Netflixカウボーイビバップがつまらない!海外の反応評価感想



「史上最悪のオリジナル作品」「菅野よう子だけが唯一の長所」「配役ミス」「アニメの良いところ全てカット」実は海外でも日本のメディアを実写化する!と叫ばれている中、Netflixの実写版「カウボーイビバップ」ですが、海外でのリアルな反応、感想評価をまとめて紹介していきます。皆さんの思っているような感想ばかりです。

スポンサー リンク




Netflix映画「カウボーイビバップ」作品情報

カウボーイビバップ」あらすじ予告動画

COWBOY BEBOP』は、3人のカウボーイと呼ばれる賞金稼ぎたちが、過去の歴史から逃れようとするアクション満載の宇宙西部劇です。スパイク・スピーゲル(ジョン・チョー)、ジェット・ブラック(ムスタファ・シャキール)、フェイ・バレンタイン(ダニエラ・ピネダ)の3人は、太陽系で最も危険な犯罪者を、適切な報酬で追い詰めるために、不器用で嫌味な仲間を形成しています。しかし、彼らが過去に追いつくまでには、蹴りと口答えで何度も喧嘩をしなければなりません。

https://youtu
スポンサーリンク

カウボーイビバップ」キャストスタッフ

シリーズ 監督
アレックス・ガルシア・ロペス… (全5話、2021年)
マイケル・カトルマン … (5話, 2021年)シリーズ脚本クレジット
ショーン・カミングス … (スタッフ・ライター)(10話、2021年)
ショーン・カミングス … (teleplay by) (10エピソード, 2021)
ショーン・カミングス … (脚本) (10話, 2021年)
カール・タロ・グリーンフェルド … (ストーリー編集総指揮) (10話, 2021年)
カール・タロ・グリーンフェルド … (脚本) (10話, 2021年)
クリストファー・L・ヨスト … (開発) (10話、2021年)
クリストファー・L・ヨスト … (teleplay by) (10 episodes, 2021)
クリストファー・L・ヨスト … (story by) (10 episodes, 2021)
クリストファー・L・ヨスト … (written by) (10 episodes, 2021)
ハビエル・グリロ=マルクスアック … (written by) (1エピソード, 2021年)
アレクサンドラ・E・ハートマン … (脚本) (1エピソード, 2021年)
ジェニファー・ジョンソン … (脚本) (1エピソード, 2021年)
ビビアン・リー … (脚本) (1エピソード, 2021年)
リズ・セーガル … (脚本) (1エピソード, 2021年)

シリーズキャスト
ジョン・チョー John Cho … Spike Spiegel (スパイク・スピーゲル) 10エピソード、2021年
ムスタファ・シャキールMustafa Shakir … ジェット・ブラック全10話、2021年
Daniella Pineda ダニエラ・ピネダ … フェイ・ヴァレンタイン 2021年までに放送されたエピソード10
Elena Satine エレナ・サティーン … Julia10エピソード、2021年
Alex Hassell アレックス・ハッセル … ヴィシャス全10話、2021年
Ann Truong アン・チュオン Ann Truong … Shin7 エピソード, 2021
Hoa Xuande Hoa Xuande … Lin7 エピソード, 2021
Tamara Tunie Tamara Tunie … Ana6エピソード, 2021年
Geoff Stults ジェフ・ストルツ … Chalmers5 エピソード, 2021
Mason Alexander Park メイソン・アレクサンダー・パーク … Gren5件のエピソード, 2021年
ジョン・ノーブル John Noble … カリバン3エピソード, 2021
Molly Moriarty モリー・モリアーティ … Kimmie Black3エピソード、2021年
Simone McAullay シモーヌ・マコーレー … アリサ3エピソード、2021年
Rachel House レイチェル・ハウス … Mao3 エピソード, 2021
Blessing Mokgohloa Blessing Mokgohloa … Santiago3 エピソード, 2021

