Netflix『アーミーオブザデッド』面白い?みんなの感想評価

「冒頭がピークだった」「ドーンの方が好き」「期待はずれ」Netflixの最新ゾンビ映画「アーミー・オブ・ザ・デッド」賛否両論なみんなの感想評価を紹介。皆さんは面白いと思いましたか?今回はネット上に溢れる映画の感想評価をまとめています。

興味あるけど時間がない人はネタバレ記事をどうぞ↓
『アーミー・オブ・ザ・デッド』ストーリー内容ネタバレ!「このラストには納得いかない?」

人気の映画感想評価記事はこちら
U-NEXT/HBOドラマ『チェルノブイリ』感想「面白すぎて鼻血出た」
シンエヴァ劇場版ラストの宇部新川駅とは?なぜこの駅を使用したのか? 
Netflix映画「彼女」原作漫画「群青」の魅力を紹介
JUNK HEAD感想「永遠に語り継がれるカルト映画」「絶対に見るべき」 

スポンサー リンク




アーミー・オブ・ザ・デッド「みんなの」の感想評価

個人的には前半が面白すぎて後半の中弛みが気になり視聴後の多幸感は薄めでした。OPの前日譚をスローでわかりやすく音楽に合わせて解説していくんですが、そのイントロ部分の方が面白そうだったな。という感じでしたね。

「面白い!」感想まとめ

が、皆さんは太鼓判なコメントばかりだったので紹介していきます。

https://twitter.com/0mokkung0/status/1395751279725465601

ドーンオブザデッド好きは必見のゾンビ映画。

「本当にこういうのでいいんだよ」ってゾンビファンの想いが詰まっている傑作。本当に嬉しい。が少し破壊表現がリアルすぎました。

最高。特にオープニングは。全人類が見るべきゾンビ映画。ゾンビ映画好きなのにこれみてないの?って言っていいよこれは。

「金欲しいからゾンビまみれのラスベガスに銃火器持った傭兵が」って設定のゾンビ映画のザックスナイダー監督が作ったら面白いに決まってるけど「観たら本当に面白すぎて鼻血出すから観ろ」

バランスのいいゾンビ映画って久々に見た。人間性もアクションも怖いもゴア表現もみんな良くて面白い。痛快ゾンビ映画。個人的にはドーンのよう非力な人間が怖々逃げるのも好きなんだけどね。

真田広之がいきなり主人公レベルでスクリーンに映し出されるから最高に嬉しかった。でも彼のアクションは一切ないっていうね。。。ぶっちゃけると彼の存在は疑問。いなくても良かったというザックの趣味が詰まっている痛快ゾンビ映画だからいいか!

あれ?オープニングすげぇ!仲間曲者揃いだな!ゾンビ歩くじゃん!知性のあるゾンビって!トラゾンビって!やっぱり裏切りって!やっぱゾンビ走るんじゃん!って銃撃避けるってどんだけ!っておいおいおいおい真田広之さん何もしないんかよ!って感じで2時間があっという間に溶けた良作ゾンビ映画。

スポンサーリンク

「つまらない」感想まとめ

意外と賛否両論ということがわかる「アーミー・オブ・ザ・デッド」はつまらないと思っている方々の感想評価を紹介します。

私もどっちかというとこっちの「つまらない」と思ってしまった派でございます。

やはり見事な冒頭のイントロシーンでザックスナイダーの才能と予算を全て使い切ったのかな?ってレベルの凄さだっただけに後半のダレっぷりが気になる人が多いのも事実のようですね。

ゾンビ映画やエイリアンシリーズなどのホラー映画のお約束「アホムーブ」が全開だったのも気になります。ゾンビが大量にいることを知っているのに、事前に話し合いをしない人他たち。冒頭の兵士のポンコツっぷり・・娘のアホっぷりなどなど。このお約束に苛立つ人も多いようです。

亞人の特殊部隊ぐらい徹底した対策をしてからぜひ戦う映画を一本作って欲しいものですね。

この作品では不死の亞人を相手に徹底的にシミュレーションを重ねた日本の特殊部隊「対亞人特選群」と呼ばれる部隊が「お約束を排した」見事な動きで亜人を冷静に追い詰めるシーンがかっこいいのでおすすめです。(もちろん倒したからと言って油断は一切しない点もかっこいい)

ということで例によってアホムーブにイラッとした人も。

70点って感じで。ドーンオブザデッドには勝てないな。最近この監督面白い作品作ってくれないから評価低いんだよね。スナイダーカットに期待。

前半は「ゾンビ映画ってのはこういうのでいいんだ!」と盛り上がる展開を見せましたが、戦いの舞台であるラスベガスに行ってからは間延びしたストーリー展開が続きスピーディーでもないままグダグダとしてしまい失速していきます。

