映画『ファンタスティックビースト ダンブルドアの秘密』海外の反応評価や感想

「微妙」「もっと気楽に楽しみたかった」「政治色が嫌」「ジュード・ロウが最高」ファンタスティックビースト最新作は意外と低評価な海外の反応評価、感想を紹介。

スポンサー リンク




映画『ファンタスティックビースト ダンブルドアの秘密』海外の反応評価や感想

『ファンタスティックビースト ダンブルドアの秘密』はIMDbで6.6点と前作「黒い魔法使いの誕生」の6.5点からは0.1点しか上回っておらず意外と低評価なことに驚きます。低評価の理由で目立つのは「脚本」でした。

前作ではグリンデルバルドを筆頭に多くの魔法使い関係者がおり初代ファンタスティックビーストのように気楽に楽しめる魔法使いのお話ではなくなっていました。そしてパート3ダンブルドアの秘密ではキャストを減らし脚本もシンプルにしたようですが、そのために前半部分で淡々と背景を説明するための映画になっており退屈で眠かったのは事実です。最終的に良い映画と私は思ったのですが、海外では高評価とは言い難いようでしたので、海外ではどのような感想を持ったのか?をまとめて紹介していきます。

「面白い」肯定的な海外の反応評価

10/10
胸が締め付けられるような、しかし時には笑いに包まれるような。

この魅力的な映画『ファンタスティック・ビースト』。ダンブルドアの秘密」は、ハリー・ポッター・サーガを通じてダンブルドアの聡明な頭脳の中で何が起こっているのか、ついに待望のバックストーリーを教えてくれる。この映画は胸が張り裂けそうになるのに、瞬間的には笑いで体を折り曲げてしまう。俳優たちは本当に説得力があり、キャラクターに命を吹き込んでいます。ハリー・ポッターファンなら誰でも、悪名高いグリンデルワルドの絶頂期を見ながら、本への微妙な言及を楽しむことができるだろう。
ストーリーは、ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)とその仲間が、アルバス・ダンブルドア(ジュード・ロウ)の指示に従い、闇の魔法使いゲラート・グリンデルバルド(マッツ・ミケルセン)を探し出し、打ち負かすために行動する、というものです。この思いがけないチームは、グリンデルワルドが魔法大臣に当選するのを阻止しようと、大きな挑戦と挫折に直面する。ニュートはその素早い頭脳で、素晴らしい獣たち、友人たちの優れた頭脳、そして兄の呪文の力を借りながら、彼を探し出すのです。ダンブルドアは、すべてのハリー・ポッターファンが必ず覚えているように、秘密主義ではあるが、ある計画を持っている。小さな魔法使いたち(とマグル)は、史上最高の闇の魔法使いを倒すことができるのだろうか?
ジュード・ロウは、人々が想像してきた若き日のダンブルドアをほぼ完璧に表現している。ダンブルドアの秘密主義、愛、信頼がジュード・ロウの顔からすんなり伝わってくる。主人公のニュート・スキャマンダーは好感が持て、この暗い時代に喜びの光を与えてくれる存在です。コンピューターで作られた空想上の獣は非常にリアルで愛らしく、戦闘シーンの視覚効果も迫力満点です。私がこの映画で一番好きなのは、ほろ苦い結末です。登場人物たちが最後に悪から遠ざかり、人生を謳歌している姿を見て、涙が出ました。
この映画のメッセージは、「強さは数で決まる」ということです。一人でも強いかもしれませんが、人々がそれぞれの強みを生かして集まれば、勝利することができるのです。これは、無力さを感じているすべての人に向けた美しいメッセージであり、信頼できる人をいつでも頼ることができることを思い出させてくれる。この映画には年齢制限があまりありませんが、少し年齢が上の方にも興味を持っていただけると思います。この映画はゆっくりと始まり、ストーリーを完全に理解するためには、観客が注意を払う必要がある微妙な手がかりがあります。このため、この映画は11歳以上の人に最も魅力的に映るでしょう。
ファンタスティック・ビースト』に点数をつける。ダンブルドアの秘密』は5つ星のうち5つで、11歳から18歳、さらに大人の方におすすめします。