スポンサーリンク

Netflix『カウボーイビバップ』海外の反応評価「」

スポンサーリンク

「面白い!」海外の肯定的な反応と評価感想

https://www.youtube.com/

8/10
楽しいスペースカウボーイの乱痴気騒ぎ

この番組は、何も知らずに見ても、新しい世界を魅力的な仲間と一緒に探検する楽しさが味わえる。壊れかけの賞金稼ぎの2人が、現金を得るために様々な冒険をするという前提で、複雑なことは何もない。宇宙で。

登場人物たちは、善人であろうと悪人であろうと、はたまた両方の立場であろうと、楽しみながら行動している。ジョン・チョーとムスタファ・シャキールは仲良しこよしの相棒で、お互いの欠点を指摘し合いながらも、犯罪者や警官、ライバルとの対決ではうまくやってのけます。

この作品は、裏話や世界観の説明に惑わされることなく、真っ直ぐに飛び込んできて、あなたがついてくることを期待しており、その点でも優れています。各エピソードは適度なスピードで進行しており、様々なジャンルが入り混じった明るい雰囲気の中で楽しむことができます。

追うべき人間、発見すべき裏社会の人物、対処すべき裏切り者、影に潜む策略家や計画者などが登場する。繰り返し登場するキャラクターたちは、複雑なプロットで状況を混乱させることなく、深みを与えています。

サウンドトラックや音楽の選択も気に入っていますし、撮影方法も『Gotham』がこれらの条件を満たしているのと同じように、非常にコミックブック的です。

もっとお願いします。

8/10
こんなに楽しいとは思わなかった

何年も前にアニメを見ていたので、何の期待もせずにこの作品に臨んだのですが、見事にハマりました。

第1話はパイロット版としてはあまり良くなかったが、第2話では盛り上がってきた。

戦闘が少し遅いと感じることもありますが、それ以外はすべて楽しめます。セットデザインが素晴らしい。そのレトロな感じがとてもいい。カウボーイ・ビバップの雰囲気を見事に捉えています。

そして何と言っても音楽ですね。菅野よう子のTank! イントロをスキップしなかったほど素晴らしい。ジャズのサウンドトラックは、同じようなサウンドの映画を見た後では、とても新鮮に感じられます。

スパイク役のジョン・チョーも素晴らしいですね。フェイ・ヴァレンタインもそうですが、彼はマナーとクールさを兼ね備えています。ウィットに富んだユーモアと皮肉が大好きです。ジェット・ブラックもチームをまとめています。

アインにはプラスポイント。可愛いですね。

10/10
ブラボー!!
正直なところ、この作品にはあまり期待していませんでした。

というのも、原作があまりにも素晴らしく、チョーはこの役には向いていないのではないかと思っていたからです。

しかし、この番組の出来にはとても満足しています。可能な限り現実に即した形で、アニメの優れた点をすべて捉えています。キャスティングも素晴らしく、スパイクの荒い声が恋しいですが、チョーは素晴らしく、しかも本当に優れた武道家です。

効果は見事で、100%原作に忠実であり、アニメの生々しさ、暴力性、ユーモア、感情をすべて持ち合わせています。

悪評は無視してください。全くのナンセンスです。

音楽が機能していないとか、暴力が多すぎるとか、原作に近づけていないとか、逆に近づけすぎているとか、何かになろうとしているとか、そういった文句を言っている人を見かけます。これらの不満はどれも意味をなさないので、荒らしや、原作の素晴らしさを全く知らない人たちであることは明らかです。

Netflixの作品の中で最高のものになるかもしれません…ブラボー!

8/10
独自のスタイルを持っている

私はこのアニメを見ていません。キャストは充実していると感じた。

多くの否定的な意見はこのカウボーイビバップのアニメ作品の信者なのだろうが、安心して欲しい、何も知らない状態で視聴した私の中でのNetflixオリジナル実写作品「カウボーイビバップ」は普通に楽しめるSF娯楽作品だ。

プロットは、私が言いかけていたように、私にとっては未知のものであり何もかもが新しい。過去のアニメ作品の内容を破壊したと言う事実は、私にとってはプラスである。

暴力と銃の適切な使い方、優れたCGに私は夢中になってしまった。

この作品のおかげでオリジナルアニメ作品に興味を持ったので、ひょっとしたら数週間のうちにこの評価を消す可能性もあるのかもしれないが。実写からアニメに興味を持ってもらったらネットフリックスや監督からすれば良い結果ではないだろうか?