最高のCGのおかげでリアルなゾンビ映画史上最もゾンビを登場させた映画だと思います。銃撃戦もかっこいいんですが、なんとも半端な印象です。

正直前半の仲間集めと金庫にたどり着くまでがワクワクしましたが、例の王と王妃が出てきたあたりから、半端に広げられた仲間たちが半端に死んでいき半端なアクションで面白そうに見えるけどもなんだかいまいち盛り上がらず終わります。

タイトルから勝手に思い浮かべた「アーミー」が「ガンガン超火力」で敵を薙ぎ倒すシーンが盛り沢山だと思っていましたが、冒頭のスローモーションでサクッと紹介されて、後半最後の方で主人公が拡張マガジンでガンガンぶっ放すだけだったので残念。

もっとガンガン現時点の最新兵器でブチかましまくってからの、、王の登場でアメリカ軍が負けまくる・・・って感じを期待。

・・・あ、冒頭のラスベガスがゾンビまみれになって傭兵たちが生存者を救出する冒頭のイントロ部分だけで良かったんじゃないかな?

って視聴後はなりました。

ドーンオブザデッドの方が面白かったな。。。

一応ドーンオブザデッドは最高のB級ゾンビ映画として大好きですし、300(スリーハンドレッド)は映画も原作も大好きな監督の最新ゾンビ映画の視聴を心から楽しみにしていました。

やはり、知性のあるゾンビが登場したのは驚きでしたが、どこかで見たことあると思ったら「アイアムレジェンド」のあいつそのまんまでしたね・・・。

スポンサーリンク

海外の評価は意外と低い

海外のRotten Tomatoesでは批評家からは73%。観客からは79%の支持を得ていますが、平均点は10点満点中6.2点と結構微妙な数字(2021年5月22日時点)

Rotten Tomatoesの皆さんのコメントを紹介。

足の軽いゾンビ叙事詩で2時間は長いと感じる。

ゾンビ映画に2時間20分?は頭がおかしいと感じる。ジャスティスリーグ然りスナイダーはパンにバターを過剰に塗るのが好きなようだ。最高以上に過度が邪魔をしています。

このラスベガス強盗をする「オーシャンズ11」は全く私たちの記憶に残る仕事をしていません。コメディアンにもなれずアクションスタントも稚拙、物語も全く記憶に残ることなく苦痛な2時間20分。

このほか多くの賛否両論を見たい方はこちらからどうぞ(英文です)

スポンサーリンク

アーミー・オブ・ザ・デッド「著名人」の感想評価

やはり世界中の著名人からも注目されていたザックスナイダー監督の「最新ゾンビ映画」の感想評価を集めてみました。もちろん全員集めれるわけもなく、私が「この人の感想を聞いてみたかった」を勝手に集めただけなのでご容赦を。

スポンサーリンク

「メタルギアシリーズ」小島秀夫監督の感想

メタルギアソリッドシリーズやデスストランディングで世界中のゲームファンを虜にしたゲームクリエイター小島秀夫監督。「僕の体の70%は映画でできている」というほどの映画ファン。

そんな小島監督も注目していた作品「アーミー・オブ・ザ・デッド」については「怖がらせるのではなく、笑わせるのではなく、比喩するのではなく、頭をゾンビにして楽しませてくれる」と高評価。

面白いのはファンによるこのコメントへの返信です。

多くのファンが「このテーマでゲーム作ってくれないか?」という天才の作った最高のゾンビ映画を天才ゲームクリエーターが作ったら絶対に面白いだろ!という熱望コメントに溢れている点。中には海外の方がわざわざ日本語訳にして「このテーマでゲームを作ってください」という愛のあるコメントも。

スポンサーリンク

「GANTZ」奥浩哉の感想

GANTZで有名な漫画家奥浩哉さんの感想です。

スポンサーリンク

まとめ:Netflixアーミーオブザ・デッドは賛否両論

個人的には冒頭が面白すぎてベガス到着以降の誰っぷりは気になるところ。ラストもなんとなく微妙って感じです。

ネットでの評価も8割の人は面白いと言っていますが、3割の人は「微妙」と思っていることがわかりましたね。皆さんはどう思いましたか?

Netflixで「アーミー・オブ・ザ・デッド」を観る

人気の映画感想評価記事はこちら
U-NEXT/HBOドラマ『チェルノブイリ』感想「面白すぎて鼻血出た」
シンエヴァ劇場版ラストの宇部新川駅とは?なぜこの駅を使用したのか? 
Netflix映画「彼女」原作漫画「群青」の魅力を紹介
JUNK HEAD感想「永遠に語り継がれるカルト映画」「絶対に見るべき」 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!