映画『バイオハザード:ウェルカムトゥラクーンシティ』海外の反応評価、感想「ホラー重視で素晴らしい」

「ミラ版が駄作に感じる」「リメイク成功」と「キャラ改悪」「RE2と3をまとめたせいで薄味」ゲームファンとホラーファンの間で見事に賛否が分かれ海外で大炎上中の映画『バイオハザード:ウェルカムトゥラクーンシティ(Resident Evil: Welcome to Raccoon City)』海外の反応評価、感想をまとめて見やすくしています。

【映画】海外の反応関連記事

あの映画は海外ではどんな評価がされているのか気になりませんか?

面白いと思ったのは自分だけなのか、海外のリアルなレビューを集めた好奇心が止まらなくなる記事の数々を楽しんでください^^

もっと海外の
レビューを読もう

スポンサー リンク




映画『バイオハザード:ウェルカムトゥラクーンシティ』作品情報

映画『バイオハザード:ウェルカムトゥラクーンシティ』あらすじ予告動画

製薬会社アンブレラ社の本拠地であったラクーンシティは、今では中西部の寂れた町になってしまった。

アンブレラ社が撤退したことで、街は荒れ果て、地下には大きな悪が潜んでいた。

邪悪なものが解き放たれたとき、町の人々は永遠に変化し、少数の生存者たちが協力してアンブレラ社の真実を明らかにし、夜を乗り切らなければならない。

スポンサーリンク

映画『バイオハザード:ウェルカムトゥラクーンシティ』キャストスタッフ

監督
ヨハネス・ロバーツ 脚本クレジット
ヨハネス・ロバーツ … (脚本家)
ヨハネス・ロバーツ … (脚本) (scream story by)

Cast
ハンナ・ジョン=カーメン ハンナ・ジョン=カーメン … ジル・バレンタイン
カヤ・スコデラリオ Kaya Scodelario … クレア・レッドフィールド
Neal McDonough ニール・マクドナー … ウィリアム・バーキン
トム・ホッパー Tom Hopper … アルバート・ウェスカー
ロビー・アメル Robbie Amell … クリス・レッドフィールド
ドーナル・ローグ Donal Logue … ブライアン・アイアンズ署長
アヴァン・ジョギア Avan Jogia … レオン・S・ケネディ
アヴァア・ブラックウェル Avaah Blackwell … ゾンビ
リリー・ガオ リリー・ガオ … エイダ・ウォン
ステファニー・ホーキンス Stephannie Hawkins … 病気のママ
マリーナ・マゼパ Marina Mazepa … リサ・トレバー
ネイサン・デールズ Nathan Dales … ブラッド・ビッカース
ジョシュ・クラッダ Josh Cruddas … ベン・ベルトルッチ
チャド・ルック Chad Rook … リチャード・エイケン
Dylan Taylor ディラン・テイラー … ケビン・ドゥーリー
ジャネット・ポーターJanet Porter … アネット・バーキン
ホリー・デ・バロス Holly de Barros … シェリー・バーキン
サミー・アゼロ Sammy Azero … Enrico Marini エンリコ・マリーニ
ジェニー・ヤング Jenny Young … ルイーズ

スポンサーリンク

監督「ヨハネス・ロバーツ」について

ゲーム業界を再活性化させた偉大なホラーゲーム「バイオハザードシリーズ」のリメイク版「RE2」を基盤とした今後の映画シリーズの重要な1作目の監督は、聞いたこともないホラー映画を量産している監督ヨハネス・ロバーツ。

レビューの多くで「ゲームへの愛を感じない」「ゲーム絶対にやってない」と言われるほど酷評されている理由はただ単に監督の力量不足ということなのでしょうか?

スポンサーリンク

映画『バイオハザード:ウェルカムトゥラクーンシティ』5.7点:海外の反応評価、感想

スポンサーリンク

「面白い!」海外の反応評価、感想

10/10
予告を裏切らない傑作

映画『バイオハザード:ウェルカムトゥラクーンシティ』は誰がこんな良作になると思っただろうか?少なくとも私はシリーズを重ねるごとに駄作になっていくミラジョボヴィッチ版バイオハザードシリーズ映画作品に辟易していた。

リメイクされたゲーム版「バイオハザードRE2とRE3」を映画化するなんてなんて無謀なんだ!?と何度も叫んだものだ。しかし予告動画を皆さんは見ただろうか?アクション要素を抑え静かに暗い。

まるでプレイステーション1でプレイしたバイオハザード1のような恐ろしさだ。

しかしこれはあくまでプロモーションであり蓋を開けたらアクション満載のミラ節炸裂の駄作を見せつけられるのだろうと私は予測していた。

が、みんな信じられるか?

