映画【ナイル殺人事件(2022)】あらすじ結末ネタバレ

2022年2月25日に日本公開の映画【ナイル殺人事件】あらすじ結末ネタバレ。この謎を解けるか?アガサ・クリスティの1937年の小説を「マイティ・ソー」「ベルファスト」のケネスブラナーが主演制作監督を行い3度目の映像化!オリエント急行殺人事件の続編にして最高傑作のスリラー映画です。

スポンサー リンク




映画【ナイル殺人事件】あらすじ結末ネタバレ

1914年ベルギー。第一次世界大戦中。

連合軍はイザー橋で攻撃計画を練っていた。

レンス大尉(オーランド・シール)エルキュール・ポアロ(ケネス・ブラナー)の計画に乗ることを決め、結果中央アジアへの攻撃を成功させる。レンスはポアロを祝福しようとした瞬間操作を誤り橋は爆破されレンスは死亡、兵士数名とポアロ自身も負傷してしまう。

ポアロは病院で看護婦恋人でもあるキャサリン(スザンナ・フィールディング)の看病で目を覚ます。ポアロが爆発で負った傷跡を見せるとキャサリンは「口ひげを生やすといいわね」と言った。

ロンドン

1937年、ロンドン

ポアロはジャズ歌手サロメ・オッタボーン (ソフィー・オコネドー)が出演するナイトクラブに出席する。彼女の姪であるロザリー(レティシア・ライト)は、鼻持ちならない支配人に対し支払いを済ませていた。ダンスフロアには、サイモン・ドイル(アーミー・ハマー)ジャクリーン・”ジャッキー”・ド・ベルフォート(エマ・マッキー)という若いカップルが。

サロメの歌声が響く中、二人は情熱的に踊り、キスを交わす。そこにジャッキーの友人で、裕福なリネット・リッジウェイ(ガル・ガドット)がクラブを訪れジャッキーは2人を紹介する、サイモンとリネットは、サイモンがジャッキーが行ったダンスと以上の情熱に満ちたダンスを披露し、見守っていたジャッキーは不快な表情に歪んでいた。

スポンサーリンク

エジプトナイル川

6週間後

ポアロはエジプトにいた。

スフィンクスのそばで紅茶とケーキを楽しんでいた彼は、ピラミッドの上で凧揚げをしている男に気が付く。

凧揚げしている男は旧友のブーク(トム・ベイトマン)だった。彼はポアロとの再会を喜び母親のユーフェミア(アネット・ベニング)に会わせるが、ユーフェミアはピラミッドの絵に集中していてポアロとの再会にはあまり関心がないようだ。

ブークはポアロをファースト・カターアクト・ホテルに連れて行き、そこで新婚のサイモンとリネットを祝うパーティーに出席させる。

招待客にはユーフェミア、サロメとロザリー、リネットのメイド、ルイーズ・ブルジェ(ローズ・レスリー)、リネットの名付け親マリー・ヴァン・スカイラー(ジェニファー・サンダース)と彼女の看護婦バワーズ夫人(ドーン・フレンチ)、リネットの「従兄」であり、彼女の遺書を管理するアンドリュー・カチャドーリアン(アリ・ファザル)、リネットの元恋人のライナス・ウィンドルシャム(ラッセル・ブランド)が招待されていた。

ブークはポワロに、マリーは共産主義に傾倒、リネットは裕福を嫌っていること、しかしバワーズ夫人はメイドルイーズと同様に彼女の遺産を欲しがっていること。遺産管理をしているアンドリューはリネット以外誰も信用していないことを伝える。途中ジャッキーのサプライズ登場によって祝宴は盛り上がりを見せた。

その後、リネットとサイモンはポアロに会いに行き、ジャッキーにつきまとわれることでリネットを不安にさせているので話を聞いてほしいと頼まれる。ポワロはジャッキーを見つけて話を聞く。ジャッキーが学校の劇「クレオパトラ」に出演することになったが、教師が彼女をリネットと交代させたこと、ジャッキーはサイモンがまだ自分を愛していると信じていること、22口径の銃をバッグに入れて持ち歩いていること、そして「これでリネットを撃ってやりたい」と言っていたこと、ポアロはこの情報をリネットとサイモンに伝え、家に帰るべきだと勧めるがサイモンは別の解決策を選ぶ。

スポンサーリンク

ジャッキーとサイモン

翌日、サイモンは自分のヨット「カルナック号」に客たちを招待し祝宴の続きを楽しんでいた、リネットはポアロを見つけると招待客の誰も信用できないことを告げる。その後ポアロはアンドリューがリネットに遺産取得のサインを迫るのを見かける。サロメの姪ロザリーが声をかけると、アンドリューは引き下がり消える。

その夜、客たちがパーティーをしている間、ブークは交際中のロザリーを愛しているが、母親の幸せも優先したいという考えを話す。さらに彼は、ポアロもサロメに惹かれていることに気づいていること、ポアロにもっと恋をするように勧める。

一行はアブ・シンベルに立ち寄る。そこでブークは、ロザリーとの交際を母親ユーフェミアに相談するが反対されてしまう。しかしブークは二人の関係を隠さなくてもよくなったことを喜んでいた。

サイモンとリネットは落ちてきた岩に押しつぶされそうになる事故が起きる。その直後、砂嵐が発生したので乗客全員が避難を余儀なくされる。すべてが落ち着いた後、彼らは再びボートに乗り込むがジャッキーも乗船していることを見かけるが、彼女はチケットを持っているため何も言えないようだ。

