映画『ナイブズ・アウト:グラス・オニオン』物語ネタバレ!真犯人は誰だ?




「犯人が速攻分かる残念な映画だった」

Netflixオリジナル映画『ナイブズ・アウト:グラス・オニオン』物語結末、犯人をネタバレ!

スポンサーリンク




映画『ナイブズ・アウト:グラス・オニオン』作品情報

配信日
2022年12月23日(日本)
制作:米国
公式サイト:Netflix
別名
グラスオニオン
撮影地
ギリシャ
制作会社
Netflix
T-Street

あらすじ

南部の名探偵ブノワ・ブランは、最新の事件のためにギリシャを訪れる。

スポンサーリンク

スタッフ・キャスト

監督
ライアン・ジョンソン
脚本
ライアン・ジョンソン

キャスト
ダニエル・クレイグ …ブノワ・ブラン
エドワード・ノートン … マイルス・ブロン
ジャネル・モネー …アンディ・ブランド
キャサリン・ハーン… クレア・デベラ
レスリー・オドム・ジュニア..ライオネル・トゥーサン
ケイト・ハドソン… バーディ・ジェイ
デイブ・バウティスタ… デューク・コーディ
ジェシカ・ヘンウィック… ペグ
マデリン・クライン …ウィスキー
ノア・セガン… デロール
ジャッキー・ホフマン… マー

スポンサーリンク

グラスオニオンの意味は?

劇中に登場する大富豪マイルズ・ブロン(エドワード・ノートン)がかつて仲間たちと一緒に飲んだバーの名前であり、自身の屋敷にあるバーにもこの『グラスオニオン』と名付けています。直訳すると”ガラスの玉ねぎ”を意味します。

スポンサーリンク

映画『ナイブズ・アウト:グラス・オニオン』物語ネタバレ!真犯人は誰だ?

2020年5月新型コロナウイルスのパンデミック初期。

コネチカット州知事のクレア・デベラ(キャサリン・ハーン)は、自宅でのインタビューを行っている中に、科学者のライオネル・トゥーサン(レスリー・オドム・ジュニア)は上層部とのビデオ会議中に、スーパーモデルのバーディ・ジェイ(ケイト・ハドソン)が、アシスタント、ペグ(ジェシカ・ヘンウィック)と一緒にパーティーの最中に、メンズライツのTwitchスター、デューク・コディ(デイヴ・バウティスタ)と恋人のウィスキー(マデリン・クライン)との配信中に、アルファ社の大富豪マイルズ・ブロン(エドワード・ノートン)から謎の小包が送られてくる。

箱を開けそれぞれのパズルや暗号を解くと中に大富豪マイルズからのパーティへの招待状を見つけ全員が歓喜する。

しかし、最後に荷物を受け取ったカサンドラ “アンディ” ブランド (ジャネル・モネー。マイルズの元ビジネスパートナーのヘレン)は浮かない表情でその木箱を見つめた後、パズルを解かずに木槌で破壊して中にある招待状を手にすると、”私の殺人事件を解決してほしい”と書かれた文章を見て表情が曇る。

刑事のブノワ・ブラン (ダニエル・クレイグ )は、ビデオチャットでゲームをプレイしながらバスタブに入っており、仲間たちがは事件の合間は自分のアパートに引きこもるブランに懸念を示していると、パートナーのフィリップ(ヒュー・グラント)の声で自分宛にマイルズからの箱が届いたことを知らされる。

スポンサーリンク

マイルズの島へ

その後、マイルズの島へ向かう船着場に到着したブランの前に、クレア、バーディ、ペグ、ライオネル、デューク、ウィスキーが次々到着するとブランに会えて喜ぶ。

船が到着しマイルズの助手(イーサン・ホーク)から、マスクを使わずに交流できるようにするための”消毒薬”を口の中に次々噴射されて乗船する。遅れてアンディが到着すると皆が唖然とする。実は誰もがアンディはマイルズからクビにされ険悪な仲だと思われていたため、彼女がまさか登場するとは思わなかったのだ。

皆がマイルズの島に到着するとマイルズに歓迎され、ランダムに招待されたデロール(ノア・セガン)もう1人のゲストを紹介。、それらを歓迎するために到着したマイルズの島に到着。マイルズはその後、彼の家、グループがたむろするために使用されるバーにちなんで名付けられたグラスオニオンに招待されると、マイルズはブランをオフィスに呼ぶとブランを招待していないと言っていたが、ブランは確かに招待状を受け取っていることを証明してことなきを得る。