アニメ作品と同じこの音楽家「菅野ようこ」の音楽ジャンルに挑戦する可能性も出てきた。

7/10
私はタイプ1だ。

この番組を見る人には3つのタイプがありますが、おそらく2つのタイプにしかアピールできないでしょう…。

タイプ1:宇宙番組が好きで、500年後の文明を見られる可能性があり、スター・トレックからLEXXまですべて見ていて、新しい宇宙番組に飢えている…。

タイプ2:たまたまデフォルトでカウボーイビバップのファンだった人。

タイプ3:「ブレイキング・バッド」「ブラシック」「ピーキー・ブラインダーズ」のマラソンの合間に何を見ようかと適当に考えていた人。

言うまでもなくタイプ2の人に対してこの作品は作られていません。ファンなら見ない方がいいでしょう。他のアニメファンのようにテレビに悪態をつきたいと思うのでなければ。

https://www.youtube.com/

6/10
私は彼らが完全に台無しにしていないことを心から願っていた。

6話を見たが、本当に6点だ。

それ以上でもそれ以下でもない。

変なところを変えたり、アニメのある部分を残したりして、あまりうまく機能しなくなってきている…焦燥感がある…他にもいろいろあるが…。

10/10
これが好き

私はいくつかの否定的なレビューを見た、私は彼らが何を期待していたのか分からない。私は3つのエピソードを見ましたが、どのエピソードもとても気に入っています。

私は何年も前にアニメを見ていたので、比較はしていません。私はジェットとスパイクの間のダイナミックさが大好きで、ジェットのキャラクターにとても感情移入しています。SFもよくできていて、この視聴者からの不満はありません。Netflixに拍手!待っていた甲斐がありました。

スポンサーリンク

「つまらない!」海外の否定的な反応と評価感想

https://www.youtube.com/

2/10
困ったな…

第1話の3分の1までしか見ていません。

人生は短いのだから、こんな面白くない作品を見るのはもったいない。このような面白い作品を見るためには、人生は短すぎます。説明、戦闘シーン、くだらない話、という公式はすぐに飽きてしまう。1シーズン通して見ることはできません。

1/10
私は何を見たのか?

これは最悪の意味で気が狂いそうだ。

こんなに低い評価をすると、原作のアニメファンから非難されるかもしれませんが、なんてことでしょう、これはひどい。

悪い効果、悪い演技(チョーのようなプロでさえ)、悪いモンタージュシーン、悪い撮影、悪い…. お分かりになりますよね。

1960年代のファンタジー・SF・スーパーヒーローのテレビ番組を現代風にアレンジしたような作品でした。しかし、そのようなものを見るのに耐えられるようにするためのキャンプ感を誤魔化している。次の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のようなものを目指しているのかもしれません。しかし、タランティーノ風のクレイジーなスピンで?残念ながら、そうではありません。

Netflixでは、このようなゴミのような作品に無駄なお金が使われていることを考えると、納得がいきません。

スキップすることをお勧めします…。

https://www.youtube.com/

3/10
史上最悪の実写作品の一つ

映画「るろうに剣心」は5部作でとてもよくできていますし、他にもいくつか見応えのある実写化作品があります(時代劇が多い)。「オールド・ボーイ」も漫画をベースにしています。

しかし、日本では漫画やアニメが98%も正当に評価されておらず、海外の実写化作品に何の希望があるのだろうか?