客たちは夕食をとり、サイモンとリネットは翌朝に街に出発することにする。ポアロはシャンパンを飲み過ぎて気分が悪くなったため外に出るとジャッキーがいたので二人で失敗した恋の話をする。ポアロはキャサリンが爆発事故で亡くなったことに触れ、その喪失感のおかげで今の自分があるのだと語る。

ポアロと別れた後、ジャッキーはサイモンとリネットを見つけ絡みあの日は何度愛し合ったかについて笑って質問し始めるかなり酔っているようだ。リネットが客室に戻った後、サイモンとジャッキーは口論になる。ジャッキーは銃を取り出しサイモンの足を撃ってしまう。

彼女は自分のしたことに愕然とし銃を放り投げる。バワーズ夫人はヒステリックになったジャッキーを介抱し、ウィンドルシャムはサイモンの脚を治療する。

スポンサーリンク

最初の殺人

翌朝、ルイーズは夫婦の部屋に入ると悲鳴を上げる。頭に銃弾を受けたリネットが倒れていた。彼女は寝ている間に撃たれて殺されたようだ。さらにリネットが身につけていた高価なネックレスが盗まれていた。

ジャッキーが第一容疑者だが、バワーズ夫人が一晩中ジャッキーのベッドを離れなかったとアリバイを主張する。サイモンは妻の遺体を目の当たりにし慟哭する。

リネットの死体が運び出された後、ポアロはサイモンとブークの協力を得て、宿泊客全員にに尋問を行う。メイドのルイーズは婚約者と結婚したらリネットのもとを去る予定だったが、リネットがルイーズの婚約者の愛情を試すために借金を全て返済して婚約を解消されたこと話す。

次にポワロとブークはリネットの元恋人であるウィンドルシャムに話を聞くが、彼はリネットにまだ未練があることを素直に認め、彼女の婚約を知った後は自殺を考えたという。

リネットの遺産管理者アンドリューに話を聞きリネットとの相続の話と45口径の銃を持っていることが判明した。

リネットの名付け親のマリーと、マリーの看護師バワーズ夫人を連れてきて尋問する。夫人は裕福な家庭の出身で、リネットの家族が大恐慌の際に土地を追われたことが明らかになる。ポアロはマリーとバワーズ夫人が女性の恋人同士であることを推理していた。

その直後、ジャッキーの銃が水中から釣り上げられ、マリーの無くしていたスカーフ(弾痕付き)に包まれていたこと、銃には、ジャッキーがサイモンを撃った弾丸の他にもう1発(計2発)の弾丸がないことが分かった。

ポアロはサロメと話し、リネットは差別主義の父親の教育で以前サロメ(有色人種の女性)とプールに入ることに文句を言われたことがあったこと、そのためリネットと仲が悪かったが、その後、ロザリーのおかげでリネットとは仲が良くなったと明かす。

サロメもジャッキーが持っていたような銃を持っている。

ユーフェミアが部屋に割り込んで自分の部屋でリネットのネックレスを見つけたと話す。

ユーフェミアの部屋を探した後ポアロは水車に絡まるルイーズの遺体を発見する。彼女の喉は、ウィンドルシャムのナイフのコレクションから紛失したメスで切られていた。

客たちは安全のために部屋に鍵をかける。ポワロはサイモンともう1度尋問を行い、ブークへ尋問を始めるが、ブークはサイモンが自分を責めていることに唖然としていた。

ポアロはリネットの死体を発見したのはブークで、彼女のネックレスを盗みユーフェミアの部屋に仕掛け、自分とロザリーがリネットから解放されるように彼女を罠にはめたと考えを伝える。また、ブークはルイーズが殺される前に真犯人の殺害現場を目撃したことで恐喝しようとしているところを目撃していたこと、その時見た犯人のことを伝える前にブークは殺されてしまう。ポアロは犯人を追いかけるが逃げられてしまう。

そしてポワロは、犯人を仕留めるべく、乗務員の協力を得て、客たちを全員バーに閉じ込め事件解決に向けて演説を始める。

スポンサーリンク

ナイル殺人事件結末、真犯人トリック、ネタバレ

リネットを殺したのはサイモン、彼はジャッキーと共謀。彼らはリネットと結婚した後に彼女の財産を奪うことを計画していたのだ

ジャッキーはサイモンを空砲で撃ち、リネットをマリーのスカーフを使って音を消して撃ったこと、銃を処分したところをルイーズに見つかったためジャッキーが彼女を殺し、さらにブークが余計なことを話そうとしたので殺してしまったことを白状する。

サイモンとジャッキーは客に銃を向けるが、他に方法がないと判断したジャッキーはサイモンとキスをしてから彼の背中を撃つ。弾丸は彼女の胸も貫いて二人は互いの腕の中で息絶える。

客たちはボートを降りる。ウィンドルシャムはアフリカでの活動を続けると言う。ユーフィリアとロザリーは相変わらずポアロを嫌っているが、ブークを殺した犯人を見つけたことには感謝していること。サロメもポアロに興味を持ったことを認める。

半年後、ロンドンで、サロメは以前と同じナイトクラブで演奏していた。

ポアロはトレードマークである口髭を剃って傷跡を見せたまま席に座る。

ネタバレ関連記事はこちら

まだ日本公開前の海外で先行公開された最新映画ネタバレを楽しみたいならこちらをクリック

時間がバターのように溶ける
日本未公開最新映画の
超ネタバレまとめ↓

あの映画は海外ではどんな評価をされているのか?気になる海外のリアルな映画の感想まとめはこちらをクリック

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!