アニメ『雨を告げる漂流団地』物語エンディングまでネタバレと海外の評価「2時間は長すぎる」

「2時間やかましい子供達を見るだけの浅い作品」海外では不評のNetflixオリジナルアニメ「雨を告げる漂流団地」物語エンディングまでネタバレと海外の感想評価を紹介。少年少女の心の成長を描くというシンプルな物語を複雑に2時間もかけて表現してしまったのが敗因のこの映画、何がダメだったのか?を一緒に考えていきましょう。

スポンサー リンク




アニメ『雨を告げる漂流団地』あらすじ

幼なじみの熊谷航祐と兎内夏芽は小学6年生になったものの、二人の関係は航祐の祖父・安次が亡くなったころからギクシャクしていた。夏休みのある日、友人と取り壊し中の「おばけ団地」で遊んでいた航祐は夏芽に遭遇する。航祐が夏芽から謎の少年・のっぽについての話を聞いていると、不思議な現象が起き、気づくと団地は大海原を漂流していた。
『雨を告げる漂流団地』本予告より引用

スポンサーリンク

アニメ『雨を告げる漂流団地』物語ネタバレ

小学六年生の航祐(こうすけ)、夏芽(なつめ)は小さい頃はいつも一緒に遊び行動していたが、高学年になった時に昔住んでいた団地が取り壊されることになり、隣の綺麗なマンションに移り住んでいたタイミングで航祐の祖父の安じいが亡くなったことで反抗期が爆発。大好きな夏芽と距離を置くようになっていた。

夏休みの初日、航祐はクラスメイトの譲(ゆずる)、太志(たいし)、令依菜(れいな)、珠理(じゅり)と取り壊されるのを待っている古い団地をお化け団地と呼び自由研究で幽霊を捕まえようと潜り込むが、なぜかかつての航祐の家で夏休みの宿題をしていた夏芽と出会い一緒にこの屋上に住んでいる謎の少年のっぽくんに会いに向かうが誰もいない。

思春期爆発の航祐は自分が素直になれず夏芽を嘘つき呼ばわりして困らせると、のっぽくんのために用意したという屋上のテントから航祐の祖父、安じいのカメラが出てくる。ずっとのそのカメラを探していた航祐は夏芽のことを嘘つきの泥棒呼ばわりしてしまう。怒った夏芽が足を滑らせ屋上から落ちてしまう。

その瞬間視界を遮るほどの大雨が周囲に降り始め、雨が止んだ途端航祐たちのいた団地だけを残して周囲は一面大海原になっていた。

漂流団地

落下した夏芽は海に落ちて助かっており団地に戻り皆で状況整理をしているところに、のっぽくんが登場、口数は少ないが彼は確かに存在する少年で昔ここに住んでいたらしいことまでは判明する。そして彼らの目の前で同じように海に浮いたもう一棟の団地がスレスレを通り過ぎていくのを目の当たりにして慌てるが無人なのか誰もいないように見える。

それから少しだけ落ち着いた航祐、夏芽、譲、太志、令依菜、珠理、のっぽくんの7人は団地が海に浮いている状態でどこかに向かって進み続けていること、スマホやネットワークは圏外で、食事は団地で見つけたブタメンとポテト、そしてのっぽくんが組み上げた雨水を煮沸消毒した飲み水があることが分かりひとまず安心する。

そこでブタメンを食べながら夏芽曰く、何度かこの周囲が海になることがあったが、だいたい一日眠って朝になると元に戻っているという言葉を信じて朝を迎えるが相変わらず周囲は海だけ、、、それから何日もの間状況は変わらず食料が不足していき流石に小学生の彼らは徐々に精神も消耗してきてしまった。夏芽と航祐はあれから全く口を聞いておらずお互いに避けて素直になれずにいた。

