案する。

ネメシス

ウェスカーは研究室を見つけるが、そこにはすでにバーキンズがいた。

彼はウィリアムにG-ウイルスを渡すように命令するが、ウィリアムは銃を手にしてウェスカーに発砲し、ウェスカーはウィリアムと妻のアネットに発砲。父親の銃を手にしてウェスカーを狙う娘のシェリー、シェリーも殺害しようとするウェスカーを発砲して殺害するジル。

クリスとジルはシェリーを脱出させるためにその場を立ち去るがウィリアムが数本のウイルスを自身に注射し、変異を始めていることには気づいていない。

変異して凶暴な怪物となったウィリアムはクリスとジルにつきまとい襲いかかる。人間の姿だったウィリアムは徐々に醜悪な姿に変貌していく。

クレアとレオンがウィリアムに追われるクリスとジルを見つける。クレアがウィリアムの目を撃って怯んだすきに逃亡する。

クリス、ジル、シェリー、クレア、レオンは列車で街を出る。

しかし、ウィリアムは完全に変異して巨大な怪物“ネメシス“となり、列車に侵入してくる。

レオンがロケットランチャーを手にしてウィリアムを粉々にする。

その後、核はラクーンシティに投下される。最新情報によると生存者はいないとのことだが、クレア、クリス、ジル、レオン、シェリーの5人は列車のトンネルを抜けて新しい一日を迎えることができた。

隠しエンディング「エイダ・ウォンとウェスカー」

クレジットの間に、ウェスカーは死体袋の中で目を覚ます。彼はエイダ・ウォン(リリー・ガオ)という女性と出会い、ダーク・サングラスを渡され、一緒に働かないかと持ちかけられる。

スポンサーリンク

まとめ:映画『バイオハザード:ウェルカムトゥラクーンシティ』あらすじラストまでネタバレ

個人的に気になったのは、アクションよりもホラーに寄せたのは正解と感じます。

しかし年代を1998年にする必要はあったのかな?という印象です。せっかく映画シリーズで再構築(個人的には改悪で破壊行為)するのなら1998年なんてこだわる必要はないと思います。

ミラ・ジョボビッチ版とは違い、リメイクされたゲームの世界観をそのまま映画化してシンプルにまとめておけばよかったもののなぜか「バイオハザードRE2」と続編の「RE3」をミックスして薄めたような脚本になっています。

RE2だけにしておけばレオンとクレアの脱出だけに焦点を当てることができホラーとアクションの両立が成立していそうですが、変に「3」のキャラクターや設定を混ぜ込んでしまったため余計な説明やキャラクターが薄まっている印象を受けます。

映画『バイオハザード:ウェルカムトゥラクーンシティ』海外の反応評価、感想はこちらの記事で確認可能です↓

興味がある人はゲーム版のトレーラーを見ても良いですね。海外版の予告編なので少しグロいので注意が必要です↓

ネタバレ関連記事はこちら

日本未公開作品から、公開前の映画ドラマを幅広くネタバレを紹介しています。

もちろんシーンの詳細も記載されているので読み応え抜群!

だから暇つぶしに最適!時間がバターのように溶ける!

もちろんエンディングまでネタバレしているので閲覧注意!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!