8/10
大幅な改善

まだそれなりに雑なストーリーではあるが、『ファンタスティック・ビースト ダンブルドアの秘密」は、純粋に魔法のような瞬間があり、楽しくて感情的に満足できることを実際に覚えている、がっかりした前作から大幅に改善された作品です。
ニュート役のエディ・レッドメインは、一貫して素晴らしい主役を演出する、愛すべき不器用な魅力と好感度を依然として持っている。マッツ・ミケルセンは、より繊細で抑制された悪の存在感を持つ最高のグリンデルワルドであることは間違いない。
ジュード・ロウは再び素晴らしいダンブルドアを演じ、ダン・フォグラーは相変わらず本当に面白いシーンを演出している。ジェシカ・ウィリアムズは新たに加わった素晴らしい役者で、限りないカリスマ性を持ち、すぐに好感が持てる。
デイビッド・イェーツ監督の演出は、すでに多くの作品を手がけているにもかかわらず、独創的なセットピースと素晴らしい戦闘を披露しており、本当に素晴らしい。CGは少し使いすぎではあるが、ほとんど印象的だ。ジェームズ・ニュートン・ハワードの音楽は素晴らしく、効果的なコールバックと心温まる気まぐれで全体の雰囲気を盛り上げている。

10/10
ハリー・ポッターファンのために!

ハリー・ポッターの大ファンである私にとって、これは久々に最高の映画の1つでした。本当に久しぶりのBESTな映画ではないにしても、スティーブ・クローブスがこの映画を書き、観客とキャラクターをハリー・ポッター映画でおなじみのウィザーディング・ワールドに引き戻したことは、素晴らしい仕事だと思います。この映画にはたくさんの伝承があり、世界中のハリー・ポッターファンに喜ばれることでしょう。マッツ・ミケルセンは素晴らしいです。私はデップが好きで、彼がこの役を降りざるを得なかった理由には同意できませんが、ミケルセンがこのキャラクターを演じるのにふさわしい選択であることは認めざるを得ません。前2作よりも簡単に良くなり、2000年代からの魔法界ファンとして一生大切にしたい素晴らしい経験でした。

9/10
素晴らしいスリリングな冒険

この映画はグリンデルワルドの犯罪に続いて非常に大きな改善でした。より個性的なストーリー、よりスリリングなセットピース、そして全体的なムードが気に入りました。
ジョニー・デップの扱いには不満がありましたが、マッツ・ミケルセンをグリンデルワルド役に起用したことは非常に良かったと思います。このキャラクターはよりリアルで、より大きな脅威であり、よりミステリアスな存在に感じられます。全体的に大きな進歩です。
素晴らしい音楽、素晴らしい俳優、良い演出。そして、エンディングは私にとっての最高傑作でした。
すべてのポッターファンは、このとても楽しい映画を観に行こう!

7/10
感情を揺さぶるものがない。

撮影、特殊効果、衣装、スコア、セットデザイン、そして演技の多くが素晴らしかったです。また、魔法界の雰囲気に浸ることができ、とてもいい気分でした。しかし、プロットと脚本は、現実的で親近感のわくものにはなっていないように感じました。何も得るものがなかった。また、どの筋書きにも、どのキャラクターにも、あまり感情移入できませんでした。何が悪かったのか、正確に指摘できるほど専門家ではないけれど、何かが悪かったのは確かだ。

