映画『ソングバード』海外の反応評価まとめ「どう生きればこんなクソ脚本が思いつくのか不思議だ」

「マイケル・ベイに一体何があったんだ?」海外でクソすぎて大炎上中の映画『ソングバード』海外の反応評価レビューを紹介。コロナウイルスが進化した10年後の未来では1億人以上が死んでしまった最悪の事態に陥っていた。その中で一人の免疫保持者の青年は一人で配達業をして、彼女とのビデオ通話で日々を楽しく暮らしていた・・・。

映画『ソングバード』物語のエンディングまでネタバレを知りたい人は【こちら】

スポンサー リンク




映画『ソングバード』作品情報

先に言っておきますが、マイケル・ベイの名前が前面に出ているように見えますが、彼がどれだけこの映画の制作に携わっているのかは微妙なところ、実際「超つまらない映画」になっているので、最近面白い映画を作れていないマイケル・ベイの質が落ちているのか、この監督がやばいのかは不明ですが、この作品の情報を紹介していきます。

あらすじ

2024年のLAで4年以上の封鎖が行われ、COVID-23が変異し死亡率56%に。数少ない免疫者だけが家を出ることができる。ニコはその数少ない一人である。彼はバイクで荷物を配達する宅配便業者だ。検問を除けば、ロスの街は彼の独壇場だ。彼は免疫を持っていて動き回れるので、人々から嫌われている。かわいい恋人がいるが、連絡はすべて携帯電話。ロスの衛生局は、感染者と免疫のない家族を強制的に自宅から集め、検疫ゾーンに連れて行く。Qゾーンは即死地帯と考えられている。

スポンサーリンク

スタッフ&キャスト

アダム・メイソン … (監督&脚本)
サイモン・ボイズ … (脚本)

監督のアダム・メイソンは「ハングマン」の監督でもあり、個人的には結構面白いホラー映画を作った人だったので楽しみにしていたのですが・・・。

マイケル・ベイ…プロデューサー

言わずと知れた超有名プロデューサーも監督もこなすすごい人。だった。過去の人。この映画を作った罪は大きい。そう思えるほどツッコミどころ満載のクソ映画なのでお楽しみに。

キャスト
K.J.アパ… ニコ
ソフィア・カーソン… サラ
クレイグ・ロビンソン… レスター
ブラッドリー・ウィットフォード… ウィリアム・グリフィン
ピーター・ストーメア… エメット・ハーランド
エルピディア・カリージョ… グラミー / リタ
アレクサンドラ・ダダリオ… メイ
ライア・マクヒュー… エマ・グリフィン
ポール・ウォルター・ハウザー … ドーザー
デミ・ムーア … パイパー・グリフィン

スポンサーリンク

日本公開日は?

映画『ソングバード(原題:SONGBIRD)』の日本公開は2022年10月7日(金曜)全国ロードショー予定。

映画『ソングバード(原題:SONGBIRD)』が上映される劇場一覧はこちら

映画『ソングバード(原題:SONGBIRD)』公式サイトはこちら

スポンサーリンク

動画配信は?

現時点でソングバードは動画配信されていません。

スポンサーリンク

海外の反応評価まとめ

実際に試聴した思ったのは「時間の無駄だったな」です。せっかくのマイケル・ベイっぽさもほとんど感じられず(どうやら17人のプロデューサーの一人でしかなく発言権、、いや、発言すらしていない可能性もある)最悪と言って良いレベルの内容だった。せっかく進化したコロナの影響で人類の1億人以上が死んでしまった最悪の2023年のアメリカが舞台、主人公の男は免疫があることを証明するリストバンドをしているため富裕層向けに配達業を営んでいた、、、が、結局のところ普通にドローンが飛び回っているし彼の仕事はそんなに重要じゃないこと、二人の恋愛ドラマはビデオ通話だけで感情移入できないこと、何よりこの主人公とヒロインは人類が絶滅しても構わないから感染者であることを隠して逃げようと企てており、視聴中はずっと「おい!止めろ!」と叫ぶのを我慢する羽目になります。