スポンサーリンク

漂流体育館

何日も同じ状況が続きたことで夏芽は責任を感じて塞ぎ込み、航祐はずっと屋上で再び家屋が流れてきた時用にロープを作っていたところ、ついに”取り壊されたはずの市民体育館”が流れてきたのでロープを繋げて食料探しに向かうが、心配した夏芽が現れ一緒に食料探しをする。目の色を変えて必死になる夏芽に声をかけると彼女はこの状況になったのは自分のせいかもしれないと人知れず自分を責めていたのだ。二人はお菓子の自動販売機を見つけなんとか破壊しようと手を合わせた際にお互いの不満をぶちまけあったことで互いの溝が深まる。無事に食糧を手に入れ仲間と和解するのだった。

和解した夏芽が航祐に例のカメラを渡す。実は航祐の誕生日に安じいと夏芽でサプライズとして用意していたことを伝え二人は和解するが、航祐はまだ素直になれずにいた。双眼鏡でこの団地は遠くに見える彼らの街に向かっていることを知った七人はいずれ帰れるという希望を持ち、手に入れた食糧でご馳走を食べ残りの日数を楽しむことにする。

ある日、航祐は皆の前でのっぽにお前は何者だ?と問い詰めるとのっぽくんはこの団地そのもので精霊のような存在であることが分かる。突然目の前に謎めいた存在が現れ狼狽えるみんなだったがのっぽくんは自分のこと以外記憶を失っているため結局この状況になった理由は判明しないのだった。気の弱い令依菜は夏芽とのっぽくんを攻めるが親友の珠理が声を荒げて咎めたため反省し、その言葉で冷静になった六人はのっぽくんが謎の存在であっても友達だと認めるのだった。

スポンサーリンク

漂流デパート

過去がフラッシュバックする。

航祐と夏芽が仲良しだった時、一緒に病院に見舞いに行った時、夏芽はカメラを渡すタイミングを見計らっていた、航祐は一緒に病院に向かうが体調が悪いじいちゃんを心配する夏芽に何気なく”お前の本当のじいちゃんじゃない”と言ってしまったため傷付いた夏芽は立ち去ってしまう。その様子を見た安じいは”誤ってこい”声を荒げて航祐を叱りつける。航祐は慌てて夏芽を追うがその背後で安じいは胸を押さえて倒れてしまうのだった。

ある日、目の前をデパートが通り近づいてきたのを発見した、航祐、夏芽、のっぽの三人で急ぎで食料探しに向かうが、デパートはすれ違わずそのまま団地に衝突してしまい珠理は頭に怪我を追ってしまう。悲観した令依菜は親友の珠理が傷つき取り乱して再び夏芽が悪いんだと非難してしまう。航祐が咎めるが彼らもずっとこの場所から動けず精神的に疲弊していっていた。

何度も非難されても気丈に振る舞っていた夏芽を元気付けようと航祐が現れ慰めると、夏芽の両親が離婚した時から泣いても何もならないからいつも笑うようにしていること、父がいなくなり、シングルになった母はいつも忙しく家にいない、そんな時、航祐の祖父の安じいが夏芽も航祐も一緒に孫のように接してくれたことが嬉しくて楽しかったこと。でも安じいが死んでしまい心の拠り所が失われてしまい寂しくて実はいつも航祐と安じいがいたあの部屋にいつもいたのだ。しかし夏芽はこれ以上話を続けず再び気丈に振る舞い航祐を心配させるが航祐は何も言えずにいた。

スポンサーリンク

この場所に転移した理由

翌朝、あれだけ晴天が続いていた空が曇り空に。昨日のデパートがぶつかった衝撃で団地に穴が会いてしまい団地が徐々に沈み始めていることに気が付いた六人はのっぽくんに隠していることはないかを聞きに行く。