8/10
まだ欠点はあるが、パート2よりずっといい。

個人的には、前作「FB: グリンデルワルドの罪」は、個人的にはめちゃくちゃな映画だと思いました。プロットは至る所にあり、不必要なキャラクターが多すぎ、全体がひどく複雑になっていました。ダンブルドアの秘密』は、多くの点で前作より大幅に改善されています。グリンデルワルドが政治の舞台で権力を握ろうとするので、勇敢なヒーローは彼の計画を阻止しなければならない、という筋書きでシンプルで分かりやすいのだ。
まるで映画製作者が第2弾の失敗をすべて修正しようとしたかのような感じです。プロットを基本的な必要性にまで落とし込み、余分なキャラクターをすべて削除し(キャストリストがこれほどまでに短くなったことにお気づきだろうか!)、ストーリーを論理的に前進させることだけに集中したのだ。しかし、この映画も、最初の「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のような純粋な魔法には及ばないことを認めざるを得ません。パート3は、豊かなものではなく、欠けているもので失点しているのです。そういえば、もしかしたら削ぎ落としすぎたのかも……?まず、幻獣が少ない! タイトルにもなっているのに、なんで出てこないんだ?新種は2種類しか出てきません。メインのビーストスターは実に印象的なのだが、その数が少ないのだ。次に、ティナが少ない! 彼女はこの映画からほとんど姿を消してしまい、私はとても寂しく思いました。私に言わせれば、脚本家側の大きなミスです。彼女はFBのダイナミクスに不可欠な存在であり、なぜ彼女を外したのか、私にはどうしても理解できない。残念です。
それでも、私はとても満足して劇場を後にし、前回よりもずっと、ずっと楽しませてもらいました。
もうひとつ、理由はともかく、ジョニー・デップからマッツ・ミケルセンに代わったことがとてもうれしいです。私はすぐに、デップ(彼のキャスティングにはずっと不満があった)よりも彼の方がこの役に適していると思ったし、彼(ミケルセン)は私の期待に応え、さらにその期待に応えた。彼は最高でした。
全体として、『ダンブルドアの秘密』は欠点もありますが、魔法を生かし、そのままにしています–そして、次のパートを楽しみにさせてくれます。

スポンサーリンク

「つまらない」否定的な海外の反応評価

6/10
アクションシーンに迫力がないため、この映画は再見可能というより、むしろ忘れ去られてしまった。

ファンタスティック・ビースト “ユニバース “の第3弾は成功だったのだろうか?
まあ、メインストーリーは良かったけど、他の部分はちょっと重要じゃないし、そんなに面白くもなかった…。また、前2作と同様、アクションシーンに迫力や感情が欠けていました。
また、前2作と同様、アクションシーンに迫力がなく、感情移入できない。
ジョニー・デップの再登場は、グリンデルワルドのキャラクターを発展させる上で大きな間違いでした。
優れた点の1つは、CGIと特殊効果で、とても楽しく、うまく作られていました。
全体的に良い映画ですが、他の2作のように毎週見直すような映画ではありません。
本当はもっと好きになりたかったけど、僕にはうまくいかなかった…。

2/10
想像以上に悪い

つまらない、破綻したプロット、悪いキャラクター、ひどい論理。なぜワーナーはこの映画を上映したのかさえ分からない。映画館で時間を無駄にするくらいなら、家で2時間寝たほうがまし。

2/10
遅い、しんどい、退屈、派生的…。

ビーストシリーズの最初の2作は、独創的でテンポが良く、ストーリー展開も面白いので、大好きな作品でした。
しかし、この第3弾は遅く、混乱し、筋書きが多すぎ、必要以上に30分もかけてかなり予測可能な結論へと突っ走るばかりです。
この映画は脚本に大きな問題があり、それが表れている。このフランチャイズの発案者は明らかにアイデアを使い果たしており、スタジオはこのフランチャイズを引き継ぎ、クオリティを維持できる他の誰かを連れてくる勇気に欠けている。
作家は自分の作品を映画化してはいけないと言われるが、原作者は、無関係なストーリーラインやキャラクターアークに執着しすぎ、20年代から30年代にかけてのドイツにおけるヨーロッパ社会主義の台頭を、ローリングのいささか怪しげな政治的手法によって重々しく寓話化したことが加わり、2時間半近くに及ぶ退屈な自己満足のレシピとなったのである。
何かを愛したら、それを自由にしなさいということだ。ローリングは明らかにこのフランチャイズを嫌っている。彼女はそれを解放し、プロに引き継がせるべきでしょう。

