映画『クライ・マッチョ』つまらない?海外の反応、感想評価「クリント監督初のゾンビ映画だ」



2022年1月4日日本公開予定のクリント・イーストウッド監督最新作映画『クライ・マッチョ』ですが「全く面白くない」と評価が炎上して話題。逆に「西部劇最終章」と彼自身のキャリアに終止符を打つために製作された初のロードトリップ作品として評価が高い面も。そんな海外の反応、感想評価を紹介。

【映画】海外の反応関連記事

スポンサー リンク




映画『クライ・マッチョ』作品情報

映画『クライ・マッチョ』の作品情報です。

映画『クライ・マッチョ』あらすじ、動画

ロデオのスターだったった年老いたカウボーイのマイクは元上司からメキシコから元妻の元から息子を連れてくる仕事を請け負う。

息子を見つけ共にテキサスに向かう途中、予想外の困難な旅に直面しますが、その中で、疲れ切ったカウボーイは、思いがけない人とのつながりや、自分自身の贖罪を見つけていきます。

この旅路の果てに彼が見つけたものとは。

スポンサーリンク

映画『クライ・マッチョ』スタッフ、キャスト

監督:クリント・イーストウッド
クリント・イーストウッド 脚本クレジット
ニック・シェンク… (脚本)と
N. リチャード・ナッシュ… (脚本家)
N. リチャード・ナッシュ … (原作)

キャスト(クレジット順)
クリント・イーストウッド Clint Eastwood … マイク・マイロ
ドワイト・ヨーカム Dwight Yoakam … ハワード・ポーク
ダニエル・V・グラロー Daniel V. Graulau … メキシコ国境警備隊員
アンバー・リン・アシュリー Amber Lynn Ashley … ヒッピーガール (アンバー・アシュリー役)
Brytnee Ratledge ブライトニー・ラトレッジ … ヒッピー・ガール
アレクサンドラ・ラディ Alexandra Ruddy … Hippie Girl(ヒッピー・ガール
セベスティアン・ソリズ Sebestien Soliz … ワーカー
ホラシオ・ガルシア・ロハス Horacio Garcia Rojas … アウレリオ(オラシオ・ガルシア=ロハス役)
イワン・ヘルナンデス Ivan Hernandez … ルーカス
フェルナンダ・ウレホラ フェルナンダ・ウレホラ … レタ
リンカーン・A・カステラノス Lincoln A. Castellanos … ザフィロ
エドワルド・ミネット Eduardo Minett … ラフォ
フアン・メンドーサ・ソリス Juan Mendoza Solis … バーテンダー
ナタリア・トラヴェン Natalia Traven … マルタ

スポンサーリンク

映画『クライ・マッチョ』海外の反応、感想評価

youtube.com『CRY MACHO』より

スポンサーリンク

「面白い!」肯定的な海外の反応、感想評価

youtube.com『CRY MACHO』より

10/10
美しい映画だ.クリント・イーストウッドは何歳になっても名監督です

「クライ・マッチョ」は知恵、贖罪、成長の痛み、そして老いについての映画。クリント・イーストウッドが小さな名作を作る。マイク(クリント・イーストウッド)は、人生の最終章に向けて年老いていく中で、親から見放された13歳の少年ラファを指導します。

マイクは、母親から虐待を受けている少年をテキサスにいる父親(ドワイト・ヨーカム)に届けるために、メキシコからラファを「迎えに行く」必要がある。その後に続くのは、ペースとハートで作られた崇高なロードトリップ映画である。

この映画の繊細な美しさは、91歳のハリウッドのレジェンドであるクリント・イーストウッドの確かで安定した監督の手によって輝いている。

クリント・イーストウッドは、『グラントリノ』、『運び屋』、そして最新作の『クライ・マッチョ』というキャリア後半の3つの名作で、製作と演技で驚きを与え続けています。

クリント・イーストウッドに神のご加護を!そして、クリント・イーストウッドが真の国宝であることを祈っています。

7/10
西部劇四部作、完結編

低評価が続いているようだが、まず考えて欲しいことがある

「クリント・イーストウッド監督はなぜこの作品を作ったのか?なぜカウボーイなのか?」

である。

私はそんなに映画に精通しているわけではないが、夕陽のガンマン、荒野の用心棒、真昼の死闘などの西部劇を盛り上げた立役者の一人である(そのほか多くの西部劇もあるだろうがすまない全て見たわけではない)。その後ダーティーハリーでトップ俳優になってハリウッドを盛り上げたのも知っている。

しかし私にとってクリント・イーストウッドは西部劇の人だ。

1964年荒野の用心棒から60年近く経過した今、西部劇が廃れたハリウッドで「最後の西部劇」としてクライ・マッチョを撮ったのだ。年老いたカウボーイが杖も持たずに、タフガイのまま、困っている人を助ける。