客たちはプールで飲み遊んでいると遅れて参加したブランはプールで飲みながら周囲を観察し、それぞれの動向を探る。ウィスキーはデュークに気づかれながらもマイルズと親密になっている姿を、ペグはバーディに”個人的”な問題についてマイルズと話している姿を、アンディはこの場にいるゲストのすべてのベンチャー(政界でクレアの実行、デュークのTwitchのキャリアなど)をバックアップしていることを聞く。

その後、ブランは葉巻を吸おうとするが、火災報知器の警報音で追い払われる。散歩をしていたデュークは寝室でマイルズと恋人のウィスキーが付き合っているところを見てしまい拳を強く握りしめるところをブランは目撃してしまう。

ゲストが飲み続ける間、マイルズは、パンデミックのためにお金が必要なので、ルーブル美術館から実際のモナリザを借りていること、高感度なアラームシステムを備えており離れた場所でライターの火をつけるだけでアラームが作動してモナリザが保護されるのを目撃する。

スポンサーリンク

ブラン速攻謎解きしてしまう

そして夜になると、マイルズは皆を集めると”クリア”と呼ばれる新しい未試験の燃料源を開発したこと、この屋敷グラスオニオン全体がその燃料から動力を得ていることをプレゼンする。しかし研究者のライオネルは、クリアは一般に公開する前に少なくとも2年間はテストが必要だがもう使用して説明するのは間違っていると言うがマイルズにたしなめられてしまう。

マイルズは人々を集めて酒を飲み、その後に謎解きの席に着く。ちょうど謎が始まると、ブランはクロスボウを持っている像の真向かいにマイルズが座っていること、この位置だとバーディが殺人者だと疑われるように仕向けている謎解きゲームを一瞬で台無しにしてしまいマイルズにブランは謝罪する。

みんなはパーティーを続け、デュークはマイルズが飲もうとしていたグラスを間違って取り飲むと突如喉を押さえて死んでしまう。グループは何度も鳴っていたデュークの通知音が聞こえなくなり彼の携帯もどこかに紛失したこと、そしてグラスには”マイルズ”の名前が刻印されていたこと、デュークが所持していた銃がなくなっていること、そしてゲストの誰かがマイルズを毒殺しようとしたのではないかと疑い始めパニックを起こすマイルズがデュークに助けを求める。そして22時になると突然屋敷が停電してしまう。

”アンディが部屋を荒らした”とウィスキーがやってくるとブランは暗闇の中でアンディに追いつき二人が話していると、影から犯人が銃を構えるとアンディは胸を撃たれてしまうが、ゲストは離れた場所にいるようだった。

ヘレンとアンディ

ブランが招待状を受け取った日に戻る。

実はあの時、ブランの元に箱と招待状を届けたのはアンディの双子の妹であるヘレンだった。彼女は潰れたパズルの箱を持ってブランに見せるとアンディは数日前に自殺したこと、そしてアンディは誰かに殺されたと考えていることを伝える。

マイルズがヘレンのクリアのアイディアを盗んで自分のアイデアとして流用したことを隠すために、グループで不利な証言をして追い出したこと、そして、グループの誰かがアンディを毒殺したこと、遺書もなく自殺するはずがないと説明する。

そこでブランは、ヘレンが”アンディを装って島へ行く”というアイデアを思いつき実行したため、ゲストたちが船着場に登場したアンディの姿に驚いていたのだ。そして島に着いたヘレンは、酔っ払って客たちの様子をうかがい、それぞれの密談を盗み聞きしライオネルとクレアはクリアが大爆発を引き起こす可能性を知っていたがサインしたこと隠されていること、バーディのバッグにレコーダーを仕込みペグとの会話を記録、バーディがバングラデシュの搾取工場に関する書類にサインし、マイルズが補償できるようにすること。最後に、ヘレンはデュークがウィスキーにマイルズを誘惑するよう頼んだこと、しかしデュークが10代の少年に勃起薬を売り込もうとした悪評を望まないことが判明する。

