『アーヤと魔女』テレビと映画の違いは?エンディングが変わるって本当?

「そこ変えてどうすんの?」
2021年4月29日に劇場公開されるジブリ最新作「アーヤと魔女」ですが2020年12月30日にNHKで放送されたテレビ版との違いはあるのか?を紹介しています。噂では酷評されまくった「アーヤの人格修正」「エンディングが明確に、変更になる」と言われていたので調べてみました。

スポンサー リンク




『アーヤと魔女』テレビと映画の違いは?

確かに面白いとは言えなかったNHKテレビ版アーヤと魔女をそのまま劇場用作品として出すわけがない。と思っている方も多いはず。いや、

お願いだから修正してくれ。

と言う懇願の方が多いかもしれませんね。

それもそのはずテレビ版「アーヤと魔女」死ぬほどつまらなかったですからね。まだみていない人はこの記事を先に読んでからの方がいいですよ。本当に放送当時は酷評の嵐だったんですから。

エンディングが変わる?

登場人物全員が「何をしたいのか不明」なまま終わってしまい、「え?これで終わりなの」と言う唐突エンドなアーヤと魔女。

吾郎はやっぱりクソ映画しか作れないんだなと言われる始末でしたが、不評だらけだったにもかかわらず「鬼滅の刃」に勝てると思っているのか「エンディング」はそのままで行くようです。マジかよ。すげぇ自信だな。

スポンサーリンク

クソガキ主人公アーヤの人格修正?

「ゆたぽん」みたいに生意気で言うことを聞かないアーヤが不快でたまらなかった。

この声めちゃくちゃ多いんですよね。

確かにNHK放送版を視聴しましたが、孤児院から引き取られた時から不満顔を崩さずにありがとうの感謝も言えず、お願いされた仕事をまともにやり切らずに不平不満ばかりを言う始末。最後まで邪魔ばかりして自分の思い通りにならないと気が済まない生意気でクソやろうな主人公に最後まで感情移入どころから不快感しかなかったです。

が、今回テレビ版で不快指数が圧倒的だったアーヤの人格修正はされずにそのままらしいです。

劇場用にシーンが追加

本作は、当初より映像・音響を映画基準で制作。今回の劇場公開では、一部新たなカットが追加され、最先端の音響と映像技術で作品への没入感を味わえる「ドルビーシネマ」でも上映されることになった。

https://eiga.com/news/20210211/3/

どうやらNHKテレビ放送版と劇場版では「シーンの追加」が行われているのが正解のようです。が、個人的に多少のシーンの追加程度では「駄作」の汚名は拭えないと思っていますがどうでしょうか?

劇場版を見に行く前に知っておくべきことがあります↓

「アーヤと魔女」はジブリ史上最悪の駄作ってことです。
本当に見にいきたのなら止めませんが、見る価値ないですよ。マジでテレビ版を見た人たちは二度と劇場版にいかないレベルなんですから↓

スポンサーリンク

まとめ:テレビと劇場版との違いはあんまりない

それでいいのかジブリさん。

つまらない作品をそのままスクリーンで楽しめるほどに美しいCGでもないし、主人公クソガキで感情移入どころか引っ叩きたいレベル。物語も意味不明で何を楽しめればいいのかわからないのに。

本当にそれで行くんですかね。

さすがです。

本当に「アーヤと魔女」を見に行く前にこれを読んでください

スポンサーリンク

2件のコメント

 監督呼び捨てとかありえないしあなたはそれ以上のものを作れるんですか?
そんなクズにこんなサイト書かれても全くいい気分しないんですが。
あなたの主観とかどうでもいいので映画とテレビの違いを客観的に書いてください。

監監督呼び捨てとかありえないしあなたはそれ以上のものを作れるんですか?
→アンチのブログにようこそ。誰を呼び捨てにしようと関係ないですよね?
あんな映画作ってドヤ顔する監督は別段どうなろうと良くないですか?

そんなクズにこんなサイト書かれても全くいい気分しないんですが。
→アンチのブログにようこそ。好きな映画こき下ろされたら嫌ですよね。
でも嫌いな人は一定数いますので気にせず戻るボタン押してさっさと立ち去ってください。
こっちで自由に楽しんでいるBBQ会場に来ておいてフレンチ最高!って言われても・・
場違いなのはどっちでしょうか?

あなたの主観とかどうでもいいので映画とテレビの違いを客観的に書いてください。
→とりあえず客観的なことを先に書いた上で主観を書いていると思っています。
とりあえずコメントありがとうございます。

あいうえお へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!