この映画はアクション要素は少なくともあるが、古参ファンの要望にも答えてくれている。あの始めてゾンビを見た時のようなホラー要素をふんだんに盛り込んでいるんだよ!!!!!

ミラのクソ映画がテレビシリーズのように霞むほどに傑作映画になっている。

配役?脚本?そんなのはどうでもいいんだ。ゾンビ1体1体に本気で恐怖させてくれた子供の頃の原体験を再び体験できたのだから。こんな幸せなことはない。

これぞゲームの映画化の成功例だ。

この監督はかなり深くまでゲームを研究している。まさか25年以上前の初期作の雰囲気もしっかりと映画と脚本に落とし込めるなんて。

みんなモンスターハンターの悪夢を忘れてさっさとこの映画で口を濯ぐといい、素晴らしい爽快感を与えてくれるから。

ありがとう。

https://www.youtube.com

10/10
昔のゲームがよみがえる

映画『バイオハザード:ウェルカムトゥラクーンシティ』のCGIは最高ではありませんでしたが、低予算映画と割り切ればこんなものです。

若い頃のゲームを再現しているようで、何が起こるか事前にわかっていました。しかし、サスペンスはまだありました。少し長引いたような時間もありましたが、結末は短く感じられましたが、少なくとも次の展開を示すエンディングクレジットのシーンがありました。このフランチャイズの台頭を期待しています。

9/10
ついに実現したファンダム

まあ、ゴミのようなミラ・ジョヴォヴィッチシリーズよりはずっといいです。

映画『バイオハザード:ウェルカムトゥラクーンシティ』は初期のゲームに夢中になっている人にはたまらない作品です。この作品は、いくつかの要素をアレンジしていますが、多くの要素を上手に使用しており、かなり良い作品に仕上がっています。

また、他のシリーズのようなくだらないアクション映画ではなく、ゲームのようなホラーな雰囲気を出しています。

ゲームの映画化としては間違いなく優れており、少ない予算を活用しています。

私も友人も予想以上に気に入ってしまいました。とても楽しかったです。嬉しい驚きです。

8/10
25年前…にする意味は?


映画『バイオハザード:ウェルカムトゥラクーンシティ』が1998年に設定されているのは少し不思議です。これはオリジナルゲームのUS版やディレクターズカット版のリリースと関係があるのかもしれません。日本では1996年に発売されているので、その年を使うのではないかと思うのですが、まあそれは些細なことですね。

また、キャラクターの1人または複数が、あなたがプレイした個人に正確に似ていないと思うなら……まあ、ゲームからすべてをコピーしているわけではない監督の意向があるのでしょう、仕方がありません。

しかし、それでも、これは全体的にアクションゲームというよりは1作目のホラー要素の豊富なゲームに限りなく近い(そして、他の映画からの要素も含まれているかもしれませんが)映画です。

そして、私はこれを見ながら「ついに来たか」と思いました。最初に見たのは、犬……シーンが人を怖がらせるのと同じくらい怖かった犬のシーン。その犬が、ゲームの中と同じシーンではなく、似たようなシーンで、私を本当に幸せにしてくれるのです。

さて、話は映画の冒頭に戻りますが、この2人の兄妹のバックストーリーが個人的には気に入っています。この2人の幼少期の孤児院の恐怖感がとても満足しています。ここだけでまったく別の映画やフランチャイズを作ってもよかったのではないでしょうか。アナベルの1作目死霊館を彷彿とさせるなどに近いもので、かなり不気味で、人によっては怖がるかもしれません。