6/10
期待外れ

本物のポッターヘッズとして、「ファンタスティック・ビースト ダンブルドアの秘密」を劇場で観ました。映画が2回延期された後、私の期待は高くなり、今回も間違いなく楽観視していた。しかし、またしても期待を裏切られた。映画の一番長い部分は全く必要なく退屈で、本当にゆっくりとした方法でいくつかの情報を私たちの頭に詰め込んでいます。ラストには素晴らしいバトルとハリー・ポッターの裏話があるので、特にハリー・ポッターファンには楽しめると思いますが、全体的にプロットはほとんど存在せず、この映画全体は新しい次の映画への橋渡しに過ぎないのです。前作「グリンデルワルドの罪」のように、この映画も素晴らしいビジュアルと戦闘シーンがあるが、テンポが悪く、脚本は最悪の部類だった。

1/10
つまらない

1時間経っても、この映画はいつ始まるんだろうと思っていた。ホグワーツの雰囲気で飾り立てた不要なシーンが多く、より面白くするため。ダンブルドア役のジュード・ロウはこの映画で唯一良かった点です。脚本は大失敗でした。

5/10
ただ、残念なことに・・・。

長い間この映画を待っていたのですが、オリジナリティのない中身のないストーリーラインにとてもがっかりしています。多くの重要なトピックがワンシーンに押し込められ、きちんとしたストーリーラインを構築する代わりに、いくつかの手品で埋め尽くされていた。
マッツ・ミケルセンは好きですが、この役にはあまり合っていないと思いました。デップはもっと具体的で覚えやすいキャラクターを演じていたのに対し、マッツ・ミケルセンはただ単純に感情のない「悪人」というキャラクターで、非常に一本調子な印象を受けました。
総じて、次回作を映画館で見ることはないと思う。

2/10
脚本が足を引っ張るとは何事だ

この苦悩の体験を語るにはどうしたら、どこから始めればいいのだろう。2時間20分の映画だが、その倍の長さに感じられる。この映画は登場人物が多すぎて、このフランチャイズという船を沈めてしまうので、脚本家は登場人物一人につき給料をもらっているに違いないと思う。
長い間、何も起こらない。誰もおもしろくない。私たちは何も気にしない。この映画の救いは、全体的に演技が素晴らしいということですが、素晴らしい演技がひどい脚本を救うことはできません。
良いキャラクターは、ダンブルドアとニュートの2人です。ダンブルドア役のジュード・ロウは素晴らしく、タイトルが示すように、彼について多くの事象を学ぶことができます。ニュートは、気骨のあるキャラクターで楽しい。彼の『ファンタスティック・ビースト』シリーズが、この気難しい脚本に乗っ取られてしまったのは残念だ。
アクションが雑なのだ。誰も気にならないので、アクションに利害関係がない。映画は場所から場所、物から物へと飛び回り、何も面白くない。なぜ私はこの人たち(私の息子ニュートは別として)のことを気にかけるのだろう。
このシリーズについて言えることは、時間の無駄ということだけだ。

4/10
まったくもって退屈だ。

ファンタスティック・ビースト ダンブルドアの秘密。このフランチャイズは、面白い味のトフィーや、壊れた眼鏡を修理する「オキュラス・リペアタム」の呪文から、この退屈でつまらない、惨めな映画まで、どこまで堕ちてしまったのだろう。JKローリングの創造的な才能はまったく感じられず、これは覚醒した国連の10代の委員会によって作られたものです。
大まかに言えば、魔法界の首相になろうとする悪人(彼はあまり悪人ではなかったが)の話で、はっきり言ってどうでもいい話だ。あとは、最も予測可能な方法で未解決の問題を解決していました。
CGIは過剰で、音楽は想像を絶するもので、プロットは予測可能で、新しい発見は何もありませんでした。
せいぜい10点満点中4点の出来で、忘却の呪文を使って忘れるのが一番ということです

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!