映画『ムーンフォール/Moonfall』あらすじ結末ネタバレ「アルマゲドンの月版」

地球を壊すのが大好きなローランドエメリッヒ監督が再び『月を落として』地球を破壊!それを阻止する人類と謎の月面人工生命体の衝突!天変地異を最新VFXで超美麗に描く映画『ムーンフォール/Moonfall』あらすじ結末ネタバレ記事です。

スポンサー リンク




映画『Moonfall』あらすじ結末ネタバレ

ジョシンダ・”ジョー”・ファウラー中佐(ハル・ベリー)率いる宇宙飛行士たちは、衛星の修理ステーションでメンテナンスを行っていた。

ジョーの友人である宇宙飛行士ブライアン・ハーパー(パトリック・ウィルソン)は、ナノテク生物の大群(スウォーム)が向かってくることに気が付くが、猛スピードで接近してきたスウォームは衛星を直撃し飲み込む。

ブライアンは友人のアラン・マーカス(フランク・フィオラ)を助けようとするが、スウォームに弾き飛ばされ近づくことすらできず、命からがらブライアンはジョーのシャトルに乗り込み地球へ帰還する。

18ヶ月後、ブライアンは未知の生命体の群体であるスウォームが襲ってきたと報告が虚言であると全く認められずNASAの中で失脚し孤立してしまった。船長だったジョーとの友情も冷め、家庭生活も堕落したものとなり妻のブレンダ(カロリーナ・バートザック)とは離婚する。妻はは息子のソニーを連れてジャージーに移住し距離を置かれてしまった。

NASAの隠蔽

10年後、

巨大構造物学者KCハウスマン(ジョン・ブラッドリー)は、月の異常な活動の情報を集めるため、カリフォルニア大学に忍び込んでいた。

ジョーはまだNASAで働いているが夫のダグラス・デビッドソン将軍(エメ・イクワコー)とは離婚していた。ジョーは突然月で奇妙な活動が起こっていることを知らされる。

KCは、博物館でのクラスの遠足のために話すために呼ばれたとして、ブライアンのふりをしていたがブライアンが実際に現れ鉢合わせしてしまう。KCは彼の著書と”地球に近づいてきている月”に関する情報を提示しようとしますがセキュリティによって捕まえられてしまう。

ブライアンの元妻のブレンダはトム・ロペス(マイケル・ペーニャ)と再婚し、二人の娘、ニッキー(エヴァ・ワイス)ローレン(ヘイゼル・ニュージェント)を抱えながら電話をする。

スポンサーリンク

月の異常な軌道

電話を受けたブライアンは一人暮らしをしていた。

ブレンダがブライアンに電話をかけたのは、ソニー(チャーリー・プラマー)が警察に追われる姿がニュースで流れたからだ。逮捕されたソニーを助けるためブライアンは保釈の審問に出ようとするが審問が1週間延期することになり、ソニーはその間刑務所に入ることを余儀なくされてしまった。ブライアンが判事を買収してソニーを釈放させようとする中、月が軌道から外れるという謎の報告が出始める。

ジョーの同僚の研究者はあと三週間で月が崩壊して都市サイズの破片が地球に降り注ぐと見積もっている。NASAは、3人の宇宙飛行士を乗せたシャトルを打ち上げ、月でこの謎の軌道変更の現象を調査することにした。

月に近づくと再び「スウォーム」に遭遇。瞬く間にシャトルを取り囲み船内に侵入したスウォームは宇宙飛行士たちを皆殺しにする。その様子がNASAに映像が記録されていた。地球上ではすでにパニックが始まっており略奪や暴動が頻発する。やがて、気候の異常が始まり津波がカリフォルニアを襲い、水に流されたKCをブライアンが助けて二人とも生き延びる。

シャトルからの映像を調査したジョーはクレーターの床に掘られた謎の穴を見つけNASAの古い記録を調べ、スウォームによってミッションに失敗したと報告されたブライアンのスーツからヘルメットカムの映像を発見。その時資料室で働くホールデンフィールド(ドナルド・サザーランド)という男と出会い”1969年の月面着陸についてNASAが何か隠している”ことがあるとほのめかされる。

NASAが隠す?

