映画『ヒットマンズ・ワイフズ・ボディーガード』物語結末までネタバレ!

「こういうのでいいんだよ!」B級映画がパワーアップして帰ってきた!エクスペンダブルズの監督最新作「ヒットマンズ・ワイフズ・ボディーガード」物語結末ラストまでネタバレ!ライアンレイノルズにサミュエル・L・ジャクソン、アントニオ・バンデラス、モーガン・フリーマンなどカオスで豪華なキャストで映画を盛り上げる!余計なことは考えるな!楽しめ!な映画です。

スポンサー リンク




映画『ヒットマンズ・ワイフズ・ボディーガード』物語結末までネタバレ!

マイケル・ブライス(ライアン・レイノルズ)が、かねてから楽しみにしていた「トリプルAボディガード賞」に到着するところから始まる。賞を受け取った彼は、ダリウス・キンケード(サミュエル・L・ジャクソン)が自分に向かってキャッキャと笑っているのを見つける。ブライスは自分が悪夢の中にいることに気づく。ブライスの前に、ダリウスが再び頭を吹き飛ばす前に、依頼人の黒沢が話しかけているのを見たからだ。

ブライスはセラピーでこの繰り返し起こる悪夢について語っている。もうボディガードができないことに絶望している。セラピスト(レベッカ・フロント)は、ボディーガードでなくても充実感を得られると説得し、休暇をとるよう勧める。ブライスはしぶしぶ同意する。

欧州で行われた会議で、EUのトップがギリシャにさらなる制裁を加えることを発表した直後、男のボディーガードが殺され、彼は人質としてアテネに連行されてしまう。街では暴動が起きていた。

彼の前に現れたのは、犯罪組織のボス、アリストテレス・パパドポラス(アントニオ・バンデラス)だった。アリストテレスは制裁発動と同時にヨーロッパ全土を崩壊させる計画を教えるとEUのトップをビニール袋で窒息死させる。

ブライスはリゾート地で、バカンスを真面目に過ごそうとしていた。しかし、突如現れたソニア・キンケイド(サルマ・ハエック)がブライスと接触すると、銃を持った男たちがリゾートを襲撃して来た。そこでソニアはキンケイドがマフィアに連れ去られたこと、そしてブライスの助けを求めていることをブライスに説明しながら、彼らの何人かを撃ち殺し二人はバイクで逃げ出す。

アリストテレスの手先であるマグヌソン(トム・ホッパー)ヴェロニカ(ガブリエラ・ライト)はクロアチアの武器商人と会い、アリストテレスが目をつけていた装置を披露される。装置を起動させると周辺地域の送電網が爆破され、街中に次々に混乱が生まれ多数の死者が出たことを確認する。威力に感動した直後、マグヌソンとヴェロニカは武器商人を殺して兵器を奪う。

翌日、武器商人たちの死体がインターポールのチームによって発見される。アメリカ人捜査官ボビー・オニール(フランク・グリロ)は上司のクロウリー(キャロライン・グドール)に会い、犠牲者の一人は有名な武器商人であることを伝える。クロウリーはオニールに、犯人が持ち去った兵器を見つけるよう命じる。さらに彼女は、その名前とスコットランド訛りを馬鹿にしていた相手である通訳のアイスロ(アリス・マクミラン)と一緒に仕事をするよう強要する。

ブライスとソニアはキンケイドをさらったマフィアを見つける。ブライスは穏便に済ませようとするものの、ソニアが立ち入り、子分を何人か殺してしまう。一方、キンケイドはマフィアのボス、カルロの前に引き出されていた。カルロはキンケイドに部下を殺された恨みを抱いていた。その会話の最中にもソニアは子分を次々と殺していきキンケイドは脱出に成功する。ソニアに会えて大喜びだが、ブライスに会うと不機嫌になる。彼はソニアに、「ブライス以外なら誰でもいいから助けてくれ」と言ったらしい。

元ボディーガードのブライスもキンケイドに会っても少しも嬉しくない。キンケイドとソニアがブライスを見捨てる準備をしようとした時、突如現れた警察に二人とも捕まりブライスもテーザー銃で撃たれてしまう。

3人はオニールの前に連れて行かれる。サイバー攻撃の黒幕に近づくための情報提供者だったカルロを殺したことを非難し。オニールは、ソニアにカルロの愛人を、ブライスに彼女の護衛を装わせ、トリオに自分のために働き、ターゲットに近づくことを強要する。

ミッションを行う前に、キンケイドとソニアはブライスを車で吹っ飛ばして気絶している間に、オニールからもらった支度金で豪遊する。そしてブライスとソニアは、ブラド(ドラガン・ミカノヴィッチ)という男に会うためにクラブに入り、キンケイドは狙撃のために外で準備をする。