映画『バイオハザード:ウェルカムトゥラクーンシティ』はアクションよりもホラーであると考えていることを示しています。よくできた作品だと思います。

関係者に興味と関心を持たせるのに十分なバックストーリーがありますが、もちろん一人一人の詳細まではわかりません。しかし、その必要はありません。会話は非常によくできていて、刺のある言葉は本当に的を射ています。

ゲームのファンであれば、関係者が本当にゲームを愛していることがわかるでしょう。それは、(多くの生々しい暴力を除いて)さらに調査する価値のある物語を示しています…続編のように。そのためには、クレジットにある1つの追加シーンにご注目ください。20年前にほぼ完成していた映画をようやく私に与えてくれたことに感謝します。

https://www.youtube.com

9/10
REファンにはたまらない作品

映画『バイオハザード:ウェルカムトゥラクーンシティ』思っていたよりもずっと良かったです。REのゲームを参考にしていることは評価できるし、ゲームのストーリー要素を盛り込もうとしていることも純粋に評価できる。ゲームのストーリーは非常によくできているので、ミラ・ジョヴォヴィッチの映画のようなものではなく、ゲームのストーリーを取り入れようとしたのは良かったと思います(ミラ・ジョヴォヴィッチに恨みはありませんし、俳優としては好きですが、あの映画は最悪でした!)。

莫大な予算をかけられなかったのは明らかで、CGIがあまり良くなかったり、ラクーンシティの街で破壊やゾンビが暴れている様子があまり描かれていなかったりと、ストーリーに気を遣わなければなりませんでしたが、最終的にはシリーズのファンとしてとても楽しむことができました。ゲームが好きな人にはお勧めです。

10/10
ファンにはたまらない


安っぽいながらも飛び抜けたホラー感があり、ゲームへのオマージュも満載でした。1時間半ほどの間にたくさんのことが詰め込まれていたと思いますが、私にとっては楽しく、実際にとても夢中になりました。続きを期待しています。

10/10
完璧ではありませんが、誰も気にしません。

映画『バイオハザード:ウェルカムトゥラクーンシティ』を嫌うことで、自分がどれだけ純粋なのかを他の純粋主義者に知ってもらいたい純粋主義者がいるのではないでしょうか。

あからさまにネガティブなレビューには耳を貸さないようにしましょう。彼らはただのおまけです。ゲームと1対1にはならないと分かっていれば、この映画は楽しいものです。

製作者は心の底から努力しました。すべての変更に同意するか?いや、想像以上にラクーンシティが寂れて小さな町であることは奇妙だし、逆に巨大な警察署や博物館、秘密の研究所がある。

屋敷から街の下に長いトンネルを掘って、彼らが駆け下りる?まるで…え?笑)。でも、それはそれで楽しいんですよ。

この映画はゲームを書き換えようとしているのではなく、ゲームが究極の存在なのです。これはゲームが映画に変換されただけです。1つのゲームが1つの映画になることは可能かもしれませんが、それはどのように行われるのでしょうか?歩き回ったりして?映画とゲームは違います。

https://www.youtube.com

10/10
遂に!バイオハザードの映画が完成した


ポール・W・S・アンダーソン監督の「バイオハザード」と呼ばれるアクション満載のナンセンスな映画が何年も続いた後、ついにゲームから最高のホラー要素とゲームの実際のキャラクターを取り入れた映画ができました。

バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』は、前2作の要素を融合させ、スリル満点の映画に仕上げている。ヨハネス・ロバーツの目を通して、ホラーはついに見られるようになった。

彼は自分のRE映画を実際のホラー映画にするという言葉に忠実である。確かに安っぽい台詞はありますが、それはゲームも同じでした。確かにCGIは時折目立ちますが、限られた予算の中で彼は実現しました。スタジオは、続編を許可する必要があります。


9/10
最初のゲームのように


映画『バイオハザード:ウェルカムトゥラクーンシティ』はとても面白かったです。最初の2、3のゲームから多くのことを参考にしていて、それが評価できました。ゾンビも最高でした。私のようにゾンビ映画が好きなオタクで、ゲームを楽しんだ人なら楽しめると思います。)

8/10
非常に良かったが、2本の映画にするべきだった。


8歳からプレイしている大好きなシリーズです。

何十ものゲームを、映画でも通用するようなまとまりのあるストーリーラインにするのは大変なことだと思います。ここでは、忠実にストーリーを伝えるだけでなく、多くの逸脱や創造的な自由を取り入れていますが、私はそれに満足しています。

