アーヤと魔女ストーリーネタバレ紹介「あなたはこの面白さを理解できるか?」

スタジオジブリゲド戦記を超す駄作と聞いて興味はあるけど90分もアニメを観るのが辛い人へ。

この記事は

・ゲド戦記以下って聞いたけど本当か?
・アーヤと魔女がつまらないって聞いた。
・見たいけど怖い。
・見る価値はあるの?ないの?
・アーヤと魔女が気になる。
・オチだけ知りたい。
・見たいけど時間がない。

そんな人たちにちょうど良い記事になっています。

個人的にはその人生の貴重な90分はもっと別の事に使った方が心身の健康に良いと思います。が、世の中のアーヤと魔女の感想は意外と良い(Twitterでは)と言われております。匿名性の強いYouTubeや2ちゃんねるではボロクソ言われています。

実際どうなのか?

私はジブリ史上最悪の作品だと思っています↓

スポンサー リンク




アーヤと魔女ストーリーネタバレ紹介「あなたはこの面白さを理解できるか?」

孤児院で仲間と暮らすアーヤの前に里親として現れたのは一目で普通ではない風貌を持つ魔女のベラと謎の男マンドレークだった。

一見普通の家につれて来られたアーヤだったがどうやら魔法?らしき何かが渦巻く家のようだ、ベラが彼女に求めるのは「使える人材かどうか?」であり親になろうと引き取ったわけではないようだ。

ベラはアーヤに使えなかったら追い出すと脅すがアーヤは逆に目を輝かせて「全然いいわ!私はあなたの助手に、あなたは私に魔法を教えてね!」元気いっぱい手伝いを始める。

ベラの手伝いを開始したアーヤだったがベラの魔法の研究所?はどう見て汚部屋でアーヤは顔を顰めるが魔法を教わりたい一心(もしくはいずれこの家を支配しようとしている仄暗い何かを企んでいる)で嫌な顔をしながらもミミズ、謎の虫、草、匂いの強い何かに囲まれながらベラに言われるがまま助手の仕事を始める。

夜、シャワー後のアーヤ(髪の毛を下ろしたアーヤは可愛い)は部屋に帰ろうとそすると魔法の作業をしていた扉と玄関へのがない事に気がつく。魔法の力だろうか。

マンドレークが使い魔二匹に遠方のレストランの食事を一瞬で召喚するシーンを見かける。

偶然手に入れたテープを再生したら謎のバンドの声を聴き心に残る。

ある日音楽を聴きながらマンドレークの絵を描いていたらマンドレークの気に障ったらしくアーヤの部屋が赤く染まる「マンドレークはその絵が嫌みたいだね」突然黒猫のトーマスが喋り驚くアーヤ。

トーマスの入れ知恵で「ベラの呪文を跳ね返す魔法」を夜中に作り上げるアーヤと黒猫のトーマス。

そしてその翌日から再びトーマスの入れ知恵によってベラの額から小さな腕を生やす呪いの呪文を作り上げてベラに今までのお返しとばかりに復讐をする。

怒り狂ったベラによって部屋に閉じ込められて「部屋いっぱいに魔法のミミズウジャウジャの刑」を処されるが、隣のマンドレークの部屋にミミズを送り込み「セーフ」と思っていたら今度は見たまんま悪魔の姿になって怒り狂ったマンドレークがミミズを作り上げたベラに特攻してぶちかます。

「いまのうちに」とマンドレークの部屋に行くと・・・。

部屋にあったのはピアノと一枚のポスター。若い頃のベラ・・マンドレーク・・・そして謎の赤い髪の魔女だった。

実はマンドレークとベラともう1人赤髪の魔女は過去にバンドを組んでいたことが判明する。隣のエレクトーンを狂ったように弾いていたマンドレークの奇行の意味が分かる。

戻ってきたマンドレークにベラのミミズの行為を咎める代わりにアーヤに対しても同じことをするなと釘を刺される。

空気の読めないアーヤは「あなたはバンドを組んでいたのね!かっこいい」とか言い始めてまんざらでもないマンドレーク。「なんで解散したの?」と聞きマンドレークの回想。

赤髪の魔女、ベラ、マンドレークの三人で仲良くやっていたバンド時代・・・魔女のおきてを破る赤髪の魔女(内容は不明)・・・車の中でキスしそうになる赤髪の女とマンドレーク。

そして今なぜか激太りして嫌味な女になったベラ。偏屈な小説家マンドレーク。

なぜこの二人がこんなに落ちぶれたのかは意味がわからないまま話は進む。

なんとなく周辺の事情を知ったアーヤは「こいつらなら操作できる」という言葉を残り行動する。

まずはベラだ。ベラに謝罪はいっさいせずに「マンドレークがベラから魔法をしっかり教われって言われたの!」と言うアーヤに流石に一言言いたいベラ・・・と間髪入れずに「おばさん凄いバンドの人だったんだね!」と抱きしめてヨイショを連発。

満更でもないベラは急に歌い出す。

なぜか半年後。

綺麗な部屋にいるアーヤ、かなり改善された生活、というより子供心にザ・裕福って感じのとりあえず装飾の良いベッド、アーヤの肥大化した子供心が現れているようだ。

そこに現れるマンドレークがひと頃

「アーヤちゃん」

は?いつの間にか懐柔されているマンドレークが現れる。

チャイムが鳴る。

ドアを開けると目の前には赤い魔女(若いまま)が

「はーい、アーヤ」

エンドクレジット。

以上。

スポンサーリンク

まとめ:アーヤと魔女ストーリーネタバレ紹介「あなたはこの面白さを理解できるか?」

アーヤと魔女ストーリーネタバレ紹介「あなたはこの面白さを理解できるか?」を紹介しました。

どうですか面白そうですか?

アーヤと魔女をリアルタイムで書きながら意味がわからない物語だな。そう思いました。

起承転結のない、元々短編集を無理やりつなぎ合わせたような印象を受けてなんとなくゲド戦記よりも意味がわからん。と思いました。

スポンサーリンク