視聴後、彼の西部劇が終わりを告げたことを知って涙が止まらなかった。

全ての人におすすめする作品ではないが私はこの作品が大好きだ。

youtube.com『CRY MACHO』より

8/10
あるがままに受け止める

「クライ・マッチョ」は最初の予告編がネット/テレビで放映された時から観たいと思っていた作品です。

真のクリント・イーストウッド・ファンであれば、我慢して彼に話を聞いてもらいます。

クリントが年齢を重ねても、彼のキャラクターは地球上での経験と数十年の深さを反映し続けています。この映画に失望した人は、過去の時代にしか存在しない、クリント・イーストウッドのエネルギッシュな「ダーティハリー」の側面を求めているのだろう。

本作は、年齢を重ねたカウボーイが、任務中にちょっとした自分探しをするという、気楽に楽しめる作品である。マイケル・ベイ監督のアクション・スリラーではないことを理解した上で観れば、より現実的な期待が持てるだろう。このように、クリント・イーストウッドは西部劇のルーツに忠実であり、彼の演技は彼の半分の年齢の役者に負けておらず、彼は常に自分の映画のキャストの中の新しい血にスポットライトを当てるようにしています。もしあなたが心を開いているなら、この映画はあなたの時間を費やす価値があります。

youtube.com『CRY MACHO』より

 9/10
驚きのストーリーテリング

驚きのクリント・イーストウッドが91歳で監督し、主役を務めました。

俳優としても監督としても、いくつかの顕著な限界があります。しかし、それでも心のこもったストーリーテリングであることに変わりはありません。感動しました。

私は「クライ・マッチョ」のすべての時間を楽しみました。偉大な俳優や監督の白鳥の歌だからではなく、高齢者の現実世界の話だからです。

この瞬間をありがとうございました。

スポンサーリンク

「つまらない!」否定的な海外の反応、感想評価

youtube.com『CRY MACHO』より

2/10
今までレビューを書いたことがなかったが、自分の役割を果たしたい

「クライ・マッチョ」を避けるための手助けをしたい。私はクリント・イーストウッドが大好きですが、彼は1つの映画を作りすぎました。私はクリント・イーストウッドが大好きです。

演技はひどく、クリントは年齢にそぐわないシーンがいくつかあり、完全に気を取られてしまいます。彼を誘惑するカップルの女性、喧嘩、野生の馬を壊すのに10秒しかかからない。高校生レベルの作品で、撮影技術が優れているとしか思えません。ただ、悪い。

 1/10
最悪!!!

時間を無駄にしないでください。酷い演技。ストーリーもない。イーストウッドが「クライ・マッチョ」のようなひどい映画の記憶をいつの間にか残しているのが悲しい。グランド・トリノが彼の最後の映画になるべきだった。

youtube.com『CRY MACHO』より

 1/10
タイトル”も”悪い

「クライ・マッチョ」は最初から最後まで、とにかく悪い。一番の役者はドワイト・ヨアカムだったが、彼は役者ではない。子供は演出が下手で、訛りもインチキだった。

自分の半分の年齢の女性が言い寄ってくるのは一つのことですが、90歳にもなって、ただおむつを替えたいだけの女性でない限り、馬鹿げています。

ストーリーはほとんど意味をなしていませんでした。過去に解雇した人を90歳で雇って、なぜ息子を誘拐したのか?

 3/10
本当に演技が下手

「クライ・マッチョ」は演技があまりにもひどいので、最初の20分を乗り越えることができませんでした。話は終わりです。

youtube.com『CRY MACHO』より

 2/10
クリントの初ゾンビ映画

10分後、「クライ・マッチョ」はひどい出来だと思いました。でも、完全に勘違いしていたことに気づきました。演技は木訥なはずなのに…なぜならみんな死んでいるから!?クリント・イーストウォードの映画が好きな人は見ない方がいいです。

youtube.com『CRY MACHO』より

2/10
老人、次は少年を運ぶ

クリント・イーストウッド監督のネタ切れが訪れた。それはそうだもう90歳だ。おじいちゃんと薬物、おじいちゃんと少年、おじいちゃんシリーズはこれで完結だろう。

大いに残念だ。予告で全てがわかるような内容で不安だった。

「ああ、これは運び屋の続編だ」とね。

だが、それが的中してしまった。

まず、脚本がおかしい。

何も世に残すことができなかった頼りない老人が、元上司の言葉巧みな説得に騙されてしまい90歳にもなった一人の少年をメキシコからアメリカまで密輸しようとする物語。こんなアホな話あるか?自分を首にした上司の頼みをなぜ聞く?