簡単に説明すると、すべてのモンスターが素晴らしく、特にバーキンの変身は素晴らしいものでした。例外はリサ・トレバーで、彼女のストーリーの変化はちょっと退屈で必要のな配役です。

すべてのキャラクターがゲームに比べてより相互に関連しており、これはうまくできています。

映画『バイオハザード:ウェルカムトゥラクーンシティ』の唯一にして最大の問題点は、ほとんどの人がすでに起こっていることをすべて知っていて理解していることを期待していることで、その結果、全体のプロットを構成する多くの詳細が、ゲームをプレイしたことのない人にとっては曖昧で混乱を招く可能性があることです。

アクションシーンはよくできていました。レオンは大好きなキャラクターなので、アクションシーンが少なくてがっかりしました。

また、レオンがより怠け者のようなキャラクターに変更されていましたが、CG映画ではいつもレオンにスポットライトが当たっているので、クリスとクレアにスポットライトが当たるのは良かったのですが、もし2つの映画に分けていたら、このような問題は起きなかったと思います。全体的には非常に楽しい映画で、ゲームのファンには間違いなくお勧めできる作品です。

6/10
悪くはない。良くはないが。

映画『バイオハザード:ウェルカムトゥラクーンシティ』はバイオハザードの映画としてはまずまずの出来で、ゴア描写やチープな怖さ、ファンサービスも充実している。

全てが成功したわけではなく、この映画を過度に批判するのは非常に簡単だが、私の意見では、「バイオハザード:ザ・ファイナル・チャプター」のようなゴミに比べれば、確かにずっと良かったと思う。ポップコーン、キャンディ、コーラを手に、期待をしっかりと抑えて臨んだが、全体的にはまずまずの出来だった。

私はシュロッキーなB級映画の大ファンなので、スーパーヒーローやシリアスすぎるドラマに関係のない作品を劇場で見ることができてよかった。でも、私が一番気に入らなかったのは、レオンの描き方でした。でもそれは、オキュラスでRE4をプレイした後だったので、レオンの表現に慣れてしまっているからだと思います。

スポンサーリンク

「度し難い。許容できない」海外の反応評価、感想

https://www.youtube.com

1/10
理解しがたい

酷い。ゲームとは全く違います。戦闘シーンがひどい。最初の2作は何ヶ月も離れていたにもかかわらず、なぜ無理やり一緒にしたのかわからない。映画『バイオハザード:ウェルカムトゥラクーンシティ』で唯一良かったのは、ビクトリアスのおかしな人。全くもって理解できない。大嫌いです。

ゲーム好きは見ない方がいい。

やはりミラ版と同じく駄作路線化。

4/10
なぜ2作品をまとめた?

映画『バイオハザード:ウェルカムトゥラクーンシティ』を好きになりたかったのですが、無理に好きになれません。この映画は全体的にダメなんだ。最初の2つのゲーム(RE2とRE3)の両方を1つの映画に凝縮することで、多くのことをやろうとした。

ユーモアも変だし。登場人物はほとんどジョークだし、特にレオンはひどい。2つのゲームではなく、1つのゲームに焦点を当てた方が良かったと思います。演出はゲームに似ていてかっこいいですが、ちょっと不愉快ですね。

私たちファンにゲームへのラブレターを与えようとする試みは評価できますが、ただ単に良くないのです。私のようにがっかりすることはないでしょう。

4/10
ゾンビやモンスターが出てくるワイルドな展開を期待して行くと、満足できるかもしれない。そうでなければ、それほどでもありません。

ゲームの長年のファンの多くがそうであるように、私も映画『バイオハザード:ウェルカムトゥラクーンシティ』の予告編には感銘を受けませんでした。ゲームに忠実な表現(イッチー、テイスティ、リサ・トレバー)がたくさん出てくるのは嬉しいのですが、すぐに「バイオハザード」の最初の2作をゆるくアレンジした作品だという印象を受けました。