俳優陣のキャスティングも悪く、誰一人として仕事をしていないので、興味を引くことができず、セットやCGもほとんどすべてのショットで偽物に見えます。

最悪なのは編集です。俳優たちはエネルギッシュなオリジナルにはかなわないので、編集や演出の「トリック」や、オリジナルスコアの延々とした再利用でギャップを埋めようとしますが、その選択はほとんど適合しません。また、この作品のほとんどは、照明や撮影がひどすぎる。

私は10話まで見る気になれませんでした。漫画やゲームの映画化の失敗は、「カウボーイビバップ」の魔法が繰り返されないことを示していたのかもしれない。

『デスノート(2017)』の失敗作は、少なくとも90年代のゴミみたいなティーン映画としては成功している。日本の作品をアメリカで映画化した場合、もっとひどい作品があることは認めますが、アメリカの『デスノート』よりも明らかに悪い作品とはどういうことでしょうか?この悲しい作品は、少なくとも、本当に憎い「攻殻機動隊2017」よりはマシなので、1点多く「賞」する。ワンピースと「幽遊白書」のNetflixに幸あれ…。

更新:残りの部分をクリックして終了しましたが、見た目では結局パイロット版が最高のエピソードでした。特に第9話。スパイクのマフィアの過去を全話フラッシュバックさせ、役者は全員中年で、若く見せるために3人に笑えるカツラを被せている(スパイクが賞金稼ぎになったのは、アニメでは24歳、本編+映画では27歳)。

そして、哀れなPierrot Le Fou。原作では最高のエピソードであり、ビーバップのチームが「バットマンTAS」でも仕事をしたように、心に残るバットマンへのオマージュでもありましたが、今ではダイレクト・トゥ・ビデオの見世物小屋のモンスターの脇役というゴミに成り下がってしまいました。この作品を完成させるためには、お金をもらう必要があります。

「ドラゴンボール・エボリューション」や「デビルマン2004」とまではいかないが、日本のメディアの中では史上最悪の「映画化」の一つである。2021年のヴィシャスは、今や全話に渡ってメインキャラクターとして登場しており、ついに日本のメディアにおける最悪のメインヴィランとなってしまったかもしれない。尊敬します。

5/10
惜しい

アニメの実写版を作るのは難しいですが、実際に良い実写版を作るのはほぼ不可能です。現実の役者はアニメにはかなわないし、設定もどうやっても真似できない。雰囲気や動きが全く違うので、時間と労力の無駄になってしまうのです。

これはそれを証明するものです。人気のあるアニメのコンセプトを利用してお金を稼ごうとしているだけです。ライフアクションとアニメは別の世界であることを、なぜ映画製作者が理解しないのか理解できません。

https://www.youtube.com/

5/10
本当に迷っています…そして失望に傾いています。

私は20年以上、オリジナルアニメの「カウボーイビボブ」シリーズの大ファンでした。

実写版を制作すると聞いたとき、私は慎重に楽観的であると同時に懐疑的でもありました。ティーザーを見たときには、かなりがっかりしました。

日本人だけで制作され、声優陣も日本人だったのが、この多人種のキャストになると、誰一人としてしっくりこないのが辛いところです。

私はジョン・チョーという俳優が好きなので、彼がスパイク役に起用されても全く動揺しませんでした。彼は本当にスパイクには見えませんが(髪型も気になります!良い意味で)、ビーバップ号で2人きりになったときのジェットとの会話はうまく表現できていたように思います。ジェットについては中立的な立場で、もう少し胸や腕が大きくて筋肉質だと思っていましたが、役柄としては嫌いではありません。

しかし、フェイ役の女優は、私が今まで見た中で最大のキャスティングミスでしょう。あの役をどうやって成立させるのか、私には理解できません。彼女にはフェイのセクシーさが全くないのだ。

ヴィシャスの審査はまだ終わっていません…そして謎のバラの刺青をした女性…本当に?ジュリアをもっと上手に演じられなかったの?彼女の顔に何か問題があるのでしょうか?

演出については…まあまあですね。色彩やセットの一部は、オリジナルのルック&フィールを再現しようとしているようで、気に入っています。ビーバップ・ジャズはオリジナル・シリーズの大きな部分を占めていましたからね!作曲家の菅野よう子さんを復活させたことにも感激しています。

演出上の注意点としては、第1話の最初のカジノでの戦いのシーンですが、オリジナルを忠実に再現するためには、音楽をもっと大きくして、戦いとジャズをうまく調和させるべきだったと思います。

サックスが鳴ったら、それが悪者のヒットかショットになるようにしてほしい。また、ジャズに合わせてスローモーションにするのもやめてほしい。

私は100%日本人の血を引いていませんが、友人には日本人が複数います。

スパイク役に韓国系アメリカ人、ジェット役にアフリカ系アメリカ人、フェイ役にヒスパニック系アメリカ人、ジュリア役にロシア人(ロシア系アメリカ人かな)、ヴィシャス役にイギリス人と、日本人や日系人の俳優が一人もいないようなのが気になりました。日本のオリジナル作品へのオマージュとして、少なくとも主要な役を演じる日本人や日系人の俳優を見つけることができなかったのでしょうか?