ブラドはソニアにアリストテレスに渡すブリーフケースを渡し、ブリーフケースから離すると爆発するブレスレットを持たせる。ブライスの元クライアントSeifert(リチャード-E-グラント)は彼のお尻から高い表示され、名前で彼を参照したときに彼らのカバーは吹き飛ばされています。ブラドたちはブライスを見上げ、元ボディーガードであることを嘲り、ソニアを「ババア」と言ってたことでソニアは激怒、キンケイドと二人で敵を皆殺しにする。ブライスはこの時ずっとソニアとブリーフケースが離れた爆発しないように頑張る、そして生き残った敵にソニアが撃たれそうになるのを身を挺して助けて銃弾を受けて倒れる。ブライスを雑に扱いながら船に放り投げて二人はクラブを脱出する。

ブライスが死んでいると思っていたキンケイドとソニアは水の中に落とした衝撃でブライスは復活する。彼は防弾チョッキを着ていたことで命が助かったのだ。

イタリアでアリストテレスを見つけたが、護衛者のマグヌソン武装集団に追われる。ブライスは、ソニアから渡された痛み止めが薬が精神安定剤であったため、めまいがし始め気絶してしまう。ブライスを囮にしてキンケイドとソニアは再び周囲の悪を壊滅させる。

トリオはブライスの継父、ブライス・シニア(モーガンフリーマン)、彼はブライスがボディガードであることについて知っているすべてのものを教え、一流のボディガードであるシニアに教えを乞う。キンケイドは、ブライスに黒人の父親がいることに驚きます。シニアは3人を食事に誘うが、ジェラートを持ち出したことで事態は悪化。

ブライスが立ち去った後、シニアはキンケイドとソニアに、ブライスが子供の頃、母親と仲が良かったが、カーニバルで遊んでいる時、肥満男が乗り物から落ちて母親に衝突して死んだことでジェラートにトラウマがあることを教える。

トリオは、アリストテレスに接近するもソニアの裏切りで捕まりブリーフケースも奪われてしまう。ブライスとキンケイドは手を組み脱出に成功。

ブライスはシニアに助けを求めに向かうがシニアこそアリストテレスのボディーガードであることを知る。真実を知ったブライスをシニアは非難し、自分の人生の汚点と呼ぶ。

怒ったブライスは父親の車を破壊、キンケイドが乱闘騒ぎを起こした後二人でバーに行く。バーテンダーがソニアから電話が来る、彼女はアリストテレスがブライスとキンケイドを追うために殺し屋部隊を送り込んだと告げる。その直後、銃を持った男たちがバーを襲撃し、ブライスとキンケイドは車で逃げ出し行手を阻む敵を殺害する。

ブライスとキンケイドは敵の本拠地に乗り込む。ソニアはヴェロニカを殺してキンケイドと和解。ソニアとキンケイドはアリストテレスを射殺し、ブライスはシニアの首にポケットナイフを突き刺し殺す。三人は兵器を船ごと爆破して脱出する。

彼は彼のボディガードのライセンスが復活することを証明する書類をブライスに渡す。ソニアは養子縁組の書類を明らかにし、ブライスがソニアとキンケイドの養子になるという内容だった。

スポンサーリンク

2分でわかる映画「ヒットマンズ・ワイフズ・ボディーガード」

マイケル・ブライスは再びボディガードになることを諦め、平和を取り戻そうとしていたが、ソニア・キンケイドに見つかり、マフィアに連れ去られた殺し屋の夫ダリウスを取り戻すために協力を求められ、彼を取り戻すことに成功。

彼らは欧州連合がギリシャに多くの制裁を課すことを計画しているので、ヨーロッパの電力網とインフラを破壊したいアリストテレスというテロリストの首謀者を見つけるために三人の助けを必要とするインターポール代理人ボビーオニールと出会う。

トリオはブライスが彼らの出会いの物理的な矢面に立つと、より多くのトラブルに巻き込まれる。彼のボディーガードの継父、ブライス-シニアから助けを得た後、トリオはアリストテレスの子分によって捕捉される。ソニアとは、純粋に恋心を抱きながらも、彼女に騙された過去がある。キンケイドを陥れ、ブライスとともに逃亡を余儀なくされる。さらに悪いことに、シニアはアリストテレスと組んでいることが判明し、ブライスに背を向ける。

ブライスとキンケイドはすぐにその問題を脇に置き、ソニアを救出し、アリストテレスを止めるために協力し合う。アリストテレスの子分を殺した後、彼らはヨーロッパの電力網に侵入し、アリストテレスとシニアを戦うために兵器を使用する彼の計画を混乱させる作戦に出る。キンケイドとソニアがアリストテレスを殺している間にブライスがシニアを殺し、ブライスは船を兵器ごと爆発させ3人は何とか爆発を生き延びる。

ネタバレ関連記事はこちら

まだ日本公開前の海外で先行公開された最新映画ネタバレを楽しみたいならこちらをクリック

時間がバターのように溶ける
日本未公開最新映画の
超ネタバレまとめ↓

あの映画は海外ではどんな評価をされているのか?気になる海外のリアルな映画の感想まとめはこちらをクリック

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!