この映画が嫌いだとは必ずしも言えません。

ゲームの精神を取り戻そうとする努力が見られたし、いつものバイオハザード映画とは違って、映画『バイオハザード:ウェルカムトゥラクーンシティ』は怖さを追求しているように思えた。雰囲気やトーンも比較的良かったです。

ヨハネス・ロバーツ監督は、ラクーンシティを荒涼とした砂漠のような雰囲気にしたいと語っていましたが、ほとんどの部分で間違いなく成功しています。いくつかのセットは、ゲームから抜け出したような本物感がありました。

一方で、苦しい場面もありました。有名な屋敷の玄関や警察署のロビーは、まるでお粗末なCG映像のようでした。さらに、「ビデオゲーム映画」であることを伝えようとしているように感じられる瞬間がいくつかありましたが、それは悲しいことに愚かなことでした。この映画は、「シャイニング」のような映画へのオマージュのように感じられることもありました。また、Uwe Boll監督の作品のようにも感じられました。

モンスターのアクションは十分に楽しめます。この映画では、ウイルスの感染がゆっくりと広がっていくことを選択しています(おい、お前の目がおかしいぞ!)。それはそれで面白いと思いました。

https://www.youtube.com

しかし、残念なことに、この映画はペース配分と脚本に問題があります。映画を見た後で考えれば考えるほど、意味がわからなくなります。説明しすぎたり、説明不足だったりします。

また、ビデオゲームのストーリーとの乖離も多く見られます。本来であれば、これは当然のことなのですが、多くのファンにとっては、その中には意図的に行われたものもあり、侮辱的とまではいかないまでも、不快感を覚えるものもあるのではないかと思います。最初に言っておきますが、ClairとChrisの子供時代についての小ネタはなくてもよかったと思います。

キャストに関しては十分に良かったと思います。ネットでは確かにキャスティングの選択は批判されていましたが、彼らはできる限りのことをしたのだと思います。しかし、脚本は必ずしも彼らに優しくないので、あちこちで気の毒な場面が出てきました。(チャットルームってなんだよ!!) レオンがたくさんのコミカルな笑いの対象になっていたのは確かに気になりました。そうなんです。彼はルーキーなんです。

私のように期待せずに見に行けば、楽しめるかもしれません。ただ、あまり難しく考えないでください。昔からのファンでがっかりしている人には、幸いにもリメイク版の「バイオハザード2」は最高でしたよ。

1/10
気にしないでください。

私にはミラ・ジョヴィヴィッチの映画がさらに良く見えます。映画『バイオハザード:ウェルカムトゥラクーンシティ』は、2つのゲームと映画の経験を混ぜ合わせたような、ひどい出来で、退屈でバラバラで、ひどいミスキャストで、魂のこもっていない作品です。

それに加えて、ここ数年で見たCGIの中では最低の出来だった。ゲームや過去の映画のような緊張感や盛り上がりのない、安っぽいジャンプ・スカール。カヤ・スコデラーリオがここで何をしているのか分からない。これでは、フランチャイズも、俳優も、そして私たち観客も、もっと良い作品を作るべきです。

2/10
忠実に再現されているからといって良いわけではない


映画『バイオハザード:ウェルカムトゥラクーンシティ』は誰のために作られたのか、正直言ってよくわかりません。忠実に映画化しているのは確かだが(後半は信じられないくらいだらだらしているが)、オリジナルゲームの面白さやアクション性が全くない。1作目と2作目の両方を1つの映画に詰め込もうとした結果、信じられないほど奇妙なテンポになってしまいました。前半は多くを語らずにゆっくりとしていて、後半はめちゃくちゃに急いでいるという感じです。CGIは笑える。ジルに何をしたのか?彼女はビデオゲームの相手とは全く違う。

ゲームのファンではなく、ただゾンビアクション映画を見たいのであれば、正直なところ、W.S.アンダーソン版の方がまだマシだと思う。少なくとも、あれには個性のかけらもない。

私の最終的な考えは、ビデオゲームをプレイすることです。この映画は存在する必要がありませんでした。

https://www.youtube.com


1/10
私はゲームで勝負します。でも、良い試みだと思います

映画『バイオハザード:ウェルカムトゥラクーンシティ』を見てきました。私はREの大ファンで、この映画化をとても楽しみにしていたのですが、残念ながら期待はずれでした。