さらに道中90の老人に恋する飲食店の女の存在、ハニートラップじゃなければこれはただのフィクションだ(ああ、そうかこれは映画だ)そんなに過疎化しているからって男性の種を欲しがるような人には見えないが、そこでラブコメはいらない。

”何か”を世に残したい90歳のカウボーイが若者に”強さ(マッチョ)”を教えていくのは少し説教臭いと感じる。彼の映画にはいつもおじいちゃんが若者に背中を見せるシーンがあるが、これはもう食傷気味である。「分かった、おじいちゃん、俺の負けだ、だから歩行器を持って足元が危ないから」と視聴者は思うだろう。

運び屋では緊張感をギリギリ保ちながら淡々と楽しそうにおじいちゃんが見せる素人っぽさと鋭い機転で切り抜けるためテンポが良くて時間を忘れるほどに見入ったものだ。しかしこのクライ・マッチョは全てが運び屋とグラントリノの二番煎じのようだ。全てが劣っていると感じてしまった。

youtube.com『CRY MACHO』より

4/10
退屈を通り越して、全く説得力がない。

「クライ・マッチョ」では4/10は寛大だと思います。特にイーストウッドとマッチョ・ザ・ルースの演技は驚くほど良かった。特にイーストウッドとマッチョ・ザ・ルースの演技が素晴らしい。それに加えて、映画の撮影ではいくつかの豪華なショットが見られる。しかし、それだけだ。

この作品の脚本は、私が今まで見た中で最も不器用な作品のひとつです。登場人物の背景は、ここ数年で見たこともないような大げさな説明で語られ、登場人物の関係性を気にさせるようなシーンは一切ありませんでした。登場人物たちがお互いに関わり合うシーンもなければ、お互いに真の仲間を見つけるシーンもありません。何もありません。

何もないと言えば、この映画には対立や利害関係、感情的な緊張感が全くありません。すべてのシーンは、あなたが期待する通りに展開します。真の敵対者も、登場人物の成長を脅かす存在も、まったくありません。

マイクとラフォが乗り越えるべき対立や障害が登場するたびに、同じシーンで解決してしまうのだ。この物語における対立は、些細な不都合なものであり、したがって、私たちがヒーローの旅に投資したり、心配したりするためのものは何もありません。

この物語は全く構築されていません。映画が終わるまで、登場人物がある場所から別の場所へと移動するシーンの連続です。何もないのだ。

クリント・イーストウッド…どうして自分の才能をまたこのようなつまらないものに浪費させてしまったのでしょうか?

youtube.com『CRY MACHO』より

 2/10
イーストウッドのファンなら避けた方がいい

もしあなたがクリント・イーストウッドのファンなら、「クライ・マッチョ」は絶対に避けてください。

脚本は稚拙だし、演技は下手だし、若い頃のイーストウッドがカメラの前でも後ろでも有能だったことを知っているだけに、見ていて非常に不愉快だった。

共演者の10代の若者もひどかったが、くだらない脚本で精一杯だった。低予算の映画学校のプロジェクトよりも多くのプロットホールと連続性の問題がありました。

私はクリント・イーストウッドの映画をほとんど楽しんでおり、多くの作品を所有しています。『許されざる者』、『ペイルライダー』、『グラン・トリノ』は、これまでに作られた映画の中でも最高の作品です。『クライ・マッチョ』は彼に重大な不利益を与えている。このような形で彼のキャリアを思い出したくはありません。

5/10
なぜみんなが「クライ・マッチョ」を好きなのか

クリント・イーストウッドのファンなので、期待して早めの試写会に行きました。ストーリーは非常に期待でき、心温まるものに思えたし、クリント・イーストウッドを知っているので、劇場内で目一杯泣くことを期待していた。

しかし、そんなことはありませんでした。全然違う。私はほとんど眠ってしまった。映画はとてもシンプルに始まり、メインストーリーはすぐに始まります。最初の30分は面白いままですが、その後は脚本家のアイデアが尽きたような感じです。展開が止まってしまい、老人と少年がぶらぶらしているのを目撃しているだけだ。何も起こらないから話が進まない。

このレビューを書くために、2日経っても何が起こったのか必死に思い出しているほど、忘れられてしまう作品です。ラファの才能のなさが明らかなので、演技も全く良くない(イーストウッドはもちろんいつも通り素晴らしいが、残念ながらこの映画では彼だけではない)。悪い映画ではありませんが、極めて目立たない作品です。他のものを見た方が時間とお金の節約になるでしょう。

4/10
期待はずれ

最近「The Mule」を見て、クリントがまだ素晴らしい映画を作る力を持っていることに驚きましたが、「クライ・マッチョ」は私にとって同じレベルに達しませんでした。クリントの映画はどれもそうですが、映像は美しいのですが、予想通りのストーリーに、いい加減な、ときにはキレるような台詞、そして子供は演技に必死になりすぎていました。ドワイト・ヨーカムは自分の役を演じているように見えました。一番いい演技をしていたのは、正直言ってオンドリだった。

