Netflixアニメ『極主夫道』感想:原作を超える面白さ!斉木楠雄好き必見

極主夫道のアニメ動画を全話無料視聴できる配信サービスと方法まとめ | VODリッチ

『動かない手抜きアニメと思ったら声優と監督のおかげで原作以上の面白さ!』『斉木楠雄アニメのようなキャラ同士の掛け合い、テンポ最高!』

Netflixオリジナル独占アニメ「極主夫道」の感想評価を紹介しています。

スポンサー リンク




極主夫道って何?

極主夫道 1 (BUNCH COMICS) | おおのこうすけ |本 | 通販 | Amazon

かつて不死身の龍と恐れられいくつものヤクザの組を潰した元極道の龍(りゅう)が美久との結婚を機に専業主夫に転身。

が、ザ・ヤクザな風貌とは裏腹に裁縫洗濯掃除食事から家計簿まで社会人の妻・美久のサポートまで完璧な主夫の龍。

おおのこうすけ@極主夫道②発売中 (@kousuke_oono) さんの漫画 | 13作目 | ツイコミ(仮) | 主夫, こうすけ, マンガ

しかし伝説の極道である過去の習慣が抜けず小麦粉を「白い粉」「ブツ」など危険な言葉を普通に連呼しちゃうし、見た目も超怖いからついつい脅威に感じられてしまう面も。

おおのこうすけ@極主夫道7巻3月9日発売 (@kousuke_oono) さんの漫画 | 48作目 | ツイコミ(仮)

が、実際には元極道らしい言動とは裏腹にかわいいもの好きだったり、ゴキブリ苦手だったり美久よりも女子力高かったりと見た目とのギャップを楽しみつつこの夫婦が織りなす日常を描いた作品。

これが「極主夫道」

登場する人物もやっぱり変な人ばかりで、パートで働く極道の妻がいたり、同じ匂いのする元極道のクレープ愛に溢れるおっさん、変な主婦、変な猫などと個性的すぎるキャラクターが笑いを誘う。

そんな漫画がNetflix独占配信でアニメ化!

絶対に見ないわけがない!

ってことで拝見。

先に言っておきますが超。

超。

面白いです。

スポンサーリンク

Netflixアニメ『極主夫道』感想:原作を超える面白さ!

まさかこんなところで斉木楠雄の災難を超すアニメと出会うとは!!

だけど意外と極主夫道アニメ版は賛否両論でネットでは「手抜きアニメ」「動かない紙芝居」とかまで言われる始末!

でも私は言っておきたい!

このアニメは
原作以上に!
面白いッ!

原作漫画の理想的なアニメ化

一枚絵を多用しているので人によっては手抜きと思うかもしれない。後述するが私もそう思っていた。

しかも出てくるシーンの9割方漫画のシーンをトレースして色を塗っただけのような「既視感」のある真の連続は正直困惑した。

が、玉木宏主演のクソドラマ版「極主夫道」のようにファミリー要素を無駄に入れるなど原作改変は一切していない点は「原作愛」とも言える。

一歩間違えば劇場版アニメ「鉄コン筋クリート」のように原作に忠実すぎて「フルカラーで動くだけの原作漫画」と評価されてしまうところだったが、斉木楠雄の災難のように監督の手腕と演出によって原作の良さを一切壊すことのないまま良質アニメへと昇華されている。

原作には「擬音」もアニメでは「擬音と音」両方を盛り込み、動いていないと思われた一枚絵も声優の演技力によって一切違和感を感じることはなくなる。

もともと面白い原作漫画をさらに面白くした理想的な原作漫画のアニメ化だと感じた。

スポンサーリンク

動かない=手抜きは間違い

先に言っておきます。

ぶっちゃけるとシーズン1のエピソード1の4話までは
あんまり動かないし
面白くない。ドドンッ!!

ははは。

解説します。

実は私も正直第一話を視聴した時は

『動かない系アニメのやつか!』

と少しだけがっかりしたのは事実です。

そりゃNetflixの潤沢な予算をもらっている(と思っていた)はずのオリジナル独占配信アニメですからね!

相当ぬるっぬる動く見事な極主夫道を楽しめると思い込んでいた視聴者も多いはず。

が、動かない

「やっちまったか・・・。」

と思っていた。

「原作通りすぎて原作見たことある人にとってはフルカラーコミック観てるのと一緒じゃんよ・・・。」↓

うん

ここも動かないね。

津田健次郎の声最高ね。

あのクソドラマに出ないで正解ね。

でも動かないなぁ。

うん。ここもか。

漫画に色塗っただけじゃねーかよ。

ちくしょうめ。

と思っていたが、

第5話。

妻・美久のために「ポリキュア」を買いにきた龍。訳がわからず店員に質問をしたところ。

こいつ↑

超喋る。

しかもBGMに「ポリキュア」のオリジナルテーマソング!まで流れる徹底っぷり。(エンディングテーマこいつ流せよ!)おかげでイメージ通りのオタク節全開の早口説明を一方的にしまくるウゼェ店員の完成。

もちろん原作通り喉にしゅパッと手刀をくらうのだが、

その時の「カハっ!!」って声。

5話のたった数分のこの二人のやり取りだけで「原作にはないアニメならではの表現の凄さ」を体感。

動かない分は声優で面白く!』
by今千秋監督(嘘)

この後から極主夫道アニメの本領発揮!