夜のパーティーで実際に撃たれたヘレンはアンディのハンドブックが銃弾を防ぎ命拾いしていた。そこでブランは激辛ソースで死亡を偽装しマイルズたちに隠れて行動を始めブランが直後にグラスオニオンにゲストを集めている間にオフィスに隠されていた”アンディのアイディアをメモを入れた封筒”を見つける。

結末ネタバレ「真犯人は?」

スポンサーリンク

集まったゲストに対しブランがマイルズの言動から彼は天才技術者ではないことをグループに伝える。さらに、デュークマイルズが真犯人であると言い放つ。そしてデュークの死因は、アンディの死の記事をマイルズに見せ脅迫したことが判明。そしてマイルズはデュークの飲み物にパイナップルジュースを入れ、彼がパイナップルに死ぬほどのアレルギー反応があることを知っていたこと。

そして数日前、デュークはアンディの家を出るところを目撃されたこと、マイルズの車に轢かれそうになった。デューク、クレア、ライオネル、バーディの4人はアンディの様子を見に行くが、応答がない。マイルズはアンディが封筒を持っているライオネルからのメールを嗅ぎつけ、彼女を殺したのだった。

ヘレンは皆の前でアンディがクリアのアイディアをメモしたナプキンを提示するが、マイルズはメモをライターで燃やしてしまう。証拠を失ったアンディに対して余裕の表情を見せるマイルズ、そしてマイルズを裏切れないゲストたちはこのことを静観することに決めたようだった。

ブランは、ヘレンに一杯飲ませるとブランが以前、ヘレンは酔うと頭の回転が速くなると言っていたように、彼女は酒を飲み干すと、マイルズの様々な貴重品を壊し始める。

すると残りのメンバーもヘレンを応援し始め最初はウィスキーが、そして次にバーディが、いつの間にか全員がマイルズに反旗をかかげを壊し始める。そしてヘレンは最後に地面に落ちた酒に火をつけると、ブランがこっそり渡したクリアのサンプルを炎に投げ込むと瞬時に大爆発を起こし屋敷は壊滅する。その様子をブランとデロールはタバコに火をつけて眺めていた。

爆発が収まり、ケースで保護されているモナリザを見たヘレンは、ゲストやマイルズの静止を振り切りケースの保護を解除し皆の前でモナリザが消し炭に、それを見たマイルズはついに膝から崩れ落ち慟哭する。

生き残ったゲストたちの前でマイルズがヘレンを脅すも、ヘレンは何食わぬ顔で立ち去る。警察が登場しゲストたちはマイルズに対して証言することを決めていた。

ヘレンは水辺でブランと合流し、満足げな笑みを浮かべながら海を見つめ物語は終了する。

スポンサーリンク

海外の感想評価 IMDb 8.0/10

10/10
同等の強さの続編

映画『ナイブズ・アウト:グラス・オニオン』は、リアン・ジョンソンの素晴らしい資質をさらに証明するもので、驚異的な前作に匹敵するクオリティで、同じくらい強力な続編を提供している。
ダニエル・クレイグはブノワ・ブランを完璧に演じ、あの美しいアクセントとユーモアを取り戻しながら、彼が本当に善人であることを再認識させてくれる。ジャネール・モネーは新キャストの中で最高で、とても幅広い演技を見せ、クレイグとの素晴らしい二人芝居を演出しています。
他のキャストも皆、憎めないキャラクターで笑いを誘うのが上手だが、中でもエドワード・ノートンの無知な億万長者のハイテク大企業は、彼の象徴的なキャラクター「ファイト・クラブ」との完璧で意図的なコントラストを感じる。
ライアン・ジョンソンの演出は素晴らしく、常にカメラを動かしているのに驚くほどエネルギーがあり、フレーミングによってスター性を強調するのが実にうまい。ネイサン・ジョンソンの音楽も、最近ではあまり聴くことのできないエキセントリックな爆音で、実に良い。