スポンサーリンク

月の異常行動の真相

ジョーは2回目の月ミッションのためブライアンに会うが、部下のブライアンの報告を信じずに見捨てたジョーに対して腹を立てていたが月に行くメンバーに抜擢されたことを承諾。月面調査を邪魔するスウォームを殺すために作られたEMP(電磁パルス)の説明を受けた後、ブライアンはミッションの前にソニーを刑務所から解放する手配を行いミシェルとジミーと一緒に車でソニーを迎えに行く。

月の接近によってい次々に新たな災害が起きる中、ジョーとブライアンは巨大構造物学者に詳しいKCを誘って作戦を練る。

重力異常により巨大な海水が都市に向かって押し寄せ、重力の異常で超巨大津波が目前に迫るも三人を載せたシャトルは無事に発進する。

コロラドへ向かう車ソニー、ミシェル、ジミーの三人はの前に起きたのは、月の接近で更に重力変化が起き人々が空中に引っ張り上げられてしまう現象だった。

ジョー。ブライアン。KCは月の上に作られた謎の基地を調べ始める。そこで見つけたAI機能を持ったOSとの対話に成功。スウォームが古代人によって作られた人工知能であることが判明する。スウォームは自らの意思を持ったAIだったが創造者を殺した後に月に基地を作り、燃料は月のコアにあるエネルギーを糧にして活動をしていたようだ。

月が軌道から外れた原因がスウォームが月のコアエネルギーを摂取し続けたことで月が不安定になったからだった。そしてOSはブライアンにAI(スウォーム)を破壊するためには誰か一人がここに残らなければならないと告げる。

スポンサーリンク

地球の終わり

ソニー、ミシェル、ジミーはトムたちと合流。その時、月が再び重力の変化を引き起こし、地球の地面が次々に剥がれて空中に放り出され始める。ソニーがスロープから安全な場所に車を走らせ脱出。その一方、アメリカ大統領は、皆を救うために最後の手段として、月に向けて核兵器を発射するよう命令を出していた。

徐々に地球上の空気が薄くなり酸素マスクを装着して安全そうな洞窟へと向かう。途中でニッキーの酸素が少なくなったのでトムは自分のタンクを渡すがトムは息が切れ始め、死ぬ前に歩き続けるようにニッキーに言う。ニッキーが無事に家族の元に辿り着いた時、酸素が戻り始めソニーとミシェルはトムを探しに行こうとするが倒れた木に挟まれてしまう。

スポンサーリンク

映画『ムーンフォール/Moonfall』結末ネタバレ

月にいる3人組は、EMPをスウォームに届けるため最後の試みを行っていたが、大統領の命令で核爆弾を飛ばす計画が迅速に進められていた。

ダグはジョーがまだ人類を救うと信じていたため核射出を阻止するために銃を取り出していた。

月。

ブライアンは自らスウォームの囮になりEMPを届けようとするが、KCが彼を突き飛ばして代わりに残ると言う。ブライアンとジョーには帰るべき家族があり、自分には人生をやり直すチャンスがあると伝えた。ブライアンとジョーは彼に別れを告げ、スワームはKCのポッドを取り囲む。その瞬間彼はEMPを爆発させてスワームを殺し月を本来の位置に戻すことに成功。

ブライアンとジョーは脱出ポットで無事に地球に戻り家族との再会を果たす。

ブライアンはトムの運命を聞かされ、ブレンダにトムが偉大な人物であったことを伝える。そして、KCが世界を救ったことをソニーに伝える。

月。

KCの意識が月面の基地にアップロードされていた。彼は母の姿をした「オペレーティング・システム」はKCに対し”これから何か大きなことを始めるのだ”と告げられる。

ネタバレ関連記事はこちら

まだ日本公開前の海外で先行公開された最新映画ネタバレを楽しみたいならこちらをクリック

時間がバターのように溶ける
日本未公開最新映画の
超ネタバレまとめ↓

あの映画は海外ではどんな評価をされているのか?気になる海外のリアルな映画の感想まとめはこちらをクリック

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!