今のところ、渡辺信一郎監督の作品というよりも、ロバート・ロドリゲス監督の作品のような印象を受けます。私はロバート・ロドリゲスの作品も大好きですが、今回の「カウボーイビバップ」はロドリゲスよりも渡辺に期待していましたので、誤解のないようにお願いします。

https://www.youtube.com/

6/10
雰囲気が合わない。

美しい脚本と演技のアニメを、ひどい脚本と無味乾燥な実写シリーズにしてしまった。

そして悲しいことに、別の番組を作ろうとしたのではなく、同じ番組を実写でリメイクしようとしたのですが、理解しがたい理由で、完璧だったオリジナルのセリフを使わなかったのです。

ここでは、いくつかの点でうまくいっていません。

まずキャスティングですが、これは個人的な意見ですが、スパイクとフェイはソンカンに、オリビア・マンとヴィシャスはベネディクト・カンバーバッチにキャスティングするべきだったと思います。彼らの方が似ているし、その役にふさわしい雰囲気を持っています。

2つ目に、オリジナルアニメ番組がうまくいっていたのは、ドラマや悲劇の中に時折風変わりな場面があるという雰囲気があったからです。一方、実写版シリーズは、たまにドラマがあるものの、悪い意味でダサいコメディのようです。

3つ目は、何度も言うようですが、重要なシーンの演出をすべて間違えているということです。例えば、アニメの第1話のバーのシーンでは、女性がブラッディ・マリーを注文しています。その理由は、バーテンダーがトマトジュースを切らしていると主張するためで、これはレッドアイの暗号なのですが、実写シリーズでは、その部分をすべてカットして、関係のないくだらない言葉を並べています。

また、雰囲気の話になりますが、なぜ子分たちは皆、「グリース」のギャングのように演じようとしているように見えるのでしょうか?笑ってしまうほど明らかに嘘くさいし、演技も下手だし、まるで劇場版の軍団の中から不良品を拾ってきて、この実写版の大惨事に投入したかのようだ。

https://www.youtube.com/

3/10
Netflix『カウボーイビバップ』は今まで見た中で一番ひどいキャスティングです。

アニメや映画のファンの方には辛いと思います。

まず、キャスティングは今まで見た中で最悪の部類に入ります。スパイク役のジョン・チョーは大きな問題です…..、彼は少しも似ていません。

今のところ全部見ましたが、めちゃくちゃでした。でもこれは予想通りでした。

またNetflixの失敗ですね。

4/10この映画を面白いと言う変な人達へ
まず、音楽がひどい。
ジャズのようなノイズが連続していて、耳障り。

キルビルのような雰囲気ですが、私には伝わりませんでした。また、ストーリーも目的がなくあちこちに散らばっています。登場人物もまあまあで、今まで見たことのないようなものばかり。好きになりたいと思っていましたが、どうしても気になってしまいました。

この映画はつまらない、面白くないと私は思います。

2/10
あまりにも多くの暴力描写はもうたくさんだ。
私はSF作品が大好きです。

Netflixの目玉作品「カウボーイビバップ」は残念ながら、私にとってこのシリーズは、汚い言葉をセンセーショナルに表現したり、銃を撃ったり、人を殺したり、血を流したりするものばかりです。暴力的すぎる。

https://www.youtube.com/

1/10
Netflixは素晴らしいコンテンツを破壊する

日本が誇る名作アニメ「カウボーイビバップ」の実写化を望む声は全くないにも関わらず、絶対に上手に展開できるはずもないと言う私たちの想像通りの中身になってしまった。

そりゃそうだ。

世界をめぐる日本人たち(と少数の外国人)の構成に対して同じアジア系だとしても日本人が一人もいないこの状況、ファンを蔑ろにするのもいい加減にしろよ?
他に言うことはありません。彼らは気にしていません。彼らはストリーミングゲームで現金化しているだけです。このゴミのような炎に魂はありません。私はなぜ他のものを期待したのかわかりません。

ワンピースの実写化に対して地獄を待つような気分です。

できればこの作品が大失敗したことで撮影中止になってほしい。

絶対に悪いことしか起きないのはわかっているだろう?