そんなわけで海外の方々はこの映画『ソングバード』に対しどのような感想や反応があったのか?を紹介していきます。

スポンサーリンク

IMDb『4.7/10』

2/10
今の時代に乗っかろうとした、まったくもって退屈で安っぽい映画で、あらゆる面で失敗している。

この映画が発表されたとき、プロデューサーにマイケル・ベイの名前があり、パンデミック・スリラーになるはずだった。多くの人がマイケル・ベイを軽蔑しているのは知っているが、私は実際、彼のプロジェクトには映像の才能があると思うのだが、彼の名前は知名度のために付けられただけであることは明らかだ。この映画は、視覚的に大げさなものでもなければ、ドキドキするようなスリラーに近いものでもない。時代の変化に対応するため、登場人物同士のコミュニケーションに重点を置いた、非常に素朴な恋愛ドラマである。そのため、だんだんと退屈になり、映画全体の真意は何なのか、自問自答することになる。ベテランの役者もいるが、新人や若手の役者では正直言って役不足である。プロダクションバリューも、大手ネットワークでキャンセルされたTVシリーズのそれである。全体として、これは非常に大きな失敗であり、間違いなく私が期待していたものではありません。

2/10
今の作家は怠慢でしかない

コロナウィルスを題材にしたアクション満載のディストピア映画と思いきや、科学が少し出てくるだけのつまらないロマンスになってしまった。祖母が死んでも全く気にならなかった時点で、この映画が胡散臭いものであることは分かっていた。サラがQゾーンに連れて行かれて、ニコが反乱軍と組んでサラを脱走させるというプロットならもっと面白くなったかもしれない。もうひとつは、崩壊した社会という設定なのに、手入れの行き届いた芝生や超キレイな街並みがあって、「世紀末なのに、庭師や芝生屋、街の掃除屋はまだ働いているんだ」と思ってしまったこと。悪役をもっと発展させればよかったのに、免疫があるから自分は神だと思うという演説は、動機としては愚かでした。ニコとサラが何を望んでいるかは理解できました。しかし、なぜ悪役がそのようなことをしたのかが不明でした。サイドストーリーもプロットに大きな影響を与えなかった。病弱な少女のキャラもどうでもいい。全体的に時間とお金の無駄でした。

1/10
コンセプトの無駄遣い

マイケル・ベイが製作した映画なので、よくできているだろうと期待して観たのですが。しかし、それは大間違いでした。本物のパンデミックについて真にクリエイティブな映画を作る完璧な機会を、誰も気にしないくだらないラブストーリーにぶちまけてしまった。ひどい話だ。超大作スリラーになるはずだったのに、ろくでもないラブストーリーのために台無しにした。冒険のための完璧なストーリーを持っていたのに、それを台無しにした。とても残念だ。ただの悲しいロマンス。スリラーでもなく、ドラマチックでもない。投げっぱなしの大惨事だった。

3/10
せめて、この映画から社会的距離を…。

最初の感想 ゾンビ・アポカリプスという側面を差し引いても。この映画は「アイ・アム・レジェンド」にあったアウトブレイク、そしてその後の虚無感にもっと近いものだと思った。とにかく……。
予告編ではまともなストーリーをほのめかしていたものの 私はこの映画に対して懐疑的な気持ちで一杯でした。予告編と説明文の両方から、この映画はその意図から大きく外れている。コメディ、ドラマ、ロマンスに分類されるが、それぞれのカテゴリーでほとんど感情を感じなかった。何もかもがおかしい。ドラマもほとんどなかった。Qゾーン」があり、人々が反撃しようとすると聞いて、暴動や激しいアクションがあり、人々が抑圧され、ウイルスに封じ込められたことにどれほど疲れているかを示すのだろうと思った。それはなかった。最後に、ロマンスは並以下でした。主役が本当に恋をしていると感じさせるような輝きも感情もなく、二人を結びつけるようなつながりもありませんでした。最も魅力的なサブストーリーは、退役軍人がネット人格を抑圧する者から逃れるのを助けようとするもので、そのストーリーはメインストーリーより強いと感じた。
全体的に。遅いし、感情移入できないし、時間の無駄な映画でした。正直、ストリーミングサービスで公開されるのを待ちます。どんなに画面や音を大きくしても、この映画がこれ以上良くなることはない。