確かにゲームの雰囲気は出ていますが、真面目な話、ビデオゲームの最初の2つの部分を1つの映画にしたことで、ストーリー性が全くなく、非常にコピーペースト的で、本当に中途半端なCGIが安っぽく感じられました。惜しい。ビジネス的には、低予算でお金を稼いで、うまくいけば次の作品を作るというのはわかりますが、この映画はYouTubeの演技のシナリオのようなものです。ゲームの方がいいですね。

5/10
映画『バイオハザード:ウェルカムトゥラクーンシティ』はバイオハザードをNetflix向けにリブートしたような作品で、ビジュアルは魅力的だがストーリーがない。

ポール・W・S・アンダーソン監督のバイオハザード作品はよく嫌われているが、このリブート版を見ると、彼のRE作品の最初の3作品がより良く見える。

映画『バイオハザード:ウェルカムトゥラクーンシティ』は、発表時には必要ないと思われていましたが、実際に見てみると、監督や脚本家もそう思っていたようです。ストーリーは、最初はオリジナルのゲームのプロットを踏襲しようとしており、最後までうまくいっていましたが、最後はやや先細りになってしまいました。映像的には非常に面白く、評価できる部分もあるのですが、ストーリーと演技が全体的にうまくいきません。

笑えないほど杜撰なCGもあり、2000年代初期から中期にかけての実用的な効果を、ミラ版REの映画でもっと活用したいと思わせます。

この映画には、熱狂的なファンが喜ぶようなファンサービスがありますが、全体的には無理矢理で急いでいるようにしか見えません。

https://www.youtube.com


1/10
忠実

映画『バイオハザード:ウェルカムトゥラクーンシティ』は、ビデオゲームにとても忠実です。

-ジルはジル・ヴァレンタインに似ていないだけでなく、ジル・ヴァレンタインのように行動していません。また、レオンも同様です。

-2つのゲームタイトルを1つにまとめてしまった。ゲームソフト2本を1本にまとめてしまった。

-バリーとレベッカ?

-バリーとレベッカは?バリーとレベッカが出てこない。

-馬鹿げた参考資料。

ゲームを知らないわからない背景のままま映画を作っている割にゲームファンを失望させるキャスティング、主人このレオンをただのカス扱い、クリスとクレアの無駄な孤児院設定とか入れるならCGにもっと力入れるかレオンの活躍をもっと増やすべきだった。

3/10
ゲームに似すぎていて…。

ゲームはほぼ全てプレイしていて、映画『バイオハザード:ウェルカムトゥラクーンシティ』それに忠実に作ったことを評価していますが、ストーリーはメチャクチャです。また、ミラ・ジョヴォヴィッチの1~3作目もとても面白かったです。終わり方も非常に急いでいるように見えます。最後のボス戦もあまりありません。Netflixなどで配信されるまで待ちましょう。

https://www.youtube.com



4/10
ゲームに近いことが救いにならなかった。

映画『バイオハザード:ウェルカムトゥラクーンシティ』のVFXはひどく、97年のMortal Kombat Annihilation以来、こんなにひどいCGは見たことがありません。前2作への言及は新鮮でしたが、問題は脚本家がストーリーを語るために言及に頼っていたことです。プロットはほとんど存在せず、1つの場所から次の場所に行くだけです。また、役者たちは、ゲームの象徴的なキャラクターを演じるのが苦手です。ほとんどの俳優が、ビデオゲームのキャラクターとは比べ物にならないほどの演技をしています。唯一まともな仕事をしているのは、クリスの役者だけです。他の人たちは全くいい仕事をしていませんでした。この作品を見た後、2002年の作品をより評価するようになりました。あの作品はサバイバルホラーの要素を持っていました。この際、キャプコムは映画ではなく、ゲームを作ることに専念すべきだと思います。

5/10
誰も必要としない

予想通り、誰も映画『バイオハザード:ウェルカムトゥラクーンシティ』を望んでいなかった。簡単に言えば、過去に何度も成功している凡庸なゾンビホラーだ。ゾンビが素晴らしく、時には怖いこともあるのは認める。