だったらフェイクニュースだったGANTZの実写化の方がまだましな作品になるだろう。

3/10
随分前にアニメ版のカウボーイビバップを視聴しているファンです。今回実写化が公開される前に比較のためにいくつか再視聴しています。アニメ版のカウボーイビバップの魅力は完全に理解していると自負しています。

私が一番好きなのは、これからもアニメです。

脚本について。
今回のカウボービバップNetflixクソみたいな実写映画化は脚本を大幅に修正しており、忠実な映画化ではありません。例えば、この宇宙での犬は一般的な「雑種」ではなく、商品です。そしてもっと重要なのは、多くのキャラクターの変更がかなり悪化していることです。

もっと「家族」をテーマにするのではなく、特定のキャラクターに焦点を当てたことが傷になっています。これは主観的に言えば、大きなダウングレードです。

アクション部分
ほとんどの部分で良いです。少しぎこちないですが、あちこちにとても素晴らしいスタントがあり、時折面白いカメラワークが使われています。また、「攻撃の際の音響」には重みがなく(物理的なものと、適切な音響編集がなされていないこともありますが)、紙の上で達成できるようなダイナミックさがありません。台詞も淡々としていて予想通りのものが多い。カラフルな音楽(明らかに一番良い部分)も、番組全体が持つ灰色と茶色のフィルターの上ではうまく機能していません。

キャスティング。
キャスティングについては、ジョン・チョーは、反芻しながらもクールな男という役柄には少し年を取りすぎている。これはスパイクという若々しく魅力的なキャラクターにとっては大きなマイナス要因です。しかし、彼の演技は映画化の基準としては許容範囲内です。確かに記憶には残らないが。

一方、ムスタファは、このグループの中で最も優れた人物ですが、比較されてそうなったのではないかと思ってしまいます。パートナーとして、彼らはうまく機能しており、番組を見やすくしています。そして最悪なのは、フェイ・ヴァレンタインの代わりに、『ジュラシック・ワールド/炎の王国』で演じたダニエラ・ピネダが登場することです。悲しいかな、とても嫌われ者です。

まとめ
全体的にチープな印象の番組(ほとんどファンメイドレベル)

セットから衣装デザイン、視覚効果まで。何より「スペースオペラ」としては、少し物足りない。ワクワクする何かが足りない。

以前大失敗したNetflixのクソ改悪版「デスノート」のように、大衆向けに作られているように感じます。

https://www.youtube.com/

2/10
なぜ?

まず第一に、私はこのアニメシリーズが好きでしたが、Netflix映画「カウボーイビバップ」。

これはただのゴミでした。

私は2話までしか見ませんでした。もし、あなたがストーリーのないアクションと悪い音楽のために参加しているなら、これはあなたのための作品です。古いミキサーテーブルとガラクタで作られた宇宙船。1960年の最初のスタートレックシリーズでさえ、もっと良いセットがあった。俳優陣も豪華ですが、それにしても演出がくだらない。

ファンを舐めるなよ?Netflixよ。

1/10
史上最悪のNetflixオリジナル

まさかこんなことになるとは思わなかった。私たちは皆、話を聞き、発表トレーラーを見て、彼らが台無しにしていないことを祈りました。

それなのに、彼らはやってしまった。つまり、悪い結果になることはわかっていました…..、しかし、すごいですね。ここまでひどいとは思っていませんでした。すべてが間違っていて、Netflixでの映画化としては史上最悪だと思うほどです。