ここからキャラクターも増えて行き声優の本領発揮、さらにテンポが一気に増していくので面白さは倍増。

前述したNetflixオリジナルの斉木楠雄の災難アニメ版と同じ「原作漫画以上に喋りまくる声優と監督の演出力のおかげで原作を差し置いてアニメが面白くなっちゃった」作品になっていきます。

なぜ斉木楠雄好きに勧めるのか

6話。「銀のさんぽ」

原作漫画でも唐突に始まる龍の家猫「銀」が主役の回「銀のさんぽ」では当たり前のように喋る銀の目線でさまざまな出会いをコミカルに描かれた回。

本編では濃いキャラクターの織りなす日常で疲れた読者の癒し回でもある。

龍のかわいい猫、銀は関西弁で猫ならでは?な気ままに散歩し道中出会った生き物たちに挨拶というか無茶振りしたりするシンプルな内容ながら「アニメは声優で面白く!」を最も見事に体現した回になっている。

声優M・A・Oが龍の猫『銀』の役を演じるのだが、もはや銀は彼女しかいないレベルで見事にマッチした超可愛い声と関西弁。

「なぁバッタ食うん?」

「なぁちょっとこっち降りてきてや?」

「自分どないしたんや。。。」

この後獰猛な猛犬「エリザベス」(真山亜子)と二匹のやり取りはアドリブかな?というレベルの軽快なやり取りで笑わせてくれる。会話のテンポも良い。

12話「銀さんぽ②」

では他人猫の敷地でいきなりうんこしようとする銀と家主の黒猫(松岡なんちゃらさん)との漫才のような銀のボケと黒猫のツッコミがいい感じ。

「おいお前何してんのや!」
「ん?うんこしとかなーて」
「いや、ここひとんちやぞ?」
「ん・・・ふんんん!(プルプル)」
「ふっざけんなお前!」
「なんやねん〜もう〜」
「わかるか!ひとんちや!」
「ごめんってそんな怒らんでも・・うう・・・んっt」
「おまっ!聞いてんのか!」

こんな漫才みたいな兼ね合い。

をテンポよくやってくれる。

笑うて。

ドラマ出ないで正解。津田健次郎

津田健次郎。

やっぱり持っている人説。

色々あった挙句にこのNetflixオリジナルドラマ極主夫道の主演龍の声を演じることができたからだ。

もともと津田健次郎が原作漫画の告知PVを自分で主演して監督した短編動画が「原作を見事に描いた&龍にどそっくり」と原作ファンの中でヒット。

このPVのおかげで全国での認知度も上がった立役者にも関わらず民放でドラマ化した時には主役である龍役を「玉木宏」に奪われた。(もちろん津田健次郎一択だろうが!ってファンの声も多数あったが無視された)

後日、Netflixアニメ化告知で「津田健次郎」の名前が出た時、ドラマ出れない分かわいそうだから「お情けで声優に抜擢」という印象を拭いきれなかった。

が、

蓋を開ければ原作改変ドラマで龍と美久の間に勝手に一人娘を入れてうっぜぇファミリードラマに仕立て上げてしまいファンからは「原作読めよクソが」と総スカン。

アニメ版の配役された経緯は知らないが、

津田健次郎演じる龍は最高だ。

相当のどを痛める声だと思うけどあなたしかないレベルでもう「津田健次郎は龍である」と思っている。

シーズン2も早く観たい。

OPテーマはいらないかも

OP:「シュフノミチ」打首獄門同好会
ED:「極・夫婦街道」打首獄門同好会

オープニングが勢い良いんだけど別に極主夫道に合っているかどうかは微妙。

個人的に「騒音」に感じた。

が、さすがNetflixエピソード2以降は『勝手にOPすっ飛ばしてくれる機能のおかげで』あの騒音は二度と聞いていない。

ついでに言うとEDテーマも似たような感じだけど『次のエピソードへ』って勝手に進めてくれるからエンディングはほとんど聞いていない。(だからOPはいらないかもってタイトル)

ポリキュアの歌、監督歌ってた

前述した第5話でウゼェ店員登場シーン、エピソード2第11話の裏で流れていたポリキュアのオリジナルテーマソング。

監督の今千秋が歌ってた。

まじかよ!

あ、女性だったのね!

しかもめっちゃ有名人!セーラームーン劇場版の監督もやってたんだ!

で、あのポリキュア!って声を今千秋監督が!?ずいぶんかわいい声してるなぁ。

気になる。

サントラでフルボイス入で入ってたら買って聞いてみたい。

極主夫道アニメについて

Netflixオリジナルアニメ『極主夫道』内容

シーズン1の内容
1エピソードの時間:約17分
配信内容:1エピソード内に1話2〜3分程度の短編が6話収録されている。
全5エピソード。

スポンサーリンク

極主夫道アニメキャストスタッフ

キャスト 龍:津田健次郎
美久:伊藤静
雅:興津和幸
虎二郎:細谷佳正
酉井雲雀:田中敦子
銀:M・A・O
ヤクザの若頭:福島潤
町の会長:斉藤貴美子
警官:野川雅史
警官:柳田淳一
組長のおやじ:大塚芳忠
スタッフ 原作:おおのこうすけ
監督:今千秋
シリーズ構成:山川進
アニメーション制作:J.C.STAFF

まとめ:Netflix解約を延期

良作アニメ!久しぶりに笑ったアニメでした。

斉木楠雄の災難アニメファンでしたがこれは人に勧められるレベルのアニメがNetflixオリジナルで配信されたのは嬉しいですね。

正直最近のNetflixアニメもドラマも不発続きだったのでU-NEXTのHBOMAXドラマシリーズやアマゾンプライムドラマ中心の生活になってたんですよね。

が、この作品を堪能しきっているうちにザックシュナイダーのアーミー・オブ・ザ・デッド配信までは解約を待とうと思います。

皆さんこの記事もよく読まれています
Netflix「いつ観ても面白い、おすすめ」作品一覧
Netflix「オススメリミテッドシリーズ」作品紹介
Netflix「おすすめしない、つまらない」作品一覧
Netflixの視聴履歴を簡単に削除する方法。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!