7/10
超クレバーで非常に面白いが…

映画『ナイブズ・アウト:グラス・オニオン』は、ミステリーの最高傑作「ナイフアウト」の続編です。この作品は、非常に巧妙で、非常に面白いです。この作品には、たくさんのクールなアイデアが詰まっています。コメディはオリジナルから大きく進化しています。観客と同じように、私も何度も大笑いしました。
私は終始、興味をそそられ、没頭していました。素晴らしいキャストで、特に最後に登場する俳優が素晴らしい。知らない人のために誰とは言いませんので、私と同じように驚いていただけると思います。しかし、これは私の好きな俳優の一人の復帰作であり、彼はまだ持っていることをはっきりと示しています
最も強い点は、ストーリーと、もちろんミステリーです。私にとって原作の足かせとなったのは、そのほとんどが予測できてしまったことです。映画『ナイブズ・アウト:グラス・オニオン』は完全に予測不能で、常に私を推理させた。そして、ストーリーが非線形に語られることが大きな利点となっている。時系列で語られるのであれば、これほどインパクトのある作品にはならなかっただろう。
私は、この映画が前作よりも良く、今年の私のお気に入りの映画の1つであると宣言する準備ができていた。こんなことは今まで一度もなかった。スタートからセットアップ、そして明かされるまでのすべてが好きだった。しかし、それ以降は全て嫌いになってしまった。非常に信じがたく、余計に安っぽく感じました。嫌な味が残った。
それでも、映画の大部分はとても良いので、見る価値があると感じています。そして、2回目の鑑賞時には、もっと納得のいく結末になっていることを期待します。でも、それがすごいということの足かせになっている。

7/10
この作品は、1作目よりも優れていると言うのは、狂気の沙汰としか言いようがない。

この映画は嫌いではありません。面白い設定、良いひねり、そしてちゃんとしたユーモアがありました。とはいえ、「ナイフアウト」の熱烈なファンとしては、「グラスオニオン」には本当にがっかりさせられました。
『Knives Out』が古典的な殺人ミステリーというフォーマットに新鮮さを与えていたのに対し、映画『ナイブズ・アウト:グラス・オニオン』は大げさで、このジャンルから完全に逸脱していた。映画の宣伝では、遠隔地という設定にアガサ・クリスティーのような雰囲気があるのではと期待したが、ジェームズ・ボンドの超悪玉的な非現実的な技術ばかりで、全体として現実味がなかった。殺人ミステリーというより、アクション映画のように感じられる部分もあり、殺人ミステリーというジャンルの完璧な使い方がオリジナル映画のお気に入りの一つだっただけに、本当に残念だった。
明るい面を挙げるとすれば、ジャネール・モネイが非常に魅力的で、彼女のキャラクターは間違いなくマルタの役割を担っていました。ダニエル・クレイグは再びブノワ・ブランとして良い仕事をし、面白いセリフもありましたが、個人的にはこの映画は全体的に1作目よりずっと面白くなかったと思います。

1作目と同様、映画『ナイブズ・アウト:グラス・オニオン』にも社会的な批判、特に階級に関する批判が多く含まれており(1作目ほどではないにせよ)、これは常に貴重なものです。この映画の背景にあるコンセプトはとても楽しいものでしたが、ただ、多くの場合、彼らはそれをやりすぎてしまったと思います。

全体的に映画『ナイブズ・アウト:グラス・オニオン』は素晴らしい映画でしたが、もしあなたが1作目の大ファンであれば、期待値を下げた方がいいと思います。再鑑賞すればもっと評価できるかもしれないが、今のところ失望している。フランチャイズ映画が興行収入を独占する世界で、「Knives Out」は公開当時、新鮮な空気のように感じられたので、このシリーズが最初に目立っていたものの正体になってしまうかもしれないと思うと、動揺する。しかし、映画『ナイブズ・アウト:グラス・オニオン』は、「続編はオリジナルほど良くはない」という固定観念を否定するような作品ではない。

まとめと感想

確かに前作ナイブスアウトは古典的で小説を読んでいるように徐々に明かされていく謎と自分達で推測する謎とのすり合わせを楽しみ試聴できたが、今作は、、なんというか、映画を見ているようだった。

いや、映画なんだけど・・・。海外レビューに描かれているような前作の古典的な良さとは逸脱して超科学的な屋敷で繰り広げられる殺人、偽装、裏切り、陰謀がなんとも大味で浅いという印象だった。これは人の好みによるかもしれないが前作の感じが好きな人はこの作品に違和感を覚えるかも。

ただし、私はファイト・クラブ以来エドワード・ノートンが大好きなので彼が無知で間抜けな大富豪を演じている姿を見れただけでも満足している。

そして今更思い出したんだけど、ノートンはインクレディブル・ハルクにもう一回戻ってくれたしないのだろうか?

次はどのネタバレを読む?

関連



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!