残念なことに、ほとんどのホラーは、2~3回しか効果のない安っぽいジャンプ・スケアの形で提供されています。非常に予測可能な展開です。

物語は非常に退屈でした。伝承やキャラクターについてほとんど何も知らない。観客が事前にゲームをプレイしたり、映画シリーズを見たりすることに依存していたと思う。私はそのようなことは一切していないので、少し途方に暮れることもありました。キャラクターを見ると、最初に死ぬのはこの人だとすぐにわかるようになっていました。

1/10
悪いキャスティング

この映画の役者を選んだ人は、ゲームをやったことがないのではないでしょうか。この映画は、ゲームをプレイしたことがない人が選んだもので、存在するものに忠実であることが難しいということが理解できません。

レオン・ケネディはレオンに全く似ていない。

ジル・バレンタインも全く似ていない。

1/10
予想以上に悪い

あまり期待していなかったのですが、期待以上に酷かったです。

ゲームの内容を忠実に再現してはいけないということがよくわかる作品です。そして、その理由に不満を持つファンのために……この酷さを体験してください。家でオタクが作ったのではないかと思うほどのファンサービスを払う。見た目も安っぽく、感じも安っぽく、そして安っぽい。

90年代後半に『バイオハザード3 ネメシス』をプレイした人には、多くのイースターエッグがあるだろう。この映画にはそれだけしかありません。悪いですね

。オープニング・クレジットがジョン・カーペンターのクレジット・シーケンスのフォントを使っていて、陳腐なスプリット・フィールド・ディオプター・ショットを堂々と採用している時点で、悪い映画だとわかる。

それほど安っぽいのです。エフェクトもそう。演技もそうだ。これは外国人監督が英語に挑戦した結果だと思う。それほどひどいのです。何の意味もないし、この映画に出てくる人たちは言葉にならないほど馬鹿だ。ある時点では、俳優たちがあきらめて、本当にハムでやることにしたようにさえ感じました。彼らにとっては良いことです。

最も腹立たしいのは新米の警官扱いされたレオンの存在で、あまりにも不愉快で間抜けなので、ゾンビに殺されることを祈るような気持ちになります。しかし、この作品では、彼には何らかの役割があると設定されています……だから、私たちはこの脳死状態のニートに長い間悩まされることになるのです

物語はラクーン・シティという町を舞台にしている。アンブレラ社の実験場となっています。実験のために。ここで、彼らは孤児院を利用して実験を行います。ここでもまた、90年代のゲームの一部が再現されている。

1998年になると、今度はRPDが登場する。またはSTARSユニット。これもまた、ゲームからの引用です。哀れなDonal Logueは警察署長で、潰瘍ができるほど陳腐な台詞を連発している。

彼の話し方は悪い。本人もそれを自覚していることは間違いない。しかし、私たちはまたしてもその台詞と、恐ろしく馬鹿げたプロットに虐げられてしまう。何もない。アンブレラのことや何かのことが明らかになるのは当然のことだが、観客を引きずり込むのはとても退屈だ。ただひたすらに退屈で間抜けなのだ。彼らの目的は、フランチャイズを再起動することではなく、何だったのか。これではいけない。

ああ、もうダメだ。

スポンサーリンク

まとめ:映画『バイオハザード:ウェルカムトゥラクーンシティ』海外の反応評価、感想「ホラー重視で素晴らしい」

ゲームファンは低評価を、ホラー映画や初期作のファンは高評価をしているように感じます。

興味がある人はゲーム版のトレーラーを見ても良いですね。海外版の予告編なので少しグロいので注意が必要です↓

ご覧の通り、RE2でクレアとレオンの2人が主人公、RE3はジルとカルロスの2人が別々に主役です。ウェルカム・トゥ・ラクーンシティではなぜこの素晴らしい二つの作品をまとめて、聞いたこともないしゲームにほぼ登場しないクレアの兄、クリスを登場させ、さらに孤児院設定まで入れたのかが謎です。

【映画】海外の反応関連記事

あの映画は海外ではどんな評価がされているのか気になりませんか?

面白いと思ったのは自分だけなのか、海外のリアルなレビューを集めた好奇心が止まらなくなる記事の数々を楽しんでください^^

もっと海外の
レビューを読もう

ネタバレ関連記事はこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!