演出は怠惰であり、同時に堅苦しくもあります、重厚感とは違うチープな少し色味を抑えた映像は何をモチーフにしたのか?監督に聞きたい。

戦闘シーンは、古いアニメシリーズの戦闘シーンの方がよりリアルに感じられたのに、ひどい出来です。ドラマチックなシーンも、トーン的にも編集的にもうまくいっておらず見ていて面白くないのです。

このアニメには静かな場面もあったのに、セリフがあまりにも軽妙に感じられます。アニメがタランティーノであるのに対し、実写版はシェーン・ブラックが大失敗したようなものです

コメディが多く、ドラマが少ない。そして、そのドラマでさえも、無理矢理で安っぽい感じがします。登場人物の性格も、原作とは全く違うものになっているため、さらに悪いものになっています。

キャスティングも完全に間違っています。ジョン・チョーはスパイクにしては年を取りすぎているし、それにしてもオリジナルのスパイクが持っていたカリスマ性のレベルには到底及ばない。

ダニエル・ピネダは、間違ったタイプのカリスマ性を持っているだけでなく、画面に映るたびに不快感を覚えるほどの悪口を言い過ぎていたため、ひどいミスキャストでした。

唯一うまくいった配役はムスタファ・シャキールで、彼は実際にジェットのように行動し、演技で努力しているように感じられました。

撮影は、番組のために作られたセットと同様に、生気がなく、硬い感じがします。カメラの動きが少なく、フレームレートが狂っており、ほとんどのショットがダッチアングルで構成されています(「Thor」のダッチアングルが悪いと思っている人は、この作品を見るまで待ってください)

https://www.youtube.com/

これは「ウィッチャー」の撮影監督と同じ人が担当しているので、不自然なアングルの説明にはなっています。

プロダクションデザインは、Netflixのシリーズや2021年のシリーズにしては本当にひどいものです。美しいというよりも、予算を抑えたコスプレやファンムービーのように見えます。

彼らはジュリーを死からよみがえらせました。そして彼女を敵役の一人にした。いや、真面目な話だよ。誓って、これは作り話ではありません。

原作ではフラッシュバックの中にいた彼女は殺されてしまったが、ここでは彼女のキャラクターを最悪の方法で軽視し、彼女がなぜ死んだのか、それがスパイクにとって何を意味するのかという点を見逃してしまった。要するに、彼女はスパイクに反旗を翻し、窓から彼を撃ち(そう、アニメの窓のシーンが最悪の形でここに登場する)、窓のシーンが同じ音楽で完全に再現されているのだ。

また、エドは最後の最後に………シリーズに登場します。スパイクは路地に落ちて気絶してしまう。ここでは、興奮したエドがスパイクを起こそうとしているところを、痛々しいほど不快なPOVショットで見ることができます。このシーンの演技は大げさに感じられ、悲しいかな、エドは完全に場違いな存在になっています。残念だが、この作品では彼女を出すべきではなかった。

唯一のプラス要素は、菅野よう子が戻ってきたことと、彼女のサウンドトラックがいまだに支持されていること。そんなところですね。

スポンサーリンク

まとめ:Netflix「カウボーイビバップ」海外の反応、評価「つまらない」が大多数。

私はアニメ版カウボーイビバップは天国の扉?だかなんだかの映画版しか見ておらず良くわかっていない状態で今回のNetflixオリジナル作品「カウボーイビバップ」を視聴しましたが、なんだか見たことあるなーって感じのオープニングムービーのスパイク役の動きの安っぽさはNetflixでアニメ化したULTRAMANと同じレベルの動きと同じく低レベルな動き、安っぽい二人の兼ね合い、アニメを尊敬してんのか、しすぎてアメリカ人の勘違いアニメ実写化みたいな雑な感じ。。。。他の方が書いていたように「実写版デビルマン」のような雑さを感じる内容でした。

逆にアニメ版に興味が出てきたので視聴してみましたが、

すげぇ面白いでやんの。

ずっとスルーしていた食わず嫌いを呪うレベルで良いアニメ。まぁ子供と一緒に見れているから良いとしますが。

このほかにも色々と海外の評価を紹介しているのでどうぞ↓

【映画】海外の反応関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!