3/10
パンデミック映画が想定しているような分かりにくさ

パンデミック後の数ヶ月、誰もがロックダウンやそれを回避する方法に関して賢いはずの前提。しかし、なぜか登場人物の何人かは、ただ単に頭が悪いだけだ。プロデューサーのマイケル・ベイに期待したが、17人のプロデューサーの一人なので、あまり発言はなかったようだ。脚本・監督はB級映画以外まともな映画経験のないアダム・メイソンで、これは最初のキャスティングの前にほぼ失敗が確定している。
デミ・ムーアの主婦ぶりがいい味を出しているが、それ以外はどのシーンでもつまずき、観客をイライラさせるだけ。
ウイルスに対する免疫を持っている人々はそれに伴い知能も限られているようだ。中盤からは予測可能な展開になり、スリラーと銘打たれているのに笑えないし、ラストシーンも意味不明だ。

4/10
期待外れ、退屈、面白い前提がとんでもないことに。

ソングバードは現実のコロナウイルスに基づいたSFスリラーである。舞台は2023年、コビド23に変異し、これまで以上に空気感染する致死的なウイルスになっている。街は厳重に封鎖され、家の外に出た者は軍隊に射殺される。ニコ(K.J.アパ)はバイク便の配達人だ。小包を配達している。アパートの部屋に隔離されているガールフレンドのサラ(ソフィア・カーソン)が感染している可能性があることが判明。除菌クルーが呼ばれ、彼女を感染ゾーンに連れ出す。免疫のあるナイス。彼は彼女を救うためならどんなことでもするつもりだ。
このプロットには、たくさんの穴が空いています。免疫ブレスレットを売るキャラクターが登場します。マスクをしたまま男をホテルに誘い、セックスする若い女性。ドローンを使って街をチェックする退役軍人。これらの登場人物はすべて面白みがない。脚本は、これらの登場人物を際立たせることにかけては最悪です。
演出もひどい。撮影は、奇妙なカメラアングルと素早く手ぶれのするカットで、あちこちに散らばっている。ストーリーは最後には完全に行き詰まる。
キャストは素晴らしい。K.J.アパ。ソフィア・カーソン デミ・ムーア アレクサンドリア・ダダリオ そしてピーター・ストーメアは皆、忘れ去られるようなキャラクターを演じて完全に無駄になってしまった。脚本は、彼らに退屈なキャラクターを与える以外に、何も与えていない。
Songbirdは間違いなく、ストリーミングサービスに飛ばすか、まとめて飛ばした方が良い映画の一つです。とにかくひどかった。

RottenTomatoes『31%』

ありえねえよ、こんなの。これは現実にはありえない。デミ・ムーアは老けて見えるし、映画はあまりにひどいので、考え込んでしまい、何も言えなくなってしまった。

どんな生活をすればこんなアホな脚本を思いつくのだろうか

このプロットで最もばかげたことは、呼吸器系の病気が高い致死率になることである

1.5時間とそれを作るために必要な酸素とリソースの絶対的な無駄。さらに悪いことに、この映画は狂った人々をさらに陰謀に駆り立てるだけで、同時にエンターテイメントとしての価値は全くない。

この10年間で見た中で最悪の映画かもしれない。

スポンサーリンク

まとめ:映画『ソングバード』はクソ映画

いかがでしたでしょうか?マイケル・ベイとは?トランスフォーマーを作った監督が制作に加わっているとは思えないような酷評でしたね。

日本の広告でも「トランスフォーマーのマイケル・ベイがプロデュースした…」と銘打って宣伝していますが、騙される人はどれだけいるのか楽しみです。日本での公開は2022年10月、お楽しみに。

映画『ソングバード』物語のエンディングまでネタバレを知りたい人は【こちら】

人気記事はこちら

日本未公開!
全米最新映画の
エンディングまでネタバレ!
時間がバターのように溶ける

【全米最新映画ネタバレ一覧はこちら】

自称映画通は無視して
世界のリアルな映画感想まとめ

【海外の感想評価まとめはこちら】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!