そこでのっぽくんは、自分は団地であること、航祐、夏芽、安じいの笑顔が好きだったこと、彼らが離れてしまい寂しかったこと、そしてこの海は寿命(取り壊し)を迎えた建物や精霊たちが訪れる場所で本来はのっぽくんだけがくるべき場所で航祐たちはくるはずじゃないが、帰る方法はわからないと言う。帰れないと聞いた令依菜は取り乱し泣き叫ぶが珠理が目を覚ましたことで活気を取り戻す。航祐が本当に帰る方法が良いかを聞くと”イカダを作ってここと出た方がいい。”のっぽくんは寂しそうに言うだけだった。

のっぽくんを除いた六人は筏作りと準備していたが、夏芽は安じいとの思い出の詰まったのっぽくんから離れることを心底喜んではいなかったが、いよいよ団地が沈みそうになってしまったため筏で脱出しようとするが、のっぽくんは航祐を船に乗せると筏を蹴飛ばしてしまう。

しかし夏芽はのっぽくんを一人にはできないと筏から飛び降りて団地の残骸に向かってしまう。海が荒れていたため船から出れずにいた航祐は後悔で泣き叫ぶが夏芽たちの姿は見えなくなってしまう。

ほぼ沈みかけた団地の屋上でのっぽくんは夏目に笑って欲しかっただけなのにと塞ぎ込み、夏芽は母親に苦労をかけていたこと自分がいなくなっても心配は無くなるだろう、自分がいたことで航祐が安じいの死に目に合わせてあげれなかったことを悔やみ続けていた。航祐にずっと悪いと思っていたことを思い返す。そこに漂流していた遊園地に乗って現れた航祐たちが夏芽の前に現れ助ける。

しかし夏芽はなんで助けに来たんだと航祐を責めるが、航祐は素直にのっぽなんかより誰よりも俺はお前と一緒にいたいんだと思いを伝え本当の和解を迎える。遊園地の精霊の協力で観覧車を動かしてロープに繋いだのっぽくんのの団地を浮上させることに成功するが強い嵐に巻き込まれて再び遊園地と離れた団地の上に乗ったのっぽと航祐、夏芽は嵐に巻き込まれてしまう。

スポンサーリンク

エンディングネタバレ「漂流団地の行く末」

穏やかになった団地の屋上で目を覚ました航祐と夏芽、遊園地に残っていたみんなが合流して静かに光る島に到着する。みんな上陸しようとするがのっぽくんはその先は僕達のような精霊たちが集まる場所だから僕だけしか行けないことを伝える。涙を流して笑う航祐と夏芽を見て安心したのっぽくんは団地を浮かび上がらせ六人を元の世界に戻すのだった。

何事もなかったかのように団地の上で目を覚ました六人は団地から道に出る。夏芽を心配して駆け寄ってきた母親に対して今後は素直に甘えることを伝え泣いて抱き合う。

夏芽と仲良くなった航祐たちは、再び一緒にサッカーをして夏芽親子が航祐の家に遊びに来て漂流団地で撮った写真を一緒に眺めて物語は終了する。

スポンサーリンク

海外の反応評価IMBd 7.2/10「日本の凄さを再認識」

7/10
漂流
独創的なストーリーのアイデアによる、素敵な映像のご馳走です。
私は、『雨を告げる漂流団地』が、シリアスなカルチャーショットを放ちながら、瞑想的な映画であることが大好きです。ヴィンテージのスナック菓子から、成長する感覚、そしてよく行く古い建物や場所が、その後失われても、思い出は残る。イントロクレジットでは、建物が建てられ、その過程で彼らの人生が続いていく様子がとてもよく描かれています。景色から音に至るまで、日本の都市のディテールをしっかりと表現しています。とても本格的で細かい。
長い映画なので、最後の1/4はお互いを助けるために海に飛び込むシーンで、繰り返しになり、アクションの割には報われなかった。
また、目的地はそれほど深くもなく、完璧でもないのですが、中盤でそうなることが分かっていたように思います。この映画は、答えを出すというより、考えを投げかけるもので、目的地と同じくらい、旅について考えるものでした。
悪役(敵役)や暴力がないにもかかわらず、観客の注意を引きつけ、心を活性化させることができる映画がまた一つできたことは素晴らしいことです。西洋映画はこのコンセプトで停滞し、その袋小路から抜け出すことができないようだ。その点、日本は優れている。