全体的に見て、見られないことはないが、彼の作品の中では良い方ではない。

youtube.com『CRY MACHO』より

 1/10
ひどく気まずい

ドワイト・ヨーカムや子供たちの演技から、あらゆる場面での奇妙な状況まで、「クライ・マッチョ」は都合よく手抜きをしています。例えば、冒頭のクリントの経歴を説明する台詞は奇妙で、とても不自然でした。

クリントがメキシコに行って子供を誘拐することに同意したという設定も。90歳の老人を誰が雇うんだ?寮の警備員が女の子を襲うのか?そして、母親がクリントとセックスしようとしているのも奇妙だった。そして、警官が喧嘩を仲裁したとき、クリントは木箱の後ろに隠れた?警察は捜索しないで、街中で探しているの?

久しぶりにクリントの映画を見ましたが、あまりいいものではありませんでした。遅すぎるし、彼は以前のような野心を失い、どの映画でも同じように取り組んでいる。私がこの映画を見たのは、HBO Maxでやっていたからです。そして私はクリントの映画を好きになりたい。でもこれは目が覚めるような酷さでした。

youtube.com『CRY MACHO』より

 3/10
時間の節約

「クライ・マッチョ」はクリント・イーストウッドの映画だから、きっと素晴らしい作品になるだろうと、誰もが思っていました。しかし、その考えは間違っていました。この映画は最初の数分からお粗末で、何分経ってもお粗末なままでした。演技はひどすぎる。物語の展開もひどい。飽きさせない工夫がない。

 2/10
「クライ・マッチョ」は信じられないようなストーリーと、脇役たちの演技は、そのままDVDに収録されていてもおかしくないレベル。

あなたが上司だとしましょう。あなたは、人生観の違う社員を解雇しました。その1年後、あなたは同じ人を雇って、別居中の息子を連れ戻しに国を越えて行きますか?当たり前ですがそんな心から信用できない人物と人生を賭けた出来事を共有したいですか?

クリントのキャラクターがメキシコで大きな教育を受けていれば、もっと意味があったかもしれませんが、そうであっても、すべての主導権を握るシナリオはそれほど信じられるものではありません。

クリントのキャラクターは、まだ30歳の青年になろうとしているように見えます。また、メキシコ人のキャラクターはすべて、1980年当時のライフスタイルではなく、安っぽい現代のソープオペラから出てきたもののように感じられる。

演技も可もなく不可もなくといったところで、昔からのクリント・イーストウッドのファンとしては見るに耐えない。そう、この映画は「グラン・トリノ」ではないのだ。この映画は、ファンのお気に入りの俳優を雇うために節約したB級映画のようなものです。

4/10
この子は演技ができない

「クライ・マッチョ」の映画自体は陳腐で遅いものですが、あの子は神がかり的にひどいです。あまりのひどさに60分で止めてしまいました。これはクリントファンボーイの意見です。

youtube.com『CRY MACHO』より

 2/10
何がクラックなのか?

「クライ・マッチョ」はひどい。ドワイト・ヤオクムは演技ができない。子役が彼を良く見せている。クリントは彼らのレベルに合わせて努力し、成功している。

プロットは馬鹿げている。「90歳の老人をいじめてメキシコに連れて行き、父親が電話をすれば喜んでアメリカに来てくれる息子を迎えに行く。』

豊満な元妻は90歳の老人を誘惑しようとし、拒絶されると怒る。変な固定観念がある。訛りは侮辱的で悪いもの、ウチワサボテンは薬効がある。いたるところに連邦政府の人間がいる。景色はいい。そして、鶏がいる。

2/10
これで6.9点とは?

聞いてくれ・・・。

私はクリント・イーストウッドの大ファンなのですが、「クライ・マッチョ」はただただ憂鬱です。演技は下手だし、ありえないような出来事の連続で、全体的に退屈なお祭り状態。91歳でこの作品を作ったクリントには敬意を表しますが、私はそろそろ引退した方がいいと思います…。

スポンサーリンク

まとめ:映画『クライ・マッチョ』がつまらない!海外の反応、感想評価「」

いかがでしたか?

予告編を見ると「運び屋」の続きかな?グラン・トリノか?と思った方も多いと思いますが、人によっては説教好きなイーストウッドおじいちゃんの物語としては退屈と感じる人が多数いたようですね。

ファンだからこそ期待していた分、淡々と年老いたカウボーイが自分探しをし続けるロードトリップ映画だと知ってがっかりしたのかもしれません。

この作品の物語最後までネタバレを知りたい方はこちらもどうぞ↓

この作品の他にも日本未公開作品から最新作まで幅広く海外の反応評価をまとめた記事が数多く存在するのでこちらもご覧になってみてください↓

【映画】海外の反応関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!