7/10
ポテンシャルは高いが、ちょっと雑な感じ
ファンタジーというジャンルで言えば、アニメ映画は多くの可能性を持っている。だからこそ、私はこの映画を楽しみにしていた。
『雨を告げる漂流団地』は、本当に良い作品になったかもしれない映画です。しかし、この映画は同時に2つのものになろうとしている。私はこの映画について、たくさんのことに感心しています。この映画の核となるのは、本当に優しい友情であり、良いティーンエイジャーのドラマであり(一人のキャラクターを除いては、とてもイライラすると思った)、良いキャラクターの物語であり、興味深い超自然的な存在であり、本当に良い演出だと思うのです。この映画には、美しく描かれたショットがたくさんあります。そして、予想外に激しい脱出シーンがある。
ただ、この映画は自分が何であるかを決めかねているのです。もしこれが90分の学園ドラマだったら、本当に楽しめたかもしれない。超常現象を扱ったミステリーで、人物描写もあれば、それも楽しめただろう。しかし、この作品はそのどちらでもありません。2時間という時間をかけて、その両方を同時に実現しようとしているのですが、私にはうまくいきませんでした。ドラマとして見ているので、登場人物やプロットのために都合よく起こる超常現象の多くを説明しない。そして、悲惨なことが起こっている最中のドラマは、一度はうまくいったが、しばらくすると本当に繰り返しになった。結局は引き延ばされるだけで、ちょっと面倒くさくなってしまった。決して悪いとは思わない。ただ、もっといろいろなことができたはずです。

海外の評価も今は7点代で高く感じるかもしれないが、レビュー数は1000を超えていないところを見るとまだまだNetflixで日本のアニメを見る人は少ないようだ。アメリカも日本も同じで興味のある「サイバーパンク:エッジランナーズ」とかはレビュー数が6000件近いのでもっと宣伝して見て色々なレビューを読んでみたいとは思う。

まとめと感想「大人向けのアニメだったのか」

うひゃぁ。甘酸っぱいねぇ。

なかなか面白いが60点ぐらい。

と思ってたが

実は私と子供で評価が分かれている。

私はまぁ面白いと思ったのだが、子供たちはこの作品の評価は低く40点だって。

曰く

こいつらはずっと海に落ちるかケンカするだけの作品”という印象だったようだ。もちろん最後は感動したらしいが、序盤から終盤にかけて2時間近く凄い展開もなくひたすらやかましい小学生同士の喧嘩を見るだけなのは苦痛で「うわ・・・うざ。」ってなったようだ。子供の評価って面白い。

言われてみれば映像がすごい!わけでもなく、音楽は良いと思うが耳に残るものはない。が、私は子供の頃に憧れていた12少年漂流記みたいな冒険と小学生の甘酸っぱい恋愛要素が含まれたこの物語には終始ワクワクしたし楽しめた。僕も昔団地住まいだったから感慨深いものがあるのだ。

言われてみればずっと航祐も夏芽も驚くほど素直になれずにぐずぐずしているが、思春期に突入した小学生の男子なんてあれぐらい追い込まれないと自分のことをはっきりと言えないんだよなーとか納得したし、両親の離婚で自分が強くなければと心に蓋をして気丈に振る舞う夏芽のこともなんとなく理解できたので問題はない。

個人的には残ったモブたちもキャーキャー五月蝿くいつも夏芽を追い詰めるセレブ娘の存在など全員がやかましく、その他キャラたちの影が薄いのが少し気になった。どうせなら夏芽と航祐とのっぽくんだけの冒険の方が面白かったかも。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!